FC2ブログ
2009-03-17

ミシンで着物 綿、麻、ゆかた/やまもとゆみ



例によって『着物関係が異様に充実している最寄りの図書館』にて発見。

前々から浴衣を着物として着る性癖のあるワタクシ、「…ミシンで縫える市販の浴衣の型紙買って、好きな生地で作って着物として着ようかな…」と云う欲望が渦巻いていたのであった。

でも市販の浴衣の型紙って何つーか、写真もセンスも古いんですよね、パッケージの。

…それだけで購買意欲が削がれるのでやっぱりパッケージって大事だなあ(笑)

でもこれ、表紙からして可愛いのだ!!



ポップ系コーデの着物本かと見まごうお洒落な中身。でも着物はこの本に付属の型紙で作った着物なわけですね。



こーんなのとか



こーんなのとか、とにかく「ああ、可愛い。こんなに可愛いの作れるなら私も頑張るよ」という気にさせる素晴らしいコーデページ。



制作説明のページはこんな風。カラー写真入りでしっかり説明されてるので、市販の型紙に付属の説明書では「うがー!!」となりそうな部分もフォローしてあってとてもいいです。

それにやっぱり必要なもの一覧見ても、和裁と違って新たに買わなきゃならない物は何一つなく、『着物縫いたいけど道具揃えるのがねえ…』と二の足を踏んでいる人間にはぴったりだ。

型紙付きで1500円と云う価格だが、本そのものも見てて楽しいし型紙も付いてるので妥当な値段だと思うです。

…なので買ったさ。ネットで注文して。

で、型紙買って油断して、そのまま何年も眠らせそうで心配なんだが(笑)


それにしても最寄りの図書館め。…借りさせて買う気にさせるという、闇の販売員が潜んでいるのではあるまいな?(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これ、去年だったかどなたかのブログで見て、買っちゃいましたよ(笑)。
これは「あすかさんが好きそうかも~」と思ってたです。
私ももう10才若ければ、こんな着物着たいですわ♪

No title

PHOTOLINEさん、うちの市ではいつ定額給付金が出るのかわかりませんが、一応それをあてにして本を先に買い込んでいる私です(笑)
ちゃんと消費しております。
…そう、図書館で借りても、いい本は結局自腹切って買っちゃうんですよね~

No title

赤唐辛子さん、そう、可愛いグラビア?なのですよ。ちょっくら個性的な。
ああ、デニム地はまさにミシンで縫いたい代表格でしょうな。
でも仕立てあがりはここのネットショップで売ってますぞよ。 http://www.gofukuyasan.com/denim.htm

No title

真之介さん、洋裁、和裁に慣れている人なら多分型紙も必要なく作れると思います。
反物そのものに慣れない人には洋服地でミシン縫いってのは魅力です。
ああ、とりあえずいい生地探さなくっちゃ…

No title

まさみえさん、これなら作れそう!!と思わせておいて、実際作るときは「うおおおお!?どうすりゃいいんだー!!」ってことになりかねないとは思いますが(笑)
イメージ戦略の勝利って感じの本ですよね。

No title

羽衣牡丹さん、そうそう、うっすらと「確か牡丹さんも持ってなかったっけ~」と思ってました。
私は中くらいの大きさの黒白ギンガムの生地で(大きいギンガムはこりた…)作りたいと常々思っているのですが、実はその生地こそが全く見つからないのでした…
大きいギンガムならあちこちで売ってるのに~(涙)

No title

これこれ、アマゾンにはあって7&Iには無かったんだよね。私もコレ欲しいのぉ~。この前は木綿の着物の本買った(保多織の着物)、木綿の着物もいいなぁと思ったわ。

No title

おばさんだってこれはワクワクするわあ。
是非完成させてください。
きっと1500円は安かったと感じるはずです^^
和裁教室に何万円の払ったけど、
まだ木綿の単一枚だけ。シュン。

No title

ステキな本ですね!コーデがかわいいです!私も買ってみようと思います☆高校生の時にゆかたを友達とミシンで作ったのですが、途中で投げ出しておばちゃんに作ってもらった思い出が…。最近、気軽に着れる木綿のきものにときめいているので暖かくなる季節に向けて私も一着作りたいです。

No title

じつは私もこれ、去年血迷って買いました(なにする気だったんだろう?)でも私にはモデルの顔が怖すぎでした。

No title

私も持ってます、この本。でもまだ型紙は未使用眺めてるだけ・・・作ったら是非感想と着物のアップをお願いします!

No title

はなねこさん、…大概のネット本屋って同じものが網羅されてると思ってたのに…
私はカード会社のポイントが貯まる、知らないようなネット本屋で買いましたが、そんなとこでも扱ってるのに…
保多織の木綿着物とこれ、ずいぶんニュアンスが違いますが、今は普段着用の木綿着物の気分なのですな。

No title

Kimonoさん、なぜか「これなら簡単に作れるわ!!」という誇大妄想狂にさせてくれる本です(笑)
実際には結構難しかったりするんでしょうけど…
まあ、和裁教室は着物だけでなく肌襦袢から縫い方教えてくれますから、それでまあ、良しとしましょう(笑)

No title

れにぃさん、普通この手のソーイング本って、あまり中のコーデが可愛くないんですよね~
でもこれはおしゃれです♪
そう、直線縫いだけだから簡単かと思いきや、密かに曲線縫いも隠れてて、案外難しいです。着物縫うの。
木綿の着物は気軽ですが、ホントに着心地は生地によるのでなかなか油断できません。

No title

ここふじさん、…ああ、それは明らかに血迷ってましたな(笑)ここふじさんがこんな本を買うなんてー!!
そうか、ここふじさんはこの手のホラー映画に出てきそうな怖い系可愛い顔は苦手なのか。

No title

うさぎのこいさん、…皆さん持ってますねえ(笑)そして買ってはいるのに、実際完成させた人の話を聞かないってのもまた…(笑)
ああ、私もそのお仲間になりそうだわ~
だって作りたい生地が探せども見つからない…(涙)

No title

うふふ、肌襦袢は省略してもらいました。
使わないもーん。
先生泣かせな強気な生徒かも。
先生ゴメンネ。和裁って何で型紙ないのか
まだよくわかってません。

No title

Kimonoさん、あ!…基本の運針を覚えてもらうためにやらされる肌襦袢作りを省略している!!(笑)
和裁、型紙がないからこそ作りやすいってベテランは言うんですけどねえ…

No title

この本見たとき「無理」と投げ出しました。私にはとても簡単そうには見えませんでしたよ…ぜひとも作ってブログにアップしてください。
金髪のおかっぱ、あすかさん似合いそうです。次回ウィッグ購入の際にご検討くださいませ。

No title

ふじこのさん、…他の和裁本とかミシンで縫う浴衣の本とかは、もっと難解なんです…これはかなりわかりやすい方だと思いました。
ああ、まずは生地を買ってこなくては。
金髪おかっぱ…眉毛まで金髪風カラーにしなくてはならないので結構手間がかかります。
でも地毛で金髪は無理なのでウィッグでしてみたいなあ、とは思いました(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ