FC2ブログ
2009-01-25

久々の登場!アンティーク矢羽根&昼夜帯水仙柄バージョン♪





前回に引き続き、昼夜帯の今度は水仙柄バージョンのコーデでございます。

…こんな南国チックな大胆な色と柄であろうとも水仙柄ですともさ(笑)

このいかにもアンティークな色と柄。

そして帯の中の水仙には紫色も入っている。というわけで実に久々に『私の好む紫のアンティーク矢羽根』と合わせて思いっきりアンティークなコーデにしてみましただよ。

…自称矢羽根女王であるのに、昨年は着物着た回数49回のうち、7回しか矢羽根を着ていなかった!!

ちなみに同じ着物を3回も着ているんだが、それは婚礼黒振袖だ(笑)…一生に1回しか着ない人が多いと云うのに3回も…そして何かにつけてまだ着ようとしている…

あ、このコーデの着物は、今は遠くになりにけりの激安着物店にて500円、の銘仙風だが銘仙ではない謎の織り。

柄は大きいが結構シックな矢羽根です。

半衿はozawamiさんからバースデープレゼントに頂いたもの♪

お手製のクロスステッチ半衿ですが、最初着付ける前は「あら、こんなに刺繍の位置が低かったら衿元から刺繍が綺麗に覗かないかも知れないな~」と思いましたが、実際私好みの抜き気味の衿で着付けたところ、ちょうどいい位置にバッチリ覗くではありませんか。

ちゃんと計算してステッチしてるんですねえ♪さすがだ。

帯締め、帯揚げは帯から色を取りましてございます。


水仙、我が家の箱庭にちらほらと咲いているので、その前でこのコーデを撮ってもいいんだが、我が家の小さい儚げな水仙と、この帯の水仙ではどっからどう見ても別の植物にしか見えぬであろうなあ…

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

満開ですね南国水仙。これなら他の季節にも使えてお得かも( ̄m ̄*)矢羽、 矢羽女王なら7回は少ないかもしれませんが、普通のキモナーなら多いと思います(笑)あすかさんの黒振袖姿また、生で観たいのぉ~♡

No title

ランダムから来ました。。
素敵ですねぇ・・
ポチして飛んで行きます。

No title

これ、水仙なんですか?南国だとこうも雰囲気違うんですね。ozawamiさんお手製刺繍半襟、いい位置に柄が来てますね。

No title

おひさしぶりです、ozawamiさん、さすがですね、あすかさん仕様だ。
結婚後も、未婚女性の柄の矢羽根、バンバン着てください。何かにかこつけて、婚礼用黒振袖もね(笑)

No title

うん、ozawamiさん、「やれる子だ」と思っていました。本当です。
矢羽根って未婚じゃないとダメなんだ~私は未婚だからいいんですよね?

No title

水仙らしからぬ色使いとぐるぐる!面白いです♪昔、お供えの花の中に謎のオペラピンクの水仙があったのを思い出しました(生花でしたよ)こういうのがアンティークの良さですな♪先日、本屋で立ち読みした池田先生?(帯留めのコレクションで有名な方ですよね?)のコーデ本、アンティーク満載でスゴかったです♪あすかさん好み??!
おぉ、矢羽根真骨頂ですな♪半襟実にいい仕事をしてますね♪

No title

オートミールさん、全く春先感のない柄と色でございます(笑)て云うか何の花かもわからないか。
数えてみたら、昨年は49回も着物着ていたのか…と驚きました。単純計算で週1で着ていたことにはなるんですね。
ついつい黒振袖のインパクトに惹かれて3回も着ましたが、袖を通していない矢羽根も結構あるです…

No title

ANGELさん、ご訪問ありがとうございます♪傑作もありがとうございます!!

No title

まさみえさん、沖縄紅型で表現したかのような水仙です。でもアンティークは結構この手の激しい色あり。
この色に惑わされますが、この花の形と葉っぱは水仙の何物でもありません(笑)

No title

なっちさん、ええ、刺繍の色までもが私仕様なのさ(笑)
矢羽根、既婚であろうともバンバン着てやるつもりだが、さすがに卒業式風味の矢羽根は自粛するなり。いい歳だし…
ええ、黒振袖も黒ぽっくり買ってもらったから舞妓風コーデで着てやるともさ(笑)

No title

赤唐辛子さん、ええ、伊達にクロスステッチャーと化しているわけではないですよ、あの方は。
矢羽根、かつてはそのように未婚女性の柄でありましたが、今となっては由来を知る者もそうはいないであろう。
せいぜいバカ殿に出てくる奥女中としか(笑)
もちろん赤唐辛子さんは大手を振って着れますよ、矢羽根。
たとえ亀甲女王だろうとも。

No title

美月さん、実際の水仙には、このようなぐるぐるは入っていないと云うのに…なんでこんな渦が巻いているんでしょうか(笑)
んげ!?そげな水仙が!?…まあ気持ち悪い色の水仙ってのもありますが、そんな色もあるんですね~
池田先生がコーデしている本と云うと別冊太陽かしら。
あの方、大御所だけあって、重厚なコレクションの本くらいしか見当たらないんですよね。
数年前に出ていた別冊太陽の古着物コーデは素敵でしたが。

No title

これ、本当に水仙なのか?疑いの眼差しのまま見ています。
ぐるぐるがその眼差しをかく乱しているようです。
半襟の刺繍が綺麗です。

No title

はなねこさん、この帯の柄、心眼で色を抜いてモノクロのぬりえ絵状態にしてみてくだされ。
ほーら、水仙に見えてくる。…でもこのぐるぐるは水仙の実物にはありません…
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ