FC2ブログ
2008-05-05

遠出の甲斐あり!見事な藤の下で藤コーデなり♪

先日藤コーデをアップした際、『どこで撮ろうかのう…』と悩んでいたところ『埼玉の騎西町にある玉敷神社の大藤がおすすめ!』との情報を埼玉花だよりさんから頂きましたが、うちから車で1時間くらいの距離で往復2時間と考えると微妙…ということで一応保留にしていたのだった。

…しかし昨日アップの聖天宮がさっさと見終わってしまい、見ようかなーと思っていた映画も激しくつまらないストーリーのようだったので見る気にならず、つまり時間を持て余したのだった。

…だったら行ってみるさ。騎西町の玉敷神社とやらに。

つーわけで、実はあのチャイナ帯コーデで藤を見に行っております、あの後。

で、あのコーデで藤をバックに撮ってはいるんだがやっぱり、見事な藤の前では藤コーデで撮りたいいいいいい!!と思ったのだな。

かくして、翌日には藤コーデを装着して、2日連続で往復2時間かけて玉敷神社へ向かう女がいたのだった。

…ガソリン高の昨今であろうとも、いい画像のためには労力惜しまず(笑)



で、ここが玉敷神社。…実は大通り沿いにはいっぱい『藤まつり臨時無料駐車場』の表示が出ていて、駐車場の場所には迷わないものの、肝心の藤まつりの会場までの矢印がない。

普通は矢印をたどっていけば会場に着くものであるが、矢印をたどると臨時駐車場に着いてしまうのだ。

というわけで神社に着くまで結構迷っております…

で、辿り着いたら鬱蒼とした木々に囲まれた神社。…藤は、藤はどこに!?



横の鬱蒼とした木々の下をくぐりぬけると、そこには見事な藤棚が!!

房の長い大藤棚が眼前に広がり、藤の香りと屋台の焼きそばソースの香りが…(笑)



房の長い大藤棚が2つ、他にも房の短い白藤、ピンク藤など、結構藤の種類もありました。

…ああ、やっぱり新居に藤植えたいなあ…こんな立派な藤棚は無理だが。





で、やっぱり画像的に映えるのは正統派の藤色の房の長い藤。

というわけで房長藤の下で撮っておりますが、やっぱり藤の花かんざしが背後と同化している…

花かんざし付けずに『藤が髪飾り』としてしまった方が良かったかも知れん。

画像に写りこんでいる花見客が遠くからガン見しております(笑)

そう。前日のチャイナ帯コーデの時は夕方ということもあり人もそれほど多くはなく、着物だからといって別に注目はされなかったんだが、この藤コーデは違う。

藤の名所に藤コーデの着物で行ったらそれだけでも注目の的であるが、ましてこの女は藤の和傘を持ち、三脚かついで一人で撮影しているのである。

しかもこの日は朝から晴れているせいか人が多く、『ミス藤むすめ撮影会』というイベントもあったようで、本格的カメラ持っている集団がまだ園内をウロウロ…

『全身藤の女が一人で一体何やっとんじゃ!?』という奇異の目で見られるのは当たり前。



『ああ、撮りにくい、撮りにくいぞおおお、人にじろじろ見られまくってえええ!!』と冷や汗流しつつも、撮らねばなるまい。『藤の和傘を広げて藤をバックに藤コーデ』

で、これをセルフで撮っているところをアマチュアカメラマンの群れが見逃すはずがない。

確かに『ミス藤むすめ』なんつーたすきをかけた藤と関係ない柄の振袖のお嬢さんを撮るより、全身藤で和傘まで用意している人間の方が被写体としてはいいに決まっている。

まして、撮影会も終わり、ミス藤むすめも立ち去った後だったので被写体を失った集団、大挙して私の周りを取り囲みやがったのさ。

そしてアマチュアカメラマンが群がって撮るもんだから、すっかり私を『ミス藤むすめ』と勘違いしている花見客も勝手にバンバン撮影していた…

あの、ミス藤むすめは別の人ですよ…



ちなみに前日、同じ場所で夕方撮った画像。…やっぱり藤には藤コーデよねえ…

このコーデは聖天宮の方がよくお似合いだ(笑)



騎西町、マンホールの柄も藤でございます。

ここに限らず全国の市区町村はその地にちなんだ柄のマンホールが多いので、結構よく見てみると面白い。ちなみに我が市は『牡丹』


かくして、往復2時間かけてアマチュアカメラマンのボランティアモデルになりに行ったようなものであった、藤コーデ撮影の旅、終了。

…それにしても、私だってブログで必要なポーズで気に入った表情のものさえ撮れれば、数枚しか画像撮らないというのに、どうしてアマチュアカメラマンというのは異様な枚数撮るのであろうか。

そんなに撮ったなら、いい出来の画像を私に送ってくれ!!
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

うさぎのこいさん、この着物そのものは決して目立たないのですが、和傘が目立つ、目立つ!!
…でも日差しを防いでくれる優秀な代物。
しかし通りすがりのおっさんに『あんた、何かやるの?』と言われました…そりゃ、確かに日本舞踊とかの小道具ですわな…
あのアマカメラマンの群れ、絶対にネットで仲間を募って結集しているはずなのに、今のところネット上で私の画像は発見できておりません。

No title

紫さん、やっぱり普段から着物着ている人間と、そうでない人間の場合、とっさのポーズが全然違うようで、『普段から着てますよね』と見抜かれておりました。
まあ、藤むすめさんはこのようなイベントでしか着物着ないでしょうしねえ…
ホントにお礼代わりに画像の1枚でも送って欲しいものです~

No title

ここふじさん、遠いですぜ、ここ。都内近郊では亀戸天神がいっぱい藤の種類もあり綺麗だそうです。
私が到着した時には既に藤むすめ撮影会は終わっていて、一瞬藤むすめさんとはすれ違っただけでしたが、ええ、一応はかち合うのは避けてみました(笑)
なぐり込みは大人気ないので。
…そうか、観光地では観覧車乗っただけで勝手に写真を撮られ、しかもそれを1000円くらいで売りつける商売が成り立っているんだから、100円くらい取ってもバチは当たらなかったかもしれん。

No title

PHOTOLINEさん、藤で有名な場所は結構あるんですが、なんといってもここはタダなのがいいです(笑)
藤の柄が好きなので、ついついここまで藤ものが集まり、トータルコーデの鬼ここに極まれりです。
ちなみにもう1パターンの藤コーデもあるので、もう一人参加者がいればその人に着せて、二人藤尽くしで良かったんだけどなあ、と思ってます(笑)

No title

オートミールさん、ええ、2日連続で通うわけですよ。ものすごく見事なので。ああ、これが近所であったなら…
アマカメラマン、皆さん立派なカメラお持ちでした。で、私が自分で撮った画像見て『こーゆーカメラでもちゃんと撮れるんだねえ』と。
そりゃあ、カメラの問題ではなく気合の問題じゃ。
そうそう、あれだけ大量に撮っていったくせに誰もネットでアップしていない…
あの画像はどうするつもりなんだろう。

No title

bethgomaさん、でもさすがに延々と撮っているので、顔が引きつりました。…誰か管理しろよ。
ええ、本当に小銭だけでも頂いて、焼きそば食べてくればよかったです(笑)
そうそう、『いい写真を撮ろう』という意欲がない人が撮ると、とことんろくでもない画像になりますよね。
三脚の方がいい仕事します(笑)

No title

badsongさん、遠いですぜ、ここ。
都内では亀戸天神がいっぱい藤もあり着物で撮影に向いているようです。
…ミス藤むすめに対抗してミセス藤女ってのはいかがかしら?(笑)ってそれは大人気ないですね。
どうせなら、ミス藤むすめさんに藤コーデ着て欲しいです。良ければ貸すから!!(笑)

No title

masa43mie32さん、あ!!今思い出しましたが藤柄のバッグも持っているのでした。でも持参せず…残念。
藤柄ってのは結構日本舞踊とかする人には人気の柄なので、割と苦労せず見つかります。であっという間に集まりました(笑)

No title

Ayaさん、私も自分が普通の洋服で行っててこのようなコーデの人を見つけたら、絶対撮りまくると思います。
で、ブログの記事にすることでしょう(笑)
そうそう、画像1枚だけでいいんですから、送って欲しいですよね。数分拘束されたんだし。
ピンク藤、『大紅藤』と言う名前らしいです。ラブリーですよ♪

No title

赤唐辛子さん、『紅藤色』って色もありますぜ。紫がかったピンク色なの。
でも藤は正統派の藤色のものが一番綺麗です。ああ、植えたい…
それにしても小5で藤竜也好きとは、渋いのう(笑)
2日連チャンで行った割にはガソリンが減らず、エコカーの実力恐るべし。
我が市には牡丹園が2つ、それだけでなく市内至る所に牡丹が生息しております。
ゴミ捨て場横に生息しているのは珍しいことではないのさ。

No title

藤も咲いたかぁ~~~。
うちの庭にも欲しいなぁ~~と思いながらなかなか。。蜂とかくるかも~~って。
1枚目の後ろでガン見してる方々がおかしい~~。
今年は、卒園、入学と礼装を着たせいか、その後はまったく着る機会がありません。さすが、礼装。(関係ないか)

No title

マンホール・・・・素敵です。
いあ~~~藤のお花が!!
お気に入りに入れさせて。

No title

あさぼんさん、そして薔薇も咲き始めております。今年は花が早い…気温は決して高くないのに。
ええ、蜂のヤツってば藤にはぷりぷりの尻の蜂が群がるんですよね。可愛いが怖かった…
藤の名所であっても田舎なので着物の人間そのものが珍しかった様子。ええ、もれなく顔がこっち向いてる花見客が写ります…
…礼装着たせいで力尽きたのだろうか。あ、でもそのうち授業参観があると思うんですが。
授業参観に着物で来るお母さん、たまにいたなあ…

No title

のぞむさん、マンホールって結構土地柄が出ていて面白いので、これからは出先のマンホール、撮って来ようかなーと(笑)
藤の花はここまで花が長いと壮観ですよね。
お気に入り登録ありがとうございます♪

No title

みごとな藤ですね~!
…そういわれて見れば、藤棚の向こうにいる人々が皆、あすかさんの方をみているみたいですね(笑)

No title

はじめまして!いきなりすみません!
見事な藤と着物姿のコラボが絶妙!とても素敵です!
また、撮影時の様子が、面白くて何度も笑ってしましました。
元気をわけていただいたような気がします!有難う~

No title

KUBOさん、結構近いようで遠い場所にあるんですが、往復2時間かけてでも行く価値はありました♪
でも来年行く機会があったら、きっと連休前か後に撮りに行くと思います…晒し者なので。

No title

suzukinanodaさん、はじめまして♪
この場所、私に限らず、近隣にお住まいの着物着用者さんに使っていただきたいいい場所です。
…撮影時は現場ではもっと笑える状況でございました。
ちょっとした有名人気分でしたよ(笑)携帯カメラとかで撮られて。

No title

こんにちは~岡山から埼玉は遠いですが、行きたくなりました!一緒に撮られまくりたい!私、楽天でブログしていますのよ!着物でおでかけカテゴリも充実させています。あすかさんほどではありませんが(^_^;)そして、記事内にリンクさせていただきました。ご了承下さいな♪http://plaza.rakuten.co.jp/rinamamadesu/恋する着物生活 ハンドルネームは、さちりんです。これからも、遊びにこさせてね♪

No title

さちりんさん、…そうですね、しかもここ、埼玉でもはずれもはずれで遠いです(笑)
近所の藤も終わってしまったので、この神社の藤も散っているんでしょうね~ああもったいない。
次は薔薇が満開ですね。
それにしても楽天から越境していらしたんですか(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ