FC2ブログ
2007-11-02

蔦コーデ(今回は着物は蔦柄ということにしておこう)でごわす。

先日アップした『紅葉コーデ』の半襟と帯、帯締めを替えたバージョンです。

って随分変わってるんですが、改めてトルソーちゃんに着付けるのが面倒なので(笑)








借景女、今回は人通りのない階段小道の横に這っている蔦の前に出没。

この蔦コーデとこの場所、激しく同化してしまい、小物がからし色でなければまるで迷彩柄のように背景に溶け込んでしまうところであった。

小物がからし色なのはセレクトに困ったからではなく(笑)なっちさんの商い品、『ぷち加賀指貫かんざし』に合わせたかったからである。

100均の箸を使ったかんざしですが、そのベースがからし色のもの2本を使って夜会巻きにしてみました。

あ、隠しピンとか一切使わずこの2本だけでがっちり夜会巻き作れましたよ~♪

指針山『紫の矢羽根の薔薇の人』をはめてこんな画像撮ってみました。




背景にわかりにくいが南天があり、着物は蔦(紅葉でも可)。そして商品が美しく撮れております。

季節ごとに変わるなっちさんの店のトップページにどないだ?(笑)


余談だが、この着物、激しく生地が弱っているので1度着たらボロボロに裂けるであろう、と予言していたのであった。

結構立ったり座ったりをしていたので、その度に尻付近で『ビビビビ…』という不穏な音あり。

しかし帰って着物を調べると尻付近が裂けた形跡なし。

……裂けて不穏な音を立てていたのは中に履いていたステテコであった。




夏場から裂けていたのだが、生地そのものが裂けていたので全く直さずそのまま履き続けていた私さ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

秋の風情とお着物姿が良くマッチしていますよ。
お箸二本でこんなに綺麗に髪がまとまるなんてビックリ。
私も伸びたら挑戦してみよう。(何年かかるか)

No title

なんて華やかなんでしょう!素敵だわ。ぜひ「あすかキモノ祭り」写真集作りましょう。誰かにお金出してもらって(笑)タイトルが何だか。。。でもいつもお祭りみたいに賑やかで元気が出るこーでだから、ついね^^

No title

ありゃりゃ、裂けたのはステテコだったのね。着物でなくてよかった♪
銘仙って弱ると、いとも簡単に裂けそうだもんね。
この着物・・・好きかも♪

No title

あの裂けそうな~♪切れそうな~♪着物、着たんですねっ!それにあの帯!合う~!なっちさんの『ぷち加賀指貫かんざし』もすごく可愛い!なぜに猫は何かを広げるとおもむろに通過したり寝そべったりするんでしょうね笑

No title

これが蔦というものなんですね。甲子園に巻きついているヤツですか?着物柄ではよくみていたのですが、実物をはっきり認識したのはこの年になって初めてでした。蜘蛛の巣帯、、やっぱりステキです♪

No title

本当に溶け込んでいらっしゃる。。
秋の雰囲気が色に出てかんざしの山吹と非常にいいコーデですね。柄物銘仙やっぱりもーすこし欲しいなぁ。。
矢羽根しかないのです。。

No title

今日、ぬ??っと思ったら、パンツ(ショーツですね)の前の、レースとスパン生地に間が裂けました・・・しばし、便座に座ったまま固まって眺めておりましたよ・・・

No title

なっちさん、破れ物に弱いですのう(笑)尻破れ着物とか。
紫の矢羽根の薔薇の人、ちょっと明るさで柄が飛んでしまいましたが、まあ、いつもトップページ用の商品使用画像で商品が綺麗に写っていたためしはないのでいいか(笑)
…それにしても何でそんな変換が出てきたんだろう…無為貞操。
今、『むいていそう』と打ち込んだらこっちもこれが出ました(笑)

No title

羽衣牡丹さん、私もこれが赤の他人で、何か着物の本に載っていたなら『ふーん、綺麗に撮れてんじゃん…』とか思うことであるが、撮ってるのは私自身ですし、三脚持ち歩いて一人でポージングしている記憶があるもんだから情けないったらありゃしない(笑)
あ、ステテコも着物の裂けも直してない…着物だけは直さなくっちゃ。

No title

keiさん、この着物確かにシックないい柄といい色なんですが、いかんせん生地そのものが紗のように透けているのです!!
…ここまで生地が薄くなるほど洗い張りしたわけでもないと思うのに…
力がかかってしまうところを接着芯で補強しておけば何とか無事に着られるようですが、まあ出先でビリ!となったら哀れなので羽織が必須なのは変わらないでしょうね(涙)

No title

赤唐辛子さん、ここ数日ですっかり秋の様相ですよ、日本は。でも日中は日が出ると暑くなるので、汗のせいであたしゃ紅い襦袢着てたら中の下着が紅く染まりましたよ(笑)
そうか、自作ステテコ、やっぱり大雑把な作りは生地そのものに負荷がかかり過ぎるってことでしょうね。
しかし裂けたのは高め楊柳で、安め楊柳で作ったのはバリバリに元気です。…何故だ!?
『むいていそう』…打ち込んでみんされ。素敵な変換で登場するであろう。

No title

kimonoさん、私もozawamiさんの定番夜会巻きを見て『なぬ~そんなコーム1個で綺麗にまとまるもんか!』と思っていましたが、いざ慣れると箸2本でもまとまるということがわかりました(笑)
コツは差し方にあり。そして髪がばらばら落ちてこないようにゴムでゆるめに毛先を束ねておくのがポイントです。

No title

badsongさん、い、いえ、ワタクシ的には決して華やかなコーデでは…(笑)これが華やかに感じるということは、やっぱり相当な渋好みですよね。
『キモノ祭り』…『キワモノ祭り』というタイトルなら私もいいです(笑)コーデ、キワモノが多いですし(爆)

No title

ozawamiさん、紗のように透けているくせに、結構もちこたえていました。でも少し裂けてる部分はちゃんと直しておかないとどんどん裂けていってしまうのであった。
画像ではちょっと紫っぽく写りましたが、実際はかなりくすんだシックな色味で、まさにozawamiさん好みだと思いました。

No title

usaginokoi2000さん、この着物に合せたくて、帯、さっさとぶった切って作り帯にしました。おかげで半幅部分にも蜘蛛の巣柄が出ました。作り帯万歳です!
このかんざしに使ってる箸、100均で比較的簡単に発見できるので、とりあえず買っておこうと思いました。それくらいかんざしとしてベストです。箸としては短いんですが。

No title

KUBOさん、蔦、もっと紅くなるんですが、まだ時期が早かったです。そしてびっしり蔦で覆われている場所で撮りたかったんですが、ちょっと人通りがあるので断念しました。
田舎のほうだと蔦に巻き込まれて飲み込まれている家というのがたまにあります(笑)蔦が這うと激しく建物は傷むそうですが。

No title

ななさん、実は秋の色味は好きなのでコーデがしやすいのです。特にからし色は万能です♪
最近、銘仙人気も落ち着いたのか、派手な柄で目立つようなもの以外は価格が安めで安定してきたような感じです。ヤフオク見る限りでは。
基本的に鮮やかな色柄は高値になりますが、地味でもない、普通レベルのものなら1000円から着られるものが見つかりますよ。

No title

真之介さん、私、そんな状態のパンツ、しつこく愛用していますよ(笑)
…1度しか着てないけど今後着る予定もない服とかは、結構簡単に捨ててしまえるんですが、長年愛用してきたボロボロの下着類ってなぜか捨てられないんですよねえ…

No title

かな~り好きです。キモノがっていうよりこの写真が。ガラガラなのに、この背景に溶け込んでしっとり落ち着いて見えます。ソフトフォーカスで全体がふんわりした光に包まれてる感じだし。もはや自分撮り芸術と呼んでもよかろう。しかし、その頃内部ではこのような事態が発生していようとは・・・ステテコ破裂。でもコレつまんで縫ったら縫い目がゴロゴロしそうだし、木綿絣で丸くつぎ当てしたら?レトロで風情が出ますよ(レトロなトータルコーデ)。

No title

ここふじさん、ええ、1枚目の画像、黒い格子フェンス向こうの民家にはゴミ袋入りの刈られた草が置いてあるなんて内緒です(笑)
…かなりの曇りでこの付近が暗かったため、オートならフラッシュがつくんですが、あえてフラッシュなしにしてみたらこのようなソフトフォーカスに…
しかし帯の柄にはバッチリピントが合っている不思議な画像です。
ステテコ…そのつぎ方はお猿さんチックな尻になるわけですね(笑)
紅い襦袢の下にそれだったら大笑いですね。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ