FC2ブログ
2007-09-25

『発狂くん』煎餅買いに川越へ…でも買ってきたのは…


赤唐辛子さんとozawamiさんが、川越の裏グルメ『発狂くん』煎餅を喰いたいと欲してらっしゃるので、いきなり思い立ち、夕方4時半に家を出ました。川越に向けて。

あ、『発狂くん』というのはですね、煎餅にビッチリ七味唐辛子の衣が付いた激辛煎餅で、昔から川越をうろついてる人間は知っている、知る人ぞ知る裏グルメです。素敵なレポートを発見!→ http://portal.nifty.com/koneta05/01/12/01/

…この女は営業時間がわからない場合、事前に電話で問い合わせるという一手間を惜しむ人間なので『まあ、早くても5時、普通なら6時くらいまでは開いてるだろう』と見切り発車でかなりギリギリな時間に家を出ている…

途中ガソリンまで入れたりしてかなりチンタラ、それでも20分で川越の蔵の街並みに到着。…熊谷よりも遥かに近い川越…

で、その煎餅屋前には5時4分到着。…閉まってるし。しかも完璧に。5時から閉店準備したとは思えないくらい完璧に閉まっていた。

後日、出直し決定(涙)…今度は営業時間問い合わせるよ…

かくして『発狂くん買いツアー』は『まだ開いてるアンティーク着物の店を回るツアー』へと変更になったのであった。…ツアーといっても一人なので、運転手もツアコンも参加者も全部私一人なんだが。


蔵の街並みのこの通りは夕方5時には大半の店が閉まってしまう模様。遅くても6時までだし。

それでも平日のそんな時間でも観光客はいるもんだ。




この蔵の街並みのランドマーク『時の鐘』。前を通る外国人の一団が。

白人青年が多かったが、なぜか彼ら日の丸に『必勝』と入った受験生のような手ぬぐいを額に巻いていた…一体…




沈む日に浮かぶシルエットの時の鐘。

蔵の街並み、日中は観光客がわんさかいてあまり情緒がないのだが、日が落ちると結構いい感じです。街灯照明が抑え目で古い建物が綺麗に見えます。

夕方5時以降は人も少ないのでそぞろ歩きにはいいかも。

常々川越のこの街並みが激しい観光地と化しているのに苦々しく思っている私だが、夕方に通った事がなかったので少し見直しました。…ただし店は喫茶店すら閉まるが(笑)



川越のこの近辺、アンティーク着物を扱う店が点在しておりまして、とりあえず見かけたところで開いてる所に入ってみました。

『右左(うざ)』、入口のマットに堂々と転がる野良あり。

この店は割と値段が高めだったので(あ、でも店頭に出てる足袋は480円で安かったが)ザッと覗いて出てきました。

あとは本川越駅に近い方にある『時代布イーハトーブ』、名前はど忘れしたが端切れとか縮緬細工とかの小物を売ってるお店を覗いてきました。




『イーハトーブ』の方の店頭のワゴンの中から千鳥ちゃんが可愛い作り帯、発見!

化繊で1000円…でもいいの。千鳥ちゃん柄で可愛いのってヤフオクでも高値になるから。せっかくなのでふくろうFufuさんの帯留めを合わせてみました♪

それから名前ど忘れの小物屋で羽織紐3組。それぞれ105円で結構お買い得でした♪

『紫の羽織紐が欲しいなー』と思って、何となく選んだ紫羽織紐でしたが、家でよく見たら矢羽根の模様になっている!!

…全く意識せず矢羽根ものを選ぶ私に乾杯。


土日祭日はまずこの一帯は車が停められないのだが、平日の午後4時頃ならパーキングも空いているし、5時以降は破格に料金が安くなる。15分100円だったのがいきなり120分100円に(笑)

なので今度はもっと早く出よう、着物でも着て。

●余談●

この通り、私が通っていた高校のスクールバスの通り道なんだが、今日見かけた母校のスクールバスが最新鋭のマイクロバスへと変貌していた。…ムカつきました(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おー、何度か川越に行ったことありますが、日中はモロ「観光街」ですよね。
ちなみに例の「バリバリ伝説紬」は川越近辺のアンティーク着物店のどれかで買ったものだす
東松山の妹に送って、例のコインドライにかけてもらおうかしら……。秋田にはミスターランドリーって無いのですぅぅ(ToT)。

No title

羽衣牡丹さん、きっとバリバリ伝説紬、コインドライかけたら柔らかくなると思うんですが、ただいま熊谷にあるミスターランドリーのドライ機、2つとも調整中で使用不能…(涙)原油が高いから採算が合わないのかしら…問い合わせてないのでなんともいえませんが、多分『復旧の見込みはいつかわからない』という返答が来そうです…

No title

体は細いのに顔が異様に丸い、デブ子の逆バージョンアンバランス猫だすな。なんかものすごく訴えてるし。川越ってこんなにステキなところなんですね。発狂くんが千鳥帯になってしまうくらいミラクルな街。行ってみたいなあ。

No title

『発狂くん』買えなかったんですか、それは残念でしたね。
たとえ小さくてコケても遠くまでわざわざご足労いただいても、はにわは入手できて幸いでした。
雰囲気ある町並みですね。
黒猫のまるい頭に、スリスリしたい気持ちがムラムラです。でも、きっとわたしが近寄ったら逃げられるでしょうね、お嬢は言うに及ばずデブ子も腹揺らして瞬速で。

No title

発狂くん・・・楽しみに待ってますよ♪湿気った煎餅好きな私は、発狂くんを放置して、シャキシャキいわなくなった頃に食べるという計画ができあがっています。
川越か~・・・いっしょに行こうって言ってた時期がありましたねえ~。まだあきらめたわけではないですよ。

No title

写真で見る限り色っぽい雰囲気・・・
ぜひ、袷の季節になったら、OZAWAMIさんとオネエサン撮影大会を強行してくださいね

No title

画像が3丁目の夕日っぽいですね。
川越っていいところなんですね!

No title

私は所沢なので、川越は、何度か行った事があります。素敵な街ですよね。今度、着物着て川越に行くとき、ぜひ、誘ってくださいませ。よろしくお願いいたします。

No title

ここふじさん、体格はデブ子よりも大きかったこの野良。もっとも肉付きはデブ子のほうがいいんだが(笑)
最初ずーっと入り口のマットに寝そべっていて、店に入るのにまたがねばなりませんでした。
で、帰ろうとしたら何か仰ってました(笑)
川越、ホントにこの一角だけがこんな風なんです。しかも昔はうらぶれた商店街だったのに…しばらく行かない間に着物好きにはいい感じの街並みになってました。
近いので地道に探求しようと思います。しかしとりあえずは煎餅屋の営業時間を調べるのが先です(笑)

No title

なっちさん、ええ、時間が問題だったと思います。埴輪の時は午後2時くらいでしたが、川越にはついつい近いから、という油断で5時過ぎました。
しかも煎餅屋がやる気ないようですし(笑)
あ、そういえば昨日客が来てたんですが、お嬢は客に押入れ前まで来られて生唾飲んでビビってましたが、デブ子は遠巻きにしながら観察してました、客を。
で、たまに鳴いたりして存在をアピール(笑)

No title

ozawamiさん、ええ、最初川越あたりでお会いしようかという計画でしたねえ…もう1年くらいになるのか。しみじみ。
川越、木綿の反物『川越唐桟』がありますよん♪…そういえば夢幻屋さんが欲しがっていたな。
いつかご案内する日も来るだろう、ととりあえず着物屋さんだけでも場所を下調べしております。
ああ発狂くん。いつなら開いてるのか問い合わせなければー!!

No title

真之介さん、色っぽい街並みに変化するのは夕方以降ですが、夕方以降は店が軒並み閉まるという事態に見舞われます。
日中は観光客がうようよひしめく通りです。
あ、でも川越は観光地としての歴史が浅いので、どんな着物でも馴染むような気がします。粋な着物でもアンティークでも。

No title

KUBOさん、都内からでも行きやすい手ごろな観光地になっております。ただし観光地らしいのはあくまでこの蔵作りの街並み部分だけですが。
ちょっと歩くと普通に繁華街です。でも蔵の街並みには着物姿も多いですよ。

No title

織姫さん、所沢だったら本川越までは20分くらいでしょうか。蔵作りの街並みまで歩かない本川越が最寄だと楽ですね(笑)
うちは川越駅か川越市駅なので電車だと若干歩きます。なので車で行きたいのですが、平日でないと車が停められないのが悩ましいところ。
いつも思い立ってフラーっと行ってしまうのですが、川越ツアーの話も立ち消えになってるのでツアーが決定したらご連絡しますね♪

No title

川越唐桟は織り元が引退してしまうので、早めに見に行ったほうが選べると思いますよぉ~よぉ~よぉ~(散財悪魔の声)。

No title

羽衣牡丹さん、私は特に反物は見ないんですが、反物を見る方々が川越行きたがってますねえ(笑)
…急いで買わなきゃ!と思っていた煎餅ももはや入手不可能だし、特に川越に行く用事もなくなったんですが、やっぱりもう少し天気が安定したころに川越ツアーをするべきか!?
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ