FC2ブログ
2007-09-19

手作り足袋、第3弾!…余り布はもれなく足袋に。


すっかり足袋職人と化しつつある今日この頃。…まあ、職人を名乗るにはあまりにも仕上げが雑過ぎるんだけどさ(笑)

さすがに立て続けに足袋を作っていたので、今回は全く説明書を見ずに作れました!

ええ、慣れるとミシンでダーっと縫ってしまえるのでかなり完成は早いです。

しかし相変わらず型紙写しに異様に時間がかかっているが…


今回の余り布は夏用の生成り綿レース。半襟用に買った生地の余りなり。

…実は前から素朴な生成り1色の足袋が欲しいと思っていたんだが、生成りベースの柄物はあっても生成り1色のみという足袋ってありそうでないのだ。

白が黄ばんで生成り色になっているのがほとんどのアンティーク着物には、白い足袋よりも生成り色足袋の方がしっくりくるのさ。

…なのに売ってない。ならば作るのみ!

あ、裏に使ったピエロちっく?な生地はまだ帯になっていない生地です(笑)


行きつけの『キンカ堂』、生地は30cmからのカットなので、半襟用に買うと18cm×110cmくらいが余るのだ。

で、その手の実に中途半端な面積の細長い生地が大量に余っていたのだが、そのサイズの余り布、絶妙に足袋作りにジャストサイズ。

…ふふふ、余り布再利用足袋作りは続く…

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ええ、なぜか、やめられないんです、足袋作り。私も、型紙改良して、柄柄のやつ、作っちゃいましたよ。わずかな布でできるし、それなりに進歩していくし、はけば失敗もわからないし。いいことづくめですよね。

No title

あら~。また作ったのですね!ほんと職人のようだ♪慣れるとさくさく進みそうですね・・・私も重い腰をどっこいしょとあげてみようかなあ~。

No title

keiさん、慣れれば慣れるほどさっさと作れますしね。ミシンでも手縫いでもOKなのでミシン使えないような時間でもチクチクできるのも魅力。
失敗して履き心地が悪かったら手直しも簡単ですし、余り布も有効に利用できるし!
今度はこはぜに挑戦したいと思います。

No title

ozawamiさん、説明書の発信源であるozawamiさんがまだ作っていない…型紙の発信源もだが(笑)
材料は全部揃っているんですから、あとは気合です!
最初、説明書と格闘する事になりますが、作り方がわかればあとは簡単です♪
さあ作るのだ~!!

No title

足袋ブームに乗る前に、あすかさんのうわっぱり作り上げてから、晴れて心置きなく「難解」とか「かえってわかりにくくしてる」とか、たいそう評判の悪い説明書のヤツに挑戦したろうと心に期してます。
あ、こまごましたもの定形外で送り付けました。

No title

慣れればサクサクなのか~(ーー;)やばい、また洗脳されそうだ・・
足袋、なるべく売ってないモノを作ろうと思っている私。↑の足袋は
巷では見かけないタイプ♡、また三連休がくるし、とりあえず柄合わせなどしてみようかしらん。いけない。いけない・・

No title

あ、また型紙写し難そうな布で挑戦しましたね。そうそう生成り足袋、ありそうでないんですよ~。まあ、時間経過で自動的に生成りになったものはあるが。紅茶で染めてみたらタダの薄汚れた足袋になってしまったし(泣き笑い。裏が面白いですね。足袋裏に好きな柄を使ってチラ見せの楽しみも増えますね。ああ、どんどん深まって行くあすかワールド。

No title

こんにちは、型紙発信源です。
ええ、まだまったく作っていませんが、あすかさんがどんどん作っているのを見ているとなんだか私もすでに出来上がったかのような達成感があります。
まずは第一号を手縫いでやってみます。あ、その前に和裁の宿題が…。

No title

普段も5本指ソックスや足袋ソックス履いてるんですが、いっそのこと本気の足袋で過ごそうかしら・・・。そしていつか自作のも履きたい。

No title

なっちさん、足袋ブーム、しまむらアロハと違って作って使ったらおしまい、ってわけではなく、続々と新バージョンがアップされるので地味ーに長続きしそうですぞ。
心置きなくのんびりと足袋ブームに参入してくだされ(笑)

No title

オートミールさん、市販されてないようなのを自作するのが足袋作りの醍醐味ですよね♪…ただ趣味に走りすぎても『この生地は足袋には合わなかった!!』という惨事が…
オーソドックスに汚れが目立たない、黒い底布を用意しましたよ、一応。

No title

ここふじさん、凹凸生地、前回はチャコペーパーを中にはさんで写す、というのがまるでダメだったので、切り抜いた型紙をいちいち縁取って書いていくという面倒な作業で4枚も写しています…それだけでうんざりします…
縫い始めるのが大変です。
自動生成り(笑)色がムラなんですよね~汚れが濃い場所とそうでないのがあるから(笑)
原色系に染めるのは簡単だと思いますが、生成りとかの微妙なカラーは難しいので生地買って足袋作った方が遥かに楽だと思いました。

No title

赤唐辛子さん、物が小さいだけに、着物よりも簡単に出来上がるのが魅力の足袋。…ええ、説明書さえクリアできれば…
では解禁された宿題が終わったら、まずはコツコツと型紙写しから始めましょう。

No title

はなねこさん、でも本物足袋だとスニーカー履けませんね!(笑)
…そういえば普通に売っている和柄の足袋靴下、買っていく人のほとんどは洋服に合わせているはずなんですが、実際に履いているのを見かけるのは着物の人ばかりです。

No title

えらいなあ、足袋職人。。。ううーむ。。。いつかやりましょうか。型紙と生地はつねに手元にあるし!!でもなー、これは人に作っていただきたい(笑)型紙うつしがな~~。難点なり。きものは型紙ないのが楽でして^^;

No title

夢幻屋さん、直線が歪む私には、曲線のもののほうが作りやすいみたいです(笑)
でも型紙写し、これすんごく面倒です。いっそ生地をプリンターに差し込んで型紙をコピーできたらなーと思うくらいです…
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ