FC2ブログ
2021-01-15

ふでぺんさんからの頂きもので全身コーデ!、をようやく着ました。

―――――――――…ガーデンシクラメンがダメになってしまいましたの、奥さん…

いや、ガーデンシクラメンは冬の屋外でも生きていけるように改良されてるシクラメンなので、ここ数年の冬でガーデンシクラメンを育てていた時は、こんなことはありませんでしたの。

ってことはやっぱりこの冬は近年稀に見る寒さなのだな…

冬の屋外で生き残れる強さを持つ花ではありますが、さすがに霜に当てるとダメになるようで、霜が当たらない軒下に置いてある寄せ植えのものはどうにか息も絶え絶えながらも生きておりますが、そうでない場所のは先週の寒波で凍り付き、一気にダメになってしまいましたわー

…しかし一緒に植えてる『耐寒性-10℃』って表示されてた植物もなんだかダメになってる気配なんですが、それは一体どーゆ―ことでしょうか(笑)

つーわけで、花屋で表示されてる耐寒性とかってあまりあてにならないので、花を買ったらば自力でネットで冬の管理とかを片っ端から調べるのをお勧めしますわ。

―――――――余談だが、その花屋で『耐寒性弱し』の表示の撫子は、凍り付きもせず、この寒さでもバリバリに蕾を付けでバリバリ咲き続けている(笑)…むしろ冬は天敵のクロハウリムシがいないのできっちり花が咲く。

それにしても、冬の花で最強はやっぱりパンジー、ビオラ系だなあ…

朝ガッツリ凍ってても、昼には解凍されて普通に元気だし


さて、クリスマスの前にコーデしていた『ふでぺんさんからの頂きもので全身コーデ』ですが。

クリスマスまでに着終わらなかったので、しばらくクリスマスの気配が消え去るまで熟成しておきました。

消え去ってしまえば、ただの赤×緑系のコーデとして見られましょう(笑)

それに羽織に梅柄も入ってますので、どちらかというと1月以降に着た方がしっくりくるコーデでもありました。

114.jpg

迫力が出過ぎるので、たまにしか出てこない画像3枚並べ。

明らかに昭和の柄、生地なのに、袖丈がむしろアンティーク寄りのちょっと長い二尺袖に近い謎の着物。

うーん、このような小さ目の総柄ってのは袖長めの仕立てには向かない柄ですなあ。

柄が小さいのに、袖が長い分だけ柄がものすごくうるさい感じになります。

ああ、だから振袖とかの生地の分量が多くなるものってのは、総柄であっても大きな柄のものがほとんどなのだな、と勉強になりました。

これは羽織があった方が映える着物ですね。

と云うわけで、どうにもこうにも柄が小さめでうるさい感じがして、コーデに困るようなものは羽織でメリハリ付けてみるという手もあり。

IMG_20210114_144357_resized_20210114_060643763.jpg

足元は臙脂色の別珍足袋&黒台のカレンブロッソ。

IMG_20210114_145014_resized_20210114_060644466.jpg

髪飾りは先日手に入れたばかりの、バネで花がびょんびょん動きまくる梅のかんざし。

…グレーの石段の上にシルバーのかんざし、というわかりにくい画像を撮る失態。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

小さな花柄も全然オッケー👌

羽織着ても脱いでもお似合いです。
あすか様は当分こう言う柄ものもいけそうで羨ましいですわ

ワタクシは20代後半でカイラシイ小さな花柄がワンピースでも無理無理無理😱になって100歩譲って大きめの花柄。着物もご同様なのです。でも!ふでぺん様ご下賜の珠世様風(イメージです)小花小紋。きっと娘用で送ってくださったと思うのですがギリギリワタクシでもいけそうなので八掛の色がめっちゃ可愛いのがツラいけどこのままで着る、着る時、着れば、着ろ!

ああ、宝塚トップスター男役が生まれ変わるならどんな人になりたい?と聞かれて「小柄で人様から可愛いと呼ばれてみたい」 なんかわかるのです。小花の小紋が似合う、もしくは古典柄の振り袖が似合う女の子に生まれ変わりたい(振り袖買いに行った時はとことん古典柄似合わなかった)

イケるんですねー!

あすかさん、こんにちは
毒々しいツワブキ刺繍ではありますが、綺麗だし珍しい逸材なのであすかさんに託した次第で。でもこのお着物で行けるなんて思いもせず~(^o^)マサカー
白地に映えて爽やかですわ~しかも羽織まで!!若い人が着るのに仕立てたんですかね~お袖が長いって。しかしながら小顔のあすかさんならではだと思います。自分だったらと思うとやっぱなんで着ようと思ったんでしょうねぇ。。。(想像中)笑

亜雅紗さん、お送りしたのはお2人どちらもイケる(帯と小物で使い分ければ)と思いますです。ぜひぜひ着て下さいましー(^▽^)

亜雅紗さん

普段がアンティークばかりなので目が慣れないだけで、多分普通にいける柄です(笑)

可愛らしい花柄の総柄は、金子服系で散々堪能したのですが、小花びっちり系は可愛いけど私にはあまり似合わなかったなー(笑)

で、八掛の色は特にアンティークは強烈な色が揃ってるので、気にしてたらキリがありません。そのまま普通に着ます。

―――――――ええ、ワタクシも『可愛い』タイプの子は得だなー、とずっと思って生きておりましたよ(笑)

ふでぺんさん

色が同系なので、見たその場で『これとこれで』と即決コーデです(笑)

ああ、でもこのコーデの場合、半衿は違う色合いにした方が良かったですね。いっそ緑にすればよかったかも。


袖さえ長くなければ割と応用も効くタイプの着物かと思うんですが、アンティークでもこの長さはちょっとあまりないかな、ってくらいなので…

よっぽど花柄の嫌いなお嬢さんが選んだ反物なのでしょうかね。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ