FC2ブログ
2019-10-22

☆手芸部☆正絹糸なのでおてがる区分じゃないけど組紐36作目・面白い染分け糸の鎖つなぎ組。

――――――――寒い…寒いんです、奥さん。というわけで夕飯は今季初の鍋決定。


さて、組み始めるとものの40分くらいで終わってしまうのに、今回は正絹糸を使ったがために仕上げが面倒で、組み終わった状態でずっと組台にぶら下げられたまま放置されていた、頼まれものの鎖つなぎ組の帯締めです。

IMG_20191022_133559.jpg

IMG_20191022_133616.jpg

…普段使ってる100均レース糸は糸が太くて、最後、房をまとめる部分の作業が結構楽なんです。

しかし正絹糸の場合は正しい帯締め用の房のまとめ方ってもんがございまして、ツルツル滑る正絹糸、細くて強い正絹糸を限界まで強く結ぶのが、それはそれは指が贈答用の網が食い込んだボンレスハムのみたいな感じになる苦行でございまして、したがってその仕上げをするのが嫌で、1週間くらい放置した(笑)

おかげさまで、組台をそのまま乗っけていたプラ製の軽いものしか乗せるべからずの棚は、おもりが全部付いたままの組台の重さに耐えかね変形した(笑)←以前大量のミニカーぶち込んだ時も変形させた前科あり。

糸は組紐台を頂いた時に一緒に入っていたもので、ピンクの糸が真ん中付近から4色に染め分けられている面白いもの。

振袖用とかで真ん中から数本の色違いの細い紐になるタイプの物がありますが、そんな感じの帯締めが作れる糸だと思います、

しかし今回は4色が一直線上に並んだ1本になる組み方です。

このように組み目が大きい帯締めは、やっぱり正絹糸の方がとても高級感ありますねえ。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村











スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

美しか~~~~

さすが正絹、輝きが違いますね!
でも確かにツルツルで強い正絹糸を限界まで締めるのは血管がちぎれそうな苦行でしょうね。
ところで札幌は本日20度まで気温があがり、現在半袖でございます~

正絹で組むと光り方が違う!

そして色々大変そう。今持ってる帯締め本当に大事にしようと思います。
京都弁マシンガントーカーの友人はお母様や伯母様が亡くなられた時はまだ着物にはまっていなかったので
「なんや?この細い紐?」と大量に資源ゴミで出したそうです。
その話をするたびに「あ、あれは家で使う安物よ!そう思うことにしてるのよ!」
500年続いた呉服屋さんの女将さんたちだったんですがねぇ。
あんまり言うと追い詰めるので時々持ち出してキョドる友人を楽しんでます。

うふ、うふふ、暈し~♪

ワタクシ、こういうグラデーション=暈しの入っているものって、本能的に好物なので、画像見てても楽しい~。

正絹は房の締め方?が難しいんですね。
ふだん何気なく使っている帯締めも、糸の段階から計算されて染め上げられているのだと気づかされます。
色が派手になってしまった帯締めを、湯たんぽのタオルを巻いたのを固定するために使ってましたが、なんて罰当たりな!!
(笑)。
でも正絹だと締め具合がいいのです。

奥深いですね〜

組み方、配色、奥深いですね、組紐。
買うだけだと、あまり細かく見ていないものだと実感〜。
絹だと、組んでいる間に、手がスベスベになりそう。私も、行き場のない刺繍糸の処分にディスクで細い紐から組んでみようかな。

綺麗です~~

あすかさん、こんにちは
いい色です、糸がそのようになってるんですか!すごいなー(^o^)。光沢もいい感じです~~

最後の糸の始末、気になってました。絶対に解けてはダメやし、かといって何度もきつく結ぶわけにもいかないし、技ですね~~

お美しい

初めまして!以前から拝見しておりましたが、初めてコメントいたします。とても美しい帯締めですね。見てるだけでうっとりです。ツヤがあるなと思いました。素敵です。薄紫に合わせる色合いが鮮やかでセンスが素晴らしく、アンティークな装いに合いそうです。私もつい最近リサイクルで鮮やかな帯締めを手に入れましたが、まさか手作りなさっている方がいらっしゃるとは…。達人は違いますね。これからの、コーディネートも楽しみにしております。まだ着物初心者ゆえ参考にさせて下さい。

ひたすら汗💦

何という大甘なお願いをしてしまったのだろうと…。
出来上がり写真のアップに心臓💞

最後の糸の処理、房の仕上げ相当な技術や力、注意力が必要なんですね。

とても素敵な綺麗なピンク、片側はこれまた艶やかな絹の糸、豊かな配色。
帯締めから着物のコーデを考えるなんて初めてですが、プレッシャーと共にとてもワクワクします。

心から、ありがとうございます❣️😊

追伸

色糸の組み加減、房の美しさ…言葉にできません!

綺麗な帯締めですね。

絹の上品な光沢が綺麗ですね。柔らかそうで、締めると、キュッと良い感じに締まりそうですね。

流石の輝きーー!!

これがウワサの「指をボンレスハムにしないと仕上げられない」正絹帯締めなんですね〜😍
いや〜 流石の光沢 お蚕様様やあ〜😹
それにしてもホントにプロっぽい仕上がりですわ😍
デパートの呉服売り場とかに並んでる「これ1本で我が家の○ヶ月分の米代」に相当するお値段の高級帯締めのとこに置いててもまったく違和感ございませんわ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ふおお!
もはや売り物にしか見えません。
きれいだ~✨

なな吉さん

そして、綿の糸って扱いやすいんだなあと心から思います。ああ、だから高級素材なのか、絹!!
扱いやすいものはお安い。確かに。
…今では北海道の方が暑い日もある…世界環境の破壊っぷりを体感しますねー

亜雅紗さん

何が大変って、糸が1本1本細いので、それを綺麗にさばかないと後々たるみが出てくるのです!!…このように組み目が大きい組み方だとそれが丸わかり。
…ははは、あとでお宝を捨てたとわかっても絶望するだけですよね(笑)
んが、帯締めは着物や帯に比べれば手垢で汚れるものなので、案外耐用年数は低いと思います。
『そうよ、あれはもう寿命だったのよ!!』と強引に自分に言い聞かせるよう申し伝えてください(笑)

羽衣牡丹さん

あら!?格子好きは有名でしたが、暈し好きだとは長い付き合いでも存じませんでしたわ!!
しかしグラデものの帯締めってのは基本上品はんなり系に合わせることが多いので、カジュアル系とはなかなか相性がいいものって見つかりませんよねえ。
いや、使わないのであれば、どんな使い方であろうとも使ってあげた方が帯締めとしても喜ぶかと。
確かに見た目同じでつやつやであっても、化繊と正絹糸のものとでは露骨に締め具合が違います。

だしこんぶさん

それがですね、正絹糸はちょっとした手の荒れでも検知してくれるんです!!…糸が引っかかるんですー、ちょっと荒れてるようなところに。ささくれなんかもってのほか(笑)
太い綿レースはその辺何も気にしないおおらかな気質ですが(笑)
100均で組紐ディスク売ってますから、刺繍糸の消費のために謎の紐(笑)、作ってみるのもいいかと思います。
ただし作った紐をどうするかはわかりません…

ふでぺんさん

私も常々帯締めの房の始末、どうなってるんだろう…と思ってましたが、組紐をするようになったおかげで謎が解けました。でも結構面倒です。針を使わねばならないので。
綿レースの糸の場合は別の楽なやり方があるんですけどね。

はりねさん

組紐は確かに着物業界でも少数派かと思います。…私もたまたま組紐道具一式を頂く僥倖に預かったので、調子に乗ってガンガン組んでおりますが…
正絹の帯締めの糸がお高いのですよー…だから既に出来上がってるものを買った方がお安いのです。
それゆえ綿レース糸で代用の日々でございます。
綿レースは綿レースなりの素朴さとカジュアルさがいいのです。

三匹のははさん

画像をお送りするといいながら、面倒になり、そのまま記事にしてしまいました(笑)…どうせ見てくれるだろうしー(笑)という雑さです。
組むのは本当に40分くらいで終わるんです。でも仕上げを1週間放置しました(笑)
で、最近何かと既製品の帯締めもチェックしてますが、この手の丸組のものは市販品は中に芯と言いますか、しっかりさせるために何か入ってるんですよね。
こちらは何も入れてないのでどうなりますやら。
まあ丸組なので平組のような型崩れとかは起こしにくいとは思いますが。
もうちょっとしたらお送りしますね。お待ちくださいませ。

マド☆さん

絹ものはやっぱり見た目が違いますよね(笑)
帯締め用の正絹糸がお高いのも納得です。まあお高いので使いたくても使えませんが(涙)

てんてんさん

そして、指ボンレスで青紫になるくらい引っ張ったら糸が切れ、最初からやり直すという遠い目になる出来事もございました…
組紐屋さんの帯締め、笑っちゃうくらいのお値段ですが、実際材料費と手間を考えたらそれも致し方がない妥当なお値段なのだなあ、と。
…でも全部が全部、ちゃんとした職人さんが作ってるわけではなく内職の主婦も相当数紛れ込んでいると思うが。
内職なんだったら、せめてそれなりの賃金出してあげてくれよ、と思います。

内緒さん

…わざわざありがとうございます。コメントが多すぎて死にそうになりましたが…(笑)
うーん、配慮と言いますか、普通の大人としての常識の範囲内だと思うんですが、意外と若い人はあれこれ上の世代からやいのやいの言われる分だけしっかりしているのに対し、40代以降ってのが『怒られる』ことが少なくなってくるので、ついつい加齢も加わって暴走しちゃいがちなんですよね。
考えてみればひと昔前は『オバタリアン』というものが存在しておりました(笑)
今は40以降でも普通に若いつもりでいるので、内面がオバタリアンになってるのに自分で気が付いていない人も多いと思うんです(笑)
そして若ければやんわりとでも注意してくれる人が必ずいるでしょうが、一定の年齢越したらば『いい大人が』と切り捨てられてしまうので怖いですよね。
うちのブログのコメント欄が特殊で、ほぼチャット状態になってるので、やっぱり非常識だと思われる方は大ナタふるってでも出て行ってもらうしかないんですが、普通のチャットと違ってうちのブログのコメント欄ということで、その決断は私がしなくてはならないのも辛いところですが。

ほあかばりきるま。さん

同じ組み方の100均綿レースものと並べてみたいところでしたね(笑)
素材が違うとこうも違うという。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ