FC2ブログ
2019-10-17

『ハンドメイドもののプレゼント』と云う地獄。

――――――――昨日は『親切搾取』の記事に多くアクセスくださりありがとうございました。…ブログ村の集計ではPVビューでは通常の倍以上のアクセスがあったようです(笑)

んで、親切搾取よりもある意味闇が深い、これこそ長年の積もり積もった鬱憤というのか、でもこれを明文化したらばある人は立腹、ある人は嘆き、ある人は軽蔑と、かなりの友人知人を敵に回しかねないなあ、という問題がありましてね。

しかしこの流れでないとこの先公表できるかどうか…ぶっちゃけウィークか(笑)

というか、明文化して自分自身へのきつい戒めともしないといけないなあというのもありましてね。

自分が被害者になることもあれば同時に気が付かぬうちに加害者になってることが多々ある、それがハンドメイドもののプレゼントです。


――――――ええ、女子であれば誰しも通る道だと思いますが、ハンドメイドもの、手料理然りお菓子作り然り、小物作り然り、総くくりでハンドメイドものこそ最高のもの!!自分が手間暇かけて作ったものこそが相手への最高のプレゼントになる、と妄信する。

で、それができない女子とかを上から目線でマウントし『…だからあの子はダメなのよねー』とか不遜にも思う。

――――――――あるよね?あるよね?(笑)

こーゆー価値観は世界的に見ても普遍的と言いますか、だからこそ料理も手芸もハンドメイドもの全部が苦手、って方はそれだけでものすごい劣等感を植え付けられ、必要以上に自分を卑下しながら生きてる方もとても多いです。

ハンドメイドもののいいところ、それは誉め言葉しかもらえないところです。

身内であれば辛辣に批評されることは多いと思いますが、それが他人へのプレゼントとなると一気に形勢逆転。

絶対に誉め言葉と感謝の言葉しか頂きません。――――――内心『勘弁しろよ』と思っている人が大多数であっても。

で、誰に何作っても感謝と誉め言葉しかもらわないので、どんどん調子に乗って『私の生きる道はここ!』とそのレールから降りない、どんどん勘違いに勘違いを重ねて、結果的には相手に嫌われ、避けられるようになる。

まあ、大半の人は『ハンドメイドプレゼント幻想』にはまっても、費用対効果が薄かったり、飽きてきたり、貰う方も慣れてしまって大して感謝しなくなったりで、『…買った方が安くね?お互いしがらみがなくなる分だけ買ったものの方が楽じゃね?』と気が付いて目が覚めるものですが。

ところがですね、着物ブロガー業界は着物という『手縫いが基本』というアイテムがメインになってるせいもあるのか、とにかくハンドメイドものプレゼントが横行(笑)

そう、着物関連の品物は、買うと高いが自作すると安い。だから低予算で色んなアイテムを製作し、それをプレゼントに使えば感謝はされるし安上がりだし、自分の腕の自慢もできるし(笑)

しかしここが肝。…和裁が出来て着付けができる人だからって着物のセンスがいいわけではない。

ハンドメイドものが大好き、料理大好きなお人がセンスのいい作品、おいしい食べ物を作れるわけではない。

センスが飛びぬけていい人は結局ご自分でショップとか立ち上げて、見事に趣味を『対価を頂ける商品』に昇華でき、最終的にはそのような『商品』となってしまった自分のハンドメイドものは、おいそれと人様へのプレゼントには使わないようになる。

ハンドメイド販売サイトとかで、自分が作ったもので少額であっても対価を得ている人は不思議なくらいにそれらを人へのプレゼントに使いません。…むしろそれをプレゼントしてほしいくらいなのに(笑)

広い世界?で己の力量を知るってことでしょうか。

問題なのは、純粋に趣味の域にどっぷり浸かっている『作るのが好き!!』って素人。

作ることが好きなだけなんです。売れるための商品にするため日々切磋琢磨するとかリサーチするとかせず、純粋に自分が作りたいと思ったものだけ作る。

なので当然、その人本人の感性というかセンスがもろに出る。

その場合、その本人だけが身に着けるのならいいのです。本人が好きで作った、本人セレクトな素材や生地。それはその人にはそれなりに似合うでしょう。とんでもなくお似合いになることだってある。

で、センスが素晴らしいおしゃれさんな方が作ったものだったらば、それをプレゼントで頂く人は天国です。大概の人には心底喜ばれるような作品になってることが多いから。

しかしかなりの割合で、頂いた瞬間硬直するような、でも心にもない誉め言葉と感謝を述べねばならない地獄に突き落とすハンドメイドものプレゼントマニアが存在するのでございます…

純粋に作るのが好きで、自分が楽しむだけに作るだけなら害はない。SNSで公表してるだけでも害はない。

そこに他人を巻き込んで、自分の作品、その奥にあるもの『自分』を見てほしい、認めてほしいがあるからいけないのです。それはもう、相手へのプレゼントではない。エゴの押し付けでしかない。

腕というか技量面は素晴らしい人も多いです。しかしセンスが壊滅(笑)

…センスが壊滅は言葉が悪いですが、これは『相手を見ていない、自分だけを見ている』の結果なのではないかなー

そう、結局独りよがりなわけですよ。

独りよがりだから、サプライズ的にとんでもないハンドメイドものを意気揚々と持って来て、当然のように誉め言葉と感謝を期待する。

頂いた方は誉めて感謝するのが人としての道だからそれをしなくてはならない。地獄ですな。

とにかくセンスが悪いものを当然のように人にプレゼントしてくる人は、まず、相手の人となりを見ていない。常に、自分。

自分がいいと思ったから作って差し上げた。おいしいと思ったから作って差し上げた。……全部、自分。

貴方は『いいものが出来た、喜んでくれるわ!』と思っても、はなっから相手不在なので相手からすれば『………』なのです。

そもそも『これは自分はいいと思っても相手にしてみたらどうなのかな?』という考えが抜け落ちていることがもうアウト。

お若い人はこーゆー人は少ないです。むしろ謙虚すぎるくらい謙虚。

腕に覚えがあり、それに自信も持っていて年齢が40代以降。自分より年下の人に無意識化でのマウンティングとしてこのような独りよがりなハンドメイドものプレゼントを行うことが非常に多い気がしますよ(笑)

で、無意識化で、相手をすんごく舐めている。

『こーゆーの、貴方作れないでしょ?』というとんでもなく相手を舐め腐った視線がそこにある。

――――――いや、作れるけど、欲しいわけじゃない。必要じゃない。だから作らないだけ。って事情が相手にあるかもしれないってことも一切考えない。


そんなわけで着物ブロガー歴15年。…塵と積もったハンドメイドものプレゼントがゴミと化しております(爆)

そう、市販品の頂きものであれば不要と判断すれば簡単に処分できるんです。…ハンドメイドものってのはその人の念が入ってる分処分しにくい…

しかもたちが悪いことに、センスの悪い独りよがり作品を粗造乱造するタイプのお人は『あれ、使ってる??使ってる??』ととにかく使ってほしくて仕方がないので鬱陶しい。

で、なんとなく使ってもらえてない、気に入ってもらえてない気配を察すると途端に拗ねてひねくれる。程度が悪いと嫌味まで言い始める。

作品にセンスがないのはその人本人の生き方のセンスのなさ、でもあるなあ、と。

ていうか、結構その人の人格そのものが如実に作品に出てくるような気がしますよ(笑)だから闇が深い。

そして…今気が付きましたが、センス悪いなー、と思うハンドメイドものをプレゼントしてくる人のこと、私、嫌いなんですね(笑)

嫌いというか波長が合わない。

波長が合わない人がその人の波長でもって作った作品ですから、そりゃ私がセンス悪く感じるのも無理はない。波長が合わないんだから。



なので私、『手づくり品 乞われ乞われて作るもの』を心に刻んで生きております。

乞われてもいないのに、勝手にサプライズ的に作ってプレゼントしてみても暴力にしかならない。

先方が欲しいと具体的な希望を出してくださって初めてお作りすることにしています。

…ハンドメイドものは、人のぬくもりだとかなんだとかの美辞麗句で推奨されることも多いですが、人心が錯綜する非常に厄介なアイテムでもあります。

だからこそ世には『お使いもの』というカテゴリーがある。

手作り菓子をプレゼントされ、それが微妙だと作った本人の株が激落しますが、そこそこ名のあるメーカーのお使いもの菓子を頂いて、それが微妙な場合であっても『このメーカーのも大したことないんだねえ…』で済み、贈った本人への評価は変わらない(笑)


その人本人が欲しいと言い、その希望に沿って作ったハンドメイドものならば、心から相手は喜び、感謝し、褒めてくださるでしょう。

そうでないサプライズものは、まあ、8割くらいは相手にとっては大迷惑な代物だと心した方がいいと思います。


故・吉野朔実の漫画内のセリフ『自分が相手にしてあげたいと思うことと、相手がしてほしい事が一致する事は稀なんだ。』これは至言だと思います。

―――――――このように長々書きましたが、ワタクシだってハンドメイド至上主義で相手の迷惑考えずにプレゼントしては得意になってた昔もあるわけで(笑)

今だってハンドメイドではなくても余ってる野菜とかおもちゃとかを人に押し付けて、上辺ではありがたい顔してもらえても内心はすっげー迷惑と思われていることも多々あるはずなので、本当に、本当に気を付けなくてはなりません。


―――――――しかしもう、ゴミになってる頂きものハンドメイド品はガンガン捨てようと思います。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




















スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

前の記事のコメント欄に書こうと思っていましたが、テーマが違うなと躊躇していたところです。 親切搾取されるなんて、なんて幸せな人達!羨ましい、自慢じゃないけど、私には秀でた知識も技術も何もないので親切搾取されたことがありません!
逆に相手に頼まれもしないのに手作り品を贈ってました、若い頃。でも、手作りの服を娘たちが喜んで着てくれたのは、せいぜい幼稚園時代どまり。それで目ざめました。ママっ子の娘たちにしてこれだ、もう他人様には迷惑かけてはいけないと。
今現在うちでも困ってるんですよ。陶芸をされている方がたまに自信作を贈ってくださるんですよ。大きな段ボール箱で届く、ひんまがった壺とか…。でも、それは役に立っています。私はもう過ちをおこさないぞと思い出すのに。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何度もすみません

ああ本当にやだわ。文才もない。言葉足らずでした。親切搾取されてしまう方の才能を単純に羨ましいだけでして。親切搾取自体は許せません。勇気をもってお断りなさって、あすかさんご立派です。

耳が痛いですゥ。

私の事やなぁ…、つい先日もガッツリと送りつけたばかりですから…、いやぁホント耳が痛いですゥ。。。こんなの送りつけたらきっと邪魔になるだろうか? と思い悩んだあげくの所業…、ホント申し訳無い事しきりです。どうか気にせず処分してくださいましね。
そして、気候が安定しないこの季節どうか、お身体ご自愛くださいませ。
懲りずにまた、お邪魔させて頂いても宜しいでしょうか。。。では。

ありゃ??
そろそろコーデの回かな♪と見にきましたが、いろいろお悩みのようで。。
(コメント連投失礼します)

これはアイドルなど人気者の方の、最大の悩みかもしれませんね・・・
好きでもない人から貰っちゃった、心のこもったバレンタインの手作りチョコや、手編みのセーターみたいな感じかな。

お心だけありがたく頂くわ

と、つぶやいて要らないハンドメイドものは捨てちゃってもよろしいのでは?ワタクシも何度かハンドメイドものをどなたかに差し上げたこともあったような気もしますが差し上げた後は捨てようがどうしようがその方の勝手と思っております。んが、そう言うちゃらんぽらんな人間ばかりじゃないのが難しいところですね。お年玉つき年賀状の番号を控えておいて何か当たったらいちいち「私の出した年賀状で○○もらったでしょう?」と連絡取るお婆さんしってます。あんなトシヨリにはなりたくないな。
あっ!でもワタクシ、ハンドメイドでもお菓子とかは大丈夫ですよー、皆様。がんがん喜んで頂きます。

一番貰って困るのは毛糸の編みぐるみ。あれねぇ、おっさんとおばはんと成人した娘しかいない家には全くそぐわないのでご遠慮したい。私も編み物やりますが、なかなか素人手作り感が抜けなくて頻繁にサイズが変わった頃の娘にしか着せてない。(自分のものはダサくてもいいの。ぬくいから。)
一方でてんてん親分に誕生日プレゼントで頂いたギター帯は宝物。帯に合わせてヤフオクで着物も落札しました。たま様と三人で買ったドクロスカーフでロックに締めたいと思っております。

ビーズ作品はしばらくお店に置いてもらって多少のおこづかいになりましたが、売り物として作るにはこれほど気合いが要るものなのか?と言うことで一度で諦めました。面白いことに必死に色合わせして編み方も凝ったものから売れましたが、それを材料費だけで作ってと言われた時はやっぱりお断りしましたねぇ。プロの方が自分の作ったものは簡単にプレゼントしないと言うのもそう言う訳なのでしょうか?
もちろん花のあすか組紐の帯締めは両手広げて着払いにて埼玉の方を向いてぴょんぴょん飛びながらお待ち申し上げております。でも、年を越してもお気になさらず。犬年なので「待て」はお手のものです。

食いつくとこが違う。

えっ、吉野朔美さん亡くなってたの!?(←そこ?)

あすかさんみたいに何でも作れる人は、自分の好みの合わないものはうれしくないですよね。
というワタクシも、ちょいちょいなにがしか送り付けてますが~(;'∀')スマン。
捨ててね。

お土産のお菓子でも、好みに合わないものを貰うとやっぱり困る。
私の妹と、友人にそういう人がいて、私にと買って送ってくれたり、持って来てくれる気持ちはうれしいけど、でもおいしくない……、口に合わない……。
つまりは私の好みをぜんぜんわかっていないということなんだが、「あれ美味しくなかったよ」となかなか言い出せない。
選んで買って、持って来てくれる手間も考えれば、いらないって言う方が親切だよねと思いました。
ちなみにあすかさんから頂いたお菓子はどれも美味しかったことを書き添えて、そっとパソコンを閉じます。(寝る時間だぜ)

ぶっちゃけウィークにチャイ吹きました!

‥いや 吹いてる場合ではない
私も過去にトンボ玉作りにハマり 毎週教室に通ってはせっせと出来損ないのガラスのカタマリ作っておったのですわ
そしてそれは当然身内から友人知人へと押し付けることになり‥
その作品の行方は言わずもがなですわね😭
先日帰省して亡き父の抽斗を整理していたら「なんじゃこの不細工なガラス玉は?」なモンが出てきて 自分の作品だと思い出した時は遠い目で天を仰ぎましたわ‥
父親はどんな不出来なもんでも娘の手作りは絶対捨てないっていうのは本当だった(笑)
スワロフスキーとか使ってそれなりに金かけて作った母へのプレゼントなんて「重くて肩がこる」と一度も使わないまま失くされました😩
プリント帯は幸いにして亜雅紗さんが喜んでくださっているけど あれとてもっと簡単に作れたらきっとロクでもないもん量産してバラまいて押し付けてるに違いない‥😱
「手作り品 乞われ 乞われて作るもの」を肝に銘じたいと思います

ハンドメイドのみならず・・・

あすかさん、こんにちは
解ります。私もハンドメイドではないけど押し付ける側なのでズキュンと響きます。心しますです。あすかさんのお荷物が片付きますように。

わははははは~。
ほんと、その通りなんですよ。
私の職場には高齢の客が多くてやっぱりそういう方々は手作りのものが大好きで。
で、飾ってね。とか、使ってね。とか云っていそいそと折り紙(!)やら包装紙で作った人形やキューピーに編み物を着せたものやら和紙のつまようじ入れやらお持ちになるんですわ。
こっそり様子を見ながら捨てていくのが私の役目。←誰も申し訳なくて捨てられないから。
そんなこんなであたしゃ手作りのものは要りません!と、公言する嫌な女ですよ。
でもね。いつぞやマツコと有吉が同じことを云ってたんです。
お金を出してでも欲しいようなクオリティなら喜んでいただくけどそれ以外は要らないって。
その通りなんですよねー。
とかなんとか云いつつ私も手作りものを人に押し付けた実績はありますが😅

はじめまして

ハンドメイドの贈り物

自分は美味しいお菓子やお漬け物は嬉しいけど
お医者さんから食生活の注意事項を言われてる人もいるので その辺りは配慮が必要でしょうね。

知人に 自分が刺繍したクッションの写真などを褒めてくれと言わんばかりに送りつけてくる人がいて
あーめんどくさいと思っていました。
でも こちらの記事を読んで、実物渡されても困るし写真ならまだマシかも…とポジティブに考えられるようになりました(笑)

私のハンドメイドエピソード「正直すぎる嫁」

荒れてますね・・・

いまでこそ二世帯になりましたが、結婚当初は夫の両親と完全同居でした。
木彫り→ステンドグラスとハンドメイド習い事の好きなお姑さんに「これ作ったの。なな吉さん使う~?」と聞かれるたびに「ううん。使わない」と正直に答えてきました。
なのに冷蔵庫の中のものは「おかーさんこれ頂戴!」となんでも欲しがるという・・・
もらう物、あげる物は「お腹に消える物」と思うなな吉です。

ヤバイ(汗)

つい最近、大好きなアーティストにハンドメイドの編み編みブレスレットをプレゼントしたばかりだわ。きゃー、ヤバイ!
ま、でも、ファンからのプレゼントなんてものは、きっと気に入らなければ即廃棄でしょう。うん、きっとそうだ。そう思いたい(笑)。

若かりし頃は恋しい相手に手編みのマフラーだのセーターだのをプレゼントしてましたねぇ。ああ、恥ずかしい。ちゃんと捨ててくれたかなぁ?
歳行ってからは、手芸品こそ贈らなくなったけど、料理は贈ってるかも。あ、あすかさんにも炊き込みご飯を差し上げたことが…! その節は…ごにょごにょ(苦笑)。
ハンドメイド、おそるべしですなぁ。気を付けんと。

はじめまして。いつも楽しく読んでいます。親切もハンドメイドも、心あってこそですね。(自戒、自戒)
蛮行シリーズのファンです。是非、また目ウロコな記事を楽しみにしています。

御守りや御朱印

旅行のお土産に戴いて困る物達ですが、捨てるに捨て辛いという点では共通しております。

そういう私も猫も逃げ出す窓開けっぱなしの真冬のキッチンで、想いを寄せる相手にパイとか作りました〜
確かに自分に酔いしれていたなぁ

己を顧みる。

数々の変なものを送りつけている身としては、過去を振り返り思い出すたび、「あぁ自己満足で送りつけてしまった。」と、胃のあたりが痛んだり、背中に脂汗かいたり、頭がズーンと重くなったりするもんなんだろう。
今回もかなりの迷惑なモノを送りつけてしまった。
深く…深く反省します。
ごめんなさい、みたらしさん。
そして、あすかさん。
ちょっと調子に乗ってしまいました。

ねころびーさん

ああ、わかります、わかります。だからこそ私も耐えたのです。『搾取というか利用価値があると思われているだけマシじゃないか、自分』と。…だって利用価値がなければやっぱり利用しに来たりはしませんもん。ってねころびーさんに失礼な文章になってるわ、これじゃv-12
ああ、でも利用することもなくされることもなくってのが一番なのではないでしょうか。そんな利害関係なく、集まる人は集まってくれるわけですから。
…しかし、ひん曲がった壺!!(笑)これはその手の物が好きな方にはたまらないと思うんですけどねえ。
いっそヤフオクに出してみて真価を世に問うてみるのも一興かと(笑)

内緒さん

いや、基本的に対価を頂いて作っている方の作品は、たとえその時タダでお譲りすることがあっても、その作品がいい加減なもんなわけがございません。
作り手のプライドもございましょうから、そんなはずは絶対ないと思います。
なので頂いた方はとても喜んでいると思いますよ。

くろりんさん

…いやね、実は前日の記事で『こんな無償の愛の方もいるのに…』と余談的にくろりんさんの話をぶち込もうと思ってやめた経緯があります(笑)
私、10年以上の長きにわたり、くろりんさんから散々色々な物を頂いているのにお返しなんかしたことないですよ!!v-12
こーゆーのはキャッチボール的な物なので、『うーん、お返しするものが思いつかない…申し訳ないけれどもそのうちこの交流は途絶えてしまうなあ』と思って10年。まだ続いているじゃないですか!!しかもくろりんさん、もう数年間着物も着てないのに!!
私から返って来るものがないのに、ここまで続けられるってそうそうできることじゃないです。
もう本当に、心から感謝申し上げます。
そしてチャルメラねこはハロウィン飾りとして、窓から外を睨んでおります(笑)

ももちゃんさん

ははは、悩んでる間は文章にも記事にもなりません。明文化した時点でもう『はい、終了』でございます。
着地点が見えていて、勝算?があるからこその記事でございます。なのでご心配するほどではないのでご安心くださいませ。
…コメント多くて返すのが大変なだけで(笑)
まあ、芸能人とかでしたら送る方だって自分がそうしたいからそうしてるだけであって、よもやその相手が自分に何か返してくれるだなんて思っておりますまい。思ってたら怖すぎる。
…しかし関係ないですが、芸能人とかスポーツ選手に電話するのが趣味の友人がいて(昔は今よりもっとガードが甘かった)イチローに電話した奴がいるんですが、彼はドラフトで行先決まったところでしたがあの年齢で既にウィットに富んだ会話をしてくれて、『試験頑張ってください』と言ったらば『君もね!(中間テスト)』と言ってくれたそうですわ。
ありえないくらいいい人、と誉めておりましたがその後の活躍を見るにつけ、やっぱり大物は大物なんだなあ、と。

亜雅紗さん

…これが『うちのお母さんが作って送ってきたんだけど、私和小物使わないから…』って譲られたようなものでしたらば、さっさと捨ててるんですがね(笑)だって自分の交友関係からの物ではないから。
そのおかんだって、娘がそれをどうしたかなんて気にするまい。ってかあげたことすら覚えてないだろうよ。
…基本、面倒くさいものを送って来る人はその人そのものが面倒くさいものである、というのは世界の共通認識でいいんじゃないかと思いますわ(笑)
本当に気持ちのいい人ってのはやることなすことが爽やかなそよ風。
昨今はハンドメイドサイトがいっぱいあるので、「うーん…」な物でも並べるだけなら並べられるんですよね。でも売れるかどうかは謎ですが。
しかしそのように果敢に自分の作品を世に出していけば、売れないものは売れないわけだし、その人はそれならばっと努力するでしょうし、そのような方の作ったものならば悪くないと思うんですがねえ。

羽衣牡丹さん

あれ、去年じゃなかったでしょうかね。死因はよくわかりませんがまだ50代だったはずなのでお若いですよね。
ああ、エキセントリック気味なモノを作る方はやっぱり長生きできないなあ。歌手も作家も。
かつて頂いたものは、劣化が激しくて崩壊してしまったものも多くなり、それは廃棄せざる得ませんでした。
しかし12年前に頂いたあの猪根付けは一周回って再び役に立ちました(笑)
お菓子はその人の好みがそれぞれにありますからねー
高級品であればあるほど好みが分かれると思います。
私は『ゴディバよりもチョコボール』だと思っております(笑)

てんてんさん

そんなところで思い知る父の愛(笑)…とんぼ玉、着物着る人間だって基本夏場しか使わないものですから、それが着物着ない一般人とかでしたら、なかなかハードル高かったことと思います。
…いやあ、しかし乞うてでも作ってほしい素晴らしい腕と感性の方はもれなく作家様になってしまわれるので、おいそれとは乞えなくなるのがつらいところですねえ。

ふでぺんさん

多分、面倒でも事前に画像添付で先方に相談してみれば違うと思うんです。…たまに『差し上げたいものがあるんです』という申し出がございますが、基本画像頂いて相談する形ですし。
頂けるものはものすごくありがたいのですが、中にはどうにも自分では使いこなせないな、というものもあり、そのようなものは処分の一切合切はこちらに一任させていただければと思います。
…もしかしたら自分は着ないものでもだれかが着てくれるのでは…と思うと、ゴミには出せないとは思うんですが、送った先でも持て余すものって多いと思うんです。
勇気を出してご自分で責任をもって捨てるのも大事かと思います。
ーーーーーーまあ、私もそう思ってても割と人様に送っちゃうんですけどね(笑)

ほあかばりきるま。さん

ああ、郵便局とか病院とかにやけに謎の小物が受付に置かれている理由がわかりました。長年の謎だったんです。一体誰が作ってるのかと。そうですか、出入りの年寄りですか(笑)
…チップとか当たり障りのないお菓子類の差し入れならいいのにー(笑)
まあ、有吉氏は母親の作ったおにぎりしか手作りものは食えないとか言っていたようなのでよくわかるんですが。
だって手作りものの食品なんて何が入ってるかわかりませんしねえ。知らない人が作ったものなんて。知ってる人でもわからんしな(笑)
手作りもの、作ってるときはいいんですよねー、陶酔してるから(笑)
でも陶酔した分だけ、思ったような反応がないとがっくり来る。

raffineさん

…お菓子類は要注意なんですよね。糖尿の人はダメだし、甘いもの嫌いで本当に全く食べないような人もいるし。
もういっそ金券にしてしまった方がいいんじゃないかと、と思います(笑)
――――――その知人、インスタでもされればいいのに。きっと速攻でいい反応がございましょう。
それでも尚そちらにいい反応を期待するのであれば本当に面倒ですが(笑)

なな吉さん

いや、それは正しい返答でございましょう?『使う?』と聞かれたのだから『使わない』と(笑)
まだ『これあげるわ』ともう決定されてないだけいいですよね(笑)
ああ、でも冷蔵庫の物は鮮度が大事なので、どんどん消費して回転をよくしないと、お年寄りだけの家の冷蔵庫って結構古いもん溜まってしまうのでそれはお姑さん孝行かと。

べにおさん

やっちまいましたのね!(笑)…しかし若年層からのプレゼントには想像を絶する痛いプレゼントも混入されてると思うので、きっともう慣れていることでしょう。
いやあ、アーティスト孝行をしたいならCD買うよりグッズを買え!だそうですから、大人の経済力でグッズをいっぱい買ってあげてください。
炊き込みご飯、頂きましたね。ごぼうが大人の味なので、あれ抜きであれば小僧も大量に食らったと思います。炊き込みご飯好きだから。
ああ、でも菓子類なら私受け付けましてよ!!最近よく見るえもじょわさんレシピのもの、あれ美味しそうでもん。
…大量のサツマイモを前に『ああ、大学芋くらいでおしまいにしたい』と思ってるところですわ。
スウィートポテトは面倒だ(笑)

だしこんぶさん

こちらこそ初めまして。コメントありがとうございます。
最近没った蛮行は『台所の洗い桶にうっかり大量にこぼしたインスタントコーヒー(粉のもの、ビンの4分の1くらいぶちまけ)で半衿が染められるか』でした。
―――――浸けてるときはいい感じにくすんだ色になってよかったんです。でも水洗いしたら綺麗に落ちてしまって元に戻ってしまったので蛮行ならず。がっくり。
うまくいってれば、なかなかの蛮行になったはずですのに(笑)

べるくカッツェさん

お守り系はもう、専門に引き受けてくれる場所があるから。お焚き上げしてくれて(笑)
パイ…そりゃまた面倒なもんを(笑)
うっかり肉じゃがとかも練習しちゃいますよね(爆)
――――――そして、別に肉じゃがが好きじゃない男も存在することを後に知る。

jasminさん

…みたらしさんはすっごく怯えていたよ!!あのサンマに!!(笑)私どもは大笑いしましたが。
いやあ、ワタクシは常々、10年以上の付き合いがあるのに顔も知らなかった(今年の年賀状でようやく判明)jasimnさんは『ああ、この人は友達だ、絶対同じ村の住人』と固く信じておりましたよ!!
――――――ことごとく、私の笑いのツボを刺激してくる素晴らしいセレクトの物を送ってくださる(笑)
ことごとく外してくる人もいるのに、ピンポイントで外さない人ってすごい。
…でん六の「フルーツ味にこだわらなくてもいいんじゃね?」豆シリーズが最近のツボです(笑)サクランボ、微妙でしたわ。前回のも微妙でした。とにかく微妙なんだよ、あれは!!(笑)
それよりも、娘っ子用にいかが?と送った着物類の方がご迷惑だったのではと思いまする。
娘っ子と腹を割って話し合ってないのでシブければいいか、なラインナップで微妙だったと思います。
着ないと思うものは容赦なく処分してくださいまし!!
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ