FC2ブログ
2019-10-15

『アンティーク着物万華鏡展』@弥生美術館に行ってきました。…9月も終わりだというのに、絽で(笑)

―――――――――台風前までは蕾の気配すらなかったのに、台風一過後、いきなり花が咲き始めた我が家の金木犀でございます。

…風雨に命の危険でも感じたんだろうか… おかげさまで、道路冠水後のどぶ臭い匂いが金木犀の香りで一蹴されましてね。

ああ、ひと昔前のトイレの芳香剤は金木犀かレモンだったなあ、と金木犀の香りの威力に恐れ入った次第(笑)

今、金木犀の香りのトイレ芳香剤ってまだあるのかしら…あれはあれで好きなんだけど(笑)


さて、台風一過な翌日は暑くなりましたが、それ以降は一気に涼しくなり袷が着られる気温になりました。

今回の記事は9月の末、まだ夏の頃のお話でございます。ええ、夏よ、夏。

夏の気温だったので、「…ああ、もう絽のコーデでいいや…」とすっかり投げやりになり、「ああ、着飾ったアンティーク着物のお嬢さんたちに『あの人まだ絽着てるー(笑)』と笑いものにされたらどうしましょう」とか被害妄想になりつつ出向いたのはこちら。

IMG_20190927_143451.jpg

東京は本郷の弥生美術館で開催されていた『アンティーク着物万華鏡』展でございます。

IMG_3549.jpg

初めて行きましたよ、弥生美術館。…初めて着物着る人向けの本の、おすすめお出かけスポットとして大概出てくるこの場所。

ワタクシは着物歴15年目にしてようやく行った次第です。

割と少女漫画家の特別展をやってるとこですよね。ちゅーかメインは竹久夢二コレクションなんだけど。

静かな佇まいで人の気配が外にはあまりなかったので、閑散としてるとこなのかと思ったらば、館内は乙女(笑)で賑わっておりました(笑)

そして1階には隣接の喫茶室のメニューのカレーの匂いが充満(笑)…いや、展示もあるんだし、品物も売ってるのでカレーの匂いってのもどうよ

そして、着物女子はおば様だらけで、そしてアンティークは誰もおらず、皆様シックな渋い佇まいだったのでした…

IMG_20190927_142749.jpg

…皆様気合いと根性で単衣をお召しで、そして秋単衣の性質上、なんだか似たような色の着物と帯ばっかりで個体識別不可能なくらいでした。 うーん、どうして『普通の女子』の集団は着るものが似通ってしまうのだろう。

で、同じ着物姿でも皆が皆バラバラな着物を着ている集団の場合は、大概変人な方々です(笑)

IMG_3527 - コピー

一部撮影ができる場所があり、この高畠華宵の屏風絵もそう。

IMG_3530 - コピー

IMG_3532 - コピー

IMG_3531 - コピー

IMG_3533.jpg

IMG_3535.jpg

ワタクシ、この絵をどの本で見たんだったか『やけに長い絵だなー』と思ってたんだが、屏風絵だったのね。

IMG_3545.jpg

長襦袢を展示してあるコーナーも撮影可でした。

IMG_3546.jpg

IMG_3540.jpg

IMG_3539.jpg

…今と昔の長襦袢の違いの説明の写真がどうにも横溝が漂っている…(笑)

IMG_3541.jpg

そしてワタクシが『安女郎の長襦袢』と呼んでいる、手持ち着物とそっくりな長襦袢がトルソーに着せられておりました(笑)

…ほら、やっぱりあいつは長襦袢風味だったんじゃないかよー(笑)

9271.jpg

長襦袢を自由に羽織れるコーナーもありまして、『へえ、貴重なもんをよくぞ不特定多数の人に…』とか思ってそれらの品を見てみたらば、うん、骨董市で500円で買える紅絹のやつとかモスリンとかの基本お安めなものばっかりぶら下がってました(笑)…そりゃあそうだよな。

IMG_20190927_142828.jpg

このような撮影スポットもございました。…しかし並んで撮るには三脚立てねばならず、他のお客さんのご迷惑にもなるのでそれはできず。

一番迷惑にならない場所で撮った着姿がこちら。

IMG_3552.jpg

IMG_3564.jpg

…この着物、15年ぶりくらいで着てみたら顔写りが悪くてびっくりした

いや、確かに渋い色味の着物ではあるんですが、前回着たときはまだ若かったからこの渋さに飲み込まれなかったのでありましょう。

そう考えれば年齢相応の着物ではあるんですが(笑)、帯がちょっと可愛すぎるので、今の私にはアンバランスだったわけですね。

他の帯にしていればもっとマシだったかもしれません。

IMG_3568.jpg

足元は珍しくも白足袋&アンティークと相性抜群な畳表付きの下駄。

IMG_3569.jpg

髪飾りは浦和の骨董市で3個で500円のアクセサリーの中からセレクトした紅葉のブローチ。

そしてタンタンさんからの頂きものの白珊瑚の花かごモチーフの小ぶりのかんざし。

紅葉のブローチは、このように単品で撮ると帯留めにも大きく派手でブローチとしても微妙感がありますが。

IMG_20190927_164750-horz.jpg

髪飾りとして使うとアンティークの高級な髪飾りに見えるから不思議です(笑)

…相変わらずスマホで自撮りすると捏造されてますが…


『アンティーク着物万華鏡』は既に本にもなっていて、見本を読んでみたらば展示内容そのままそっくり本にした感じでした。

…そういえば弥生美術館開催のアンティーク着物関連展示ってすぐに本になるよね。

美術館に足を運べなかった方でも、本をご覧になれば充分楽しめるかと思います。



―――――――夢二美術館の方では、有名な『稲荷山』と『水竹居』があってびっくりした。

ここに収蔵されてるものだったのか…


そして結局あっしが館内にいた間は、他にアンティークを着ている人は誰も来なかったのでした…

この『アンティーク着物万華鏡』展で検索すると、もれなくアンティークで着飾った美しい若い女子の群れが大量に出てくるのに…SNSの嘘つきー!!(笑)


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村








スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

たとえ着物であろうとも正統派になると同じ感じになるんですねえ。
つうか年齢的には私も写真のおばさま達のような着物を着たほうがいいんでしょうけど、それはあと15年後くらいにしたいです~

肌が明るく見える色って大事ですよね、年々そう痛感しています。特に私は道民には珍しく黄色黒い肌なので(悲)

素敵な展示ばかりですねぇ。

もちろん、着姿もアンティーク着物の看板の前に相応しくお美しいわ。ワタクシもあの制服みたいに同じ着物を着るのが嫌だとたま様に申し上げたことがありましたが「無難な着物が嫌と言う人は皆変人なんですよ」とヘンジントンパレス人らしいアドバイス頂きましたっけ。
横溝か、リングかと言いたくなる長襦袢今昔。薄暗い部屋で長襦袢姿で下向きってのがホラー感を増すのでは?
ワタクシ長襦袢まで手回らず、マイサイズの正絹のが二枚、ポリが一枚、でも大抵二部式の上とステテコって良いのかしら?

そうでしたねぇ、トイレの匂い消し(と言うのが昭和だわ)はキンモクセイの薫りでしたが最近はミントとかレモンとかですねぇ。うちは裏庭に一本あるはずですが一夏暑すぎてほったらかしにしたら腐海に呑み込まれました。そろそろインディ・ジョーンズの気合いで伸び過ぎた雑草を次々切り倒して救出に向かわねばなりますまい。

確かに

館内の女子の着姿に比べるとまさに時代が違う…着姿です!
矢絣長着の長い袖、地色華やかな刺繍の帯、100均辛子色スカーフもバッチリ👌
何より下駄?何ですね〜畳表😱
また髪飾りのレベルが⤴️👆

顔映りですか〜、これまた好みと別の視点から気をつけないといけない❗️のですね。

展示から抜け出てきたよう

美術館のほうでもあすかさんのような装いの方に来ていただきたいところでしょうね。ポスターの前のお姿もそのままポスターにしたいです。正統派の皆様ももちろん素敵ですが。

以前、谷崎潤一郎の着物描写を再現した展覧会に行きましたが、その時はアンティークのお嬢さんちらほらお見かけしましたよ。展示より可愛かったりして、ついつい「まあ素敵、よく見せてくださる?」なんて、ずうずうしいおばちゃんしました。

高畠華宵!あのお着物着ていても風紀乱しそうな色っぽい絵の方!屏風触れるような展示だったんですか?(触っちゃいけませんよね。)

うん 溝っぽいわあ〜〜😍

着物を脱ぐ未亡人を 襖の奥からじっと覗く目が‥
ヨコミゾだわーー!😍
写真のモデルさんが大原麗子あたりに見えてきました(笑)
顔映りが良くないっていうのは 絽の質感も関係してませんかね?
同じ色でも透け感のある夏物と袷だと全然違ってきますし‥
半襟がワンクッションになってそれほど悪くはないと思うので だとするとやっぱり帯次第なんですかねえ

空気を読まずにコメント

わあ!すごく素敵な髪飾りですね~!!どちらもアンティークなんですね。きっと大正ロマンな乙女たちはこうやって髪を飾っていたんだろうなあ。と思いを馳せてしまいます。みたらしさん、わたし的にすごくツボ猫さんです。お口周りにチョンチョンと柄。ボッテリした愛らしいフォルム。。。美しきものも愛らしきものも楽しみにしています!!

なな吉さん

特にこの時期ってのが問題でしょうか。明るい色はそぐわない気がするし、暗すぎても重いし。
…そう、一般的にはこのようなおば様のお召しの着物のほうが一般的な感覚ではふさわしい感じなんですよね。…でも今までの着物姿から一転、このようなスタイルになった場合の別人感が容赦ない(笑)
少しずつ、少しずつ小物から変えていって最終的にすり替わる、でないと身につかないような気がします。
しかし肌写りが悪い着物でも、半衿ですべてどうにかなると思ってました。
この黄色半衿は私には相性抜群なのに…

亜雅紗さん

あら?たまさんも同じく『無難で揃ったような着物を着たがらない人間たちは変人』という見解をお持ちでしたか(笑)
…あら―、だからうちにはアンティークこってり!なお仲間が集まってらっしゃらないのね(笑)
というか着物の趣味よりももう、中身の面白さで勝負になってますが。
この長襦袢画像のお方がまた、今風ではないお顔立ちってのが横溝がいや増すのです。まさかここで横溝を見れるとは(笑)
昭和のトイレの匂い消し、ボール状のネット入りのものはまだまだ売ってますよね。あれは謎のフローラルの香りですが…

三匹のははさん

普通のシックな現代もの着物をお召しの一団も、このようなアンティーク着物展示によくいらっしゃいますね。…でも逆はないような気がします…まあ、私もその一人ですが。現代ものはよくわからない―…
畳表下駄、10年以上前に5000円前後で買いましたが、今その値段で売ってないので大事に使わねばなりません。
畳表部分が劣化ではがれてくるのをボンドで貼って使ってます(笑)

ねころびーさん

会期が長かったので、多分土日とかは多くのアンティークの方がいらしていたのではないかな、と思います。
私が行った平日は学生さんが比較的多かったような。学生さんだとなかなか着物にお金なんか使えませんもんね。
谷崎潤一郎の展示は全国巡回してたような。関西方面でも開催されてましたよね。
今回のも巡回するんでしょうかねえ。
…屏風の中のスケスケの紗の人、色っぽ過ぎますよね(笑)

てんてんさん、

横溝ですよね、決して五社英雄作品ではない、この暗さ(笑)
うーむ、うーむ、この着物の顔写りの悪さはどこが問題だったのだろう。いい色なんですけどねー
顔周りに黄色持ってきたことで逆に着物の色が沈んで見えてしまったんでしょうか。
帯もキッチュ気味なのも災いしたかも。
これ、来年も要研究課題だわ!!(笑)

ゆりんこさん

あら?どんな重い空気が??(笑)…実際のアンティークな髪飾りですと、べらぼうにお高いと思うので、一見アンティーク風に見える3個500円の昭和アクセサリーがとても役立って本当に良かったです。
―――――みたらしさん、ぼってり感マシマシの上に冬毛に移行中になってきたのかもこもこモードに。
ますます丸い。

初めてとは驚き

弥生美術館、あすかさん初めて降臨とは驚きです。私は三回位行ってるかな。
弥生式土器の説明板や東大がすぐ横なので頭良くなりそう!な場所 ですよね。
この日あすかさんに遭遇した着物好き御姉様たちラッキーでした。本物のアンティーク着物美人見て、若くてキレイだから似合うのよね~なんて話したでしょう。これから少しずつ渋好みになっていく、あすかさん見るのも楽しみです。
私も着物好き、無難着物の御姉様です。だけど着物着てるだけで目立つから世間的には無難ではないなあ。

私も行きましたーー

あまりご縁のない根津という地域…意外と下町情緒と学生街がマッチして良い感じでした。弥生美術館も良い感じで、ワタクシが行った時は30℃越えだったので、もう、弥生美術館から出る気力が無くて、併設のカフェに根を下ろして、ずっと喋っていた…迷惑な客ですね。
あーん、矢羽根のお着物が、ザ・アンティーク。あすかさんタイムスリップしてますね。凄く素敵ですね。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ