FC2ブログ
2019-02-10

『生まれる時代を間違えました』というけれど…

―――――――アンティーク業界の話なんですがね。

アンティークは大正、昭和初期の着物なので『ああああ!!あの時代に生まれたかった!!生まれる時代を間違えました
』と仰る方がたまにいらっしゃるのです。

気持ちはわかる。

街中にアンティーク着物が溢れているのを想像するだにうっとりするではありませんか。

……しかしあっしはまっぴらごめんでございます

――――――なぜなら、この時代、この時だからこそ自分はアンティーク着物を安価で抵抗もなく着られるのです。

これがもし、大正期に生まれていたとしたらどうであろうか。

着物はいつの時代も高いのです。昔は洋服だってお安くはなかったので、着物だけが突出して高いというものでもなかったでしょうが、今は洋服が激安時代なので着物だけが悪目立ちで高過ぎる印象に。

そう、今、自分が普通に着られているアンティークの染めの美しい着物だって、大正期は富裕層のほんの一握りの人だけが、しかもお若い未婚のお嬢さんだけが着ることを許されていた物であったろう。

…そのような富裕層に生まれている保証は全くない(笑)

下手すれば大量生産の銘仙すらも着ることができないような貧困層に生まれて、ああ野麦峠だったかもしれないのです。

あの宇野千代先生をして、若かりし頃は極貧で、銘仙1枚が一張羅。

1枚しかないので衣替えの時期には夜なべして一晩で袷を単衣に、単衣を袷に直してその1枚の銘仙を着続けていたそうですから。

決してそれは珍しいことでもなかったのではと思います。

それに当時は職業によって着る柄とかがあったようで、綺麗で素敵だからと云っても一般女性は着ちゃいけない、着たら後ろ指さされる場合もある柄も多々あったようなのです。

今でしたらそんなの関係なく着られますもんね。

更に、大正期の富裕層に生まれていたとしても、その後の激動の昭和を生き抜かねばならぬのです…

没落し、手持ちの着物を売り食いに次ぐ売り食いで散逸させる運命かもしれないのです。

実際、今、田舎の農家の蔵には昔のいい着物がいっぱい眠ってたりしますが、それは食料を求めて着物片手に田舎にやって来ていた没落富裕層が多かったことを意味します。

…ちなみに『着物と食料を物々交換してくれるわけではなく、お金はお金で払わされた。いい着物を持参すると優先的に食料を『買わせて』貰えただけ』とのことです。

大切なお気にいりの着物を食料購入整理券代わりに農家に献上するだなんて、どんだけ惨めで切ないものであろうか。

でも着物として残っていればいい方で、空襲によって全てが灰になってしまった場合も多かろう。


そのような時を経てきた着物たちが今、リサイクルショップでもネットオークションでも簡単にお安く手に入る時代に。

これが20年前でもダメ。本当に、ここ十数年の時代の変化によって当時の超高級品であっても、今庶民の我々が手にし、着ることができるようになったのです。

――――――もう、この時代に生まれたことを感謝しこそすれ、『生まれた時代を間違えた』などとは思えませんよ、あたしゃ。

ましてやあっしなぞは『どうかしているサイタマ』の着物激安地帯に流れ着いて生きておりますからね。

この時、この地で生かせて頂けるありがたみを日々噛みしめているのでございます。


――――――しかし大正期に生まれたくはないものの、そのアンティーク着物で彩られて美しかったであろう町の往来、特に銀座あたりの風景は見てみたい。

誰でもいいから現存するモノクロ写真を最先端の技術で総天然色に復元させ、是非我らアンティーク着物好きに見せてくれ!!と祈るばかりでございます。

                  

                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

亜雅紗

アンティーク好きな方々にとっては当然の望みですわねー。ワタクシはうっすら道行く人の半分位が着物だった時代を覚えておりますが昭和だし。母はなんか銘仙みたいのを時々普段着に着てましたわ。でもあの頃は誂えると言えばスーツの方がイケてる感じでしたね。颯爽とパンプスのかかとを鳴らして歩いてらっさるステキなスーツ姿のお姉さんに憧れた覚えがあります。

高価な着物をとっかえひっかえ着ている金持ちは皆無の下町育ちなんで見たこと無いし、「細雪」みたいのはリアルタイムの時代でも映画の中でしか見られない方々が殆どじゃなかったのではありませんか?

小学生あたりまではおよそ行きの洋服は母が縫ってくれたものが当たり前だったので、娘のドレスもスマホでポチっとすれば届く現在に生きられて幸せです。着物もリサイクルや骨董市でお気楽に買えるし、100均はあるし、大阪にいて、あすか様やたま様の着姿が寝転んでいても拝見できるんですもの。極楽、極楽(⌒‐⌒)

No title

んがしかし、あのころの景色を写真で見ると日本、美しいなあ~、と思いますね。
つまり、今の日本があの頃にタイムスリップしたようなつまりは銀魂のような雰囲気になってくれると嬉しいかなー。
最近の若い子たちは日本髪も似合うし。

No title

こんばんは。激しく同意です。いま、80歳以上の方が身辺整理で各自治体や廃品回収で出したものが市場に出回っていると推察されます。娘時代にその親御さんが作ってくれたものですよね。父から聞いた話では昔はお正月に真新しい着物を着たとのこと。家族全員が下着から晴れ着まで新しいものを身に着けたそうです。お正月が今より神聖なものだったのでしょう。私は時代に助けられてリユースの着物をお正月に着ました。ほとんどが紬ですが母の時代の美しいきものを読んだ時、大島も結城もうん十万もしていてああ確かに高かったのだなと思いました。今だから数万円で手に入るんですよね!ああいい時代だわ~

No title

先日、このコーデに合う三分紐が欲しいと、着物屋さんに行った。
店員は「アンティークですね」
とのたまった。
あら?あたしの着物はアンティークだったのかとその時知った。

単にリサイクルで買っていただけ
なのに、あたしの着物はアンティークだったのかと、その時知ったという笑える話!あははは!

No title

完全同意。
自分は幸せな時代に生きてる。

No title

亜雅紗 再びですいません。

写真で見るアンティーク着物をお召しの奥様、お嬢様方が行き交う通りは確かに華やか!でもあの時代トイレは全世帯汲み取りだったのよ、奥さん。
町中はいつもどことな~くアンモニア臭が漂ってたし、道は舗装してないから雨が降ればドロドロ、ちょっと田舎に行けばあちこちにでっかい肥えだめがあって(お食事中の方失礼。でも友人二人がはまってます)畑は牛が耕してて赤い着物なんか着てたらお百姓さんに「牛がコーフンするからあっち行ってんか!」と怒られる(以上全て亜雅紗経験談)

ふるさとは遠きにありて思うもの、アンティーク全盛期は写真の中で偲ぶものとワタクシは思うのです。

No title

まさしくまさしく!!

東野朱乃

No title

名古屋の大叔母は着道楽が許されたのだから、そこそこ裕福だったようです。私の実家は極々普通のサラリーマン家庭だったので、母の形見の着物はいたってシンプルです。
それでも、娘(私)のために、小紋や付け下げを作ってくれた母には感謝です。

今、思い返しても、平平凡凡の庶民の家庭で育ちましたので、大正時代のお嬢様とか奥様が着ていたアンティーク着物は守備範囲ではないのですが、帯は使っています。
鹿鳴館時代に生まれていたら…?
いえいえ、私は今が良いです!スマホにブログにSNS…あすかさんや、お着物ブログの皆さんとと交流出来て幸せな時代です。

No title

現代だから着物で好き放題出来て幸せです。
大正時代ではねぇ、どんなとこに住んで何しているのやら。

お安く様々な着物が、スマホでポチっと買える現代で良かったと思っています。

No title

三匹のははさん、NHKあたりだとよくモノクロ映像をカラーに直してNHK特集とかしてたりもするんですが…
しかし色に溢れていたのは特定地域だけだったかも知れませんねえ。
田舎の方だと綿着物の人が多いでしょうし。
朝ドラ、次のはなんでしたっけ。
『わろてんか』が明治からが舞台なのに着物が面白くなかったのが残念でした。
やっぱり近年では『花子とアン』が最高でしょうか。

No title

たまさん、んまあ、格好いいな、じじい!!って人んちの爺様に向かって(笑)…でもその集落は立派ですねえ。
本当に着物も貰って金も受け取る極悪農家もいたらしいですから。
こーゆー時になると普段から田舎もんと馬鹿にされてたような人たちが立場逆転で偉そうになる。
でもまあ、食料握ってる方が正義だもんねえ、当時は。
そうそう、たとえそこそこ裕福な暮らししてても、その地域では綿着物しか着られない風潮とかあったでしょうね。
きらびやかだったのは最先端の地だけだったのかしら~

No title

とんでもなく冷えた北海道、その後いかがですかなな吉さん、道民ですら寒いと感じる気温って半端ないですわ(笑)
当時の銀座のスナップと思われる写真は結構現存してるんですよね。
幾らでも今の技術で色の再現が出来そうな気がするんですが。
着こなしも、たれが思いっきり斜め!とかで今だったら直されそうな斬新な感じの人が結構写ってますのに。
ああ、誰かカラーに直して…

No title

亜雅紗さん、ワタクシの小学校時代の友達の家は、母上と婆上様がウール着物なおうちでした。特におばば様が今にして思えば天然記念物的な可愛い着物ばっちゃんでした。綺麗な白髪をお団子にまとめてて。
特に不思議に思わなかったものですが、当時ですらそれはかなり珍しいご一家だったのでしたわ。
そう、今でこそ華やか着物が当たり前ですが、昔なんてちょっと場所が違えばもう着姿が全く違うものでしたでしょうね。
…しかし赤い着物が牛に狙われるとは…あ、でも似た話で『子供の頃七面鳥を放し飼いにしてる家があってさあ。七面鳥って赤い色見ると攻撃してくる生き物みたいで、赤いランドセルの女子が常に追っかけられていた』という話を思い出しました(笑)

No title

いち呉さん、そう!むしろ若い子の方が和の方に心が向きやすいと思います。レンタル着物がこれだけブームなのも、簡単に着させてもらえるものなら着たい!!って気持ちの現れですもの。
清潔感のある子が本当に増えましたよね。
一昔前の茶髪の荒んだ雰囲気の子が滅多にいなくなりました。

No title

tai*****さん、高度経済成長期って、『作れば売れた』という呉服屋バブル期だったらしいですからねえ。その頃の癖がまだ抜けてない呉服屋がまだいるってことですが。でも半世紀も前のことなのに…
昔は食料品は安かったとは思いますが、衣料品も生活雑貨もそこそこしましたよね。
今が逆転してしまいましたが。食料品が今は高くなってる気がします。

No title

にゃんことにゃん助さん、ああ、でもアンティークじゃなくてもちょっと古いリサイクル着物でも「アンティーク」と呼ばれる方もいらっしゃるんですよね。
結構アンティークの定義も曖昧だったりします(笑)

No title

U-カリンさん、そもそも庶民がこんなに着物を所有できるわけがないのです、今の時代でなければ(笑)

No title

東野朱乃さん、本当に、これが20年前だったらばまだリサイクルでも着物は高かったですからねえ…
いいタイミングに生きてて本当にありがたいことです。

No title

マド☆さん、そうですねえ、いいものばかりお持ちだったようなので裕福でいらしたのでしょうね。そのご相伴に今頃預かっておりますが(笑)
…うちの母は娘のために一切何も用意しないというとんでもねえヤツ(笑)なので、着物一式は自分で集めました、私…
しかし今だからこそ、昔の時代と今を比較ができますが、当時は当時でそんなものだという認識で生きていたでしょうから、それなりに満足していたのかもしれませんね。
大体情報が今のようにはないから、他と比べようがない(笑)

No title

jasminさん、そう、昔も今も住む場所によって生活が大きく違いますが、昔なら尚更でございましょう。
南国だったかも知れませんよ(笑)で、雪に憧れていたとか。
…そもそもスマホ自体がSFの世界のアイテムでしたからねえ、30年前は。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ