FC2ブログ
2018-10-23

10月だってのにあり得ない暑さでしたよ、『大正時代まつり・2018』@与野

――――――さて、2年連続で『前日きものサローネに行き、翌日大正時代まつり』というフルコースに見舞われております…

で、今年は台風の影響で10月だってのに、このイベントの重なる土日のみが夏日になりましてね。…終わった途端に一挙に涼しくなりやがった

前日のきものサローネにて袷で暑くて暑くて大変だったのですが、この日は更に気温が上がってまるで夏。

おかげさまで用意していた2パターンのコーデ、袷だったのでとても着れず、急遽途方に暮れながらもコーデしたこの格好で出向きました。



…途方に暮れて半分放心状態であるものの、髪形まで急遽束髪風味を目指した(笑)

うーん、ボリュームが全然足りなくて、普通の現代風の和髪ですな。

で、帰ってきて束髪で調べてみたら、あの顔周りのふくらみは、巨大ナマコみたいなすき毛を中に内蔵するんですね。

だから先にあのパーツを作っておかなければならない。

試しに後日それ作って再度大雑把に結ってみたら、何とか束髪になりました。

今回のあっしの髪形は、ただ単に盛り髪ベースを数個使っているだけなのですわ。

来年は頑張って束髪にて挑みたいと思います。



とにかく着丈が短いので、着物と同系色の柄足袋で色をつなげて一体化。

白足袋とかだとそこで分断されるので、やっぱり短さが強調されるですよ。

履きものはカレンブロッソ。



かんざしはノリコさんから頂いた、アールデコなデザインのもの。



外気温が35℃だったので……夕方の2回目の仮装パレードが見れる時間に来ました…なるべく日が落ちて気温が下がるのを狙った。



今年は金魚すくい屋がいなかったので、スーパーボールすくいに興じる小僧。

あ、夫も仕事休みだったので小僧は夫に押し付けておりますよ(笑)



2年ほど姿を消していたポニーが復活しましたよ、増髪さん!!…らぶりーなポニーケツのショットでお送りします(笑)

で、ポニーが復活したら、今度はそこかしこにいるはずの昭和な大道芸の人がかなり少なくなっていた…

去年まで買っていた格安野菜の店も出てなかったが、個人のフリーマーケット的なもんは健在(笑)



…ご覧になっている着物姿の方々、暑いのに羽織までお召しで!!素晴らしい。

恐らく数年毎年ここに来られている方々ではないかと。いつも女性が綺麗に束髪を結ってらして、『…この人はパレードに出ないのかしら…』と毎回思うのです(笑)

本当に天気が天気だったので、着るものに悩む日でありましたが、それでも皆さんかなり頑張って袷、の方も多かったです。

あ、そうだ。ほぼ毎年参上のsakuraさんにもお会いしましたが、sakuraさんは単衣に絽の帯でした。虫かご柄で素敵だったのに『ではまた後で』と一旦お暇のつもりがその後会えなかったのだった…

ああ、だから大正時代まつりでは、出くわしたが最後、その場で着姿撮影交渉をしなければならないのに!!…決して広い会場でもないし、目立つ着物姿なのに、その後会えることは滅多にないのです…

ちなみに与野在住のしらいみえさんはバリバリの地元民なので、子供会の仕事で綿あめを作らされており、もちろん着物どころではなかったのでした(笑)

…今年で子供会とは縁が切れるそうなので、来年着姿を楽しみにしております~



3年前に初めてお見かけして、『この人売れてくれるといいなあ』と思った庄毛安那さん、毎年与野に来てくれているようです。…でもステージの時間が合わなくて3年ぶりにようやく拝見。

3年前には出来立ての新曲だった『ほてってホタって』は3年を経て、随分と歌い方が慣れた感じになっておりました。

そしてバックダンサーまで引き連れて。確実にステップアップしているようでよかった。

…ちなみにこの方のシングルのデザインがどれもこれもセミヌード的なもんなので、セクシーお姉さん?と思われそうですが、実物はとても清楚で元気なお姉さんな感じですよ。

なんだか年々清楚が逆に増しているような気がします(笑)



さて、いよいよ仮装パレード。集合場所でカメラ親父に囲まれている方々。



早稲田のチンドン研究会の方々が先頭にパレードが始まります。













…あら、また今年も淺井カヨさんが見当たらないわ!?と思ったら、今年は珍しくも和装!!

去年は花嫁姿で人力車に乗っておられましたが。

洋装じゃないカヨさん、しかも普段着テイストの着物姿ってのがとても新鮮でした。

―――――と云うか気のせいかと思ったが、こっちに目線をちゃんとくれている?

ご夫婦で参加されるようになって表情がかなり柔らかく、自然におなりのような気がします。



パレードのしんがりは帝国軍人さんでございます。

今年はパレード参加者が減りましたかね。と云うか2回あるパレードのうち、1回目にしか出ないで帰られるような方もおられるので顔ぶれが変わるんですが。

そして観覧者の中にこそ『パレード出たほうがいいんじゃ…』な見事な髪形、着物の方がいらっしゃるのです(笑)

あ、でもそれも今年は夕方近くに行っているので、帰ってしまったのか暑くて最初から来てないのか、着物姿は少なめだったかも。


夕方になってようやく気温が下がり始め快適になった、今年の大正時代まつりでした。


―――――しかしかき氷屋のおばちゃんに『スタイルがいいから何着ても似合うわ』といきなり言われたのだが、去年も確かにこのかき氷屋で買っているんだが、一体あっしの何を知っているというの!?、おばちゃん!!


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

大正まつり1回目に行きました!仮装者と撮ってもらう時だけ、持参した銘仙を羽織って大正感を出しましたが、背後からは「暑そ~」の声が…仮装者もパレード後1リットルパックのジュースを飲む危険度💦
今年は2回目ならそれほど暗くもなく、日差しも弱まりちょうどいい感じですね。

No title

ああ~どこを見ても髪型にお着物、洋装に軍人まで、写真お願いしたい人がいっぱいです!
あすかさんこそパレードに出られたら宜しいのに
沿道の人が次々と「あ、ブログの人だ♪」とテンション上がる事でしょう

No title

あすかさん、こんばんは。
連日の暑さの中、お出かけお疲れ様でした。
体感では、浴衣でも良いくらいの気温でしたね。
仮想パレード参加の皆さんは、さすがに気合いの入った姿ですね。
あすかさんの着物と柄足袋の一体化、画像を見てなるほど!と思いました。

No title

このイベントも気になってますー!
淺井カヨさん、カメラ目線!すっごーーーぃ ほんに珍しいお着物姿ですね、ご主人と合わされたんですね~。
着丈の短さ、言われて気づきました。足袋の存在感で調整されてるんだー素晴らしい。帯もカワユスです
>来年は頑張って束髪
おぉぉ~~~~ぜひに~~~楽しみ~~~

No title

ocarinさん、…昔は束髪の代名詞は塩沢ときだったのに(笑)
子供心にあの人のカテゴリーは何なんだ?と思ってましたが、当時から謎の髪形の人は多かった…徹子さんは現役ですが小森のおばちゃまとかもいましたしね。
で、わざと『湯婆婆』に結ってくれるイベントも先日ありました。あれは自力で結うのは大変ですから、ちゃんと結える人が結ってくれるのなら試してみるのも面白いかも(笑)
巨大ナマコ、多分すき毛で美容師さんがナマコ状に作っただけだと思います。
ナマコ状のスキ毛パーツもネットで探したら出てきましたよ。
それを買おうか思案中。

No title

あざらさん、他にも着物イベントが重なってましたから気の毒でしたよね。
9月だったら堂々と夏物着てられますけど、体感気温が夏であっても10月に思いっきり夏の柄着るのはどうにもつらいものがあるのでは…
このような事態のために、菊柄を単衣に作り直しておくのも手かも知れません。菊柄だったら問題ないでしょうから。

No title

玉繭さん、…私もダレてしまい、数年間告知すらしておりませんから…
やっぱりブログ上でご案内を事前にしておくべきですねえ。
都内のアンティーク着物イベントでしたら、それはそれは華やかなコーデがこれでもか!と見られるんですが、この場末の与野の微妙な祭りで気合いの入ったお客さん(笑)を見られるのが毎年楽しみです。

No title

たまさん、…しかもこの手のイベントは、年々縮小するか、逆に大規模になるかの2パターンが多いかと思われますが、ここは常にまったりと、その年その年で盛り上り具合も違います(笑)
サローネ翌日という日程が2年連続なんで、たまさんの参加はなかなか厳しいかと思いますが、まあ、混雑するようなイベントじゃないしね(笑)
適度に休めるので日程がいい年があればまたご来臨下さいまし。

No title

増髪般若さん、いきなりポニーさん、復活です。でも馬車はなかった…
やっぱり大人も乗ってる馬車を引くより、子供限定でぐるぐる歩く方がポニーさんの負担も少ないでしょうしね。
そしてポニーは復活ですが、イルミネーションは年々縮小。
いつまで続いてくれるのか私もハラハラしております。

No title

三匹のははさん、いっそブーツとかの方がいいのかもしれませんが、暑いのでブーツなんか履いてる場合じゃございません(笑)
白足袋、着物を短く着付けてると白い分だけすごく目立つんですよね。自分じゃ気が付かない。でも遠目にはよくわかる。
与野は停車場があったそうなんです。大正期に。それでよくわかりませんが大正時代まつりという名の地元商店街の秋祭りですね(笑)、それが続いております。
神社の祭礼だけじゃ盛り上がらないので、あちこち後付けで現在の祭りの形式になったのでしょう。

No title

いち呉さん、どんな特殊能力の持ち主なんでしょうね、おばちゃんは(笑)
愛知の大須もコスプレパレードで町おこしが出来ましたしね。
扮装系は結構マニアがいるのでお祭りとしてはいいと思うんですけどねえ。
ハロウィン仮装ものは今はどこでもやってますね。

No title

てんてんさん、京都は扮装系の祭りが多い気がしますが、市民参加型とはいえるほどではないのか…
でも地元民以外は割と着物着てそのような祭りにいらっしゃいますよね。
京都の悲劇は、着物姿が多いのに、それがほぼ地元民ではないってところでございましょう(笑)
…しかしこの大正時代まつりはわざわざこれだけのために京都から来るべきものではございませんよ(笑)

No title

ノリコさん、近場の人でない限り、1度でいいと思います(笑)…毎年通うべきものでもない(笑)
ああ、しかしこれだけ大量に持ってるくせに『着るものがない!!』という事態に久々に見舞われましたよ
単衣を持っててもかなり地味。しかも夏の柄多し。
これは課題だと思いました。
とりあえず袷の中から10月頭に着てもいい柄で、単衣に加工で着そうなものを見繕おうと思います。

No title

さのっちさん、そもそも謎のフリマも出てますしね(笑)…普通の祭りではそんなものはない。
明らかにアニメなコスプレの人はもう消え去りましたね。翌週が大宮でアニメイベントですから(笑)
…しかしカヨさんもかなり小柄な方ですが、それでおはしょりが出ない着物とは!?
洋装の時はしっかり作りこんでいる感じなので、和装だと肩の力が抜けている感じですね。

No title

亜雅紗さん、湯婆婆、もしくは犬神家の文庫本の表紙だったか。確か束髪の怖い人の顔がデーン!とある金田一の原作があった覚えが(笑)
そう云えば与野は正月は七福神巡りと云って、七福神の扮装をした人が練り歩いていたような…結局扮装系か(笑)
んまあ、ホームズの部屋!!スリッパにたばこぶち込まれ、まで再現してあるんでしょうね、もちろん。
グラナダTVはそこはちゃんとしていた。
しかし赤い輪ってどんなカクテルなんだか…

No title

U-カリンさん、誰かアンティーク着物好きがTwitterとかで当日呼びかければ結構着物姿が集まるんでしょうけど、まあ、あまり期待はしない方がいいですよ(笑)
パレードの時間が近付かないと、どこにも着物の人がいない場合が。どっかに隠れてるんです、お客さんでも。
そしてパレード間近になると急に出て来る(笑)

No title

バーバララさん、さすがに2回目パレードは5時の回の時がすんごく暗くなってて怖かったので、30分繰り上げになりましたね。
でも4時くらいでもいいと思うんですが(笑)
与野のあの場所はいつも強風吹き荒れる場所なので割と涼しいはずなのですが、やっぱり今年は異常気象過ぎました。

No title

ねこやんさん、好きな時間に行って、用事が済んだらさっさと帰れるお客の立場の方が気楽ですわ(笑)
まあ、飛び入り参加もできるはずなんですけど、ここ数年は小僧連れですのでねえ。まあ、夫もいるけど。

No title

かしわさん、あの土日のみの暑さは一体何だったんでしょうか…着物イベント狙い撃ち。
雨も困りますがコートとかで気を付ければ何とか…暑いのは逃げ場がない
仮装パレードの方は貸衣装が多いです。着物で貸衣装の方は履き物が皆同じなのでそれで分かります。
ああ、この着物やっぱり丈を伸ばした方がいいです~
また縫い直すの面倒ですが、いい柄で結構着ているんですよね。
こんな短い丈なのに―(笑)

No title

ふでぺんさん、こっちはカメラ構えてモニター見ているので後になって『あれ?カメラ目線くれてる?』と気が付く(笑)
カヨさんの自前衣装だかわかりませんが、シックな縞に蝶の柄の帯と新鮮でした。
でもやっぱりいつもの洋装バリバリのカヨさんのイメージしかない人には『あれー?カヨさんいないんだ』と思われるでしょう。
…束髪、ボリュームさえ抑えれば普通の和髪になりますから、まあ練習して損はないでしょう。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ