FC2ブログ
2018-09-13

プレミアム蛮行!!…おしめを、うそつき袖にした(爆)

ようやく酷暑も終わり、そろそろ夏物を全部着ておかなければ、と100円で買った雀と竹柄のポリ絽を引っ張り出すも、『うーん、これ、やっぱり袖必要かねえ…』と思ったのだった。

…あっしは常に筒袖半襦袢の人間なのですが、もちろん透ける絽でも筒袖。

しかし今回のこのポリ絽は柄が少ない分、色が淡い分、ちょっと透け感が気になるかもよ。

ってことで、これにはうそつき袖を縫い付けようかなと思ったのだった。

しかし透けるのでもちろん白地の無地。

そのような反物は持ち合わせておらず、ただの白地の綿生地だったらあるが、袖幅に切って縫ってが実に面倒…

――――――そしてあっしは思い出したのだ。…おしめの存在を。



これ、出産前にどこぞから大量にもらった布おむつ、と云うか昔ながらのおしめなんざますよ

今の布おむつはパッド型になってるもんがほとんどだと思う。こちらは昔ながらの晒し地を輪にして縫ってあるもの。

で、とりあえず頂いたものの、もちろん一切使うこともなく小僧は育った。

ではなぜ捨てずに取ってあるかというと、これ、雑巾、台布巾などに大活躍なんですわ。

晒だから吸水性がよく、しかもタオルと違って繊維があちこちにへばり付いて残ったりしない。

なので一生分の雑巾&台布巾のストックとして保管していたのだったが、これ、幅が袖幅ではないのか?



おしめの方が長いが、幅としてはほぼ同じ。

なので長い分をカットして、うそつき袖作ります!!(笑)



このままだったらアンティークの長い袖のものに使えそうですな(笑)



着物の袖丈に合わせて普通に縫って、そして普通にカット。切りっぱなし。



中表にしておしまい。頻繁に着るわけでもないし、あっしの場合はただの撮影用だからこんなんでもいいのです。



着物本体に縫い付けて、完成(笑)


晒を常備している家だったらいいいですが、うちにはこれしかなかったんで有効利用。

おかげさまであっさり簡単にうそつき袖が作れましたわ。


おしめとしては一切使われなかったが、雑巾やうそつき袖として活躍する流転のおしめ。

まあ、普通の家におしめが大量にあることは滅多にないので、真似する人はいないであろうが、あるものは何でも使うサバイバル精神によって日々の蛮行が挙行されているとのご報告でした(笑)

●追記●

…これらのおしめはお下がりで、もちろん他の家庭で既に使われた後なんざますよ、奥さん。うちでは使わんかったが。

でも洗ってあるし、漂白もしてあるだろう。何の問題もない(笑)



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます



 


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

す すげーな‥(;^_^A
着古した木綿着物とかを解いておしめに 果ては雑巾にっていうのは先人の知恵だけど
現代人は逆もまた真なり!
アマゾン川逆流のポロロッカ現象のようではないですか(笑

肌への優しさをアピールするのに「赤ちゃんの肌着に使える」みたいなこと言いますが これはまさしくそのものでやんすねえ
肌に優しくなかろうはずがない(;^_^A

No title

うん!全然大丈夫www

No title

あすか師匠またまたやりましたね!笑えます~(笑)
染ひった事件を彷彿させる快挙でございます。晒のおしめを私も縫いましたわ。その頃はお古のおしめももらったかも。ひとり使ったおしめの方が柔らかくていいですよね、赤ちゃんには。それがなんと替え袖に。私が縫ったおしめはドビー織だったので雑巾で大活躍しましたが替え袖にはならないわね。やっぱり晒のおしめの方がよろしくてよ

No title

あすかさん、こんにちは
おぅ、それは昔ながらのおしめですね。私が長女を産んだ時義母にもらったのは晒仕様ではなくおしめ用の生地(柔らかくて水分吸いそうな)でした。薄いお着物って中が透けるんですよね、私もレースの襦袢を白い浴衣に合わせたことがありましたが、レースの柄が透けて見えてギョッとしました。素晴らしいわ~、さすが。使えるモノは使わないと~

No title

一昨日東松山に商用があり森林公園の横を通りましたが中央口の前を通るかなり長い区間の街路樹の花梨が鈴生りで誰も収穫しないのは勿体無いなと思ったところです。
森林公園で松茸が採れるとの噂が…

No title

なな吉です。
なんてエコロジカルな蛮行でございましょう。
使うご本人が問題ないなら問題なしですよね~

No title

ん、もう・笑。言わなければ分からないところを、お人柄の良さでご披露してしまう…そんなあすかさんが大好きです。
早い話が未使用のさらし…嘘つき袖に生まれ変わって有効活用ですねーー💓さらしは洗えば洗うほどに肌触りの風合いが良くなりますものね。
私も着物を着始めた頃に、自分専用の補正グッズを作るので、さらし一反買って、残った分は刺し子にして布巾作って、教会のバザーで売りました(笑)

撮影用にお使いになってる夏のお着物が素敵ですね。竹に雀…可愛いです。

No title

ほあかばりきるま。さん、結構反物幅にカットするのが面倒なんですよね、洋生地の90センチ幅のとかの場合は。
晒は基本30数cmくらいだと思うので加工が楽。
まあ、既におしめに加工されてるものを使う奴は滅多にいないと思いますが(笑)

No title

亜雅紗さん、うちでは1回も使ってないですが、よそでは何回かは使われたでありましょう…シミが付いてるものもあり(笑)まさにカレー付け下げの様相。
赤ちゃんのおしりふきの方がアルコールとか入ってないし肌に優しい成分入りでしかもお安いと思いますわ。
だからワタクシも普通に結婚前から赤ちゃんのおしりふきを使っております。
赤子のオケツを拭くまでは綺麗なのですから。

No title

たまさん、茶こし、じゃないこし網で鰹節を排除しないんですね。どこの料理人だという丁寧さではないですか。
んが、確かにキッチンペーパーでは破れるが絞りたい…という料理がそこそこありますな。
確かおしめの発信源は義母だったような気が。義母から義妹に行って、そしてうちに来た(笑)
義妹はそこそこ使ったんですな。使用感がありますもん(笑)

No title

いち呉さん、替え袖は無理でも、日常の雑巾とかには普通に使えますよ。むしろ雑巾としては優秀。タオルの雑巾が使いにくくて仕方がないです。
うちのも使用後のものがお下がりで来ているので、シミがあるものが数枚混入しておりましたわ(笑)

No title

東野朱乃さん、案外無地の反物幅の生地は後々意外なところで役立つ、と知りました。
半端なサイズ残っている洋生地は使い道に困りますけど…

No title

きじっちさん、お嫁さんが来た以上、きじっちさんとこではおしめはおしめとして残しておいた方がいいですよね。いつ役立つかもわからない。
んが、ワタクシは出産した産婦人科がこのタイプの布おむつで、出産後ろくに寝れないのに布おむつってのが大変過ぎて、もう家に帰ったらずっと紙おむつで通したのでした。

No title

てんてんさん、現代人はおしめを使い倒しませんからねえ。そのような逆流もまたあり。あっし的には。
赤ちゃんものはやたらと「ホルムアルデヒドを使っておりません」と声高に叫ぶものが多いですが、結構赤ちゃんがいる家は新築だったりして、建材にホルムアルデヒドがたっぷりなのではないか?と思うワタクシ。

No title

U-カリンさん、まだ大量におしめがある以上、他の使い道も模索したいところなんですわ(笑)

No title

tai*****さん、皆さんどうにもカレー付け下げが頭をよぎるんですね(笑)…数年経っても鮮烈な印象を残す破壊力のある記事だったんですね…それもどうかと思いますが
このおしめ、もらっったはいいけどおむつカバーが新生児サイズしかなく、しかもうちには大量に新生児用紙おむつがあったのでそっちを消費していたらあっという間にサイズアウトでカバーは使えなくなったのでした。わざわざ新しく大きいサイズ買うのもバカバカしいし。
しかしそのおしめが長きにわたって生活を支えているのです。
何が幸いするかわからないのが人生です(笑)

No title

ふでぺんさん、やっぱり義母経由で来ることが多いようですね。でも20年以上前だって「布おむつで育てた」と言ったら結構褒められたでしょうに、今、このタイプを頑張って使っている人はいるんでしょうか。
お子様が多いとこは経済的ですけどね、確かに。
おしめでしたら雑巾として惜しみなく使えるのです。そして丈夫。
案外タオルを雑巾に格下げしたものはすぐに破れるのです。
しかしうそつき袖にまでなろうとは私も思いませんでした(笑)

No title

ダンシングジャイアンさん、秘かに『カリンを収穫しないでください』という立て看板でもあるのかも知れませんよ。
『筍を掘らないでください』という看板がある竹林のある公園が川口にございます(笑)
森林公園…入園料払ってでもマツタケ狩りに挑みますか!?(笑)

No title

どちらかというと私の蛮行はかなりが貧乏くさいので、エコロジー風味ですよ、なな吉さん、袖口から覗いていても『麻?』な感じなのです。
基本うそつき袖もなしで着物を着ているので、滅多にこのような加工を施すことはないんですが、誰かに勇気を与えられれば(笑)

No title

マド☆さん、新品未使用の晒しなら、そのように更に活用範囲があるわけですよね。
まあ、これはおしめだった過去を持つので…(笑)
おしめから着物のうそつき袖へと格上げはなかなかのシンデレラストーリーだと思いますが。
――――しかし急激に秋になってしまって、今更この竹に雀の付け下げ、寒々しくはないかと…
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ