FC2ブログ
2018-08-08

七緒 vol.33 七緒 vol.46/プレジデントムック

―――――――…今頃になって数年前の『七緒』を図書館で借りているワタクシです(笑)

ふだん着物好きの方は七緒の定期購読をされていたりしますが、アンティーク着物界隈の人間には『…普通過ぎてつまらない…』と面白みがなく、今までまじめに読んだことすらなかったのですわ。

そして10年以上経ち、そろそろ自分も経年劣化し始め、アンティークバリバリコーデを見るのも着るのも少々疲れる…と云う着物体力になって来たところ、ふとこの本を見たらそのマイルドさに心惹かれた(笑)

それぞれの号で特集内容が違うので、自分的にためになったものがこちら。



――――――ええ、もう全然着物の本どころか本全般を読んでない頃に刊行されてますわ

表紙モデルのお嬢さんのコーデがやけに古臭い色合わせ、だと思ったらば『着物リサイクル店特集』でしたのよ。

…アンティーク・リサイクルカテゴリーの人間から見ると『…こんな、わざわざ昭和の振袖の帯回りみたいな配色のコーデでリサイクルものを選んで着る人、いるのかなあ?
』と思うわけですが、そこは明らかに『リサイクルもの着てるんですよ~』アピールのためであろう。

内容としてはアンティークカテゴリーの人間にはお馴染みの内容。

んが、秀逸だったのが巻末のこれ。



リサイクルものを買ったときの失敗談だとかをまとめたコーナー。

『『なんとかなる」は「なんともならない」』、『「どれにも合う」は「どれにも合わない」』はもう、格言でございましょう。

…まあ、蛮行の友たちは何とかならないような着物や帯でも何とかしてしまうので、一概には当てはまらないかもしれませんが、どれにも合うはどれにも合わない、これは本当にそう!!

いつでも着れる、年中OKの柄、結局いつでも着れると思うと全然着ないですもん(笑)

それと同じで、どれにでも合うってのはどれに合わせても確かに変じゃないが、それだけ。というアイテム。

コーデした際に『おおおおお、ビンゴ!!』なときめきが一切ない。

―――――――と云うか、この手の辛辣で現実的な特集を『KIMONO姫』でやってくださらんか(笑)

だってKIMONO姫はほぼ、アンティーク、リサイクル着物の本なのだから。



それから雨コートの着丈を直す、というコーナーもあり大変参考になりました。

存外簡単なんですのよ。 丈の短い雨コートがあるのでこれを参考にして直そう、と思いました。



…『七緒』という本が一体どの年齢層をターゲットにしているのかがよくわからなかったのだ。

なぜなら巻頭のモデルのお嬢さんはこのようにとても若く洋風。…でも本の中に出てくる読者モデルはそこそこの年齢(笑)のおばさんからおばあ様レベルまで様々。

普通、巻頭や表紙のモデルの見た目や年齢と、中身の読者モデルとの誤差ってあまりないものなんですが、七緒の場合は表紙や巻頭のモデルと中身に登場する読モの年齢がかなり違う印象です。

本の内容からすると、もっとシックで落ち着いた大人のモデル使った方が馴染むんじゃなのかと思うんだが、七緒ってば30代の着物を始めてみようかな、な人たちをターゲットにしているそうで、確かにそのような方々には馴染みやすい感じのモデルではありますが、本の中身に出てくる読モのベテラン感(笑)には若干戸惑うと思うぞ(笑)



季節柄、浴衣特集な本も借りました。…2年前の刊行ですけどね(笑)



やっぱり表紙と巻頭のモデルちゃんが若い。この子がこんなコーデを着るかな?という感じですわ(笑) ふりふの浴衣とかが似合いそうな感じの子です。

んが、この子のキャラではないにせよ、七緒風味のすっきりさっぱりなヘアスタイルはいいなあ、と思って最近真似している(笑)

浴衣15分着付け、という特集ですが特に目新しい目からウロコ情報はなかったが、この工程の紹介は画期的だと思いました。



…ペラペラで衿が決まらないイマドキの安価浴衣には、最初から衿芯が付属で付いてくることがありますが、七緒ではそんな浴衣は紹介しないんです。

ご立派な店のご立派な仕立てのものを使用。

当然衿だってしっかり仕立てられてるので、本来なら衿芯なんか必要ないんですがあえて衿芯入れたほうが衿が綺麗に決まりやすいよ、と紹介している。

『浴衣に衿芯』は着慣れた人の裏技的なものだったんですが、それ故に『ルール違反かもしれないけど―』と思っていた人もいたかもしれません。

でもこのように本できちんと紹介されるだけで『ああ、この方法もありなのね』と安心する人がいたと思います。…本が売れなくても、本の影響力は絶大です。



浴衣15分着付けチャレンジに参加した方々の画像ですが、赤線部分の紹介文に突っ込みいれる人続出だと思う(笑)

8枚なんて、少ないじゃん。…せめて18枚だったら『まあ、ちょっと多いかな』と思うが。

でも大の着物好きと紹介するからには、浴衣の所持数が8枚ってのはやっぱりかなり少ないと思う(笑)

で、この本には『浴衣で句会』なんつー企画もございまして。



―――――――字って、やっぱり大事だよなあ…としみじみと思った(笑)

どんだけ美しい句を作ろうとも、字が微妙だと台無しだよねえ

この人たち、一応物を書くことを仕事にしてるのに何でこんなに字が下手!?とか思った。…えーっと小学校の高学年の方が綺麗な字を書きます(笑)別に習字習ってなくても常日頃、先生や親に添削され続けているからよそ行き用の字を書くときは書く。

まあ、物書きとはいっても今は直筆で書くことは滅多にないので、あっという間に字が退化して下手になりやすい環境ではあるんですが。

それでも綺麗な字を書く基礎ができている人の字と、そうでない人の字はすぐわかるので、この人たちはちゃんと字を習ってきてはいないんだな、とわかった(笑)

――――――綺麗な字が書けるってのは一生の宝ですわ。

学生の頃までは別に字が汚くても問題なく生きてられますが、社会人になったあたりから字が綺麗な人、そうでない人でスキルの違いが出ますよね。

40過ぎると尚更で、意識して直していかないといつまでも子供みたいな字を書いてても気が付かない。

自分は良くても字を見た人は『この人いい年なのにこんな子供みたいな字を書いてんの?』と、字だけで判断される場合だってある。怖いねえ…

あっしが40過ぎてしみじみと自分の字が汚い、と思っただけに、このような誌面を飾った人の字がとても気になった次第。

……ところで2年ほど前に『大人の美文字』がブームになったが、あれは結局どうなったんだろう(笑)一過性のブームだったかしら。



しかし字が微妙なのもさることながらこの撮影しているのがまだ4月か3月の終わりくらいってのが驚きですわ

だって庭にしだれ桜とつつじが咲いてるんですものー

…ああ、まだ寒かったりする頃に浴衣で夏を思う句を作るのって大変だったろうなあ(笑)


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

亜雅紗

すみません、浴衣5枚の60歳が通りますよ。その5枚さえ毎年9月末まで続く酷暑&着物絶滅地域ではちゃんと着られるんだか。 着物に興味を持つまでうすーいインド綿のチュニックしか着なかったが、今やそのインドより暑い日本(ToT)
私にはまだまだ敷居が高い七緒。着物の手入れの仕方みたいな特集を1冊買っただけ。でも立ち読みはしてます。割と地に足のついた感じの本で、美しいきものとかよりは取っつきやすそうってのが感想です。字は…短歌も俳句も読まないし、たまに短文をやり取りする皆様は勘弁してケロ。

No title

七緒、刊行から最初の数冊は斬新なもんでしたね~。
同じころにキモノ姫とかで一気に「木綿着物」を取り上げ、そのおかげで木綿着物に開眼しましたよ。
モデルちゃんがスタイル良すぎて帯から下が異様に長かったりするのが見ててつらい時もありますが(笑)。
話は違いますが40、50代の大人向け雑誌で「大人の着物はじめ」みたいなページがあったりしますが、タレントさんが着せられてる着物が50万とか、80万とかで「はじめての着物でどんだけローン組ませる気だよぉぉぉ!」と内心絶叫。
一頃の着物ブームのころにたくさん出たような「メーカーとかの息がかかってない、着物を普段着にしている人」がたくさん載ってる「大人の着物本」がみたいですわ~。

No title

耳、耳が痛い....(;´Д`)
生粋の悪筆です。小学六年生までお習字に通ったのに全く身に付きませんでした。何度日ぺんの美子ちゃんのお世話になろうと思った事か!
汚い字のくせに丁寧に書かないし。救いようがありませんな。
七緒は着物版「リンネル」って雰囲気ですよね。ナチュラルテイスト。洋服の好みで行けばドンピシャなハズなんですが、着物関係はいまだ「KIMONO姫」が一番好きです。「憧れ」が強いからかな?

No title

こんばんは。今回もおもしろい記事ですね。「七緒」は久しく買ってないです。「美しい着物」は一度だけ買ったかな。美しい着物は呉服屋さんで買う事を前提として作られているのではないかと。七緒は誰かから譲っていただいた着物をどう着るのかを紹介しているのでは。リサイクル着物店がまだ勢いがあった頃に創刊されたのですよね。時は流れリサイクル着物店も閉店も多く主流がネットショップに以降しているように感じます。嫁入り道具に着物をもたされた年代の方がそろそろ身辺整理で捨てにはいり、又はせっかくだから一度は袖を通してみようと着付け教室などに行くのですが着物と帯の組合せに悩むことになるのでそんな時に七緒を手に取るのではないでしょうか。
浴衣ですか…5.6枚ありますがしじら織が一番よく着てますかね。とにかくここ数年は暑いので小千谷縮を襦袢なしで浴衣風に着る事が多いよね~。下は高島ちぢみか麻の肌襦袢でクレープのステテコで半幅帯で。

No title

七緒、ほぼ買わずほぼ読まず…な雑誌。
そして、着物関係を検索して七緒がヒットすると、Amazonで購入する流れが私。
数年前にOzawamiさんの半幅帯紹介記事が載った雑誌がOntimeで買ったどこかの雑誌かな?←なんだったか忘れてる。
七緒は、見てると割に好みのモノが多くて楽しいのですが、毎号買うとか定期講読するとかが好きじゃないので、出逢いがあったら買う。
で、話題の浴衣8枚?。
枚数なんざ、ただの数値。きっと計り知れない浴衣愛があるんでしょう。
カウント出来る量で抑えてないと沼にはまりこんでしまいますから。

No title

べにおさん、だってもう、初心者の頃みたいに素直な気持ちで着物本なんて読めないし―(笑)
この本、着物ベテランと初心者が読んだ場合では随分と印象変わるんでしょうね。
で、皆さん仰る通り、2年くらい定期購読してると、同じ内容の特集が手を変え品を変え出てくるので飽きて読まなくなる…
まあ、子供向け学習雑誌だって毎年同じものですからね。子供の場合は学年が上がるからずーっと同じもん出してても文句言われない(笑)でも兄弟で下の子が同じもの取った場合は『これ同じじゃん…』となり、結局取らなくなるんですが。
昔読んでた本は、たまーに引っ張り出して読むと新たな発見がありますわ。是非夏休み中に一読くださいまし。

No title

ocarinさん、旧パソコンに入ってる画像なもんだから、とりあえず画像だけバーッとそっちから入れておいて、本文入力は新しいパソコンから夜中にってパターンが多いのです。
…誰も見ないであろう、この時間ならば本文入力も終わるであろう、って時間に予約投稿しておいて。
今回、時間内に終わらなかったですがアップから5分後くらいには本文もアップされましたのに~(笑)
…タッチの差でしたな。
いくら何でも画像だけで意味が分かるような記事ではございませんでしょう、今回のは(笑)
いやー、浴衣、綺麗に着ようと思うと結構時間喰いますよ。襦袢とかの襟元安定グッズがないだけで、本当に決まらない、決まらない。
浴衣をササっと纏える人は着物上級者でございましょう。

No title

ここふじさん、…えええ!?数十年前の自分の画像使って『著者近影』みたいなもん!?(笑)
巻頭とかのモデルページなんて、読者にはあまり参考にならないのではと思ってるのですが。…読モの方が結構いい感じの方が多いですわ。
そして同じ読モはやっぱり同じ出版社の着物本にも出ている。
うーん『美しい〇もの』をしっかり読んでる人って着物ブロガーにはどれだけいるんだろう(笑)

No title

マド☆さん、巻頭、表紙の女の子が若過ぎると思うんですよ。もっと落ち着いた和風の感じの子使ってみればいいのに。
中に登場する読モのおば様とか、結構素敵なんですけどね。
浴衣を浴衣としてしか見ないのであれば8枚は多い方なんでしょうか、一般では。
でも今は若いお嬢さんは毎年買ったりするから、気が付けばいっぱい持ってるってパターンではないんでしょうか(笑)
…そうなのです。着物風に着る浴衣、と思うとそれだけで一気に浴衣が増えてきます。
うちに山ほど浴衣が増えたのもそのせいです…

No title

てんてんさん、これだけ雑誌が廃刊、休刊に追い込まれている昨今なのに、よく七緒は続いてるなあ、と正直思っておりました(笑)
…着物入門書的な意味合いがあるというのならそれは納得。常に一定数の初心者が流入してくる業界ですからねえ(笑)
やっぱり七緒はせいぜい3年くらい読めばもういいや、って気分になると思いますよ、内容が一巡するから。
そして去る者を追わないスタイルでしょうしね。
でも最新号がシニア世代にすり寄ってきたとなると、七緒スタイルも迷走を始めたってことか(笑)
まあ、シルバーヘア、今人気ですからね。
そして着物ほどシルバーヘアが板につく衣服はない。

No title

ダンシングジャイアンさん、…そりゃ、女性と男性ではそもそも見るところが違いますもの(笑)
女性ではしつこく産地や職人さんの生地を読み耽る人の方が少ないです。着物ブロガーさんには多いと思いますが、一般的にはコーデとかを見ている人が多いと思います。
…ああ、そう云えば叶姉妹がいつだったか着物を着せられて雑誌の表紙かなんかを飾ったときは物議でしたねえ。
あの胸をつぶさなかったもんだから(笑)
あの方々のスタイルはドレスを着るためにある…

No title

亜雅紗さん、ああ、浴衣は着る時期限られますし、年齢的によく着る世代って娘さん世代ですからねえ。…幼児連れになるともう母の浴衣はぐっと減り、子供が成長すればするほど親は普段着。
一家揃って浴衣なんつー家は本当に珍品でございます(笑)
それでも5枚あれば多いのではないでしょうか。亜雅紗さんは着物初心者の域なのですし、まだ。
…この文章の?なとこは『大の着物好きって人が8枚ですか?浴衣…』と云うところです。『なんと』と付けるほどなのか、その枚数は(笑)
ワタクシ、子供の頃は大人はそれだけで字がうまいと思っていたので、今自分がいい年になってみて『…大人だからじゃない、自己鍛錬のたまものであろう』と気が付きました…

No title

羽衣 牡丹さん、着物本に登場する読モ的な方々は、やっぱり何らかのつながりがありますからねえ、出版者サイドか着物メーカーと。
ozawamiさんのスタイリストという肩書をもってしても、着物関係の知り合いからのつて、でようやく七緒に登場と云う運びでしたもの…着物本は着物関係者の力が絶対で、なかなか一般の着物好きにまでは声がかかりません。
でもさ、それだから結局は斬新なアイデアが本で紹介されず、皆さんネットに頼ってますます本が売れなくなるんじゃないのか?
…いまさんとか、君野さんとか初期のスポンサーがついてなかった頃はとてもよかったですよね(笑)
いまさんはまあ、今でも『これだけスポンサー付いてるのに言いたいこと言ってていいなあ』とか思いますが(笑)

No title

U-カリンさん、うーん、そりゃただ『書いたもの出して、添削して終わり』ってとこだったんではないですかい?…それだと勘と筋がいい子はうまくなるけど、どんな風に書けば綺麗に書けるってことがよくわからない子には無駄ですわ。お手本なぞればうまくなるってもんでもないですしねえ。
で、ワタクシも汚い字ですが小僧がすさまじく汚い字なのでそれを観察していたら、とにかく丁寧に書かない、さっさとばばばっと書こうとする、それが原因。
ゆっくりゆっくりを心がけるだけでも劇的に綺麗になりますわ。
…ワタクシ、KIMONO姫のあの漫画がつまらなくて、つまらなくてーっ(笑)なんで今まで続いてんの?と思っております。普通の雑誌ならとっくに連載打ち切りになってるよ…だからありゃ縁故だな、と斜に構えて見ています(笑)

No title

tai*****さん、七緒の創刊っていつでしたっけ…七緒はアンティークなんか出さないと思っていたので、リサイクル特集の本で結構アンティークが出てきててびっくりしました(笑)
そしてカレンブロッソが何でこんなに知名度が高いのかなーと思っていたら七緒で常に商品紹介されてたからなんですね。
まずは本で常に紹介されてるから買ってみたらよかった、と口コミで有名になったのでしょうか。
浴衣は着物好きの方でも持ってる枚数が多い方と少ない方に分かれるアイテムかと。
むしろ浴衣より夏着物着るから、と浴衣が少ない方もおられますし。
そもそも着物だったものを浴衣風に着るパターンもありますしね。

No title

jasminさん。それが七緒ですよ、奥さん(笑)…でも結局七緒との縁も切れてしまった、と云うか今後につながらなかったようなんですよね、ozawamiさんも。
『着物の本は昔ながらの着物業界の力関係が支配しているので、着物メーカーとかの縁故とか何かしらのコネがない限りはコンスタントに着物本では活躍できない』とのことでした。
…そんなだからいつも同じような方が出てきて飽きられて本が売れなくなるんだけど。
そう、意外と七緒の定期購読している人が多くって驚きです。そして、その手の方はすぐに飽きて解約する…(笑)
内容によって買ったり買わなかったり、の方の方が長い付き合いのような気がします。

No title

お!浴衣8枚もってた!!
でもなかなか全部は着れてないです
七緒創刊号?No.1、うちにありますよ

私七緒と豆千代を参考にして
祖母の着物から着物きはじめたから

切らない付け帯の作り方とかのってて作ったけどその帯は使ってなかったりとかある

始めのころはかえそでの作り方とかものってような気がするです
案外重宝してますよ

東野朱乃

No title

一時は着物本が出る度にいそいそと、本屋さんに行き買っていました。今や少々の本では驚かないし、見てもいないですよね~。
でも、たまにはチェックしなきゃ!と思いました。

リサイクル着物やさんにも色々あって、アンティークの状態の良い物、作家さんのものなど、けっこうお高いものも置いていて、状態の良い物中心のお店や、それこそ全く興味の無い古臭いもの中心のお店もありますね~。もう少々の事では驚かないしかなり欲しいって物しか買おうって思わないですわ~。
今年は浴衣まだ着てないです(セオαを省く)例の自力で何とか間違えながらも完成させたアンティーク絽もこれからデビューです。
寒い頃には大人っぽい色ながらにアンティーク独特のにぎやかさと思っていましたが、
激暑の陽に当てると案外地味で驚きですわ~。
季節って大事ですよね~。
浴衣写真の背景が春爛漫って、やっぱり何かずれが生じると思います。字には自信はありませんが、やはり毛筆で、美しい字を書ける方は尊敬します。あすかさんは字も上手そうですよ。絵が上手いんですもの。センスいいと思います。
そろそろ着物姫の大人バージョンなど、見たいな~と思

No title

東野朱乃さん、そうそう、結局お気に入りとかしか着ないものです。そもそも浴衣着るようなイベントにひと夏にそうそう行くものでもないですし(笑)
うちは明日の花火大会でひと段落って感じですかね。
私も作った覚えがあります、切らない作り帯。でもどうにも具合が悪いので、その後、バンバン帯切り魔と化し、人様にも『帯を切れ~切るのだ~』と呪いをかけておりました。
10年以上前はまだ帯に鋏入れることを恐れる方が多かったんです。
そう考えると今は皆さんかなり柔軟になりましたねえ。

No title

passionpianoさん、私なんてもう、着物本のとこチェックすらしませんよ(笑)…だってもう画期的で斬新な本なんてなかなか出てこない…皆『これ、似たような本持ってるよね』なんですもん。
この酷暑が少し落ち着かないと、浴衣どころか着物だって着てる場合ではありませんが、いい加減少しは落ち着いてくれるのかしら…
もうアンティークの夏ものは9月に着るつもりです(笑)
まあファッション誌は今頃冬ものの撮影をしていたりするんですが、やっぱり背景で撮った時期がわかってしまうのは微妙かと。
…『KIMONO姫』、私ガラガラアンティークバリバリだったころからあの本は『…やり過ぎだと思うな』と感じておりました。
アイテム2つくらい引き算してみたらいいのに、と。
あれ見てると『アンティークは若い子だけのもの』と錯覚する人だって多いと思うんです。
実際は大人の色気漂うシックなアンティークだって山ほどあるのに!!
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ