FC2ブログ
2018-08-01

☆手芸部☆金魚供養な手描き風鈴…

――――――さて、金魚の供養をする季節となりました…

先日、2日連続で地元のお祭りに行き、合計11匹の金魚、5匹黒出目金を含むなかなかの大漁な金魚すくいの成果だったわけですが。

大人になってからの金魚飼育3年目のワタクシとしては、経験上『…まあ、半分生き残ってくれるだろう』と思っていたのだ。

…ところが今年の殺人的猛暑は金魚にも大きな影を落としていたのか、金魚、全滅

そればかりか、一応消毒もしたし、元気そうだから大丈夫だろうと一番元気な2匹を合流予定の水槽にぶち込んでみたらば、消毒したのに強力な菌を持参したらしく、その元の水槽にいた先住金魚まで3匹道連れにして死んでいった…

―――――ああ、やっぱり最低でも1週間は隔離しないと駄目よ、奥さん!!

…一週間で大体死ぬ子は死にます…今年の夏は2週間は隔離が必要だわー

てな訳で、1匹も増えるどころか減ってしまった我が家の金魚。

今週末に再びお祭りがあるので再度金魚すくいにチャレンジでございますが、あえなく落命していった金魚のために何かしなければ。

去年は山口県柳井市の『金魚ちょうちん』を模したペーパークラフトを1匹死ぬごとに作り続け、結果大量に家にぶら下がっていたわけですが

今年はさすがにシーズン初めからのこの大漁死ですので、ひとまとめにしたいところ。



―――――――まだ懲りてないようです。手描き風鈴(笑)

前回手描き風鈴にチャレンジした際、『これはガラスに描けるタイプのマットな発色のペンであれば描きやすいのではないか…』と思ったのだった。

とにかく何が大変って筆を内側から入れて絵を描いて塗るって作業。

アクリル絵の具の濃度が薄くても流れてくるし、濃すぎても絵の具が伸びてくれないし。

更に筆の扱いもなかなかに大変。絵の具の含ませ方次第では細い線なんか描けないし。



そこで登場願うのは『ユニ・ポスカ』のバッタもん(笑)…ダイソーで売ってる『ポスティラ』というガラスやプラスチック等にも描けるマーカーです。

…本家のポスカの半額なので、スタンダードな色だけ欲しい場合はこれで充分じゃないかと。ちなみに売ってるのはダイソーでも作ってるのは『セーラー万年筆』と老舗な文具メーカ―なので品質に問題はありません。



最近のダイソーの風鈴は、絵柄が入ってるものは150円もしやがります…

んが、手描き風鈴用のクリアタイプ、あとこのようなグラデーション模様入りは100円。

―――――――これはこれでもう、このまま飾った方がいいんじゃないのかって美しさだと思うが



手描きするために、風鈴を分解。いざ、ポスカのバッタもんで金魚を描いてみますよ。



出目金だったらフリーハンドで描けるんですが、おお、これは有効でしたよ!!

インクの分量も問題なし、ペン先がしっかりしているので描きやすい。

もちろんさっさと乾いてくれるので流れてこないし。

ちゅーわけで、手描き風鈴にチャレンジしてみたい方はアクリル絵の具に筆を用意するのではなく、使いたい色のこのようなペンをご用意ください。

こっちの方が失敗する確率はかなり下がります。

で、このポスカのバッタもんが使えたので、黙々と死んでいった数の金魚を描いていく…



―――――――見ていて酸欠で死にそうですが

合計11匹の金魚がひしめく手描き風鈴の出来上がりです。



完成図がこちら。――――――供養になったでしょうか…


金魚すくいシーズンはまだ続くのです。金魚柄風鈴がシーズン中に何個も増えないことを切に祈りたい。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ガラスの風鈴、青色が綺麗だな。金魚を書き込むのかぁ、涼しげだろうなぁ………。いや、書き込みすぎですから!暑苦しいの一言につきますよ。

余白って大事よね。

まぁ、金魚供養だからいいのか。

我が家には金魚掬いする人はもういませんし、あんこがイタズラしたくなるような要因をわざわざ家に持ち込むなんてしない。
亀を2階に運んだ前例があるので、何しでかすかわかりませんよ。
食べないとは思います。魚嫌いですし。

風鈴の南部鉄が一番と思っていましたが、最近ガラス風鈴の音色も悪くないなと。

No title

11匹も書いたんですね😅
亡くなった金魚達に合掌🙏

No title

爆笑🤣 したけど、じょうずですよ! 江戸風鈴体験コーナーでは 職人さんに 驚かれると思います。

あ、金魚の刺し子とか どうですかね…

No title

U-カリンさん、…しかし酸欠気味な絵に描かれ、金魚も苦しい三途の川への旅路でありましょう。
ああ、今週末のお祭りの金魚は大丈夫かなー

No title

ほあかばりきるま。さん、ええ、慰霊塔ならぬ慰霊風鈴。没金魚全員の絵が…いや、黒出目金と普通の和金なんだけど、死んだのは。
でも和金よりも出目金で統一してみました。
次回の風鈴(もう2個目ができるんじゃないかと覚悟している)では和金を描こうと思います。
きっと、どんどん風鈴描きがうまくなっていくと思います~

No title

てんてんさん、風鈴回廊ってあちこちで流行ってますが、うちでは金魚が死ぬたび風鈴が増え…不吉ですわ
ああ、金魚以外の風鈴の絵が描きたい。金魚柄ばっかり増えそうな気がする―…

No title

亜雅紗さん、今だったらユニポスカのバッタもんで涼しげな千鳥柄風鈴描けるのに~…でも今更もう、千鳥柄は要らない。割れたら作ろう。←これがまた全然割れない。
一挙に2日で11匹も取れるってことが滅多にないので、まあ、今後慰霊風鈴が増えるにしても、せいぜい1個につき4匹くらいの金魚で済むのではないでしょうか。
朝顔の花とかとコラボさせたい。←描く気満々。

No title

あざらさん、筋部分を塗り残すだけです~。そしてその塗り残した部分には銀色を塗りました。本当は先に筋部分を塗るべきなんでしょうけどね。
絵が描ける人なら、ペンを使えば割とすぐに描きなれると思います。
筆にアクリル絵の具は難しい~

No title

ocarinさん、ああ、数年前にうちにもそんな猫がいましたわ。鯖男という名前で呼んでおりました、爺さん猫。
7月くらいから来なくなりそれから2ヶ月くらい来なかったので『死んだんだな…』と思ったら、ひょっこり現れ。でもその日だけ。
――――その2か月後くらいでしたか、手紙が家に入ってましてね。それによると新しい別宅作ってそっちの方が好待遇だったもんだからそっちに住み着き、そして老衰で死んだようです。
…なんつーいい生き方してやがった猫でしょうか(笑)
しかもその手紙は「うちの猫が生前お世話になりまして…」なノリで書かれていた。
しろきち君もそのタイプだったら笑えますが。
案外真夏よりも涼しくなってきた秋以降に力尽きることが多いです、人間も動物も。

No title

マド☆さん、金魚すくいでも異様に強くてなかなか死なない金魚を揃えているとこもあるんです。…今回のとこは、考えてみたら去年も同じ大惨事を引き起こし、先住金魚7匹を道連れに死んでいった金魚をすくった店でした。
来年はもうこの店で金魚はすくうまい…
週末のお祭りのは去年すくって1年バリバリに元気で、すぐ死ぬかも、と思った1・5センチのチビチビ琉金が今4センチくらいまで育ってます。一緒にすくった黒出目金も1年元気だったのに、先日新入りに道連れにされて亡くなりましたー
ああ、私の黒出目金飼育の新記録だったのに…
また頑張りますよ!!何としてでも生き残って1年以上の記録を更新するのだーっ!!
あ、そうだ。金魚は水温合わせが大事なのですが、バケツの水と水道の水が全然違ってて、水道の水が全然下がらないので氷入れてバケツ水と同じ水温に調整するのが大変でした。
今年は本当に何もかもが異常です。

No title

べにおさん、いや、儚くない金魚だっているのよ(笑)…3年目の巨大金魚が家にいる。奴はもう金魚のサイズではない。鯉です、鯉。
でもでっかい金魚は可愛くないので金魚すくいでちび金魚を捕獲し、そして大きく育てていくのです~
あ、そろそろポリゴン金魚ちょうちん、ぶら下げておかなければ。お盆の迎えちょうちんよろしく(笑)

No title

ohaさん、いったい誰が拉致したんでしょうねえ。食べごろだったんでしょうか
餌用小金ですか。今の時期は金魚相場がちとお高いですよね。
9月になればぐっとお安いですが。
和金ってば飼育条件さえよければほっといてもでっかくなるような気がします。うちには巨大化して可愛くないのが1匹。
このでっかいのと同居させていたからちび金魚が大きくなれなかったの判明(笑)
ちびはちびで分けてみたら1ヶ月で1年の遅れを取り戻してでっかくなってきました。…1年、ろくに喰えなかったのねー

No title

東乃朱乃さん、…ええ、そう願いたいところです…減ってしまったのでせめてもうちょっと増やしたい。無駄に大きな水槽に今、ちび3匹という有様。
予想ではここに黒出目金3匹くらいは泳いでるはずだったのになー

No title

jasminさん、スカイブルーの暈しのもあるんですわ。…あれでもう1個…(笑)
ああ、そうだった。あんこ様は亀の運搬もされてましたねえ。
うちのおだん様は三角コーナー覗きが日課なので日々、何かしら2階に持ち去っておりますが。
音としてはやっぱり南部鉄風鈴の叶うものはないと思いますが、ガラス風鈴は見た目勝負ですから(笑)
…まあ、このような酸欠金魚風鈴は歓迎されんだろうが。

No title

タンタンさん、…せめてもう少し小さく描けば、スイミー状態で息苦しくなかったかもしれません。
まあ、ペンに慣れたので次回はもう少し小さく描くことに致しましょう。←もう2個目作る気満々。

No title

きじっちさん、でも絶対に絵付け体験のとこってアクリル絵の具に筆、だと思うんですよねえ。
それだと絶対に描けない自信があります。
このペンだからこそ描けるのです~
刺し子も均等な縫い目でないと見苦しいだけなので、結構難しいと思います。基本雑な私の性格としては嫌になる(笑)

No title

さすが、前回の教訓が生かされてらっしゃる

No title

あすかさん!上手すぎる!
たくさんの金魚を失敗無く描けるのは、やはり常に見ているからかしら?アンティークのお皿や着物n見慣れているので、私には暑苦しくはないですよ次回は元気な金魚ちゃんがやってきますように

No title

ふでぺんさん、弘法筆を選ばずとは言いますが、風鈴描きに関しては筆を選んだ方が全然違いますってば(笑)
おかげさまで風鈴描きの苦手意識が払拭されました。
――――しかし金魚はどんどん亡くなる…

No title

passionpianoさん、うーん金魚ってば割と簡単なんですよ(笑)簡単な図形の組み合わせで出来てるんです。
これ、図形として分解して描き方解説したら子供でもすごくうまく描けるはず(笑)
そして、和柄って案外ぞんざいに描いてもそれらしく見えるのがポイントですよね。
――――――昨日、10匹ゲットしましたが、既に4匹死んでおります…やっぱりこの暑さは災害です。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ