FC2ブログ
2018-06-23

埼玉の、更に僻地へご案内。~聖天宮&激安着物店編~

―――――――嫌な汗をかきつつ横溝屋敷を後にし、お次に向かうは埼玉の奥地、と云うか僻地にある、広大な本格的中華寺院『聖天宮』なり。

横溝屋敷から聖天宮に向かうにはいくつかルートがあるが、せっかくなので川越の観光地区を通り抜けるルートでご案内。とりあえず車中から川越を見るのだ(笑)

川越からだと15分くらいで、ここには着く。



――――――――ワタクシ、毎年元旦の夕方にやって来て、中に入らず(と云うか拝観時間が終わってることがほとんど
)、写真だけ撮って帰っている中華寺院でございます。

もう何年も冬の夕刻の暮れなずむ『紫禁城の黄昏』的な聖天宮しか見てないので、このような青い空の下で見たのっていつ以来だろう。

空が青いと黄色い瓦がそれはそれは目に眩しいですな。

そして空には龍のような雲。…歓迎されてるかもよ、てんてんさん。



…前回中に入った時より拝観料が値上がりしておりました…前は400円だった覚えあり。

しかし2人分の拝観料をてんてんさんに払わせてしまった…と云うか謎のシステムで『お連れの方は付き添いですか?』と云う質問をされ、付き添いの人は料金が半額になっていたような

太っ腹なんだかよくわからんが、この寺も創建当時は無料で拝観できたのだからそれ考えたら微妙ですが。

あ、でも近年の観光客の増加、及びコスプレ撮影会御用達により、拝観料は上がったものの、訪れる方に居心地いいようにサービスはよくなってると思います。



ちなみに楼閣から周囲を見渡すとこんな光景ですよ。…如何に唐突にこの寺院があるかお分かりいただけるだろうか。




真面目なてんてんさんがちゃんと参拝している間、あっしは勝手にセルフ撮影に勤しむ(笑)

――――――中華寺院にも違和感がない、この茗荷コーデがある意味凄い。





そして戻ってきたてんてんさんと記念撮影。

残念ながらこの地では横溝写真は出てこない(笑)




休憩所に置いてあったチラシ。赤丸部分で囲ってみたが、『他の観光施設にも近い』の文言が秀逸。

…川越は確かにまあ近いと云えば近いが、他のとこはかなり遠いっすよ(笑)


そして聖天宮を後にし、最後に向かうはここからほど近い着物屋さん。

結婚前のあっしが週1で通い詰めた『実家近くの激安着物店』なり。

当時、その店で買い漁ったものをまだしっかり着ておりますよ。

今となっては骨董市もあるし、ちゃくちゃくちゃくもあるしでこちらの店よりも安く買える地に住んでおりますが、当時は1枚500円で買える店ってのがとても貴重だったんです。

……んが、通い詰めていたのは10年以上前だし、最後に行ったのは5年くらい前。

果たして今でも店が存続しているのか!?

坐骨神経痛を患っていた『みつばちハッチとカエルに似ているオヤジ』は果たしてまだ生きているのか!?



――――――――なんと、まだ店がありました!!しかも着物がわかりやすい様に店頭にぶら下げられております。

そして、先に店に足を踏み入れたてんてんさんが開口一番『…生きてますよ!!』と小声で囁く。

ハッチ似のカエルオヤジ(ひどいあだ名だと思うが、この表現でてんてんさんに速攻でオヤジの顔がわかった)、まだ生きてたんです!!(爆)

ああ、でも悲しいかな坐骨神経痛が悪化したのか、歩行器なしでは動けないようになっており、そして人間足腰弱って動かなくなると覿面に精神面に影響するのか、目に生気がない…

ああ、ハッチ似オヤジよ、君を泣く。

そしてしばらく来ない間に古着物相場が値崩れでも起こしたか、かなり安くしないと売れないのか、かつては500円より安い着物はなかったのに、今は200円コーナーが。

あ、でも帯は基本500円のままは変わりません。

そして、積み上げられている着物、帯が見にくいのは昔からでしたが、それが更にパワーアップしてしまい掘るのが大変。

久々だし、オヤジが生存していた記念に何か買いたかったのだが、なかなか買ってもいいと思う品がなく途方に暮れましたわ。

結局200円コーナーにぶら下がっていたシミ汚れたっぷりのポリ着物を汚れ落ちなかったら諦めよう、とダメ元で購入。

―――――――200円コーナーにあったから200円なはずなんだけど、なぜか会計の際には100円だった…

そして家で洗ったらシミ汚れが全部落ちた。……100円でよかったんだろうか



次にこの店に来るのはいつになるかわからんが、それまで店の存続&オヤジの生存を切に祈るよ


で、ここでタイムアウト。反転してさいたま市に戻らねばなりません…

川越はスルーしてもいいや、と思っていたのだが、実はてんてんさんが川越にも行ってみたかったことが判明。

京都の前には小京都な金沢に長く住んでいたことがあるそうで『京風はもう見飽きた』とのことでした(笑)

ああ、でもちょっと立ち寄る時間すら残っておらず、できる限り菓子屋横町の発泡スチロールアートや、時の鐘が車中から見られるルートでさいたま市へと戻ります。

…川越は川越で変なスポットもあるので、次にてんてんさんが東下りを敢行なさった暁にはたっぷり川越に時間を使いたいと思います。


そして浦和駅に戻って参りました。ここでてんてんさんは東京駅へ向かい、あっしは帰宅。お別れでございます。

京都と埼玉と離れてはいますが、またすぐに会えるような気がするのでお別れもあっさりなワタクシです(笑)

さようなら、てんてんさん。また会う日まで。

   
                














―――――――また小僧は『突発的お留守番』の刑に処せられていたが、『お主が学校から帰ってくる頃には母も帰ってくる』と言っておいたため『…やっぱり間に合わなかったね…』と落ち着いて一人で勝手におやつをかっ喰らって待っていた。
                            
                               
 完 


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

道教の神さまが「日本国埼玉県に寺院を建てるべし」と指示したと思うと背筋が凍りますよ私ゃ。
たっぷりといいドライブでしたねーー。

No title

うーん…「付き添いの人は半額」って、わからない😖まさか介護じゃないし💦
これが聖天宮ですねー。行きたいです!古着商…何かみつかりそうな予感。いつか聖天宮に行けたら、ここも見てみたいです。

今回は記念撮影が多かったので、なかなか見られない、あすかさんの真正面写真が見られました。お綺麗です。
良いなぁ、てんてんさん!今頃、私の羨ましすぎビームに、背筋がゾクゾクしている事でしょう。

No title

入場料くらい 当たり前ですがなっ!(持ってる身分証的なもので2名まで半額になりましたの♫)
原油高騰の折にあすかさんに消費させたガソリン代に比べたらそんなもん‥ いやガソリンだけの話じゃないですが( ; ; )

見た時只々圧倒されて 「ああっ!ホントだ龍みたいな雲がっ!」と言われて今頃気づく私‥(;^_^A うれしいーーーー!!(≧∇≦)
ホントにこの着物 横溝屋敷にもこのラストエンペラー的風景にも見事に馴染んで 何気にポテンシャル高いですわね

あのポリ 絶対汚れ落ちそうだったんで あすかさんが買わなかったら私が京都で洗濯して知らんふりして送りつけようかと思ってたくらいですわ‥(笑) 絶対お似合いなので着姿見たいです!
それにしてもあのお店の雰囲気のディープさはまさに旅の締めくくりにふさわしいインパクトでした
本当にギューっと濃い1日をありがとうございました!
小僧さん 2日続けてホントにごめんよ~
オバちゃん今度味付け海苔デッカい瓶で持ってくからね‥(;^_^A

No title

台湾の寺院なのね…「聖天宮」(変換できなかったぞ)
埼玉県になぜこのような建物が建ったのかは謎ですが、毎年ネタとして使われているのだから存在意義はあるのだな…。

茗荷着物が素敵な着物に見えてしまった!いや、ほら、茗荷の柄ってちょっと変わってる感じだったし、色も少し地味な印象だったから…。

No title

おや、てんてんさん川越に行きたかったんですか〜!そりゃ、申し訳ない事を。
....江戸、帝都風を堪能したかったのかな??
いや〜聖天宮は素晴らしいですねぇ(*´ω`*)生で見たら感動しそうです!是非とも龍を背負って行ってみたい。
そして戦利品には綺麗になったポリ着物も含まれるんですねぇ。アップが楽しみです。

No title

はぁ…
酒臭のしない夜半の仕事を増やし中々コメント出来ずに ご無沙汰しておりました。
埼玉で生まれ育ちながら るるぶ、ことりっぷよりずっと楽しく有意義な観光ガイドを堪能致しました。
聖天宮の内部も気になっていましたが立派で埼玉の台湾と言い切るだけありますね。台湾行った事ないですが。

てんてん様との2ショットも橙系と紫系ステキ~、抹茶色の帯が紫に合う事、参考になります。
最後は浦和でお別れされたんですね、駅アトレを日々徘徊する身としては遭遇したかったです^ ^

ハッチ似のカエルオヤジの人相、私もすぐに脳裏に想像できました。キレイになったポリ着物やお店、まさか著名着物ブログで紹介されていると知ったらオヤジの神経痛も和らぐかもしれません。

小僧さん…ええ理解者や(*´-`)

No title

ocarinさん、しかし田舎者感覚としては車で15分は充分近い(笑)川越から駅だと5個目。そこそこの距離はあります。
…ええ、もうオヤジの目のどんより具合が凄くって
前はもっと生き生きしていたのに、遠い目をしてボーっと座っておりました。
ああ、でも店を閉めちゃうと動くこともしなくなるのかも。歩行器必要でも動いた方がいいんでしょうね。

No title

亜雅紗さん、んが、無料だった時代もあるので微妙な気分です~(笑)
そして埼玉県民と云うか地元民ですら知らないって場合がある聖天宮…
あー、でも今はSNSで一気に広まるのかしら。
…そうか、もう爺さんの域なんだわ私が通い詰めてた頃はオヤジって感じだったのですが、10年も経てばそりゃ爺さんにもなりますわな。
10年の間にこの店の周りもあの店が消え、この店が消えしましたが、オヤジの店は健在で本当に安堵しましたわ。

No title

まぁゆさん、ありがとうございます。…この謎の茗荷なんだか筍なんだかわからない柄は結局どうコーデしたものやらいいのか悩みます…

No title

東野朱乃さん、そりゃ閉め出されたら泣くでしょう(笑)…大人だって泣きたい気分になる(爆)
うちは鍵をかけてないのでございます。小僧が冷静に鍵を開けられるとは思えない…
しかし去年の冬の骨董アンティークフェアの際は、ランドセルやら何やら全部かなぐり捨てて床で毛布にくるまって気絶していたのに比べれば幾分マシになったでしょうか(笑)

No title

もう残ってなかったです、市松のセオαは諦めてくださいなな吉さん、…先日再び行ってみたらば見事に残ってなかったです。大量にポリ着物が入荷していたのにです。恐らくうちの記事見て誰かが速攻で走ったのではないかと思っております。あると思って探さないと見落としますもん、シックなので。
最近は北海道も油断ならない暑さの夏が多いので、なるべくその暑さに体を慣らしてくださいませ(笑)
で、台風とかだったらどうしよう…

No title

さのっちさん、いや、私だって10年以上『せいてんぐう』だと思ってましたよ。日本には『水天宮』があるからどうしてもねえ…
聖天宮には負けじと派手な着物の方がいいのかも、と思ってましたが案外どんな着物でもOKなようです。むしろシックな方が引き立つような気が。
…小僧エピソードはワイプ画像でもいいかも知れません(笑)

No title

たまさん、しかもそのお告げを疑いもせず、道路もまだなかった頃にいきなり雑木林切り開いてこれ作った富豪の実力にも背筋が凍りますよ(笑)
…ああ、川越に滞在できなかったのが心残りですわ。
亜雅紗さんがカトゥジドゥシャを期待していたらしいんですのよ!!(爆)

No title

マド・松本さん、ここ、各種カードの割引が使えるんです(笑)てんてんさんの持参のカードだと同行2名まで半額になるとのことでした。
古着屋は駅に近いんです。聖天宮からひたすらまっすぐ駅方面に走るのですが、やっぱり車がないと遠いとこです
横顔はあまり老化が出ないのですが、正面だとわかりやすいのでたまにはちゃんと正面から撮っておかないとな、と思いました…

No title

てんてんさん、その数日前にも高速使って埼玉の外れまで行っていたので1週間でガソリンが空になりましたわ、珍しく(笑)
んが、、撫松庵蓮柄浴衣を買った時にポイントが5000円以上も付いたのでそのポイントで給油したワタクシ。
有意義なポイントの消化でございましょう。
聖天宮の上空がちょうどこのように雲も切れて青空でよかったですねえ。楼閣から望む東京方面には雲がいっぱいなのに。
しかしここまで青空だと台湾と云うよりチベットのような雰囲気ですわ。極彩色はチベットも同じだし…
あの100円着物に合わせるために、またオーダー生地を作ったワタクシです(笑)100円の着物のために結局散財している。

No title

jasminさん、…私なんて『せいてんみや』と入力して変換してますわ。せいてんきゅうで入力してちゃんと変換された試しがない。
…ここ、台湾の富豪が病気平癒を願って道教の神様に祈ったところ病気が治り、お礼に何か…と再び願ったところ『埼玉のこの地に寺を建てよ』とのお告げがあったらしいんですのよ。
もちろん台湾富豪は日本に住んでない。
なのに当時ここには道路も通ってなかったのに1から造成してこんなの作った。富豪ってのは凄いねえ(笑)
茗荷は中華では使わないかもしれませんが、筍は中華には頻繁に登場するのでこの地では筍を名乗るべきだったかもしれません、この着物は。

No title

U-カリンさん、純粋に変な川越を満喫してみたかったようですよ(笑)…代わりに車中からレンタル着物の娘っこさんのがに股歩きを堪能した…
いや、本当に着物着慣れてない人は疲れて来るとガニ股になるんですねえ。自分も大いに気を付けなければと思いましたよ。
――――そうだった。それほどに龍柄が好きなのにまだ行ったことがないのだな、U-カリンさんは

No title

bergかっつぇさん、お久しゅうございます、お元気そうで何よりです。…県民の方が地元のことは知らないものですから、私だってたまたま聖天宮のことは通りすがりに発見しましたが、それがテレビで紹介されているものだとは知りませんでした…
聖天宮は本当に立派な寺で、アミューズメント施設ではないので超手が掛かってます。台湾の宮大工が作っております。
ああ、激安着物店のオヤジ。目が虚ろで心ここに有らずな感じがとても心配ですわ~

No title

えーーー????

台湾の富豪さんは、埼玉に いえ日本にすら住んでいなかったのですか

びっくりです。。。

No title

ocarinさん、…ええ、埼玉に縁もゆかりもないのに神様のお告げだけでこんなすげえもん作った…
どうです、なかなかに怖い話でしょう(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ