FC2ブログ
2018-06-22

埼玉奥地へてんてんさんをご案内。~横溝屋敷編~

―――――――さて、てんてんさん上京から1週間以上経過しましたが、ようやく上京2日目の記事に突入です。

…しかし京都からいらした人に『上京』って言葉もなんだかそぐわないわあ(笑) 東下りでいいんじゃないのか。


せっかくこちらまで来ているのだから東京方面の観光地でも回ればいいのに、よりによって埼玉に宿を取り、埼玉が起点となるてんてんさん。

となるとやっぱり埼玉の変なスポットにお連れしたいところ。

――――――埼玉なら川越だろう、と言われるところだが『…京都から来た人に、今更『小江戸』見せてどうするよ
』とU-カリンさんと意見が一致し、結局川越は『変なスポット巡りの道すがらに見て頂く』ことにしたのだった。

一応、方面的には川越方面なのでね、今回の変なスポット巡りは。


んで、埼玉の変なスポットはさいたま市近辺からだと片道1時間はかかるのです。車で。

今回は移動時間だけがやけにかかる旅でございます。


新都心駅から浦和駅まで自力でてんてんさんには移動して頂き、浦和駅でてんてんさんを拾っていざ、埼玉ヘンなスポット巡りの開始です。

変なスポット、その1。



――――――――横溝屋敷。

いや、正確には『難波田城公園』っつー立派な名前があり、古民家を移築して集めてある、比較的新しく綺麗で手入れも行き届いている公園なのです。

ここの古民家は勝手に上がってもいいのです。

しかもその古民家のいくつかが、限りなく横溝テイストを漂わせ、ここでそれっぽい画像を撮ろうと思うと、いとも簡単に誰でも横溝写真が撮れることから『横溝屋敷』と勝手に呼んでいる(笑)

時は平日の昼間。

…昼休みついでにサボって、駐車場で車停めて寝ている営業とかで結構駐車場が混んだりするのだが、今日は少ないかな~と思って駐車場を見ると、『予約』的に場所をふさいである箇所が見える。

この公園、たまにドラマとかの撮影とかで使われることがあるので、これから何かの撮影でも入るのかねえ…と思いつつ、一番歩かなくて済む駐車場の方に移動。

すると『講師用』と書かれた立て札が置かれている駐車スペースあり。

……はて、平日昼間に講師が来るようなイベント、やってたっけ?

この手の文化施設は土日は『昔遊び体験』とか道具作りとかでイベントをやっているものですが、平日の昼間。

おかしなこともあるものよ…と思いつつ、横溝屋敷に足を踏み入れると、人がいる。

ええ、平日の昼間です。ここに人がいるってことがおかしいのです。

しかもタダの見学客ではない、明らかに『ボランティア案内人』的風情の人が何人も、所在なげにボーっと何かを待っている風味。

ああ、これから多分、何かがあるんだろう。何かが来るのだな。ってことは長々と滞在していては危険だ。



と云うことで五右衛門風呂に突入なてんてんさん(笑)

ちなみにこの五右衛門風呂、夏場だと『五右衛門風呂入り体験』をやっていて、水着着用で入れます(笑)

――――――この施設の偉いところは、一応現役でちゃんと使えるものが設置してあるところ。



何かを盗み聞きするてんてんさん。…本当にこの場所は、シリアスな顔で撮るとたちまち横溝。



ワタクシ的にお気に入り、『悪事が成功してほくそ笑むてんてんさん』(笑)

あっしが持参した小道具の和傘でございますれば。



あっしも撮って頂くが、すっげえ衿の抜け具合に驚く。…ここまで抜けているとは思わなかった…おかげさまで涼しいのは涼しいんですがねえ。

敷地内の古民家をまんべんなく回って行きたいところであるが、とにかく謎のシニアボランティアがあちこちにいるのでございます。

着物ってだけで目立つのに、更にこんな和傘まで持ってきているのです。

でも日傘よりもよっぽど涼しいですよ、和傘(笑)

横溝屋敷のメイン、五右衛門風呂のある家だけは撮れましたが他の家をじっくり見られるような感じではない。

『うーん、では確かこの裏手に蓮がもう咲いてるはずだから、そっち回ってみますか』と日も出て晴れているので和傘さしつつ細い道を歩いていると、事件が起こった。

―――――――目の前にいきなり黄色い帽子の集団が現れたのだった。

見たところ地元の小学3年生か4年生の校外学習でございます。

もちろん大人のハイキング集団とかだったらば、このような我々のことはさりげなくスルーしてくださることでしょう。

しかし、小学生。真面目に挨拶してくるんでさあ

しかもこのような古民家群に着物の女二人。しかも和傘までさしている。

―――――――完全にボランティア案内スタッフだと思われている風味(爆)

引率の先生なんか完全にそうだと思っているらしく、先生にまで挨拶され、どっと嫌な汗をかくワタクシ達…



このような校外学習は必ず後で感想絵日記的なもんを書くのです。…絶対に数名は『着物の人もいました』とか書くに違えねえ。

『浴衣だ~』と言った坊主。『…浴衣じゃないから、着物だから!!』とぼそぼそと語気を荒めて呟くワタクシ達でした。

ちなみに蓮が咲いてるはず、の池がこちら。



――――――まだ1輪。しかももう閉じてた(笑)



冬場は水が出てない場所ですが、今は湧水風味に水を流しております。ここも頑張れば横溝テイストかもよ。


ああ、しかし到着が30分遅れていれば、恐らくこの子供らが敷地内に溢れだし、横溝撮影どころではなかったであろう。

ギリギリ間に合って本当に良かった…

もう、ここには居られない。早々に退散です。

子供らの出現により撮影を諦めたと思われる、立派な一眼を下げてるカメラ親父に、背後から駐車場にて『着物ですけど何か、あったんですか?』と聞かれたが、『……ただただ着物が好きで着ているだけなのです…まさか子供らが来るとは…』と親父に対して恨みごとを言い、嫌な汗をぬぐいつつ、次の目的地に向かいます。

――――――――次は埼玉の奥地、と云うか畑の真ん中の無駄に立派なあの中華な建物ですよ(笑)

                           続く。


                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

子供の集団は焼夷弾並みですからねぇ。←延焼するし
そそくさと移動なさるのが正解ですね。
しかし憧れの横溝屋敷
一枚目なんて「そのもの!」って感じでドキドキですっ♪
てんてんさんの「壁に耳あり障子に目あり」が素晴らしい出来です〜(*´ω`*)
何か探り当てたのか?w

次も楽しみです!

No title

横溝写真素晴らしいです!特に五右衛門風呂(笑)

東野朱乃

No title

たしかに京都からだと「上京は、変かな?」と思ってました。東下り🎵なるほど

「横溝屋敷のあの座敷、廊下で写真の中に入り込みたい」と思うかたはかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

【五右衛門風呂の死体役】企画なんぞ、盛り上がると思います!
って、あすかさんは【死体役】はやってはいなかったんでしたよね

立て掛けたリヤカーの写真は 傑作だと思います🎵

何故に、そんなに衿抜きに?
京の舞妓さん風ですね❤

No title

撮ってもらった写真 改めてみると 「俯き加減のドヤ顔」って感じで中々インパクトありますなあ‥(笑)

あすかさんの後ろ姿がいつもより更に眩しくせくすぅいーだったのはこのせいもあるのかしら‥(≧∇≦)

小学校集団に「浴衣だ~」と言われた時 それまで裏声で「こんにちは~」とか返していたのに「‥ 浴衣じゃねーよ!」とドスの効いた声で呟いた時は般若の形相だったと思います‥(笑)

No title

亜雅紗

埼玉まで行って、ちゃくちゃくちゃくとメガトンマーケットとオバチャンホンポ、聖天宮、それより何よりこの横溝屋敷に行かなければてんてん様は帰るに帰れなかったと思いますよ。

ステキですわ!あすか様。和傘をかざし、新入りのお手伝いの動向を伺う美しくも色香漂う未亡人あすか。その目には不審感が宿っております。
「あやつ、何者?」
自分の正体がばれかかっているとも知らず、女主人の秘密の一端を握ったらしいお手伝い、てん子。その後ろに魔の手が迫っているのも知らず。 あら?てんてん様渾身の五右衛門風呂写真は最後が良かったんじゃ?湧き水の場所も妄想が爆走しそうないい風情。やっぱり埼玉詣出には外せない横溝屋敷。

No title

ブログ読みながら、あの天井写真だけがスクロールで出た瞬間「横溝屋敷だ…」と思うくらい、見慣れた感じがする。(行ってないのに)

この時期は、遠足やら校外学習やら、色々出かけるシーズンですからねぇ。
さぞ印象に残ったことでしょう。

五右衛門風呂写真、事件起きましたね…。

No title

小学生の集団の写真の傾きっぷりがお二方の恨めしさを醸していますよ。
少しだけでも写真が撮れてよかったですね。
到着したとたんだったら残念すぎますもの。
そしてあすかさんてばただ佇んでいるだけなのに横溝が蔓延するんですね~

No title

きゃはは!混ざりたい!

近くの幼稚園の前に歩くと、ゆかたやーーとか日本のやーーとか昔のやーーーとか言われます😥😥
いやいや、いくらなんでも昔の人じゃないし😺😺

No title

マド・松本さん、いつも使ってる筒袖半襦袢には衿抜き紐が付いているので、いつも同じ位置に紐かけてるから毎回同じ衿の抜け具合になるはずなんですが、着物それぞれのサイズが違うせいか全然抜けてない時もあればこのように派手に抜けている時もあり…ほどほどがいいんですけどねえ
聖天宮、千葉からだとどうやって行くのかしら…外環つながったから外環から関越って感じなんでしょうか。
聖天宮までは高速使っても、後は下道で川越に戻って遊ぶのが無駄がないかと思います。
…アマチュアカメラ親父もまた、そのようにシャッター押そうとしてくださいますよね。背の高さでアングルが変わるので申し出はありがたいのですが丁重にお断りするのもまた面倒(笑)

No title

ダンシングジャイアンさん、…ええ、多少はこのような状況ですと私も横溝憑依も鳴りをひそめる模様です(笑)

No title

U-カリンさん、推定3年生なので大騒ぎはしないと思いますが、3年生が分かれ道ですからねえ。子供な子は本当にまだ子供で大人っぽい子はもう全然大人。4年生になるとかなり社会化されますが(笑)
うーん、横溝屋敷ってば集会所の用に貸し出してくれないかなあ。
そしたら着付けも全部この地でやって横溝撮影できるのに~
U-カリンさんの花嫁も~
…ああ、花嫁コーデをまだ放置…

No title

東野朱乃さん、五右衛門風呂ってば高めの踏み台がないとなかなか入れませんよ、こりゃ。
確か正しくはスノコを中に入れるんだったような…
五右衛門風呂体験に行くべきでしょうか(笑)

No title

ocarinさん、そう、東下りが正しいと思います。思い出せてよかった、東下りと云う単語を(笑)
横溝屋敷は最寄駅もどこだかわからん、車がないと来られないような場所なので、紹介したところで人がわんさか押し寄せられる場所ではないのですが、基本人がいないので着物姿撮影にはもってこいだったのに。
こんな日に当たるとは
…本当になぜにこんなに衿が抜けているのかわかりません。でも崩れたりはしていないのです。

No title

てんてんさん、含み笑いもまたドヤ顔と並んでいい感じではないですか。
大八車と云うかリヤカーがいい仕事をした後だったんですね(笑)
ああ、でも小学生が浴衣と言ってもおかしくないような大きめの柄ですからね、私は…
それに今の子はやっぱり着物と浴衣がどう違うのかよくわからないのかもしれません。
ボランティアとしてそこら辺を教えてやればよかったですね(笑)

No title

亜雅紗さん、ありがたいことに、地域としては隣接しているので行きやすいのです。この3点セットは(笑)
…うちからはちょっと時間かかりますが、実家からだと本当に近い。
しかしこんなルートに行きたがる人って他にいるのかしら
大概は川越止まりだと思います。
湧水風味のとこは冬場はだたの枯れた池ですから横溝的な画像が思い浮かびませんでしたが、このように蓮もわさわさで水が出ていると…
工夫で横溝になりますよね。って横溝は工夫してはいけないんだけど

No title

jasminさん、しかもそんなに登場してないのに、横溝屋敷。
明らかに横溝画像で出したのなんか1回だけだったはずですよ。
木蓮の時は宮尾すすむが出て来たし(爆)
梅雨の晴れ間でまさにいい日だったんですよ。前日のどんより涼しい日ではなく、この日にぶち当ると云う僥倖に見舞われるワタクシ達。
…いっそボランティア講師として佇めば良かったかもしれません。

No title

ほあかばりきるま。さん、逃げながら小学生が大人しく座っているのをいいことに盗撮してやりました。…いや、ちゃんと挨拶してくる子が多かったんですけどねーほっといてほしい時だってあるのさ。
子供なのでそこら辺は忖度できません(笑)
――――彼らは多分、ここで弁当広げて滞在する予定だったと思うので、本当に危機一髪でした。
まあ、いいネタを提供してくれたわけですが。

No title

木綿こけしさん、いやー、幼稚園児だったらわかります。昔のや~ってのは。
…だって彼らの母はもちろんのことババだって浴衣くらいしか着ないでしょうし、浴衣も着ている場合じゃないかもしれない。
着物姿は絵本の中の昔話でしか見たことがない子だって多いと思うんですよ。
んが、小学3年生以降は社会もあるんだし、さすがに着物と浴衣くらいは見分けられるといですねえ。

No title

あすかさん
五右衛門風呂は蓋を踏んで入るのですよ!
でないと熱くて入れない
あの蓋はとってはいけないのです

うーんと小さい頃に親戚の家にあって
教えてもらいましたよ
入った記憶はないですが(笑)

東野朱乃

No title

東野朱乃さん、蓋でしたか!!…何かスノコ的なもんを入れておくのは知ってましたが、蓋だったとは…消耗品もいいとこですね、蓋(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ