FC2ブログ
2018-05-24

日本髪大全/誠文堂新光社

――――――うわー、『おすすめ着物本』の記事、実に7年ぶりですよ
…随分ほったらかしな書庫でしたわ。

というか出産後、なかなかのんびり着物本をみつくろってる余裕もなければ読む気力も湧かず、1冊も着物の本は買ってなかったのでありました。

んで、最近になってようやく図書館通いが復活したものの、自分のカードの限度額(笑)いっぱいまで小僧が本を借りてしまうため、自分が読みたい本は借りられず。

業を煮やしたあっしはとうとう小僧名義の図書カードを作った…ああ、これであっしの分も含めて図書館の本が最大で60冊も借りられることになっちゃうのよ~

まあ、そこまで小僧も借りたい本はそうそうないので今のところは平均30冊前後で推移しておりますが、おかげで自分が借りたい本も借りられるようになったのでした。

そして、久々に図書館で借りて来た着物本がこれ。

正確には着物本ではなくて結髪本ですが。



ちょっと前にも東野朱乃さんがご紹介されてました。それが最寄りの図書館にも入ってたんですわ。

これ、2016年の刊行でまだ新しい本だったんですね。

以前10年ほど前だったかな、似たような日本髪の本を借りたことがありますが、それは京都の『櫛まつり』の時代装束の結髪を請け負っている方の本で、ずらっと櫛まつり行列に参列する方々の古代から近代までの髪型の写真が掲載されているものでした。

そちらはそちらで面白かったんですが、こちらの本は何が楽しいって、ちゃんと結う手順がしっかり紹介されている!!



―――――ワタクシ、長年このぴょろんと飛び出た『鶺鴒つと』がどうなってるのか気になって気になって(笑)

浮世絵とかでもこの結い方描かれてますよね。だから本当に存在した髪型なわけで、一体どうすりゃこんな髪型出来るのさっと思ってたんですわ。

だって重力に逆らってるじゃないのさ。

どんだけスーパーハードな鬢付け油で固めてるのさっ
と思っていたらば。



実はちゃんとしっかり骨組というか、土台が入ってるんですねー

それの上に地毛を馴染ませて乗せて行く感じです。

うーん、スーパーハードスプレーとかでガンガン固めて重力逆らったパンクヘア作ってる者より、合理的。

で、『地毛結い』とは云うものの、かなり付け毛やら部品(笑)やらをプラスされて結われているのが本式日本髪ですわ。



地毛結いで一般的に馴染みがあるのが、この舞妓さんの『割れしのぶ』だと思いますが。

…ちなみにこの割れしのぶの髷、ある年代以上は『おかっぱに髷だけ装着』というスタイルを子供の頃にされてた人多し(笑)

で、舞妓さんは完全に地毛結いなので、本当に地毛だけだと思っていたらば。



装飾以外にも、これだけ部品、付け毛が装着されてるんです。…サイドの鬢を膨らませるのに『鬢張り』という骨組まで入ってるんですねえ。

ちなみにこのサイドの鬢部分には、毛がバラバラ落ちないよう、見えない裏側に『紺紙』という和紙をいわば接着芯のように貼ってあるんです。

本式日本髪は形を作るのにこれだけの道具、部品を必要とするんですねえ。

―――――しかし専門の道具や部品使わず、すき毛とスプレー、ピンだけで作る『新日本髪』はある意味高度なテクニックなのではないか?





本式ほど思いっきりボリューム出せないにしても、傍目には立派に日本髪に見えるんですし、新日本髪の結い方もちゃんと紹介されてて大変参考になります。

…ワタクシ、5年ほど前に地毛で盛り髪ベース使って新日本髪風味を結うのがマイブームだった時期がありますが、その後生え際の後退っぷりが目立ち
、封印…

現在、再び生え際が若干戻って来たので、久々に結ってみたいなあ、とか思ってみたり。





中原淳一氏考案の新日本髪を結っている『黒色すみれ』のお二人も掲載されております。



花魁、ではないのだな。京都だから。『島原太夫』の髪型も掲載。



雛人形のおすべらかしでしか宮中の髪型は知られておりませんが、この独特の形もどうなっておるのかと不思議でしたが、やっぱりこちらも何かしら細工がされておりました。

あ、これはおすべらかしではありませんよ。でもおすべらかしにもこの謎の蝶みたいなパーツは使います。



謎のパーツは、土台ではなくてもう、ほぼほぼ見せるために別に作られてる感じです。

やっぱりこのような特殊な髪形は完成形だけ写真掲載されても全容がわからないので、必要パーツから制作過程までびっちり掲載してくれてるのは、日本髪に興味がある人間には本当にありがたいです。



そして相撲の髷までも掲載。琴奨菊が出演。

これまた相撲の髷作る所とか、なかなか見る機会もないので参考になりました。

床山さんというのがどのようなものなのか、、床山さんのお話も載っております。


この本、定価4500円なのですよねー(笑)

いや、専門書だと思うし、興味ある人には惜しくない値段だと思います。

まだあっしがガンガンなんちゃって日本髪結ってた頃だったら買っちゃってたかも(笑)

まあ、新日本髪を結ってみたい方はyoutube等でも結い方は出てると思いますが、こちらの本でも詳しく紹介されてますので、図書館等で見つけられたら是非ご覧くださいませ。



                     いつも応援の1クリックありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!
この本のモデルさんたちは、この髪型のために選ばれた!と言いたくなるほどお似合いの方ばかり!
特に『島原太夫』のモデルさんは、そのまんまイメージの通りの方!
私も日本髪の本を持っているのですが先日、唯一のロングヘアの末っ子もおかっぱ頭になったので、もう当分は眺めているだけ。
日本髪を結うためのアダプタも 押入れにでもしまうことにします。

No title

何年か前に櫛祭り見に行きましたよ
そういえばその記事アップした時 こういう本についてコメントで言及されてましたよね(^ ^)

過去に二度ほど新日本髪を結ってもらったことがあります
本式に比べると小振りにも関わらず 家に帰って髪解いたらアンコが出るわ出るわ‥
肩がこったはずだよ(笑)

No title

亜雅紗

うーむ、この貴重な本はここに群がるあすか様やあすか様信者以外のどのような方々を想定して発行されたのであろうか?プロは学校とかで習うだろうし。いち呉様のおっさる通りモデルがまた皆ピッタシカンカンな方々ばかりで素晴らしい。おすべらかし風のモデルの方があの竹林に立っておられたらそりゃ、もう…… あすか様、クリスマスプレゼントに買っておもらいになれば?!

No title

画像見ていてびっくりしました!
最初の赤い着物が矢絣模様に見えて、そこからモデルさんがあすかさんに見えて、「載ってるの?!」と興奮しちゃいました
私の家には文庫サイズの日本髪の写真集がありますが、当然作り方などは載っておらず、この記事を見て「え、土台?板??付毛???」と目をぱちくりさせていました
日本髪ってこれだけの道具がいるんですね
そりゃ毎日は洗えませんわ

No title

凝った髪形は 戦争が無い平和な時代が続いたからですねぇ

7年ぶりとは すごいです!!
そういえばあすかさんの日本髪をいつか拝見したような???

皆様【書庫】をあさり(じゃなかった)探索致しましょ!

No title

1枚30冊借りれるなんてなんと豪気な図書館!!
その30冊何日で返却しなくてはいけないのですか?
ぼっちゃま素晴らしい読書家ですね

この本面白いですよね~
手元にあるときっと楽しいですよ~

No title

やはり、鬢付け油とかの力をかりていたのですね。現在では、ケープスーパーハードでしょうか?

私は、年々歳々、薄毛が進行していますので、髪を結うのは諦めモードです。
(極秘のうちにズラ…と思いますが…まだ決心がつきません)

No title

いち呉さん、ああ、ばっさり切ってしまいましたものねえ。でも生きていれば髪は伸びるのです。お高かった日本髪ベースはきっちり保管しておいてください。
この本、舞妓さんは本物ですし。太夫の方も本人です。結構豪華出演陣なのです。そりゃ高く付きますわ(笑)
でもこのような本は高くても後世のために必要ですよね。

No title

てんてんさん、あんこは夏場は断熱効果抜群で暑かろうと思います(笑)逆に冬場は頭部の防寒になるであろう(笑)
しかし本式の日本髪なんで道具が頭に入ってるわけだから、箱枕使ったってどうしたって寝るのは大変ですわ。

No title

亜雅紗さん、この手の本のいいところは、学術的要素が高いので図書館に入りやすいってことですわ。そして競争相手も少ないのでいつだって借りられる(笑)
今、美容師専門学校でも日本髪は教えないんですって。
結髪師のとこに弟子入りしないと本式日本髪は結えないようです。
新日本髪も特に学校できっちり教えているわけではないそうですが、これは七五三でも必須な技術だと思うんですけどねえ。
…おすべらかしの方はみごとな雅な雰囲気だと思いました(笑)

No title

ねこやんさん、あらま、光栄ですわ。このお嬢さんに間違われるとは。
そう、私もてっきり鬢付け油でぎっとぎとにしてるから形が作れるんだと思ってました。ハリボテの骨組のようなもんがしっかり入ってるんですね。
こりゃうっかり箱枕から落ちても骨組みが頭に食い込みそうで痛そうです。
舞妓さんは本当に大変だなあ…

No title

ocarinさん、まあ、凝り過ぎても生活に著しい不便を生じたことでしょう。というか凝った髪型は基本、やんごとなきお家とかでほぼ自分で何もしないお姫様とかでしょうね。
割と自分で結うの、簡単なんです。5つのパーツに分かれてるので結構雑でもバレない(笑)髪飾り系もいっぱいつけますから誤魔化しが効くのです。
誤魔化せないのは生え際…

No title

東野朱乃さん、7年ほど図書館は利用してなかったんですが、その間に14冊までからいきなり30冊まで借りられるようになりました。
そして返すのは2週間。でも継続手続きすれば予約が入らなければ延々借りられますよ(笑)
小僧はとにかく図鑑ばっかり借りるのです。だから分厚くて場所を取るし重い…それが30冊近く…

No title

マド・松本さん、鬢付け油がなければどうしようもありませんでしょう。まあ、別のパーツのものは糊でがっつり貼り付けてあるようですが。
髪のボリュームが足りない部分は付け毛で髷とか作ってあるのでいいんですが、本当にごまかせないのが生え際…生え際の後退っぷりはきついです
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ