FC2ブログ
2017-08-28

荒波昆布、と呼んでいる夏着物で芭蕉コーデ。

――――――――あんパンもクリームパンもチョコクリームパンもピーナツクリームパンも白あんぱんまでもがあるのに、なぜにイチゴジャムパンのミニサイズ5個入りパック、売ってないのか…

小僧が現在ジャムパンにハマっているが、1個喰わすにはハイカロリーなのさ。それに不経済。

ああ、ミニサイズ5個入りを120円前後で売ってくれないものかのう。

ジャムパンなんて定番中の定番であろうに。なぜ上記の定番ものミニシリーズにラインナップされんのじゃ。

中学の頃、●美屋だったと思うが小袋アソートのふりかけの中にしか入ってない『のりごま』味が好きなヤツがいましてね。

他の味は独立した大袋があるのに、なぜ『のりごま』は大袋がないのか。是非大袋を出して下さい、と事もあろうに社長あてに手紙をしたためた恐れを知らぬ女子中学生(爆)

――――――しばらくして彼女のためだけに作られた『のりごま』の大袋が届いたそうな。商品化はその後されることはなかったが。

…時はバブル期。でもいい昭和が残ってましたね。

彼女のように社長に直訴すべきか?(爆)

…まあ、どうせすぐに小僧もジャムパンに飽きるだろうからいいんだけどさ

以上、ぶち込みどころがわからない業務スーパーに続く糖質ものネタ(笑)


さて、浴衣9枚着終わりましたので、ようやくアンティークの夏着物に着手です。

といいますか、今年着るつもりだった夏着物のコーデの色合いがどれもこれも秋色満載で、盛夏よりは晩夏向きだったからこの時期の登場と相成りました。









骨董アンティークフェアで1000円の、荒波に芭蕉の葉の柄の夏着物。

画像だと明るめですが、実物はかなり暗めの臙脂の芭蕉柄です。なので秋の気配が濃厚なのです。

帯は今は亡き川越の『栄屋』さんで1000円だった刺繍帯。こちらもかなり暖かみのある色味。

着物も帯も秋テイストなカラーリングなので小物類も同様に。

半衿は100均手ぬぐい。べにおせんせーからの頂きもの。

帯揚げは帯の色に近いものを選んでみました。



帯留めはタンタン氏からの頂きもの、水芭蕉の象牙のブローチ。

ええ、水芭蕉は初夏の花ですが、芭蕉着物に芭蕉帯、なので一応芭蕉は芭蕉な水芭蕉ブローチにも登場願った次第。

……本当は半衿は実芭蕉=バナナのものにしようかな、とか一瞬悪魔が囁いております。ダイソーに半衿サイズの柄のバナナ柄手ぬぐい、あるんだもん

しかしそこまではやり過ぎであろう、と自主規制した。

―――――――まあ、着姿の背景あたりで登場して頂きましょうか、実芭蕉様には(笑)


          応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この帯、配色がすっごくハイセンス&好みです!
和の染めでしか出せないような地色、でもお太鼓にターコイズやウコンの色で刺繍とか…
黒でアフリカ像やキリンのシルエットを芭蕉の葉陰に描きたしたくなります…

こんな難しいアンティークはやはりあすかさんしか着こなせない気が致します٩(^‿^)۶

No title

私もジャムパン派です(少女時代から…根強く飽きません・笑)確かにミニサイズ5個パックがあれば良いと思います
⚫美屋さんのふりかけアソートでは、私、すき焼きふりかけが好きで、白いご飯に🍚ふりかけで、すき焼きというリッチな気分が味わえる、コスパの良いふりかけです。

芭蕉という素材自体がアンティークですよね。
それにしても、荒波昆布……あすかさんはコーデが上手だから、アンティークにまとまってますが、ヘタすると、ド演歌歌手になりそうですね。あ、また、一言多い私

No title

一瞬、アンパンマンの主題歌かと(*^^*)
検索かけましたところ、苺ジャムパン5こ入りあったようです。現在あるかどうかはヤマザキにお問い合わせください。(*^^*)
芭蕉コーデということで、植物園での撮影をお願いしたいなあと思っておりましたが、荒波昆布といわれたらそうとしか見えなくなってしまい やはり日本海でお願いします。(遠すぎますか?)
うちにもジャムパンのマイブームありましたよ ある日突然終わって、買って買えったら要らないと言われ母は黙って食べました。(  ̄▽ ̄) ああ、懐かしい

No title

さのっちさん、…超定番でしょうにねえ、なぜジャムパンがないのか!?コストが高いのかしら。本日もジャムパン喰って学校行きやがりました、小僧。
荒波と組み合わせている柄なもんだから、ますます利尻昆布の風情が
バナナの木でしたら、近場の植物園に普通に植わっているのですがねえ。

No title

monmamaさん、結構いますね、『社長に直訴』組が(爆)それにしてもたまに見かけるあの渋いパッケージの兵六餅、全国展開のきっかけとなった方でしたか(笑)…ボンタン飴は子供の頃良く喰っておりました。確かにボンタン飴しかなかったです。
それにしても特に年配の方なんか、定番品として必ずジャムパンを買う人もいると思うのに、ミニシリーズが出ないとは…
むしろ年配のファンにこそミニシリーズが必要でしょうに。
1個喰うには多いんですから。

No title

亜雅紗さん、私、自作のラッコ柄帯持ってますよ。確かにラッコ帯合わせたら見事なコーデですわ。ってこれはジャイアントケルプじゃないんですが。芭蕉なんですが(笑)
で、そうですか。芭蕉=蛙の刷り込みが。そんなに蛙がお嫌いでしたか(笑)
…芭蕉は着物の夏の柄としては割とありふれてますが、実生活ではほとんど縁がない植物ですからねえ。万年青はなぜか近所の家の玄関先にやたらとありますが。何軒もの家に。

No title

いち呉さん、そしてただの芭蕉の実は食べられないのだそうです…あくまでも『実芭蕉』の木でないと。
で、この年頃あるあるで『いきなりバナナの画像が頭に浮かんだけど、なんだっけ、なんで浮かんだんだっけ!?』と云う記憶の断片化が起こります。
そして数日後に『ああ、芭蕉だった!!』と思いだす(笑)

No title

passionpianoさん、お安いのか、なぜか『うーんこれは盛夏には見た目が暑苦しいだろう』な夏着物ばっかりが揃ってますよ、我が家は
臙脂系もそうですが、黒グレー系がとても多い。
あ、そう云えば金魚柄帯とか帯留め使わぬまま8月が終わります…

No title

ocarinさん、そりゃあ喰い物の恨みは恐ろしいのですから(笑)…ジャムパンが見つからなかった時にはバターロール×イチゴジャムを喰え、と提案したのですが、それとこれとは別物のようなんですよね。バターロールはやっぱりバターが強すぎる。
小僧は『いっぱい喰うから買いだめしておこう』と大量に買って来ると、その場で飽きる人間です。でもパンなので買いだめできない。それゆえにブームが長引く気配です。
荒波昆布、として見たらば、亜雅紗さんのおっしゃる通りでラッココーデもできるのです。
と云うか一般的にはラッココーデとして使ったほうが理解しやすいかも(笑)

No title

U-カリンさん、しかしバナナ投入したところで、クスッと笑って頂ける博識(笑)な方はそれほどいないと思うので『…なんでバナナ?』となるのがオチかと

No title

てんてんさん、これほど本来の柄が無視されるものもございませんでしょう。芭蕉の葉が一般的に馴染みがないのが原因です。だってこれってどう見たって昆布ですよねえ。海だし(笑)

No title

ダンシングジャイアンさん、そう云えば不思議でならないのは、たまに民家で普通にバナナの木が植えられてますよね。あれ、どういった感覚で植えたんだろう…普通の古い家なのに
南国へのあこがれがあった年代なのでしょうか。
自力で芭蕉布!!…それが出来りゃ凄いですが

No title

ber*****さん、このような帯が1000円だった、川越のアンティーク着物店の黄金期。…この頃のこのお店がすっごくサービス満点でしたが、今は変にがめつい感じになってます。同じ人なんですけどね
このお値段で入手するのは私意外には確かにできないかも知れません(笑)

No title

マド・松本さん、そうなんです。5個入りミニサイズがなぜないのか。あれ1個は多いと思うんですよ。長年のファンには。
…ずっと好きで、でも半端に残しておくにはジャムがベタベタで、『えーい、全部喰ってしまえ!』と云う糖尿病患者は絶対いると思います…罪作りです(笑)
すき焼きふりかけ、ちゃんとすき焼きの味がするんですね。前に『かつや』でかつ丼味ふりかけ貰って食べたら、何とも言えん別の味でした…

No title

mii*****さん、ヤマザキのHPに行ってみたらばミニサイズの『薄皮シリーズ』にはやっぱりありませんでした、ジャムパン…
多分売れないのでしょう。あんパンやカスタードパン、チョコパンとかは中のクリーム等が市販品でもあるにはありますが味わいが違いますから。
でもジャムパンはイチゴジャムなので、家庭でも普通に食べられる(笑)
パン選びの方が大変。
…ええ、日本海も太平洋も遠いです、海なし県埼玉…
でもバナナの木は近所の民家にもあります(笑)

No title

ああ…、だからなのね、だから木に登ってバナナをむさぼるサルがいきなり頭に浮かんだのねヽ(;▽;)ノ

No title

いち呉さん、…本当に『一体なぜこの画像が!?』と云うフラッシュバックのような現象が起きるお年頃でございます…

No title

しばらくのぞいてなかったら夏着物ですね。
わかる人にはわかる芭蕉布柄、美しいです。
あすかさんは紫がお似合いになるのでお召しになったらさぞかし美しいかと…半襟も効いてます。

No title

tai*****さん、本日、単衣でもいいくらいの爽やかさでございますが。でもこの着物もほとんど透け感がないので単衣扱いでもいいような気がします。
植物園にいい感じで芭蕉が植えられていたので早速昨日撮り終えましたよ。

No title

> あすかさん
あら、おめしになったのですね。楽しみにしております。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ