FC2ブログ
2017-07-26

百合コーデ、2017。

―――――――ご近所の柴犬と仲が良い、おだん様似の『ブチ君』と云う猫がいるんですが、毎日その柴犬と一緒に寝ているのに『この子は野良猫で…』と外猫扱いだったのです。

ここしばらく犬と一緒に寝ている姿を見ないなあ…と心配していたら、おととい再会。赤い首輪、付いてました。家猫として認めて貰えたのね、よかった、よかった。

ちなみに見かけなかったのは、単に暑かったから(笑)…涼しい早朝に出歩いているらしい。←ラジオ体操の時間帯に遭遇。


さて、毎年じゃないけど結構登場することが多い百合のコーデ。

今年はうさぎ好きさんから頂いた百合柄夏着物があるので、この着物にはこれ~っ!!な帯を引っ張り出してコーデしましたですよ。









ターコイズ色の葉っぱが効いてる大きな百合柄の夏着物。これにはターコイズ地の大きな百合柄帯、これしかあるまい。

10年前に川越の今は亡き『栄屋』さんで、1000円だった…
確かに若干薄汚れてはいますが、それでも今、この色柄で1000円ってあり得ない
本当に10年くらい前はアンティーク天国だったんです。

最後に締めたのは9年前。

その後、かなり百合柄帯が増えてしまったのと、これの後継となるような帯を安価で見つけられるわけがない、と云う思いから後生大事に保管されてしまったのだった。

この帯が9年かかってこの着物を呼び寄せたのでありましょう。この着物にこの帯使わなくていつ使うのか、って感じですもん(笑)



半衿はひめ吉さんちの百合柄のもの。



帯留めは、百合柄とんぼ玉を帯留めに加工したもの。

小物類はターコイズと相性がいいオペラピンクにしました。


      いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

    

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

これぞアンティーク‼の見本のようなコーデです

お見事(ノ゚∀゚)ノ

もし、この着姿のかたが歩いていたら…
どこまでもくっついて行っちゃうと思います🎵
(ストーカーか?)

No title

ブチ君、きちんと家族ができて良かったですね。朝からほっこりした気持ちになりました☆。.:*・゜

同じ花でコーディネートができるなんて羨ましいなあ。
なかなか夏帯、見つからないんですよ。
昔の私に『今、集めとけ!』と言いたいです。

No title

いいですねぇ〜(*´ω`*)
華やかで、ちょっと大人な感じも素敵!
紫好きとしては、やはりこのお着物は溜まりません♪
この帯、確かに今なら金額が跳ね上がる事確実ですねぇ。

No title

亜雅紗

着物と帯別々に買ったとは思えない。お太鼓の百合の自己主張の激しさに惚れてしまいます。アンティークならではの逸品。今は1000円では手に入らないですよね。帯留めもステキ!早く着姿を拝見したいです。

そう言えば近所でも猫を見かけないと思ったらどこかで避暑してるんでしょうね。毛皮は脱げないしねぇ。

昨日天神祭で浴衣で「帯丸だし自装デビュー」いたしましたの。かるた結びでの電車移動は楽でしたし、自作の帯留め使った帯まわりのコーデは着付けの先生してる友人に褒めらて(^_^)vステキに浴衣を着こなしてる人たちは皆さん自分に似合うものを熟知してる感じで、自分を知るって大事ねとあらためて思いました。

しかし!着物のいろはも知らない時は「上手に着てるじゃない」と言っていた娘の着付けが実は「なんということでしょう」物件とわかり、他装デビューにもなりました。最初からやり直してへこ帯をゴムでくくってお花みたいにする結び方?をやってたら家出る前にすでに汗ぐっしょり。でもかき氷とベビーカステラ食って花火も見て楽しかったですわ。この夏はあと2回浴衣ミッション計画しております。

No title

きゃ~好き過ぎる!こちらの帯はもう大好物です
え~~~?そんなに楽しいプライスで?
うらやましい限りです。

No title

9年越しのベストマッチな百合コーディネイト、素晴らしいです~(≧∇≦)

10年で高値になっているアンティーク帯や着物、あと10年したら…
良いものを持ってる方は手放さないでしょうからますます値上がりし、お手頃なものは着倒されるか素材にされて着物としては手に入らなくなるんでしょうかねぇ。(;´▽`A``

No title

うほぉーーーー!!(≧∇≦)

某アンティーク着物店さんのブログでの商品紹介画像かと思いましたわ~♫

この着物でどこへお出掛けになったのかしら?

着姿早く見たいーーーー!!(≧∇≦)

No title

あ~~素敵です。柳原白蓮か?与謝野晶子か?の世界ですね
百合の花ビッシリなのに、肩や胸元が適度にスッキリして、着物の柄に流れを感じます。
お太鼓の百合…オレンジ色の雄しべの花粉が妙にリアルです。

No title

ocarinさん、しかも『安価アンティーク』の見本(笑)
あ、でもこの帯は今はどれくらいの値段で取引されているのだろう…本当にいい時代でしたわ、10年前は。

No title

いち呉さん、よっぽどうちの猫より太っているブチ君でしたので、『野良猫です』と言い張っても、それは見えない恰幅の良さ…赤首輪を貰えてよかったです。基本的にそのおうちの人にしか懐いてませんが。
あらま、夏帯はどうしても汗で汚れがちなので確かに綺麗なものは滅多にないですが、でも汗ジミも見えない部分に出ているものが多いので締める分には問題なくてしかもお安いもの、こちらでは割と見る方なんです。
やっぱり地域差なんでしょうか。

No title

U-カリンさん、そして、数年前、撫松庵でかなり似た帯が出ておりました…(笑)5万くらいしていた
それにしてもなぜか百合柄の帯がいっぱいうちにあるんですよそのせいもあり、この帯はなかなか出番が巡って来ませんでした。

No title

亜雅紗さん、しかも入手時期が10年近く違う…(笑)10年かかって帯が着物を呼んだのか。怖いな(笑)
今は外歩き猫は夕方以降か早朝にウロウロしている様子ですよ。家の中の猫だって昼はどこに隠れて寝てやがるんだかわかりゃしませんし。
…そう、若い娘さんは補正なさってないので、体のラインが丸わかりな子がとても多いです。そして帯の上に胸が乗る…
でも浴衣に補正もなあ…とは思います。湯上りに着るものであるんですし、本来は。
ほほほ、ワタクシはまだまだ祭りも花火大会も行きますですよ。なんせまだ着てない今年の宿題浴衣が5枚残ってる

No title

passionpianoさん、10年前発行の浴衣本見てたら、撫松庵からかなり似た帯、出てたんですよ。39900円でしたけど(笑)…私は1000円でしたが(爆)
このような帯を平気で1000円で売ってくれていたお店、今も名前を変えて営業してますが、名前変えてから商売の仕方が『……』な感じになってしまい、もう寄りつかなくなってしまいました…
私の手持ちのお宝のかなりの部分はそのお店で買ったものですので、大変残念なのですが

No title

さのっちさん、ああ、でも10年前の第1次アンティークブームの時に買い漁ってる30代、今はもう40代から50代になろうと云う感じでしょうから、あと数年経ったら『これもう、着れないから…』と放出が始まると睨んでるんですよ(笑)
私だって『これ、もう可愛すぎるからいいや』と未練なく処分する気になってる着物が多いですもん。
それに今はインクジェット復刻がありますからね~(笑)
柄としては連綿と受け継がれていくのではないかな、と思ってます。

No title

てんてんさん、うちの庭の百合が咲いたので、その百合持っていつものお堂で撮影、のみでしたわ(爆)
…ええ、着てる最中に袖付け部分がビリビリ破けて行ったのでそれで正解でしたが

No title

マド・松本さん、本当に当時の写真をカラーで見たいものですきっと素晴らしい色の世界が。
確かに百合の花粉てこんな色です。オレンジと云うか錆び朱。…布につくと落ちません
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ