FC2ブログ
2017-07-13

全然梅雨らしくないけど、まだ明けてないらしいけど、一応梅雨の時期の飾り付け…

――――――ピーター・ラビットシリーズの中であっしが一番大好きな話は『ひげのサムエル』なんですがね。

ご存じない方のためにかいつまんでストーリー説明しますと、太いじいさんネズミが子猫を『ねこまきだんご』にして喰おうとするお話(爆)



――――――このカットがこの話の全てを物語る。…実にシュール。

で、絵本ですし、不朽?の名作なんですが、文章が割と文芸ちっくなのと、文字数が多いのと、そもそもまだこんなに字がびっしりな本は読まないだろうし、そもそも内容的にシュールすぎるし、絵もリアルで可愛いと思うか怖いと思うか個人差。

つまりあっしは大好きな絵本なんだが、小僧には一切勧めるどころか、その本の存在すら知らせたことはなかった。

―――――――昨日、小僧が学校の図書館から『ひげのサムエル』、自ら選んで持って帰って来たんでさあ

……ピーター・ラビットシリーズって全部で21冊あるのに、なぜよりによって『ひげのサムエル』!?

基本、絵本は小僧が好きなもんを買ってやっていたので『…ふーん』な好みだな、と思っていたのだがまさかここにきて『ひげのサムエル』ですよ、奥さん。

眉の薄さだけでなく嗜好までもが遺伝したのかしら…

このまま嗜好の遺伝が開花し続けたら、そのうちホームズはおろか横溝にまで走ることになるわ、おーまいがっ



さて、梅雨らしさなんかからっきしな関東で、連日猛暑ですが、熊本のいち呉さんとこは逆に朝夕寒いくらいだそうで…

今年の梅雨の時期の飾り付けはこちら。





にゃんこさんからの頂きものの濱文様のシックな紫陽花柄絵手ぬぐいをタペストリーに。…相変わらずレギュラー出演中ですよ、ocarinさんからの頂きものの白猫守り袋も(笑)



まだ、帆掛け舟しのぶさんが健在だった。敷き布は濱文様の紫陽花柄手ぬぐい。



入谷の朝顔市のお守りがくっ付いてるテーブル椰子の鉢。微妙なビジュアル(笑)



そこら辺の紫陽花もパッとしない色だったので、造花で誤魔化す。その後、鉄線の二番花が咲いたのでカットして生けてみた。

鉄線は水揚げが悪いので切り花にできないなあと思いこんでて(切り花で出回ってるものは特殊加工されてると思ってた)、5月にいっぱい咲いてもただ屋外で楽しむのみでしたが、調べてみたら『切り口を焼く』くらいで充分だったのでそれを試してみたらきっちり花弁が散るまで楽しめました。

屋外で大量にわわわっと咲いてるのも綺麗ですが1輪、2輪位を家の中に生けておくのも風情あり。



―――――――その後のしのぶさん(笑)…すっかり庭だけ夏仕様。


……梅雨明け宣言が出るまでこのままの飾り付けでいるつもりだったんだが、こうまで暑いのでもう、金魚もの大量な夏場の飾り付けにしよう、と思うも、暑くて暑くて気力が萎えております…

      いつも 応援の1クリック
ありがとうございます

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

亜雅紗

ああ、しのぶさん、ご立派になって……
梅雨の飾りつけ、しっとりと落ち着いて特に素敵な手拭いに目が行きます。鉄線の紫色もみずみずしい。

うちはゴロゴロ転がってるでっかい花瓶にセリエで買ったこれまたでっかい紫陽花をぶっこんでいるだけですが、それだけでも梅雨の鬱陶しさがはれる……と思いきやすんごい暑さ。紫陽花がかなり場違いです。

あの可愛いピーターラビットにこんな話が?!しかしこのす巻きにされた仔猫の絵は子供心をくすぐりますな。

私も幼少期友人ちえちゃんちの年寄り猫ギーちゃんをふんづかまえては二人でミカンの入ってた段ボールに押し込めて上下に振り回し、ギャーギャー騒ぐギーちゃんの悲鳴を楽しんでました。なぜそんなムタイなことをしていたか今となっては自分でもわからないけど、この場をお借りしてそんな目にあいながら私が遊びに行くと必ずのっそり顔を見せてくれたギーちゃんにお詫び申し上げます。

No title

この仔猫の行く末が書かれていない…。
気になって仕方ない~。我が家には小学生がいないから、借りてきてへとも言えないのでTSUTAYAの絵本コーナーで探してみるしかないですね(もちろん立ち読み)
朝っぱらから、股間を打ち付け、更に寒くなりました。

今日は、薄く曇っていて湿度は高そうですが、やはり暑くはない。(アイスノンに座っているからかもしれない)

インテリアを季節ごとに替えるという生活、素敵です。

No title

ピーターラビットは好きでしたが、そういう回があるのは知りませんでした。(*^^*)
子供が小さい頃は何冊か置いていたけど、読んでいなかった気がする。
この話を聞いて、パタリロのクックロビン音頭を思い出したのは私だけでしょうねえ(元がマザーグースで結構エグイ童謡だった気がします。)
つりしのぶ、お元気そうで、何よりです。

No title

私なんて、由緒正しい?セレクトの絵本を寝る前に読み聞かせて育てたというのに、いつの間にかまっとうな青年の思考からは反れて、アニヲタ思考になってました。
血は争えない……。
せめても同人誌作ったり、イベントに行ったりできる住環境でないことだけでも幸いと思おう……。
花を好きだとはいうものの、あまり育てるのが上手でないうちの母に変わり、去年肥料をやっておいたら、今年は見事な大輪の鉄線が咲きました。
でも株が増えなくて花数が少ないんですよね。
鉄線の花って、あの美人にしか似合わないアンティーク紫のイメージです。

No title

今月も飾って頂き、ありがとうございます🎵

「あすか家を護るのはあたいニャ」っと、精一杯凄みを効かせてます

そろそろ「2代目」というか『黒猫バージョン』を、お作り致さねばと思っておりますですよ

テッセン、艶やかですね❤

帆掛け船じゃなくなったらしのぶさんへの「水やり」の頻度は減りましたか?

やっぱり『釣しのぶ』って、良いですね❤

No title

ピーターラビットのぬいぐるみが2個あって、我が家ではリビングと、寝室にそれぞれ置いてます。
我が家のピーターラビットは、可愛いのですが、友人がロンドンで見たピーターラビットのぬいぐるみは、何やらリアルで、ちょっと不気味だったそうです。
「鳥獣戯画みたいだった」って…わらえます。

あすかさん宅は、室内、屋外ともに季節感があって素敵ですね。

我が家も、庭のキュウリとスイカ🍉で季節感(笑)

No title

亜雅紗さん、…ああ、ギーちゃん!!なんておバカなの!!真っ先に逃げればいいのに、のっそり顔出しちゃうだなんて!!
それにしても梅雨、ホントに明けてないんでしょうか。うっかり明けてました、てへぺろ。があるんじゃないのか。
ここまで降らない梅雨も異様です。暑くてぶっ倒れます。
ピーター・ラビットシリーズは案外厳しい話も混在しております。

No title

いち呉さん、北海道が沖縄よりも暑い、と云う事態に見舞われておりますのにねえ…こちらも暑いです。でも暑いイメージの熊本が寒いとは…
この子猫はすんでのところで助かるのですが、以後ネズミが捕れない猫に成長する、と云うお話です(笑)

No title

mii*****さん、ピーター・ラビットシリーズってば、すっごく簡単過ぎるお話もあればすっごく長い話もあって、結構ムラ読みされますよね。
長い話は結構名作があるんですが。
私も子供の頃は読んでませんでしたよ。面白さがわかったのはせいぜい高学年くらいからでした。
…しのぶさんは移植した途端に元気を盛り返しています…

No title

羽衣 牡丹さん、……そうですか。じゃ、今騒がれている子ども全員東大ぶち込み母の教育法を実践中の家庭で実際どれだけ東大に入れるものか見ものですわ(笑)
うーむ、鉄線、うちのは苗を買って(鉢植えが高過ぎるんで)開花に5年かかりましたが、株と云うより伸びたツルを見苦しくてもそのままにして次の花を待つのがポイントと言いますか。そのツルからどんどん新しいツルが出て花も付くので。でも本当に冬場はみっともないです。
そして開花するようになったらほっといても毎年咲いてくれるようになりました。案外図太いです、鉄線。

No title

ocarinさん、黒猫バージョンになったら一気にまた顔つきが変わるんでしょうねえ(笑)
ああ、金魚柄とのコラボ、どうしようかしら。まだ紫陽花の柄のままですよ。暑くてやる気ゼロ。
玉しのぶさんになってから、いきなり元気を取り戻したようで、新芽が育ち始めております。そして保水力が今までより段違いなので、3日に一度くらいでしょうかね、水没は。それも様子を見ながらです。多少重みがあるようならちょっと霧吹きで湿らす程度です。

No title

マド・松本さん、…えてして海外デザインのぬいぐるみって可愛くないですよね(笑)ディズニーものだって東京で売ってるものは日本に特化されてるデザインなはずです。
キュウリ、1日で嘘でしょ!?ってくらいにでっかくなりますよね。
巨大化しないうちにお召し上がりくださいませ(笑)

No title

干ばつが続く昨今、タペストリーの番傘から涼を感じます(^^)
鉄線、茎を焼けば水を吸いあげるんですか、やってみよう!

坊ちゃん、おだん様達とはなさぬ仲でも主人公のウサギでなく、やはり猫好きなんでしょうね。

昔職場から派遣されてイギリスに住んでましたが彼らのネズミ愛は異常。
この様な野ネズミが最も愛されポストカードも沢山ある始末、きっと宿敵猫の仇を討つお話は皆が待ち望んでいた物なのでしょう。

No title

ber*****さん、…ああ、本当に梅雨明けてないんですかね、関東。ここまで暑い、雨降らないってのもまあ珍しい。
鉄線、切り口を叩いてつぶす、火で焼く、など『…逆に危険じゃないのか?』と思う所業で水揚げできます。火で焼くのはライターとかがその場にないと面倒ですが、潰すくらいならハサミの持ち手使ってゴリゴリ、とかできるので手軽かと。
…ええ、小僧は相変わらずうちの猫とは仲が悪いですが、正確にはおはるちゃんを嫌っているのでした。おだん様は基本、ぼーっとして動じないので、予測できない動きをするおはるちゃんほどには嫌われていない(笑)
―――――そうですか。イギリスはネズミ好きですか。だからハリポタでもロンがネズミを飼ってるんですね。
と云うか、なぜネズミ好き!?ネズミが媒介するペストってイギリスでは流行らなかったんでしょうか。

No title

ピーターラビット好きでしたわ~♫

一時期は食器も集めたくらい(笑)

そしてイギリス旅行の際は作者のビアトリクス・ポター所縁の地 ウィンダミア地方にも行きましたです

サムエルもですが レタスを盗み食いして眠りこけた仔ウサギを 畑の持ち主の爺様が 今夜はウサギのシチューだ とか言いながら袋に詰めるシーンでイギリス人はなんて野蛮なんだ!
こういう奴らが日本人に捕鯨で説教かますとは片腹痛いわ!
と思ったものでした‥(笑)

No title

息子さんには横溝正史ではなく江戸川乱歩を読ませて下さい
おかしな性癖がついてしまうかも知れませんが猟奇趣味よりましですぜ

No title

てんてんさん、…ここのコメント返すの、すっかり忘れていたようです~すみません。忘れた頃になって(笑)
私はピーターラビットシリーズは猫が出てくるものしかほぼ読んでないのですが、猫ものには名作が多い。グロースターの仕立屋、そして猫まき団子(爆)
そして結構残酷なお話が多いピーターラビットシリーズ…絵に騙されてはいけません。

No title

ダンシングジャイアンさん、そもそもちゃんと活字を読む奴に育つのかどうか…
ひげのサムエルも、借りてきたはいいですが字が多過ぎて結局全然読んでおりません…
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ