FC2ブログ
2017-01-19

オペラピンク×黒×黒猫。で、全身で自分を主張しているコーデ♪

――――――――さて、コーデのアップばかり続きますがご容赦を。…ああ、でもこれでやっと12月に着た分のアップが終わるううう

例年年内最後に着る着物ってのは年賀状用コーデなんですが、今回は七五三画像がふんだんにございましたので年賀状用コーデは考えませんでしたのよ。

で、その代わり年内最後に着たのはこちら。









―――――――…なんつーか、長い付き合いの方々がイメージするところのあっしといいますか『オペラピンク×黒』『黒猫』なコーデでございます…

着物はヤフオクでウールのくせに2100円もした(笑)覚えあり。でもこんな柄のウールはコーデしやすいですからのう。それにその時はちょうど今風カジュアルなウールが少しブームだった時期なので少々値が上がった。

羽織は浦和の骨董市で3500円だった、モスリンのアンサンブル。アンサンブルなので同じ柄の着物も付属です。

んが、とかくアンサンブルと云うものは、着物本体は着回しが効いても羽織はまず別のコーデでは使えない代物ですが、こちらは羽織も単品で使い回せる優秀品。

帯は『京都きもの町』さんで発見した『実はよく見りゃ黒猫ひしめき帯』。………自分から宣伝しておきながら、当の本人は購入後袋に入れっ放しでほったらかしていた
ようやく引っ張り出しましたよ。

……そして、適当に巻いていたらこの帯には柄の向きがあることにお太鼓作る段になって気が付いた

なのでお太鼓に思いっきり縦線が入っちまってるのさ。アイロンかけて直さないと。



帯揚げは帯の猫の目の色と合わせて青緑。奇しくもばどさんから頂いたデブ子柄ビーズ羽織紐も同じ色合いなので使ってみた。

帯締めもオペラピンク×黒矢羽根のもの。



半衿は100均セリアの猫柄バンダナを縫いつないで作ったもの。初使用。どんな感じになるか謎でしたがそこそこまともになったんじゃないでしょうか。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます

   https://fashion.blogmura.com/kimono_antique/ranking.html

         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

白猫を見慣れているわたしには、黒猫はちょっと怖いです
これだけみっちみちにいるとド迫力ですね!

帯揚げが瞳の色!!ナイスです

No title

passionpianoさん、今年の夏の和小物シリーズで出ていたバンダナなので、売れ残ってるかどうか…季節限定な柄ではないからもしかすると残ってるかもしれません。ハンカチコーナーを探してみてください。
そう、お太鼓の縦ジワは私の締め方のミスです(笑)化繊でよかった…と云うか化繊だから適当に締めたんですがね
あ、この帯、自然光だと結構猫の存在感が強く出ますよ。アングルによってはくっきり浮かび上がりますのでそれほど地味でもないかと。

No title

さのっちさん、しかし矢羽根はアンティーク好きはもれなく通ると云いますか、矢羽根マニアは非常に多いので私が所有権を主張してはいけない、と(笑)
…まあ、それ言ったらオペラピンクもそうですが。でも私がオペラピンクばっかり集めていた頃はまだこの色が好きって人は少なかった。そもそもオペラピンクって名称すら知られてなかったですよ。
なのでアンティーク着物界に『オペラピンク』と云う名称を定着させたのは私、とこれだけは豪語しますわ(笑)

No title

羽衣 牡丹さん、…そもそもスマホ持ってないあっしはママ友名刺なんぞ必要ないのです(笑)と云うかそんなもん持ってる奴は今おりませんよ。
そう云えば一時期ブロガー間でも名刺作りが流行ってましたが、あれ、結局どうなったんだろう。

No title

にゃんことにゃん助さん、ふふふ、猫のものが活躍するのは2月ですよ!猫の日の2月22日にも是非!!

No title

てんてんさん、さすがにこれらを全部盛り込んでコーデして来る人はそうはおるまい…(笑)
しかし『あすかピンク』って名称はきっと『は??何それ。私だって大好きな色なのになんでこいつの名前付けてんの?』とむかっ腹が立ってる人が居ると思うな。だからできれば普通にオペラピンクと表現して欲しいワタクシ。色の所有権は誰にもござらん。
…そうですか、でも5倍以上ってことは決して1000円は超えないんですね(笑)さすがでございます。

No title

アヤさん、あら?そう云えばオペラピンクが印象に残るようなコーデって最近は珍しいですかね。小物類ではちょくちょく投入しているような気がするので久々の気がしませんでしたが。
頂いたり買ったのが昔であればある程記憶が鮮明です。最近になればなるほど覚えてません…
だからできるだけ買ったらすぐに金額も含めて詳細をアップしておかなければなりません。最早ブログが備忘録となりつつあります…

No title

ocarinさん、逆に黒猫ばかりに囲まれている私は『白猫って目付きの悪さがもろに目立って可哀そうだなあ』と思います。なぜか目付きの悪い白ベースの猫に出会うこと多し(笑)

No title

はい、こういうコーデ大好物です(笑)
たまに全身オペラピンクを見ると落ち着きますわ。

No title

帯の猫の表情がリアルですね。このコーデはあすかさんならではの素敵なコーデですよぉ~💛
ピンクですが、ちょっと横溝感があって、いよいよ、横溝アンティークに突入かな…私は楽しみです。だって、その時その時の横溝コーデによって、あすかさんの役柄を想像するのが好きなのです。

ところで…バンダナを半襟に…ということは正方形ですよね、手ぬぐいとかは出来ると思うのですが、正方形だと、半襟は難しくないですか?

No title

タンタンさん、…そうですか。こんな色で落ち着くとは…(笑)
全身オペラピンクっていうと、アンティーク付け下げなんですが、あれはなかなか普段に着るようなもんじゃありませんからねえ…

No title

マド・松本さん、しかし横溝アンティークもキャラによって着姿が変わるので、どのコーデがどのようにいきなり横溝コーデと認定されるかわからず戦々恐々でございます(笑)
あ、バンダナなのでもちろんぶった切っております。そもそも1辺が50㎝くらいなのでどうしたって切り離して縫いつながなくてはならないのです。

No title

はじめまして。木綿こけしと言います。一昨年の10月に突然母のタンスの着物を着ようと思い立ち、100均スカーフ帯揚げで、こちらにたどり着いてから、しばしばこっそりあすかさんの素敵な写真に癒やされてきました。 今回コメントしようと思ったのは、あすかさんのまねをしてバンダナで半衿を作り、猫帯もつい買ってしまった上に、ドット柄のウールがタンスにあったので、なんとあすかさんと同じコーデができることに気がついたので、おどろいて!! ぜったいにあすかさんのように華やかにはなりませんが、こっそり着てみます。
また、素敵な着姿楽しみにしています。

No title

そーそー!これこそ我々が求めている「あすかさん」だ!

勝手なイメージ作りやがって……と思われるかと思うかもしれない……しかし、そもそもがこんなコーデだらけだったんだ…。
楽しかったがらがらどん満載コーデ。

あの頃から比べたら、大人になったわよね。
でも、忘れてない!
我々が欲するあすかさんコーデを時折ぶっ混んでくれる優しさ。
さすがだね。

なんて言うの……野生を餌付けしておきながら放っておいて、時折餌やりを忘れてない…的な。

オペラピンクはあなた色…。荒んだ怨めしそうな目付きの猫もあなた柄…。

私たちは刷り込まれているのだよ。

No title

木綿こけしさん、こちらこそ初めまして♪コメントありがとうございます。…もしかしてコメント入れるためにわざわざブログ開設、されました!?だとしたらお手間を取らせて申し訳ありません~…多分IDなくてもコメントできる設定にはしているはずなんですが。
このバンダナは今は売れ残ってるのを見ないので、お揃いで半衿作って持っているならラッキーです。
是非是非お揃いコーデ、着てみてくださいませ♪

No title

jasminさん、…えええええ!?なんだかとんでもなくあっしがつれない人でなし女のようじゃないのさ(笑)
ええ、さすがに10年も経ちますとねえ、大人にならざるを得ないですわ。…んが大人になったと云うか着物ブログ始めた初期の頃のコーデに戻ったと云うか。本当に初期の頃は徹底的にガラガラにするのはまだ抵抗があった(笑)
となるとガラガラ黄金期っていつの頃なんだろう。…誰か遡ってわかりやすい年表にして下さらないかしら(笑)

No title

ヤフーIDを本名で使っていて、変わった苗字なので、こっそり着物を着るのにばれたら困るので、いろいろしてたらブログ作ってしまいました
羽織は昭和丈のしかなくて、昭和200%になるので、コートとショールでかくして着ます。
バンダナ田舎の小さな100均にもあってラッキーでした。

No title

木綿こけしさん、羽織丈、本当に長い長羽織を着ているのって実は着物人口からすれば一握りだと思いますよ。…案外皆さん、お下がりの昭和の羽織とか道行きとかをお召しになってますかね。街中の着物姿を見ると。
と、いいますか、正月見かけた着物姿は誰も羽織を着ておらず、ショールだけとかで寒そうで寒そうで
着物は数枚持ってても、羽織は持ってないって方も結構多いのです。
アンティーク着物は基本的に長羽織の時代なので皆さん長羽織ですが…
なのでそこまで気になさらずとも大丈夫かと思いますよ~

No title

こっそり、あすかさんと同じ着物を着るというミッションを果たしました。
似ても似つきませんが
さすがあすかさんのコーデ!!あ二人の方に声をかけられました。
いつもは目をそらされるのですが(笑

)

No title

木綿こけしさん、あらま、早速着たのですね~着姿、拝見したいです。ブログを開設だけはされているようなので、画像アップして下さらないかしら。って撮ってらっしゃらないかしら
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ