FC2ブログ
2016-11-16

七五三用の着物コーデ・お参り編

―――――――七五三のお参り、行って来たざます。…13日はお天気も良く暖かく大安だから、さぞかしお参りも混んでいるだろう、とてっきり行かないものだと思っていたら夫が行くと云うではありませんか。

………すっかり男児の七五三のつまらなさにモチベーションが下がっているワタクシとしましては、未だ小僧の羽織のアイロンかけもしておらず、付け衿も作っておらず、腰紐の類も用意しておらなんだ。日にちが決まってからのんびり用意するつもりでいたのだ。

それを前日の夜、言い出しおって…

それから突貫工事で小僧の部品(もう部品扱い)を作り、ワタクシの着る予定だったコーデの帯も突貫工事で作り帯にし、突貫工事で仕付け糸を外したり、とそれはそれは大騒ぎさ、あっしだけが。

おかげさまで数日前小学校の就学前検診に行った際、スリッパ忘れて冷え切った体育館の床に靴下のみで1時間以上待機させられたら体が冷え切り、風邪風味になりつつあったものが、お参りも何もかも終えた途端に気力が病魔に負けあっしは風邪で寝込みました。

そんな頑張っているあっしを神様は見捨てなかったのか、本日資源ごみの日に昭和のコンパクトな直線縫いミシン(でもこの当時のものは性能がよい)を出している人がいて、あっしは所有者からありがたくタダで頂戴致しました。

直線縫い返し縫いだけのシンプルさですが、可愛い籠に全部収まる優れもの。ありがたいことでございます。

……ええ、うちは小僧が使っていた歩行器をやっとゴミに出したんですがね。1個減れば1個増えるのが我が家の物の質量の法則?なのでございましょう。


で、お参りに行った際の着物のコーデなんですわ。…まあ、どこぞの若奥様のようですよ(笑)










浦和の骨董市で500円だった青海波柄の訪問着と思われるもの。



このように柄がつながっております。ポニョが潜んでいそうな海原でございます。

帯は実家近くの激安着物店で確か500円だったはず。礼装系の帯にありがちな色柄だったので1本持ってると便利かと購入。

ただし引き抜き帯だったので最初使った時は形が決まりにくく、この半年ほどは卒園入学などでもしかすると再び使うかも知れんのでいっそのこと作り帯にした。

引き抜き帯の作り帯の作り方は弓岡勝美さんの本では『お太鼓の逆さまになってる柄部分を切り抜き、正しい向きにして縫い直す』ってものでしたが、あっしは名古屋帯になってる三角部分から切り離し、その折られていた部分を縫い閉じてたれにしております。←お太鼓の裏側を上下逆にして使うと正しい柄の向きになる。



半衿は薄黄色の小菊の刺繍半衿。伊達衿はライムグリーンのもの。

……白系半衿にしたら、この淡い色の綺麗な着物との相乗効果であっしの顔色がくすんで見えたので、まだ顔映りがいいこの半衿を持ってきて何とか誤魔化す。

帯揚げは半衿と同じ色の絞りの帯揚げと、帯締めは全然使ってない礼装用の白いもの。


―――――――まあ、このように『誰だ!?』な格好でお参りに行ってやったわけですよ(笑)

そしたらドッペルゲンガーのように見事に同じようなコーデの人が他にも数人いて、やっぱりお参りには正しい恰好であったか、と安堵したのだった。




いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

本当に殿方は間の悪い生き物ですわ、風邪ひきお大事になさって下さい。
お参りコーデ上品ですね~
襟元は可愛い❤~
側に寄るとわかるおしゃれですね。でも帯締めの白は、遠くからもハッキリ見えるでしょね。実写を楽しみにしておりますわ~。

No title

まぁ、なんてステキなコーデ(目がハート)
き、着姿をはよお願い致します。

No title

旧家のご新造が 初めて里帰りする時に婚家で誂えてもらった着物 みたいなコーデ めっちゃ素敵いーーーーー!!(≧∇≦)

しかしこの青海波の模様 こってますねえ~♫
こういうのをさりげない贅沢と言うんだわ‥

早く着姿見たいーーーー!!(≧∇≦)

No title

おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。
主役の画像がない。
卵色の着物ほしいと思っていましたが、その値段でこれだけ揃えられるとは。
えりも素敵ねぇー。
男はそんなものよ。
人の苦労がわからない。

No title

あすかさん、こんにちは
ま~~なんとお上品なコーデ!衿元さすがです
お坊ちゃまはご機嫌よくお着物を着られたのかしら???
突貫工事、よくぞ乗り切られましたね!着姿期待してま~す

No title

にゃんことにゃん助さん、至って普通な誰だこれ?なコーデでございます。非常に珍しい。あ、でも今後半年ほどは卒入学でこのようなコーデが度々出ることでしょう。
…せめて2日前に言ってくれ…まあ、うちはいつ休みになるか前日にならないとわからないんですが、てっきり11月も終わりくらいになると思っていたので大慌てですよ。

No title

さのっちさん、それはそうと、予想外にお母さんも着物、な家庭が多くて驚きました。まあ、基本的にはレンタルなのでしょうが、中には鮫小紋に有職文様の袋帯、と実に正しい七五三の母な方もいましたよ。
…ああ、作った部品、そのまま来年の七五三に羽織袴セット一式にぶち込んで差し上げたかったのに、あのひどい出来では気の毒過ぎて作り直しですわ~

No title

アヤさん、コーデそのものとしては一般的な感じで、本当に同じようなコーデの人がいて驚きました。やっぱりクリーム色系は王道のようです。若ければピンク系。
…もうサイズが大きいですが、犬着物、小僧用にまだありますよ。浦和の骨董市で500円でしたが(笑)
本当に場所によって値段のこの違い…

No title

しおぴおさん、大概父が何かしら足を引っ張る、実に正しい七五三でございます…おかげさまで今、うちには各方面から集まった千歳飴が7本もあります。どうしろと。

No title

passionpianoさん、ただしこのコーデってば、自然光だと飛んじゃって飛んじゃって…衿元なんてほとんどわかりません。こっちのコーデでスタジオ撮影した方がよかったかも…
で、なぜかこの着物ってばどんだけ保存状態がよかったのか最初から皺がなく、そしてうちで雑に畳まれていても皺が出来てなかったです。
引き抜き帯でもお太鼓裏の柄の配置によってはこの戦法は使えないと思いますが、使えるようなら切り抜いて移植するよりは楽なのでお勧めです。

No title

いち呉さん、あ~、でもお参り当日、色んなおっ母さんの着物姿を見ましたが、割と若いお母さんにはこれ系の訪問着とか、まだ似合いませんね。まだまだ華やかな振袖の方がばっちり合う。同行の祖母と思しき方の着物姿の方が板に付いている感じで見ていて安心できました。
七五三も終わり、千歳飴も7本に増え途方に暮れております…

No title

あざらさん、まあ、今度の日曜は取引先の人の葬式が入ってしまい、結局は祝い事を先に出来たのはよかったんですが…んが、気ばかり焦るので前日申告はやめて貰いたいものです。全てを準備するのは私なのだから~
あ、そうそう。帯締めの白ってば予想以上に目立つんですね。こんなにくっきり目立つものだとは思いませんでした。滅多に使ったことないから(笑)

No title

ser*0*63さん、タイムリーな話題の方がウケがよろしいので、できるだけ七五三?今頃?な時期にならぬように心がけたいと思います。
とりあえず今はスタジオ撮影分の出来上がり待ちです。

No title

てんてんさん、この着物手に入れたときは大ラッキーでしたが、実はその後『ちゃくちゃくちゃく』で、ほぼ同じ色で同じ青海波、裏も共八掛で『…あの着物とシリーズなんじゃ…』と思われる激似の着物を580円で発見したんですよええ、半額デーでもないし、同じような着物は2枚要らないのでスルーしましたが、次行った時はなく、そしてなぜかお参り当日にその着物と似たようなものを着ている人を見かけた…まさか、まさかこの人が買ったのではあるまいな!?
画像がやたらと多いイベント行った時の着姿はアップが終わっているので、七五三記事は割と早く出てくるかと思います。

No title

ohaさん、男児の七五三は実につまらないので七五三衣装の平置き画像だけで済ませましたよ(笑)トルソーが子供サイズではないから着せられないだけですけど。
この手の色は結構は肌の気になるお年頃には難しいですよね。綺麗なんですけど、色々試さないと合う合わないが歴然。
…スタジオ撮影は小僧はただのいつもの服でフラーっと行っただけですから楽だったんです。お参りもそんな感じだと思っていたようです…

No title

ふでぺんさん、ああ、伊達衿は毎回毎回固定が難しいですわ~…本当はこの着物手に入れるまでは何となく昭和な菊ばかりが目立つ付け下げでも着ようかと思ってましたが、こちらにして正解でした。
あ、でもその付け下げも今後いつ着るかわからないのでとりあえず没コーデとして着てみようかしら(笑)
……小僧、スタジオ撮影でスタジオのお姉さんたちに寄ってたかって白々しく褒められたのでいい気になっており、案外ノリノリで着ていやがりました…

No title

なんと素敵なマダームなお姿。
着姿を早く拝見したいものです。
それにしてもこの青海波のお着物。控えめに凝ってますよねえ。
ところでこのトルソーちゃん。
微妙に傾いてますよね。見えない誰かにちょっと肩を寄せているかのよう~。

No title

この着物、礼装として着なくなったら、何処か波間に黒猫描いたらよろしいわ。ツモリのにゃん海波、こんな色ですわ。

No title

ほあかばりきるま。さん、そう、一見ただの綸子の青海波の鯉のぼりのような感じですが、本当によく見なけりゃわからない凝り具合。
でも500円で投げ売り、未使用品…無駄な凝りようでございましょう(笑)
そしてトルソーちゃんも七五三コーデはやってられないのかすっかりやる気がございません(笑)

No title

たまさん、…確かそんな柄があったなあ、金ぴか袋帯の青海波の中に猫が混入していたような…ツモリは洋服ではもう知名度がないですが、着物関係では『猫もの第一人者』としての地位が確固たるものですな。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ