FC2ブログ
2016-05-16

牡丹コーデ、2016。

―――――――はい、とっくに咲き終わった花のコーデが続きますよ(笑)

今年の牡丹コーデ。…今年は咲き始めが早かったのと地震もあり、あまり何パターンもコーデする気にはならず1パターンのみ。









……花薬玉コーデに見えますが、牡丹コーデです(笑)逆パターンで、牡丹コーデに見えますが薬玉コーデ、と言い張ることもそのうちあるかも。

骨董アンティークフェアにて『Wing』さんで500円だった、花薬玉柄の着物。先に手に取っていたおばさまが『これで何作ろうかしら~…』と云っていたので口惜しく眺めていたところ、結局買わずに戻した隙を見て掻っ攫った品(笑)



だって、このように1ヶ所牡丹のとこにシミがあるだけで、全体的に綺麗な着られる着物ー
切り刻まれてなるものか。

で、牡丹がメイン(まあ、薬玉柄は大概牡丹がメインになってるが)の柄なので、牡丹コーデで採用。

同じく牡丹がメインの花薬玉柄刺繍帯、これは数年前にネットショップ『ICHIROYA』さんで。あちこちスレがあるってことで3900円とお安かった。

しかし前帯部分が牡丹柄ってことで、割と手持ちに前帯が牡丹ってのが多い私としては全然出番がなく数年隠匿。

半衿も牡丹柄刺繍。『キステ』さんで3点1000円コーナーより。…そう云えば最近全然キステさんにはお世話になってないなあ…

帯揚げ、帯締めは半衿の色に合わせてみました。帯揚げは今は亡き『バザールdeバザール』蕨店で100円、帯締めはfoomiuさんからの頂きもの。



――――――まあ、やっぱり遠目から見れば薬玉コーデにしか見えないが、これは牡丹コーデ。きっぱり。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます


         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

逆もまた真なり(笑)

薬玉牡丹コーデ or 牡丹薬玉コーデでいいんじゃないでしょうか(^_^;)

船場の大店のこいさん(いとはんではないところがミソ)がお稽古ごと行く時に着そうな感じのイメージです♫

No title

刺繍の帯がきれいだなぁ

私も1枚しかない単衣のコーデを考えるとするかな

同じく、ピンクなのです。袷に仕立てておけば、桜の時期に

ちょうど良かったかもしれませんが(笑)

No title

パッと見、絞りに見えていました。
500円だなんて、かっこよすぎです。

No title

てんてんさん、そう云えば牡丹が入ってない薬玉柄って持ってたかしら…常に牡丹が付きまとうのが薬玉柄。
シックなポリの牡丹がメインの薬玉柄着物もあるですよ。そのうち牡丹コーデか薬玉コーデで出そう(笑)

No title

にゃんことにゃん助さん、この帯買ったショップは綺麗な状態だと比較的お高いので、まあまあの状態でこのお値段はかなりお安い方でした。
…ああ、単衣。単衣、結構持ってる割には全部渋い(笑)『ああああ、これが単衣だったなら』と思う袷ばっかりあります。

No title

ohaさん、そうそう、赤地なんですがこの地柄のおかげであまり派手すぎず。
有名な田中翼さんのお店ですが、まさか500円コーナーがあろうとは思いもしませんでした。そして探すと掘り出し物多し!!

No title

可愛い~。柔らかな色合いなので、優しげです。
ところで地震。大丈夫でしたか?ご無事を祈っています。
今年の日本は大地震もありどこでも不安です。
今朝は真夏日。そろそろ単衣かな~と衣替えの準備をしています。
夏物のアンティークがまた可愛いかったり、粋でモダンだったりしますね。こちらではアンティークは値上がりムードです。
少なくなったのかも知れないです。残念。

No title

passionpianoさん、つくづくおばさまに買われずに済んでよかったです(笑)買われていたら今頃…
あ、若干揺れましたが『日本に住んでればどこにも逃げ場はない』と思ってるので、改めて色々確認しておきました。
ああ、単衣シーズンになりましたねえ。しかし可愛い単衣が手持ちにないので困るのです(笑)
『これ、単衣だったらいいのに』と思う袷を片っ端から引っぺがして単衣にしたい気分です。

No title

半襟と前帯がちゃんと牡丹を主張してますよ^^
とても綺麗な色のコーデですね。
このお着物500円とは!そりゃ長着でちゃんと着てあげないとですね。
私も最近素材用のものでも「いや着られるな」と思えるようになってきました。恐ろしい。。。
ただいま菜の花が見ごろの北海道より・なな吉

No title

特にサイズで悩む人が多いですが、その点は一切問題ないですしねなな吉さん、それで汚れや傷みを気にしないのであればアンティークは着放題でございましょう。
赤地ってことで悩みましたが、案外赤でも柄のおかげでシックな感じで救われたのでした。
…で、やっぱり夏日に襲われましたね、北海道。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ