FC2ブログ
2015-11-06

ほぼ全身頂きもの、なコーデで祭りの前の静けさ…の川越へ。

――――――んまあ、またしても3週間くらい寝かせております、お出かけ記事。

川越まつりを週末に控えていた日に川越に行って来たんでございます。…ええ、もちろん川越に対し尊大なワタクシでございますので『…んじゃ、暇だから川越にでも行ってやるか』という無駄に偉そうなスタンス。

実は記事にはしていないが、割とちょくちょく川越には行っているんです。川越の保護猫カフェ『ねこかつ』さんちには(笑)そして近くのまるひろ百貨店をはしごして帰る、という着物ブログの記事にしようもないパターン(笑)

なので川越の観光地区に行くのは正月以来ですわ。



川越まつりを控えているので紅白幕が下げられております。…んがまつり前ってことで若干観光客が少なく、野良猫がゆうゆうと道を渡る姿あり。



お約束画像(笑)―――――そう云えば去年も同じ時期に来ていたような覚えが

で、川越に行った際のスケジュールとしては着物屋さん
猫だらけ無料休憩所
菓子屋横丁。そして帰る(笑)

という小一時間コースなのだが、今回はそれに加えてまるひろ&ねこかつさんでございます。…我が家にしては結構タイトなスケジュール。

…着物屋さんでは買い物もしたのだが、若干切ない
事態が起き、それは後に譲る。



猫だらけ無料休憩所はちょうど閉めようとしているところだったようで、猫は3匹くらいしかいなかったな~やたらと膝に乗って来る三毛とか(笑)

そして菓子屋横丁横の寺で着姿を撮る。




ほぼ全身頂きものコーデ。足袋靴下はくろりんさんからの頂きもの&猫柄ウレタン草履。…そう云えば手持ちの
履物は圧倒的に下駄が多いのに、ここ数年ウレタン草履しか履かなくなってしまった…



もう夕刻ってこともあり菓子屋横丁も人が少なめ。

6月に菓子屋横丁は火事に見舞われて5軒全焼しているのですが、ここからは見えず。



―――――ああ、本当に焼けちゃったんだ…な光景。火元の室岡製菓さんはあっしが高校生の頃から『芋ようかんが甘い…』と文句たれつつ買い物してきたお店
ああ、切ないのう。

んが、室岡製菓さんも、お向かいの数軒も再建予定だそうでこのように青空販売所を設置して品数少ないながらもちゃんとお店を続けております。

でさあ、確かにここだけスコーンと店がなくなり工事現場風味と化しているもんだからここまで来ないで途中で引き返す人も多く、先日の『もやもやさまぁ~ず』でもここは撮っていなかった

――――――行ってあげてください。そして少しでも何か買ってあげてください。

市内外から見舞金、義援金も届いてはいるようですが、やっぱりお菓子屋さんなのでね。観光客が無理なくできる応援はお菓子を買ってあげること、これに尽きるような気がしますですよ。

……あっしは川越に対し尊大だが愛しているのでね(笑)こーゆーところを紹介せず、旅行雑誌で紹介されてるような場所ばかり行って、『観光客が喜ぶ小江戸川越』な画像しか撮らず『これが川越ってところです、皆さんも是非
』ってな記事を見るとイライラするのよーっ

その手の記事には絶対、これらは写っていないし(笑)



発砲スチロールアート作家ヤジマキミオ氏の作品が菓子屋横丁にはごろごろしておりますぜ。…でも『小江戸川越』を求めてやって来た観光客には『何これ、興醒めだよねー』とか云われちゃうのさ…

いや、興醒めなのは大人だからであって、本来駄菓子売ってる場所はお子様向けの場所であろう。お子様には人気なんですのよ、これらは。

ちなみにこの日、パンダの皮が剥がれて
おったので、数日後にあっしはヤジマ氏にメール入れましたですよ。

幸いにしてその前日に他から連絡が入って既に修理済みとのことでした。



余談だが、かつて菓子屋横丁にいた『チェスの駒』は南浦和駅へと貰われて行き、ちょっと前までツイッター上で話題になって、このように地域情報誌のカットにまで使われております(笑)


さて、観光地区を後にし、あとは地元民が集う元サンロード、現クレアモールへ。(…昔はサンロードっつー名称の商店街だったもんで、ある一定の年齢のものにはここはいつまで経ってもサンロードである)



小僧はここのまるひろ百貨店の屋上の車の遊具が好きなのでねえ
…この観覧車、大昔(あっしがお子様の頃からよっ)からあるが未だに健在。ちなみにこんなに小さい割には設置場所が屋上なので、見える景色は大変に恐ろしいです。ここも川越のディープスポットだわな。怖いもの見たさの方は是非(笑)



そして保護猫カフェ『ねこかつ』さん。…ぶふーっとした表情なのは我が家のお気に入りの太過ぎる三毛『天天』ちゃん。



――――を撮っていたら『何してるですか?』と寄って来る黒龍くん(里親決定)

祭日だったので混んでるかな~と思ったら、夕刻ってのもありちょうど人が引けて少なくなった時間でした。



なんだか着物に入られる方もいたり(笑)



我が家の目が釘付けだったのが、この日ねこかつに来たばっかりという『ヤマト』くん。…なぜ目が釘付けというと巨大なんですよー
太ってるんではなく全体的に巨大。

巨大猫好きの我が家としてはこの日来たばっかりのヤマトくんを触り倒してしまったのだが、お腹触られても嫌がらない人慣れした子でした。…触られた後『ああ、触られた触られた~』と一生懸命毛づくろいしてたけど(笑)

そしてまだお店にデビュー前の秘蔵っ子?『子爵』氏も見せて頂いた。…男爵のような口ひげ柄のある白黒猫。男爵の後にやって来て一応弟分になるので男爵より地位が低い(笑)『子爵』なんだそうな。

●追記●…ワタクシ、勘違いしておりました。今調べたら(11月9日)子爵の方が地位が上!!
…弟分より地位が下の男爵…(笑)

で、男爵と云えば衝撃画像。



お店には里親が決まった子のアルバムがあるんですがね。そこにはこんな顔の男爵が写っておられたんですよ。

――――――そうですか。お店ではこんな風にスタッフさんのお膝に乗って幸せそうにくつろいでいたんですね。我が家ではソファー裏が定位置でございますね。あっしの膝に乗る気は毛頭ございませんね。そうですか。

と思わず男爵口調になってしまうワタクシ。



人も少なく営業時間終了間近だったせいなのか、猫のおやつタイムに突入。あっしらも『焼きかつお』という猫まっしぐらなおやつを支給されたが、袋を開けた途端に背後の親子のように猫に群がられ、やたらとがっついてる子猫の爪がサクッとささった小僧は流血した。

そして帰りに寄った飲食店の自動ドア(スイッチ押さないと開かないタイプ)にも思いっきり顔からぶつかり鼻血を吹いたのだった。



着物屋さんで買ったものは猫柄の子供用襦袢。……高かったんです。いえ、この柄ならば骨董市でもそれくらいはするので妥当ではあるんですが。

長年お世話になったお店なのでもうお名前は出しませんが『…このお店、こんな物の売り方をするようなお店じゃなかったんだよー
』な事態が発生。

『長年、掘り出し物を安く売ってくださりありがとうございました。なのでこの品はせめてものお礼として買わせて頂きますが、今後このお店にはもう来ることはないでしょう。今までありがとうございました』という気持ちでしたわ



―――――5000円もしたので(笑)この方には作り帯、小物、そして来年用のブログ村用アイコン画像として役に立って頂きましょうか。…実に微妙過ぎる猫の顔だし(爆)


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。
このたびの記事はコメントに入れたいことがたくさんで悩みますが
一番私的にぐっと来たのはあすかさんの川越愛とわんぱくホイールです。
まだこんな昭和なデパート屋上観覧車があるのですねえ。郷愁です。
しかも暮れかけの空がまたなんともノスタルジイです。
自分が子供のときに行っていたデパートの屋上遊園地に子供と一緒に行けるのってなんかいいですね。
私の地元のデパート(丸井今井)からはとっくの昔に遊具はなくなってしまいました。(まあ子供もいませんが)
菓子屋横丁で燃えてしまったお店も復活の予定とのこと、ちょっと安心しました。ほんと商売されている方には商品を買ってくれるのがなによりですよね。
いつか行けるときがあったら沢山お買い物します!!
なな吉より

No title

川越には今まで3回行ったことがありますが、駅前のホテルの講演会やら 観光バスで時間を決められてそこいらをウロウロする程度でした

火事の跡 痛々しいけど そうですかお店の人は頑張っていらっしゃるんですね
今度行ったら 必ずこのお店にいきますね

男爵さまの写真は別猫っぽくてびっくりです なんでクールなご正確におなりになったのでしょう?

小僧ちゃん 悲惨な一日でしたねぇ
足が長くなりました 成長ですねぇ

猫柄長襦袢 珍しいですね
『このお店、こんな物の売り方をするようなお店じゃなかったんだよー』というのは どのような物語なのでしょうか?気になりますです

No title

私がもし今後川越に行く機会があったならまっしぐらに発泡スチロールアートの場所に向かうんですけどねえ。
お菓子買いに行きたいです。
ところで。ご子息の流血沙汰は大丈夫だったんですかねえ?

No title

きゃー!😻まず可愛い子猫の襦袢。私も朱赤地にリアル猫の持っていますが何かに使うのももったいなくてそのまま置いています。いいお値段だったと思います。がカットして小分けにして売っていると更に高値です。あすかさんは器用に作り帯やバッグに自由自在に変身させそうで楽しみです。左側の男爵風味な子猫が愛くるしい😝猫カツさんの巨大猫。連れて帰りたくなりませんか?男爵はそのうちお膝の上に乗ってくるでしょう環境が変わったのでまだまだ用心しているのかな?あすかさんの目線で誰もがレポートしない素顔の川越の様子がとても楽しいです。感謝🌹

No title

てんてんさん、『ディープな●●』って旅行本だってあるのに、なぜか最近は割と皆さん有名どころ旅行雑誌みたいな記事の方が多いような気がします。多方面に気を使い過ぎなのでは~
そりゃ誹謗中傷みたいになってはいけませんが、個人的に感じたことをストレートに表現できるのがブログの醍醐味でありましょうに。
無駄に寂しい白部分(笑)柄がある帯に載せると引き立ちますねえ。
――――おだん様は本日も逃げ遅れて、仕方なくワタクシに撫でくりまわされましたが、ちょっと部屋出た好きにすかさずソファ裏へと逃げられました…

No title

べにおさん、ええ、べにおせんせーが喰いつく記事でございますよ。絶対観覧車には喰いつくと思った(笑)
そう、正月にはあの石になったハシビロコウいなかったんですよね。で、今回色が付いてるのがいつもの場所ではないところに設置されていたのですが、なんだかこっち、大きいんですよ。あの石のハシビロコウとは別物なのではなかろうか。…そんなにハシビロコウの需要があるのか(爆)
発泡スチロールアート、埼玉県内に勢力を広めつつあり、川越近辺のあちこちに貸し出されたりしておりますよ。
―――おだん、なんかプライドが許さないのか、撫でさすってやると一瞬ゴロゴロ云う癖に『はっ』という顔になってあくびしたりして誤魔化すんですのよ(笑)懐いてない割にはネタに事欠かないお方です。
んで、ぼーくんは子猫なくせにあの巨大化は将来性を感じます(爆)

No title

水玉nekoさん、あ、やっぱりお持ちでしたか!『これ、絶対猫柄マニアの水玉nekoさんちになら同じものがありそうだー』と思ってたんですよ(笑)
うーん、襦袢も様々で、着物と共衿で上から白い衿掛けられてるものもあれば最初から白い襟になってるものもありで、私は掛け衿が付いてなくて、おくみがない、袖が前も振りも開いている、のが襦袢だと思ってました。
んが、地方によっておくみ付けたりもするので、もう素材感で見分けております(笑)
これは作りが襦袢っぽいな、と思ったもので。
長年お世話になったお店なので悪くは言いたくないのですが、値札も付けずに紛らわしい場所に陳列していたんですよ。このお店、基本的にはちゃんと値札付けてますから。特価品1000円均一以外は~
それからレジの打ち方もな感じでしたので、『うーん…』となってしまいました。

No title

みっこちゃんさん、小癪な子爵(笑)あっ!!ワタクシ大変な間違いを犯しておりました。男爵よりも子爵の方が地位が上!!今改めて調べたらそうなっておりました~
…しかし弟分よりも地位が低い男爵って…やっぱり生活態度が悪いからかしら(笑)

No title

たまさん、特に菓子屋横丁付近はあれらのおかげで色彩が加わりましたしねえ(笑)…昔はホントにいきなり菓子屋横丁が現れる感じでございましたさ。
テレビとかもそうですが、『小江戸』を全面に押し出してる番組だと絶対に、もう絶対に発泡スチロールアートを撮らないの(笑)『すげー無理して頑張って写らないように撮ってる~』とか見ながら思いますだ。
――――そーゆーことするから観光客が騙された気分になるのだ。余すところなく撮って行け。

No title

ねこやんさん、屋外に展示してあるのでどうしても色褪せてしまうようで、定期的に補修と色塗りをしているようです。…心ない観光客にいたずらされて壊れたりもするし~
おだん様、ねこかつ暮らしが長かったですからね~大勢の中で生きて行く術が若干愛想を良くするってことだったのかもしれません。
今、『好きになさいませ』とほっといているので本当に好き勝手にわがままにおなり遊ばされました…昨日も威嚇してくださいました…

No title

Bonheurさん、アップが遅れて申し訳ありませんでした~この後、頂いた蝶の柄の紬のコスモスコーデも登場予定です。
初めて行ったお店で失礼な対応をされればそりゃ二度と行きませんが、今回のは『うーん…どうしちゃったんだろう。こんな紛らわしい物の売り方はしないお店だったのに。経営が思わしくないんだろうか』と思ってしまいました。人間切羽詰まればなりふり構っていられませんし。
ただ、もう品揃えそのものが私のストライクゾーンから離れつつはあったのでいい機会かな、と思って卒業することに。
まあ、色々とのんびり新規開拓でもすることに致します。

No title

マド・松本さん、あ、明るく写りますが実際は割と大人しい臙脂色なのです。帯は目立っておりましたが(笑)
川越は今やレンタル着物の人でぎっしりなので、派手なポリ着物の中ではこの恰好でもあまり目立ちません。
…おだん様、我が家に来てもう8ヶ月経つというのに…

No title

ねころびーさん、というか、観光地区だけなんですよ、小江戸なのは(笑)あの一角を離れたらもう普通のどこにでもある繁華街が広がっております。
だからもう、あの一体のよそからの参入組の『小江戸です!!』な売り方にはもう、笑いが込み上げてまいりますわ~昔は本当に汚い街並みでしたしねえ…
焼け出されたお店なので菓子類の在庫は少ないですが、それでも何かしら買ってくださるとお店の方も嬉しいと思います。
…男爵の弟分の子爵がまだデビューされておりませんが、これだけ出てこないってことはおだん同様に極度のビビりと思われます(笑)
んでおだん様は相変わらずに屈折な生き方をなすっておられます(笑)
―――今は亡き…のお店、本当に今は亡きとなってしまいました。屋号を変えてしまったことでお店そのものの性格が変わってしまわれたような…

No title

タンタンさん、…発泡スチロールアートってばグーグルのストリートビューで見られないのかしら。見れそうな気がするんですがね、大通りに面してるとこのは。
生で見られない時にはグーグル先生のストリートビューでも見て頂こう、べにおせんせーには(笑)
というかヤジマ氏のHPでもまめに覗かれたら気が休まるかもしれない。
…子猫の爪では必死に流血を隠そうとしましたが(怒りゃしないのに怪我を隠そうとする小僧。野生動物か)、鼻血はこっちが見ても顔面強打で痛かったのでべそかきました。疲れてもいたし(笑)

No title

IZMさん、読売新聞の埼玉版にはたまに菓子屋横丁の現在の様子が取り上げられるんですけどね。ニュースではさすがに…
市からも再建のための助成金が出るそうで、火事対策を強化した菓子屋横丁を作っていくそうですよ。
発泡スチロールアート、嫌う人もいるんです。『とにかく小江戸!!』を味わいたい人に特に。
…浅草だって、道1本ズレたら猥雑な街並みですのにねえ(笑)

No title

今回はストレートになな吉さん、…ワタクシ、まさかこの屋上遊園地?が健在だとは思いもしませんで。この百貨店の屋上なんて中学以来ですよ、足踏み入れたのは。
この観覧車以外にも、微妙な釣り堀みたいな金魚だらけのペットショップまで健在で腰抜かしそうになりました(笑)どれだけ昭和で止まっているのか。それでよくやっていけるなあ。
でもこの観覧車もさりげなく綺麗になっているので大昔の物をずっと使っているわけではなさそうです。
それにしても昔はスーパーの屋上とかデパートの屋上はもれなくお子様遊園地気味になってましたよね。今はゴルフ練習場とか運動系のカルチャースクールみたいになってるとこが多いような…

No title

ocarinさん、まあ、川越は見どころがコンパクトにまとまっている場所なのでそのコースでも決して間違いではないと思われますが(笑)
おだん…目を疑いましたよ。これは誰だろう、と…うちが嫌いなのかしら、そうですか…自由にさせているというのに。
着物屋さん、ちゃんとお値段はわかるように明記してるとこだったんです。お値段が付いてないのは特価品の均一コーナーだけで。
この柄の襦袢ですとコレクター用にちとお高い襦袢を揃えてるコーナーに下げてるはずなんですが、今回は紛らわしいにもほどがある場所に値段も付けずに『客寄せ』のように下げておりまして。
初めて行った店ならば買わなかったでしょうが、長年本当に安くいいものを買わせて頂いた店ですのでご恩返しのつもりで買いました

No title

ほあかばりきるま。さん、ええ、そのような方々もいっぱいいるのです(笑)んが着物ブロガーですと圧倒的に『見なかったこと』にする人が多いような気がします、発泡スチロールアート…楽しいのに~
―――小僧、成長につれあまり流血しなくなりましたからねえ。すっ転んでひざ流血とか。たまにはいいのです(笑)

No title

内緒さん、えーっともしかして気にされてコメント削除されてしまいましたか?…すみません、ここまでコメント入れる時間がなかなか取れず。
もしかしてお太鼓画像の方の方のところの丸いもの?でしょうか。これ、多分飾り瓦?の一部だと思います。前後の画像を確認しましたが心霊写真っぽい物は確認できませんでした~残念!!
…今まで心霊写真撮れたことないので見てみたい…(笑)
ご心配おかけしました。

No title

passionpianoさん、そうなんですよねー、こーゆーいい柄の襦袢って半衿サイズにカットして袋入りになってると更に高い。なので決してこの襦袢が高いわけではないんですよ、最初からこのお値段と知って買ってれば。
この襦袢のままで所持してると切ない気持になるので、さっさと加工してガンガン使う、これに限るような気がします。
…巨大猫、しばらく『ああ、リビングに置いておきたい―』と話題になりました(笑)おだんは懐かず、おはるちゃんは小僧が怖いので寄りつかないので
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ