FC2ブログ
2015-10-14

何となく箱根方面に行こうとして、そして江の島(笑)……そして思いがけず猫まみれ。

―――――あああ、もう3週間以上経っている…シルバーウィーク中のお話でございます。

非常に天気も良くお出かけ日和だった連休でしたので、何を思ったか『んじゃ、ちょっくら箱根方面でも目指すとするか』と昼過ぎにいきなり言いだしたのでございます、あっしが。本当に何を考えているのか。

どこも混んでる連休といえど、噴火警戒の影響で箱根は人が少ないかと思ってさ。

んが、たとえ現地が混んでいなかろうとも、その道すがらが混んでいたらどうしようもないので『箱根方面』としたのでございます。

――――そして車中でいきなり海方面に行きたくなり『茅ヶ崎方面でいいや』とかなり箱根より手前で妥協したのであった。

んが、戸塚付近までは順調だったものの、一般道に降りた途端に大渋滞でございましてね

茅ヶ崎より手前に江の島、あるじゃないですか。……そして最終目的地は『江の島』になったのだった。

行き当たりばったりにもほどがあります。

―――――――――んが。この江の島に辿り着くまでもが大渋滞でさあ

もうすっかり日も落ちかけた午後4時過ぎなんだから、もっと空いてるかと思いきや、むしろ夕日を眺めようという魂胆の輩が這い出されてきたようで、びっくりするほどの人混みさ。



車中からの眺め。…小僧は海に入りたがったが着がえも何も持っておらん。何より渋滞にハマって動けないんですがな。



帰る人も多いが今から向かう人も多い。……一体江の島はいつからこんな一大観光地になったのか

いえね、そりゃ昔から観光地ではありますがね。昭和を知る者としては江の島は東京タワーに並ぶ『何となくうらぶれ感漂うトホホな観光地』のイメージなのですよ。特に90年代なんか本当にそんな感じであった。

それが今や東京タワーもリニューアル後は復活し、江の島までもがなぜか若者に人気でございますのねえ。おばちゃん、びっくりよ



車中から見えた江の島のメインストリートの参道見て卒倒しそうになったワタクシ。…なんですか、この人混みは…

で、当然のことながら参道に近い側の駐車場は満車でございまして、一番奥にある駐車場しか空いてないのでそちらへと向かったのでございます。



駐車場の上はこんな風になっており、日も暮れていることですしここで着姿撮影をば。



―――――時間的に海風が大変にきつく、乱れ飛ぶ髪がそれを物語り、そしてなんてことでしょう。縫っておかなかった振りがべろべろと見えているではございませんか(笑)

ええ、縫っておかずとも強風に吹かれなければバレることはなかったのに…このように思わぬ形で手抜きが露見するので人生は甘くはありません。

着姿撮影も終わり、小僧も一応間近で海を見たので満足し、んじゃ参道の方まで行ってやるか、とまず道すがらにあった公衆トイレに行ったのでございますが。

……そこで思わぬ遭遇をしたのでございます。



猫ー
…なんだか野良猫のご飯タイムだったらしくて、続々と集まる猫。そして基本的に皆、太い(笑)

野良猫にしてはやけに人慣れしていてほとんどの子が触らせてくれたのだったが、この時にはおじさんが二人、猫のお世話をしており、観光客の子が食事中の猫を触ろうとしてるところをすかさず『ご飯食べてる時には触らないでねーびっくりするからねー』と優しく注意。

それぞれの子に名前も付いててしっかり管理されている様子。



この場所にはこんなポスターも。ブレまくっておりますが内容は読めますでしょう。

―――――あたしゃこのポスター見て深く反省しましたよ。そう、猫がいた~!と喜んでその場所がすんなり特定できるような情報を流すと、虐待目的の輩の標的にもなりうるんですね。

多分そのような事案があったればこその注意喚起なのでしょうが、普通はここまでは思い至らず、ここまで考えて貰っている江の島野良猫は幸せだなあ、と思った次第。

あ、私も川越の猫だらけ無料休憩所の位置を掲載したことがあったのでそれは削除しました。

皆さまにおかれましてもなるべく気を付けてくださいますとありがたいです。←猫好きだけど猫飼ってない方に多いです。気持ちはとてもよくわかりますが。



…そしてうっかり猫と戯れていたらますます夜になってる参道。でもこの人混みさ

ここって参道がすっごく狭いのにいっぱい人がいるものだからぎうぎうですわ。



やっとこさてっぺん(といっても更に上がある)の赤鳥居までやって来て撮ったらば、すっごく飛んでるオーブ(爆)



見下ろして撮ってもやっぱりガンガン飛んでるわあ、オーブが。……つーかフラッシュたかないと写らないんだから埃の類じゃないのかえ、これ

そしてここまで来たら『もういいや、暗いし』とそのまま引き返す我ら。



このような恐るべき人混みの中でも堂々と歩く猫が2匹おりましてね。しかも触り放題でどれだけ人慣れし過ぎているというのか。…そしてもちろん太い(笑)



海っぺりまで降りてきたら、またしてもカップルの隣で普通にカリカリ喰ってる猫。この子も触れるし。

この日、江の島で見た猫は合計10匹でございました。―――――うちの猫はこの日はどっかに潜って姿を消していたのでまだ見てないっつーのに(笑)

そして江の島まで来たのに海鮮類は喰わず『湘南バーガー』というものを喰って帰ったのでございました。あ、湘南バーガーってばパティがさつま揚げですが、予想外においしかったです。


帰宅後江の島の感想を小僧に尋ねると。

『壁に刺さってる古いビートル』



――――――渋滞中の道すがら、このようなサーフショップがあったのでございます…調べたら有名店のようですが。

海でも猫でもなく、壁に刺さってるビートル。相変わらずな小僧なり。


そしてほっとかれた我が家の猫はお土産の釜上げしらすを巡って醜い争いを繰り広げたのだった。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

  >

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

読んでいてとても楽しかったです! ありがとうございました。 江ノ島の風にみだれる和服姿がなかなかいいです。 水玉の帯、気になります。 ツモリチサトっぽくて、いい感じ。

外飼いの猫も、このごろは受難続きで気の毒です。

きままな旅も、あすかさんの落語のような文章で深みが増してます。 海や猫をさしおいて、壁に刺さったビートル…も、記憶に残りそうです。 小僧君は、再びここへ来そうな気もします。

No title

江の島猫かわいいですね。まるまるしてるのは食事に困ってない
幸せなノラちゃん。
そうか、猫の位置情報ですね。まさか、そんなことが問題に
なる時代が来るとは。。。昔の人は(=私も)考えもよらな
かったでしょうね;;;悲しい話です。

うちも連休の外出は、いかに空いてるところを探すかですなぁ!
もちろん、気ままに変更アリですよ。渋滞は御免こうむります。

No title

振り 縫わなかったのならばスルーなされば良いものを
正直者ですねぇ あすかさん

あのとき「あれ?なんていう縫い方だっけ。。。」と名前は書きませんでしたが たしか【二目落とし】といった と思います
袖付け側はいいですから 振りは縫っちゃってください あすかさんならちょちょいのちょいです

猫 触れるのですかぁ。。。
わたしは まだドラネコに触れないでいます

しかし お正月のような混雑ですね
びっくりです

ビートルは 刺さってる というか
わたしには「壁からビートルが抜けて出ようとしている」風に見えます(笑)

No title

夜の鳥居画像を見て、心霊写真かと思った私。何しろ今の小ブームが、YouTubeでの心霊動画鑑賞なもんで、ドンピシャハマりました。
3週間!師匠、押せ押せですねー(爆

No title

はじめまして。いつもランキングからブログ拝見しています。

江ノ島…そうなのですよ、平日でさえ外人さんもいっぱいでございます。
私は人混みが苦手なので、寒くなってから暑くなるまでしか江ノ島には行っておりません。
あの駐車場の辺りは、釣する人が夕方もいるんでないかしら。

猫のいる場所はあまり外人さんはいませんけど、ライダーが多いですよね。
しばらく行っていないから、ポスターが貼ってあったのは知りませんでした。
自分らが行く時はあの猫のいる場所から、猫のいそうな裏道を通って坂を上り、神社には上から降りてますねぇ。
お金はかかりますが、エスカーを使い、サミュエルコッキング園なんかも行ってみたら、かなり江ノ島観光気分が味わえるとは思います。
冬は人が少ないとはいえ、クリスマス近辺はあの辺カップルだらけなんでお子様連れにはおススメしませんが…

釜揚げのしらすは、とってもお気に召されたことでしょうね。

No title

江の島の野良猫さんたち、愛されてますねえ。
私は先日の三連休に函館に行っていたのですが、ふと立ち寄ったコンビニの入り口付近に野良ちゃんが2匹おり、とっても人馴れしてました。
そして丸かったです。
疲れがたまっていたときになでなでしたのですが、気持ちが丸くなりました。
旅先で思いがけず野良さんたちに出会うと嬉しいですね。
栄養ドリンクよりも効きました^^
にしても江の島・・・私もうらさびれた頃しか知らないので驚愕です。。。
初雪ま近の札幌より・なな吉

No title

キジッチさん、…往復に6時間くらいかかって、滞在が2時間に満たず、そして猫をやたらと見て謎のバーガーを喰った、それだけの内容でございます(笑)画像がやたらにある割には内容はシンプルでしたねえ(笑)
小僧、長い移動時間だし参道が人いっぱいで怖くて夫が抱っこだし食べたものはフライドポテトだけだし、特に江の島にいい思い出もないと思うのですが、お天気カメラとかテレビとかで江の島が写るとなぜかはしゃぐのです…楽しかったのか、あんなんでも

No title

内緒さん、私、あの事件でまず思ったのは『…何で野良猫なのに首輪が付けられる!?犯人日々お世話でもしてるの!?』でした。
今回行ってみて激しく納得。ほとんどの子が気軽に触らせてくれる~
あのとき結構取材陣が押し寄せましたしね、虐待もそうですが『あ、ここなら捨ててもいいや』って人もいたのでは。

No title

にゃんことにゃん助さん、90年代の寂れた観光地のイメージしかなかった私には、今、江の島が猫好きの間では有名なとこになってるとは知りませんでした。…本当に皆すっごく太っております(爆)
きっと観光客が日々海鮮をごちそうしているのでしょう。

No title

ocarinさん、いえ、これほどおいしいネタはないのです。少なくとも『…ああ、こんないい加減な人もいるんだ…』と肩の力が抜ける人もおられるかと。
この着物、まだ振りを縫っていないのに仕舞ってしまいました。…きっとまた数年縫われぬまま過ごすかと思われます(笑)
江の島、午後5時過ぎてもこの人だかりですから明るいうちにはどれだけ人であふれていたのやら…
ドラネコ様にはまだ触れませんか~

No title

たまさん、…これもテレビの心霊番組ならば『不可解な現象がカメラに…』と言って紹介されますわ(笑)…どこで撮っても夜にフラッシュたけばこのような画像になるんですがねえ。うちのカメラですと。
しかしどんなマイブームですか、それ(笑)
うちの小僧は毎日『ねこかつ動画』を見てますよ。数本あるのです、ネット上に。

No title

野良にゃんのほうが、我が家のにゃんより、まるまるとしているかもしれません
しかし、鋭い眼光!やはり、野良にゃんですね
強風にあおられるヘアスタイルもナイスです
大混雑の中、お疲れ様でした
浮世絵にも、こんな風に強風にあおられるレディがいてもいいんじゃないか?と思えてしまうお写真でした♥

No title

さのっちさん、お名前に覚えがあるなあ、と思ったらももちゃんさんのとこでお見かけしていたのですね。こちらこそ初めまして(笑)
アジア系の観光客、確かに多かったですね。欧米系ではなく。何かアジア系の人にアピールするようなものがあるのでしょうか。まさか『東洋のモンサンミッシェル』だと信じているのでしょうか(笑)
明るければ上までエスカー使って行ったかも知れませんが、何しろ暗くって
赤鳥居くぐった途端に空気がすっごく冷たくなったので、かなりちゃんとしたご神域のようで観光地なのに珍しいなあ、と思いました。で、若干怖かった(笑)
お子様連れとしては海で遊べなかったのが悔やまれるところですが、海遊びが快適な時期だとどれだけ混むやら想像するだに恐ろしいです。

No title

もう真冬になってるニュースがこちらでは流れておりますよ、北海道。北海道でも外れの方だけが大雪ですのになな吉さん、函館も観光地ですから結構人慣れしている猫が多そうですね。しかし寒冷地ですから太くなっておかないとこの先生き延びられないのでしょう。
東京タワー、江の島、熱海。この昭和の三大観光スポットは90年代は見るも無残な寂れっぷりでしたのに、いったいどうしちまったというのでしょうか。
あ、でも熱海はわかりませんが東京タワーも江の島も、土産物の品ぞろえとトホホ気味なとこは相変わらずです(笑)

No title

いち呉さん、冬に屋外で生活している猫は秋からぶくぶく太られ、そして夏には激やせしますがそれが生活環境に合ったスタイルなのですよね。
江の島猫も9月から真冬に備えて太られているのかもしれません(笑)
…そう云えば浮世絵の時代は、皆がっつり結って油で固めてるから最下層の女郎の絵くらいでしか乱れ髪って見たことがないような気がします。

No title

江ノ島…懐かしい! 実家が小田急線沿線なので、プチ地元です。
綺麗なお着物…で、地元の猫と戯れて、あすかさんらしいな…(((^^;)

あ、やっぱり人混みとかだとオーブ出ますか? 昨年、目黒雅叙園の滝のそばで撮ったら、心霊現象みたいに大きなオーブが現れてました。

No title

江の島、テレビで見る以外にもこんなにいっぱい見所遊び所があるんですね♪
猫たちも福福しい~
でも、猫が好きで写真を気軽に載せると思いもしない弊害が出て来るもんなんですね・・・
オーブもいっぱい~(笑)こんだけ人がいたら埃も舞いますわね

No title

マド・松本さん、いつからこのような若者が集う地になったのでしょうか。…ここ数年の現象だと思うんですが~江の島が割とテレビで取り上げられるようになったのもここ数年ですし。一体何があったのか(笑)
オーブなんだか埃なんだかよくわかりませんよね、この丸い光。人混みではもちろんのこと、誰もいない夜の公園で撮った時も飛んでましたので、もう埃なんだか心霊現象なんだか謎です。

No title

ねこやんさん、テレビですとほとんどが参道のお店紹介で終わりますしね。良く紹介される『クラゲせんべい』は長蛇の列でしたよ。お高いのに…
猫だけが売りの離れ小島のようなとこですと、よっぽどの猫好きでもない限りは行きませんし相互監視が行き届いている(笑)ので危険なこともあまりないと思いますが、江の島のようないろんな人が来る観光地ですとやっぱり危険があるようです。24時間いつでも出入り自由ですしね。
…それにしてもオーブ、いつごろからこれを心霊現象と騒ぐようになったのでしょう(笑)昔っから写真には写りこむものですよね。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ