FC2ブログ
2015-09-30

身幅が狭すぎる(ただし帯から下)着物をサバイバルなお直しで着る。

――――――結局蛮行お直し書庫にぶち込みますわ、この記事。ええ、蛮行以外のなにものでもなかろうて。

さて、異様に身幅が狭く、しかも軽い夏物だから歩くたびに前がガバッと開いてさながらお引きの着物のようだった先日の朝顔の絽の着物ですが。

そこそこに折り込まれ分があったので、単衣仕立てなんだから解いて縫い直せばそれでOKなのではありますが、それが甚だ面倒で面倒で。

全身の身幅が足りないのならそうしますが、足りないのは帯から下の下半身。…上半身は貧弱なので直すことなく着れますの、あはははは…
←あ、でもそれなりに体型が崩れてきたので和装ブラくらいした方がいいわな。

「身幅が足りないのなら布を付け足せばいいんじゃない?」とマリーアントワネット発想ではなく至極合理的な発想が浮かんだのでございます。



隠れる下前部分に手ぬぐいをこのように縫いつけ、強引にサイズアップ(笑)

で、実はこの状態で着付けて撮影に及んだのでありますが、微妙に長さが足りず、腰紐で押さえてる部分から足し布がずり落ちてしまったりした
…つくづく人が少ない場所での撮影でよかったぜ。

んが、発想そのものは的外れではなく、しっかり足し布部分も腰紐で押さえられればこのような『急遽その場にあったものでピンチを救うサバイバル』的お直しでも充分に何とかなるようですぞ。



足りなかった部分に更に手ぬぐいを付け足す。…これ、着丈も短い着物なので対丈で着る他なく、腰紐位置も高めでないと着れないのだがそのせいで足し布部分も範囲も広がっております。

おはしょりが取れる着物ならば逆に足し布部分が高い位置まで来るとおはしょり内でもさもさすると思うのでそこらへんは微調整が必要かと。



自宅の鏡で修正後の着物を羽織った図。上前めくるとこんな感じです(笑)

下前をきっちり体に巻きこんでおけば、そうそう前が全開のおっぴろげにはならないかと。

袷の着物では試してないので何とも言えませんが、まあこんなサバイバルお直しでもそこそこに急場しのぎにはなるんではないでしょうか。



―――――――おだん(…とうとうここまで省略されるようになった名前)は否定的のようですが(笑)


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

      >
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ、良い事ききました
私は、祖母や母、大叔母&叔母からのお下がりが多いのですが、年代的にも、着物の質としても「へ~昔から良いモン着てたんだ~」と言うのは名古屋在住だった大叔母なのですが、身幅がちょっときついです(小柄で痩せた人だったからなぁ)
良いこと聴いて、やってみようと思いつつ…失敗も怖い私です。

ああ、あすかさんの器用な手が羨ましい!

No title

そのうちサバイバル着物本出版して頂きたい!
悉皆屋さんと呉服業界全てを敵に回そうとも、私は全力で支持致しますぜ!(≧∇≦)

No title

なるほどねぇぇぇぇ。これは、アリですわよ。
そうそう、下前がちゃんと腰までいけば、上前がパカパカ開くようなことはありませんもの…素晴らしい。
ocarinさんがお書きになっているように、着物を裁たないから心理的にも負担が少ないし。
んで、さりげなく追加された布が朝顔柄で「…さすがトータルコーデの鬼!」と感服いたしましたわ(爆)。
おだん、相変わらずいいキャラしてるぜ。そうよ、そうまでして着たいもんよ~♪
はるくんも、さりげなく足元にいるわね(笑)。満足げな顔をしているわ。

No title

追伸です(^o^)

そう言えば…思い出しましたよ~♪
中園ミホさんのテレビで全国公開されちゃった着物の着崩れ…前がガバッ…で、気の毒でした。

転ばぬ先の杖ですね(^O^) 身幅はしっかり確認、足りなければ手拭いで補強!教訓です。

No title

ocarinさん、胴継ぎ、私もやってみたい着物があるんですよ~でも袷なので大変そうで…身幅はこれで何とかなりましたが、着丈が短いのはもうどうしようもなくって…
しかし案外この方法って皆さん思いつかないものなのですね~そっちに驚きました。

No title

内緒さん、…そして手ぬぐいを手ぬぐいとして使わないのです…変化球な使い方ばかり編み出してどうする(笑)
この時は珍しく夫と小僧が風呂に入ってる時にこっそり2匹とも階下に降りてきましたが、大概は2階で寝ておられます2匹とも。最近涼しいので更に眠くてしょうがないようです。

No title

こじろうさん、脇を解いてもいいかな、とは思ったもののこの着物ってばあちっこち傷んでて袖付け部分も穴があいてたりするんです
身幅出すとその部分まで出てきてしまうので、このようなサバイバル的なお直しが敢行されました。んがお手軽なのでこっちの方が性に合っております(笑)
――――蛮行に踏み切るには理性は不要ですが、それまでの検討の段階では理性が大いに必要でございます。おだんがその役割を冷たい目で担っております。

No title

赤唐辛子さん、ガッツ…そうかガッツなのか(笑)単なる貧乏性と怠惰の究極のなせる技かと思っておりましたが。
あ、でもこれ、急遽な身幅出しとしては有効ですよ、着付けは少々コツがいるけど。

No title

いち呉さん、…アンティークはうっかりすると糸が切れ、更にひどいと生地が裂けるので要注意ですよね。浮かれてはいけません(笑)
あ、でも直せる程度の崩壊ならば御の字ではないでしょうか。買わなくちゃならないのでしたら、どうしようもなくなったものは買ってもつらいだけですし~

No title

ももちゃんさん、…結構前幅が合わなくて日々闘っている方は多いと思うのに、なぜかこの方法って他の方が実践されてるの見たことないですわ。まあ、見せて回れるようなお直し方法でもないんですが
この方法でも軽い夏物だと風が吹けば手ぬぐい足し布部分までもベローンと見えてしまいそうですが、んが、裾よけが丸見えになるよりかはナンボかマシかと…

No title

passionpianoさん、溜まりに溜まった100均手ぬぐい、使い道がないまま眠っておりましたがこのような使われ方で登場しようとは。…手ぬぐいとか半衿とかに使われないような地味目のものが足し布としては最適でございます(笑)
着物に馴染んでる色柄ならば更にOKかと。
その着物屋さんのアドバイスも的外れではないと思いますが、んがやっぱりそれだけでは前が開いてしまいます~

No title

マド・松本さん、あ、でもこの方法はザクザク手ぬぐいを縫いつけるだけなので、失敗と云ってもたかが知れています(笑)
着付けの際は少々いつもと勝手が違う分若干戸惑うかと思いますが。
――――そうそう、以前記事にしました中園さんのあの前開き…あれだけは本当に避けなければなりません

No title

てんてんさん、…ははは…本出すのも出版社サイドにはスポンサーが必要なのでございます。そして着物本には必ず着物関係のスポンサーが『協力』の名のもとに集い、そして商品紹介カタログの様相になってしまいます。
ちゅーわけで企業と敵対するかのようなあっしのような者は、その手のメディア関係からは無視されるのでございます。
……と云いますか、タダで見られるブログだからこそありがたいのであって、これが有料の本をわざわざ買わねばならない、と思ったらちっともありがたいお直し情報ではないですわ(笑)

No title

べにおさん、こんなにシンプルな発想な割にはなぜかシンプルすぎてあまり思い付かないものなのでしょうか
…あっしのように安物アンティークを多数所持しておりますと『うええええー!?こんな直し方してんのかい!!』な愉快な直し方で縫われているものもたまにあったりして、それだけで蛮行お直しの幅も広がるってものです。
昔の人の方が資源がないだけに本当にサバイバルなお直ししてて笑えると同時に切ないものがあります。
足し布手ぬぐい、夏物で透けること考えたら着物に馴染む色柄でなければならず。朝顔柄がシンプルでちょうど良かったのです。なぜか両方ともダイソー(笑)

No title

そーよね!これよね!
尻幅のせい(そこだけではないが)で諦めなくてもいいんだ。
ありがとう、ほんとにありがとう。
やってみよう。

No title

jasminさん、…んだ。諦めてはいかん!!ここで諦めていたら安価なリサイクルなんてほとんどが着れなくなるではないですかい。
安価と蛮行を愛するワタクシでございます。

No title

巻きスカートで同じ事をやった事はあるんですよ。
着物でもそうか、出来るのか!

ありがとうございます、着物でやるって事が全く発想に無かったのですっごく嬉しいです!

No title

出遅れコメントその2です。
壮絶な蛮行お直し、さすが!あすかさん!
目からウロコとはまさにこのことですね。
この記事でどれだけの人が救われたことか。。(涙)
私も持っているアンティーク着物も裏側は結構壮絶な補習のあとが見られるものもあるので
昔の人にはこういう直し方した人っているかもですね。
足元の黒猫ズが微笑ましかったです^^
身丈150センチはでかくて着れないなな吉より

No title

タンタンさん、……洋服用の小物を着物に流用は誰でも考え付くのに、なぜか洋服でやったようなお直しを着物に変換はしないものなのですなあ、その事実にあっしはびっくりしましたよ
『今更云われるまでもないお直しだし』ってな反応が返ってくるかと思っていたのに~
まあ、これで少しでも身幅難民が減ればいいや、と(笑)

No title

それでは安価なプレタは全滅ですねえ、気の毒ななな吉さん、…このお直し、もしかしてコロンブスの卵的な発想だったのでしょうか。誰でも考え付くかと思っておりました…あ、でも安価なサイズが小さいものでも買って、そして直すお金はかけたくない、手間ヒマもかけたくないってな怠惰な人間ならではの発想ですよね、これ(笑)
ちゃんとした人ならきちんと脇を解いて身幅出しをすることでしょう…
うちにもあるんです、すさまじいパッチワーク状態の胴裏を持つ着物が(笑)あれを見たときは感動しましたねえ。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ