FC2ブログ
2015-09-17

蜻蛉と撫子、なコーデ。…ただし思いっきり紗っぽいですが、9月半ばに。

―――――タイトルが全てを語っております。9月の半ばも過ぎたのに今頃透け感のある紗風味な夏銘仙のコーデ&絽の帯でございますれば。……だから、あっしの9月は夏の着そびれコーデを消化するためにある、と言うておろうがっ←いきなり逆ギレ。こーゆーパターンの人は一番自分が悪いことを自覚している人です。そして自覚しているのに責任はとらない。









ほあかばりきるま。さんから頂いた蜻蛉と撫子の柄の夏銘仙。思いっきり透けております。…そしてほーさまが着用した際にビリっと尻部分が破け…そのままの状態で頂きました(爆)

一応破け部分は繕いましたが、生地よりも糸が弱ってるようなので破けていない部分までがっちり縫っておいたさ。…それが功を奏するのは着用の際…

で、思いっきり透けてる夏銘仙の割には限りなく秋の気配濃厚な着物でございまして。

『うーん、これは赤系と合わせたいなあ。でも真夏には真っ赤はくそ暑いぜ、見た目が』とさっさと9月以降に回されコーデであった。

帯は今は亡き川越の栄屋(現・日なた)さんで1000円の刺繍帯。なぜかたまさんがこの蜻蛉(と云うより既に古生代の生き物風味との見解)をお気に入り。

この着物にはこの帯だろう、と思ったがお太鼓にしか蜻蛉がおらぬのでございます。

前帯部分には蜻蛉の帯留めでも付けて誤魔化すか、と思っていたらすっかり忘れていたが前帯は撫子の柄だったのでこの着物とも相性は良かったのでした。

半衿、立派な刺繍のひめ吉さんちの蜻蛉柄半衿は持っているのですが、いかにも夏全開の爽やか青系でございましたのでなんだかイメージと合わず、手持ちの真っ赤な100均の蜻蛉柄手ぬぐいを使用。

帯揚げ、帯締めも赤系。


――――このコーデ、8月も終わりも終わりの頃に着れば『秋の気配濃厚な季節先取りお洒落さん』気味に見えるのかも知れないが、粋とかお洒落とか洗練とかスタイリッシュとか(あれ、皆同じ意味??)を目指すのをとっくの昔に放棄した者が目指すのはただただ『快適』さ。

てな訳でかなり涼しかった昨日、これ着たのさ(笑)

いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 >


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

繕ってからお召しになったんですね、ちょっと残念(笑)

着物が普段着だった時代の着物って素敵な柄が多いですよね。
せめて浴衣でこういう柄を出してくれれば良いんですけど。
勿論、身幅たっぷりで(笑)

No title

ああ、メガネウラ(古生代石炭紀)!
帯だけじゃなくて、着物までメガネウラ柄ーーー透けるので晩夏までの着物なのでしょうが(つーか蜻蛉柄だもんね?)、恐竜イベントとか博物館にぴったりじゃないのかオールシーズン着られないのが惜しいっくらいでございます。でもホントに、メガネウラにしか見えません( ̄▽ ̄)

No title

てんてんさん、透けてなければ今の時期ぴったりなのですが、結構な透け感で。しかも黒系は透け感がより強調…
柄は大胆ですが、色が渋めなので帯を替えて長く着られそうでございます~

No title

いち呉さん、ああ、来年もまた出てくれるといいですねえ、スイカと昆虫柄。今年と同じでなくても似たような物があれば。
この着物に唐突に藤色の帯が合わないかな~と思いましたが、前帯部分の撫子の色が馴染みました(笑)
案外アンティーク同士はどんな色でも相性がいいようです。

No title

内緒さん、最初頂き物の赤の紗の博多献上でも使おうかなーと思ったんですよ。色としては合うので。
今回は蜻蛉ぎっしりコーデにしてみましたが、博多の帯でも年齢的にはとても合いそうな気が致します…(笑)

No title

にゃんことにゃん助さん、なんだか夏が暑過ぎたせいか、急激に秋を感じますねえ。急転直下で秋が来るのはここ数年の傾向かと思います。地中海性気候になってしまったのでしょうか、日本。もう金木犀も咲いてますし~
…しかし9月で急に涼しくなって油断すると、10月が思った以上に暑かったりして袷が着られなかったりするのです…(笑)

No title

ocarinさん、いやー、夏銘仙と言っても色々あって、ここまで透けてるのは『うーん、紗??夏銘仙ってくくりでいいの??』と悩みました。今も悩んでるんですが、真相はよくわかりません。でも柄そのものは銘仙ですしねえ…
蜻蛉の帯留め、適当につまみ細工で作りました(笑)

No title

passionpianoさん、うーん、単衣の銘仙になると本当に『裏地付けたら袷』の生地なんですよね。夏銘仙はかなりシャリ感が強くて若干透けてるようなもの、って認識なのですが、専門家が解説してくれないかしら、どなたか~
この着物、私よりもほーさまテイストの強い着物なので私だったら案外見落として買わないタイプの着物かもしれません。

No title

タンタンさん、…でないと出かけられませんし…(笑)しかし繕ったところ以外からも不吉な音が~…あちこち補強しておいてよかった。
昭和の綿コーマの藍地に白抜きの浴衣には、こんなトンボ柄ありそうなんですけどね。でも皆そーゆーのは欲しがるからヤフオクでもそこそこ値が上がりますが。

No title

たまさん、…名前までは失念しておりましたぞ、メガネウラ…古生代ってことは覚えておりましたが(笑)
ははは、着姿になるとメガネウラがごっちゃり群れをなしておりますわ~
…トミカ博の横で恐竜博やってたんですよね、横浜。これ着て行けばよかったのかしら。でもあっしはトミカ博にしか行ってないんですが。
幼稚園の夏祭りに着て行けばよかったかしら。小僧のトンボ柄浴衣とお揃いで。
…でも同じトンボでもお揃いとは思えない迫力でございます。

No title

ああ。尻酒着物。もとい、尻裂け着物に袖を通していただいたんですね。嬉しいです。
裂けたまま送りつけると云う暴挙。すみませんでした
糸がかなり弱ってるんですよね。あちこちからピリ。ピピ。と、音が聞こえてくるところを想像するとちょっと怖いです。

No title

テーマごとに着物と帯がピッタリ合ってるなんて凄いわぁ♪
そして、きちんと把握してるのが偉い!!
私なんて、何を自分が持ってるのか記憶喪状態よ(汗)

日中はまだまだ暑いからこの位涼しいほうが着やすいかも☆
あと小僧ちゃん、トミカ好きなんだね
(゚ー゚*)フムフム___φ(。_。*) カキカキ

わたしタカラトミーの株主なので、10月中旬頃に連絡していいっすか?
もし、あすかちゃんも株主だったら重複するので、教えてくだされ。
それまでにヤフーでもHP開設してみますだ。

No title

赤が、効いて、上級コーデだと思います。トンボが秋らしくて良いのでは?柄の大きさも、あすかさんなら似合いますよ♪そして帯のとんぼが可愛い!
やっぱり欲しいな、ピンクの帯。

No title

ほあかばりきるま。さん、…はい。夏のコーデの大トリです。でも着たら秋みたいなコーデに見えました。透けまくりなのですがねえ(笑)
動くたびにあちこちから不吉なブツブツっって音がしたんですよ~でも破けたら致命的な場所だけは補強しておいたので事なきを得ました。
では一体どこがブツブツっとなってしまったのか、謎です

No title

ももちゃんさん、それがここ3年くらいの買い物の記憶が怪しいのです。…骨董市で買って袋のまま押入れにぶち込んで忘れているもの多数。結構前に買ったものとか頂き物は覚えてるんですけどねえ。
この連休中は再び気温が上がるようですが、さすがに透けるものは全部着終えてしまったので彼岸花コーデでうろつくことに致します。そしてトミカを買うのです
本日発売日なんですのよー小僧が8月末から待ちわびていたものが出る…
で、タカラトミーの株主でございましたか(笑)うちは何の株主でもございませんのでご安心を。
株主のみがもらえるトミカがあるんですよね。…でもあれ持て余す人も多いようでリサイクルでも良く見ますが

No title

マド・松本さん、この時期だからこそ赤が挿し色でいい感じに見えますが、2週間前までは見てて暑かったです、このコーデ(笑)
でもこの着物には赤系を合わせることしか思いつきません。…きっと毎年9月も半ばになってから着る着物になることでしょう。

No title

半衿と帯揚の赤きいてますね。インパクトあります。手ぬぐいを使うなんて憎いですね=勉強になります。凄くいい。最高!

No title

みかりんさん、そういえば最近の100均手ぬぐいは凝ってるものが多いので、このような単色のシンプルなもん、滅多に見かけなくなりました。
これ、ダイソーでしたかね~…まだ微妙な手ぬぐいが多かった頃の(笑)

No title

蜻蛉柄、すごく好きなのですが、この蜻蛉柄・・・腐海の生物のようですね(褒め言葉?)
お太鼓の蜻蛉もこれまたなにか違う感が漂い(褒め言葉??)、世に二つとない蜻蛉コーデお見事です~
寝間着が長袖になった北の小人・なな吉より

No title

なな吉さん、…そう…ナウシカに出てくるあいつ、名前がわからないあいつにそっくりなのです。やっぱりトンボではない、ということでしょうか(笑)
ああ、北海道とも思えぬ気温の夏があっという間に去ってしまい、もう肌寒いのですね、そちらは~
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ