FC2ブログ
2015-07-29

いい加減着用拒否であろう…と思ってたのに『あり?』な秋草と百合の綿着物で百合コーデ。

さて、今年に入り、いきなり『ぐああああ、あの浴衣も、この着物ももうダメダメ。…心優しい世間の皆さまが『そんなことないですよ、まだまだ全然お似合いですよー』と言葉の花束を下すっても、世間が許そうがあっしが許さん。』と思うような着物類、特に浴衣関係がゾロゾロ出てきまして。

…結局浴衣は、厳選してもう着ないと思われたものはボランティア活動をされている方へ寄付し、家庭的に恵まれず、浴衣を手に入れて着る機会すらろくに与えられてこなかったお若い方たちがこの夏着てくだすっているそうなので、あっしの家で不良在庫の如く眠り続けた今や着用拒否な浴衣も新たな使命を得てよかった、と思っておりまするが。

浴衣に着手した後は着物だ。

もう何年も収納の奥底に眠っているので記憶を辿るしかないのだが、その記憶を検証するに『……もう、あの着物は今年で着収めにしておかんと。いや、今年だって既に着用不可になってるかも知れん』ってなものがありましてね。

今年着れるかどうかもわからぬがとりあえず収納の奥底から引っ張り出してみたのよさ。←なぜかピノコ風味。

―――――そして『あれー???』と思ったのだった。

記憶の中では派手で、そして可愛すぎる色のアンティーク着物だったのだ。んが、久々に引っ張り出して現物見たらば『なんだ、こんなもんだったのかい…』と拍子抜け。

まあ、帯とか小物類を可愛いピンク系でまとめるとさすがに『ちょっとねえ…』な感じにはなるものの、そこら辺を大人風味な味付けにすればまだ2年くらいは着れるんじゃないのか、と甘い夢を見た(笑)

ひめ吉さんちで手に入れた百合柄半衿も使いたかったので、その着物で百合コーデ。それがこちら。









川越の今は亡き『栄屋』(現・日なた)さんで確か6年半くらい前に1000円で購入した綿だと思われる着物。

そして6年前に1回着てそのまま仕舞われっぱなしであった…

記憶の中では柄の中の可愛すぎるピンク色だけが鮮明に残っていたのだが、今見ると赤の方が効いております。そして派手では決してない。柄がそれほど大きくなく小さな柄が密集しているせいか。

…なんつーか、これが現代もの浴衣として売ってたら『ちょっと大人しい浴衣だね』と思うかも知れん。

今の浴衣の方が柄も大きく、プリントの染料も色が鮮やか過ぎてすっごく派手ですわよ

アンティークは『経年劣化』と云う名の色褪せ、そして生地そのものの黄ばみとかがあり、派手と思っていても新品のプリントものと並べると全然派手ではない場合が往々にしてございます。

そしてその経年劣化の諸々が、同じく経年劣化の身の上には不思議と馴染むのでございます…

帯も栄屋さんで1000円の染めに刺繍の絽帯。目立つシミ部分がポツポツあり、その上から金糸で水玉の刺繍を施して締められるようにしました。

この帯、オレンジと云うより錆び朱に近いので、実物は割と大人っぽいのでございます。



帯留めは川越の骨董市で買った百合柄のとんぼ玉を帯留めに加工したもの。



半衿はひめ吉さんちの百合柄~


ここ最近、比較的大人しくシックな装いが続いたので派手に感じるかも知れんが、実際はあっしのアンティークコーデとしては地味な方かも。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

     >






スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

てんてんさん、確かに着物は帯次第で雰囲気が一変しますが、アンティークとかリサイクルを主に着る人間には『着物1枚帯3本』が通用しないです。
着物も帯も大量にあり過ぎる…
まあ、収納は破綻しますが、年に合わせた帯選びができるくらいは持ってると着用不可気味のものでもまだ着られるので、ああ、帯も減らせない…
…8月頭は平年より気温が高いそうですよ。ああああ、浴衣ですら着たくないっ

No title

つなみさん、…画像で見る分には若く見えても、実際はものすごい勢いで老化がっ白髪の量がもう、去年に比べたら増えて増えて…別に苦労はしていないのに。
シミとか汚れは形状にもよりますが、この帯は水玉模様の刺繍が元々入ってたので、ごまかし方法も水玉刺繍にしました。
あまりにも大胆過ぎるシミの場合はもう、それが模様に見えるのでほっとくことが多いです(笑)

No title

あすかさん、こんにちは
素敵やないですかー眠ってたん???帯の百合の刺繍綺麗!
トルソーに着せるのと実際では変わりますからねぇ、あすかさんが老け込んでしまったら、私など(本物の老け)どうすればいいのかと路頭に迷いますから、ぐぃぐぃ牽引し続けて下さいまし~~

No title

私は娘が二人もいるものだから、

『いつか、あげるからねー』

と増えて増えて 大変なことになっております

和室には箪笥3棹、クローゼットは、2つ、更には10畳の洋室にも侵食し、

どこまで、どこまで、増えていくの~!となっております

このごろでは、ルアーになぜか、心ときめいて、(あの魚釣りのやつですよ)

コレクション癖に火がつきそうな予感

しかし、百合の帯の見事なこと☆彡
とっても綺麗な帯にドキドキです

No title

にゃんことにゃん助さん、しかし譲る、と決めてから引っ張り出してまじまじと見ると『やっぱり着れそう…』と決意が鈍る場合が(笑)
まじまじと見て充分に検討してから譲るかどうか決めなければなりません。
その店員さん、どのような着姿だったのかわかりませんが、素人男性から見ても違和感を感じるものだった、ってことですよね。
着物をよく着ているとか、仕事で着ている人って特に40代以降だと一般的な感覚からだと若い着物を着ているような気がします。若い人の方が渋い趣味です。

No title

赤唐辛子さん、雨コート、持ってても使わないのに3枚にも増えて、1枚もう着ないなーってものは数ヶ月前に処分しちまいましたわ。でもまだ2枚ある(笑)どっかに仕舞いこんでるはずなので見つけ次第お送りしますわ。なるべく早く御入用なのかしら?
…極暑の関東ではうっかり着た日にゃ熱中症になりそうですが。ここまで暑くなる直前に何とか着ましたが、着ておいて本当によかったと思っております。

No title

茶々丸さん、百合の柄って実際の百合が咲き終わっても夏の間だったら着てOKな感じなんですよね。せっかくなので是非着てくださいませ。経年劣化は侮れませんので~(笑)
…浴衣、お若いお嬢さんたちの夏の思い出に一役買ってくれているようでなによりです半幅がうちにはろくになくって申し訳ない限りでしたが…

No title

ocarinさん、ピンポイントで見ると確かにピンクの印象がありますが、人は全体で見ますから、やっぱり青系で若干大人しいイメージの着物に見えますよね。
…恋に恋する女みたいに、勝手に脳内でイメージを作り上げていたようです(笑)
で、帯ですが、さすがに縮緬はダメらしいです。大失敗覚悟で賭けに出て勝利すればいいのですが、大概は大失敗で涙を飲んでおられますねえ
なのでさすがの私も今まで水洗いはしたことないです。ドライクリーニングの出来るコインランドリーで洗ったことはありますが。←手垢感は落ちますが汚れそのものはほとんど落ちません。

No title

たまさん、…ええ、この後に控えているコーデが『…暑苦しいし、いい年ぶっこいて見苦しいんじゃねえのか』と口の悪い御仁に文句言われそうな感じですわ。たまにはふざけたコーデもぶち込みませんとねえ。うっかり上品系に流されてはいかん(笑)
…しかし絽地に刺繍だけど、全然儚げじゃないトンボの帯だってございますよ、たまさんがお気に入りの(爆)
あ、でもこの帯ってばなぜか6年前に締めたときもおばちゃんに帯だけ褒められた。経年劣化な色合いでもいい帯なんですかねえ。

No title

ノリコさん、しかし渋めのものを新たに買い足しているわけではないのです。…アンティークにハマりたての頃に入手したものの、その後ガラガラに走り全然着ていなかったものが俄かに脚光を浴び始めただけ…(笑)つまり私の趣味ってば元々そんなに派手ではないってことですわ。
そしてそれが似合う年齢に達してしまったのでございます…人に歴史あり。

No title

ふでぺんさん、柄が可愛すぎる、と錯覚していたのと昨今の暑さで『綿』ってことがネックになっていたのだと思います。…いや、綿だから洗えるんですが、アンティークなので頻繁に洗っても生地が崩壊しそうで…
貧乏性の私のことなので、手持ちの着物はできるだけ長く着続けようと目論んではいるのです。
帯や小物で何とかごまかしが効くのが着物なので、この微妙なお年頃をさて、どうやって乗り切っていきましょうかねー

No title

ICHIGOさん、…うちのおかんも似たようなことをほざいておりましたが、結局『自分のものは自分のもの』で手放しませんよ(笑)自分が20代の時に作った50年以上前の着物、今自分は着れないのに(笑)
なので『いつか』ではなく期日を決めておいた方が良いかと。そうでないと、いつかって永遠に来ないような気がします。着道楽女性には。
……で、ルアーですか。昆虫に現をぬかしていたかと思いきや今度は疑似餌でございますか!(笑)
あ、でもそれはわかるような気がします。精巧に良くできてますもんねえ、ルアーって。

No title

内緒さん、…どんどんときたからにはぱふぱふも語呂合わせ?で使いたかったのでありましょう…(笑)
ぱふぱふ感があるのはイマドキなアンティークコーデな方々でしょうか。盛り盛りの。
…そう云えば黒一色のものって作ったことないですわ。白黒ものならあります。そして使ってないので桔梗かんざしと一緒に送り付けようかと思ってやめたのでした。送ればよかったですねー
でも私でも白黒は使い道がなかったので、差し上げても持て余すかと思った
では剣つまみの菊でそのうち黒いのお作りしますです。ええ、剣つまみ(笑)

No title

百合といえば、川口市ですわ。あすかさま。

ぜひ、このコーデで、川口市役所をバックに…いかがでしょうか。

No title

『行ける!まだ大丈夫!!着られる!!!自分を信じろ!!!!』
(松岡しゅーぞー氏の声で読むこと)。
着物ブロガーさんには、いくつになっても娘さんのような着こなしをしている方がいらっしゃるので、この着物などまだまだ大丈夫ではないかと。
縮緬の帯、手洗いしたことありますが、ごわっごわの乾燥中華食材みたいになります

No title

> あすかさん
Bは、上下セパレートの着物用合羽は持ってるので、急ぎませんことよ。いつでもいいので、何卒、宜しくっ!

No title

キジッチさん、川口市ってば市の花、百合ですかい!?…うち、道路一本隔てたら川口市ってくらいに川口に慣れ親しんでおりますが、市の花までは存じませんでした。
でも市内に百合の花の名所はございません(笑)

No title

羽衣 牡丹さん、…そう…『あのような方がいるから私も平気~♪』だけは避けたいのです…ネット上では許されても現実的には許されまい…本人は気分良くても、見ている周囲が居たたまれない恰好ってありますよね。人は誰でも自分には甘くなるものですが、それだからこそ気を付けねばなりません。…他人は優しいので褒め言葉しか下さらないですし。
で、やっぱり縮緬は危険でしたか(笑)

No title

赤唐辛子さん、あのセパレートのやつさえあれば万能のような気も。…色展開が微妙なので持ってませんが1組欲しいとずーと思っておりますです。
まあ、雨の時に着物で出かけるようなことはまずないのですが。

No title

帯の件 ありがとうございます

ほどいて 洗い張りしてみようかなと思っていますが この暑さ。。。
あまり こだわってもいけないのかなぁとも思います
夏物ではありませんし 少し涼しくなってからまた考えてみます

ありがろうございました
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ