FC2ブログ
2015-07-25

ほおずきコーデで、文京朝顔ほおずき市へ。

――――――さて、うっかり半衿を手に入れたがためにほおずきコーデを敢行することになり、『…こうなったらほおずき市に出向いてほおずき、買ってやろうじゃないか』と決意したワタクシ。

…ええ、ほおずきの鉢植えまでも買うつもりなのです。入谷の朝顔市で朝顔なんか買わないこの私が(笑)

一体どれだけほおずき半衿にしてやられ続けているというのでしょうか。


で、ほおずき市と云いますと近場では浅草のものが大規模で有名でございますが、入谷の朝顔市と同じく『いつの間にか始まっていつの間にか終わってた』のが常で。――――今年もいつの間にか終わってた(笑)

ので、他に近場で近日開催であった、文京区のほおずき市に行くことに。

『文京朝顔ほおずき市』は、同じ日に朝顔市は『伝通院』、ほおずき市は『源覚寺』にて開催するもので、まあ、小石川伝通院と云えば将軍家の方々が数多く眠っている場所(千姫とか)なので、そちらの方が当然広くそして有名。故にお客は朝顔市の方に多く出向いたことであろう。

…んが、あっしはほおずき市にしか用がない。

ほおずき市の会場となっている源覚寺、通称『こんにゃく閻魔』には以前行ったことがあるのでその小ささ狭さは充分知っている。

お客がそこそこいたら呑気に着姿撮影なんてできるスペースがないってのを承知していたので、お出かけ前にいつものお堂前で着姿は撮っておく。



…珍しくも支度中にブ室内に2匹が乱入。そしてくつろぐ…



手ぬぐいほおずき帯、手先部分にはあえて縫い付けませんでしたが、アングルによって手先と同じ生地の裏のカラフルランダム水玉柄が見え、まるで最初から計算してたかのようで憎たらしい(笑)

でもこの帯は手先に柄があるとうるさくなるから、これくらいの方がほおずき柄が際立ってよろしいかと。



足元は矢羽根の足袋靴下&ヘビロテウレタン草履。





さて、ほおずき市。朝から夜までやってるので、『まあ、この時間はそれほど人はいないかろう…』という夕方近くに行ったのだったが、生憎小雨までパラつきまして、益々人が少なかったのでございます。

このように特設ほおずき売り場には人がおらなんだ

…いるのはスタッフばかりなので、買うつもりがなくてただただほおずき市の風情を楽しみたくて来ただけの人は、なんだかほおずきに近寄れないんですね
鉢植え持ったおばちゃんがにじり寄るから(笑)

ああ、今回あっし、買う気満々で乗り込んで本当によかったわ。

小雨も降ってるし、1個1個どの鉢がいいものか見て回るの大変、と思う間もなくスタッフのおばちゃんに『これ、お勧めよ、いっぱい実が付いてて大きいし』とほおずきの鉢を突き付けられたのだった。

実際その鉢はいい鉢だったので、そのまま速攻でお会計に走った。こんなところでも即断即決でございます。

ちなみにこちらの鉢は一律2000円。割と結構なお値段とは思うが、風鈴付きなのでございます。そして同じく風鈴付きのほおずきの鉢は浅草だと2500円なのです。ええ、画像で見ましたが浅草と同じ、ぞんざい過ぎる絵の風鈴が付いてます。

同じ日に開催された深大寺のほおずき市の鉢も2000円だったようですが、風鈴が付いてなくて2000円だったようなので文京のほおずき市、結構穴場かもしれませんぞよ。



あっしが選んだのは金魚柄の風鈴。――――この絵が金魚だと気が付いた自分を褒め称えたい。

…と云うか他の柄がひまわり、花火、椿、菖蒲しかなくって、しかもいずれもぞんざいな絵柄(爆)で、季節感があり、子供っぽくなり過ぎないものはこれしかなかったんですのよ

まあ、ちゃんとした江戸風鈴はそこそこのお値段しますしね。風鈴本体のガラスの切り口も江戸風鈴と名乗れない大量生産品でしたし、100均風鈴のようにプリントでないだけマシと思うことに致しましょう。

―――――ってほおずきがメインなんですがね。おまけの方に目が眩んでおりますが(笑)



人がいたら狭くて撮れないかと思っていた会場は、このように閑散としていたのでほおずき市に行った証拠画像も撮れました。…あっしの目元のクマが毎度のことながら遠藤憲一バリの恐ろしさだったので修正を入れ、甚だ嘘くさい顔に仕上げております。きっとアンドロイドのように動くと思います。

背後のほおずきがスカスカなのは、早い時間帯にそこそこは売れた証拠なのであろう。…蚊取り線香がそのまんまでぶら下がってるのがラブリー

この『まんま蚊取り線香』がツボにハマったのだが、過去の文京ほおずき市の画像見るといつも『まんま蚊取り線香』がぶら下がっている。……譲れない伝統のようだ(笑)

あ、そうそう。ここの販売スタッフは檀家なのか地元商工会メンバーなのかわかりませんが、お客が少なく暇だったものだからあっしの着物姿に喰い付きましてね。

このコーデ内におけるほおずき柄のものには全て気が付いて貰えました。

渋い半衿は普通の人は一瞬では何の柄かわからないものなのに、ちゃんと『あ、ここもほおずき
』と喜んで貰えましたよ、よかったですね、とひめ吉さんちのゆうかさんにご報告。

それから鉢を買うとガラガラ?で福引をさせてくれるんですが、2等が出てガーゼ手ぬぐいを貰いましたさ。



3等はハズレで何もなし、1等は何が貰えるんだか調べ損ねた


―――――そして片道40分くらいかけて来たくせに、滞在時間15分で帰っていった我が一家。でも目的は全て達成したので満足でございます。



今、このように我が家の庭で日本の夏らしい風情を演出しているほおずきの鉢。…小僧のビニールプールと共に。

……2000円分の仕事はして貰うよ、あたしゃ。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

    >


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

金魚とは思いませんでしたわ。蜻蛉?ボーフラ?などと失礼にも考えた。ってか、ご自分でもツッコンでらっさるけど、ほおずき市で何故風鈴について熱く語る???(爆)
結構大きなほおずきですねー。ウチのご近所値段を考えてもとってもお買い得だと思いました。。。それにしても、ほおずきの2000円分の仕事って、何!?(爆)
ところで師匠、目の下のクマを何で修正してるというのさσ(^_^;)

No title

本当に沢山実が付いてる鉢です。お買い得っ(*^。^*)

買う気の時は、空いてても怖くないですよねっどんなお買物も(笑)
こちらは、ほおずき市なるものが、ありませんし、近辺でも聞かないので関東だけなのかしら?毎年買う物なんですかね~?

おばちゃん気が付いてくれて、ありがとう~ヽ(^o^)丿

No title

ほおずきって観賞用なの?
ほおずきなんて飾ってどうすんのよ?と思っちゃいましたが、
山形県だと観賞用に唐辛子の鉢植え売ってるのよね……それと同じ感覚か?
赤とか緑とか紫とか可愛いよ。
ほおずき手拭いの帯、素敵です!素晴らしいです。
帯向きだ、この手拭い…。

No title

金魚かあ~。
前衛的で「使徒」かと思った(笑)。

No title

それは、一枚の半襟から始まった‥

てな語り出しで始まるドラクエ並みのRPGかディズニー映画のようなストーリー展開ですね‥σ^_^;

しかも最後に福引も当てるとは‥
ほおずきの勇者と呼ばせて頂きます(笑)

No title

あすかさん、お礼のメールも送れず、すみません。
我がパソコンが動かなくなってしまい、右往左往しておりました。
その間に、すばらしいコーデを展開されいたのですね。
ほおずきシリーズ、いつもにもまして、かわいく素敵です。

金魚には見えませんでした・・・
しかし、風鈴にまでウンチクを語れるあすかさんを尊敬!
そうか、江戸風鈴と百均風鈴はこうもちがうのか・・・・

No title

あすかさん

この反物にしました。
超オーラのある社長さんが「似合う」と太鼓判を押してくれました。
あのオーラはすごかった(笑)!
着物風にも着れるらしいのので、この際、夏用襦袢も作りました。
私的には散財です(笑)。

http://blogs.yahoo.co.jp/nyanko_nyansuke_282828/34171003.html

No title

ふでぺんさん、些細なきっかけから国が崩壊して行く様のようです。って大袈裟な表現ですが(笑)
ほおずき、私も今まで興味がなかったので育て方を知らなかったのですが、ネットで調べたらほおずきとかのナス科の植物は連作を嫌うそうで、同じ場所にずーっと植えっぱなしとかだと株が弱るそうです。多分それでふでぺんさんちのほおずきも消滅したのかと。

No title

passionpianoさん、しかも透かしほおずきの刺繍半衿ですからねー♪アウトレットで見つけた日にゃ買わずにいられませんよ。そしてこのストーリー展開…
濱文様ではほおずき柄他にもあるんですが、最初買おうと思ってた絵手ぬぐいよりも、こっちの方が猫がいる分だけ断然よかったのです(笑)
しかも絵手ぬぐいの割には帯にしやすい柄の配置で。このようなことは滅多にないですねー
…この着物、覚えてるだけで既に3回は着てます。夏着物にしてはヘビロテだと思います。本当に色んな帯と相性がいいので。
しかし風鈴の金魚、下手に腕に覚えがあるとこんな絵は描けないので(笑)ある意味素晴らしいのかも。筆に迷いがないですもん。

No title

内緒さん、…一方的におだんさくがはるの後を追いかけまわしている感じです。いないとすぐに『ほえええええ』と鳴いて呼び戻します。うるさいです。
朝顔はどうも自分で育てられるせいか、わざわざご祝儀価格な鉢ものをわざわざ買う気がしないのですが、ほおずきは馴染みがないだけにうっかり買ってしまいました。風鈴も付いてることですし(笑)
…それにしても福引もさせて貰えて場合によっては景品も当たるので、やっぱり文京のほおずき市は穴場かもしれません。

No title

ocarinさん、ほおずきの絵手ぬぐいとか見ると、竹かごの底に風鈴ぶら下げてるものが多いので私も底の位置に付けましたが、実際は皆バラバラな位置にぶら下げておりましたよ。
…そして、既に『なんだかうるさい』と気になって取り外されております…ガラス風鈴の音って鉄器の風鈴に比べたら音が暑苦しくって~(笑)
私が行った時間帯には浴衣の人もいなかったので、暇なおばちゃんたちは楽しかったようですよ。

No title

にゃんことにゃん助さん、朝顔市は全国的にあるようですが、ほおずき市って馴染みがないものなんですね…関東の人間は『浅草のほおずき市』くらいは何となく知っているのですが~
風鈴、椿柄の方なんて真っ赤に塗りたくってる中に白の椿がひっそりと、って柄なので遠目には『りんご』と思いましたよ。
で、懸案の浴衣。紫織庵のものではありませんか~皆さま高くてなかなか手が出せない…
こちらの浴衣はお高い分だけやっぱり夏着物として着る方が多いような気がします、着物ブロガーの間では。

No title

たまさん、しかしこの金魚のような絵は美大出身者にも描けまい…プライドが邪魔をして(笑)筆によどみがないんですよ、一気に描き上げてて逆にすげえな、とか思ったワタクシ。
あ、100均で全く絵が描いてないサラの風鈴売ってるから、『自分で書いたらどうなるか』実験してみたくなりましたわ。きっとこの金魚柄を笑えない事態になるんだろうなあ。
で、ほおずきは二の次で『江戸風鈴がおまけで付いてくる…』ここにしか関心がなかったワタクシ。だって本物の江戸風鈴なら1個2000円近くするんですものーっそれがおまけで付くならば目が眩んで当然ですわ。実際は江戸風鈴風味のぞんざい柄だったわけであるが。
あ、ほおずきってば近くのホームセンターでも鉢だとそこそこお高いです。お盆の縁起物だから?
と云うかあっしには『吊りしのぶ』が3000円近くすることが腹立たしい。ただのシダ植物のくせにっ
ほおずきは夏の間中、家の前を往来する人への晒しものとなって頂きます。日給いくらになるのか、ほおずきとしては。
あ、クマの修正は、無料の修整ソフトの中の『ぼかし』機能を使っておりますの。…クマも皺もシミもばっちり消えるさ(笑)

No title

ひめ吉ゆうかさん、確かに背後にぶら下がってる鉢に比べると、うちで買った鉢はいい鉢です。下町のおばちゃんは正直な商売をしますねえ。
多分午前中には結構売れたんでしょうけど、ちょうど暇な時間でした。そしてお客がいないものだから買うつもりのない客はほおずきを素通りしてお参りだけをし、本堂前だけ混むという状態でした(笑)
ほおずき市、浅草は昔からですがこちらの文京のも30年前からですし、東京の他の場所のほおずき市も近年になって、ってパターンが多いみたいです。
…うちのほおずき、来年もちゃんと実ってくれるのかしら…

No title

jasminさん、あっしもお盆の時期になぜほおずきが!?と思いましてねえ。今まで興味がなかったから知らなかったんですわ。で、調べたら『赤い実が迎え提灯のように見えることからお盆のお供え物として使われる』らしいです。
観賞用の五色唐辛子、あれはこちらでも売ってます。可愛いですよね、あれ。

No title

羽衣 牡丹さん、…他の絵柄は幼稚園児並みの絵なのですが、金魚はある意味前衛芸術。若干棟方志功方面。
きっと『風鈴絵付け体験』をした夏休みの子供の方が上手い絵を描くと思います。

No title

てんてんさん、そもそもアウトレットで半衿を勝ち取ったのも千載一遇のチャンスだったらしいので(でものほほんと手に入れたのですが)、このほおずきものに関しては仏の御加護が働いているやもしれませぬ。
そう、会場付近に車停めるとこがあまりないのを知っていたんですが、会場と目と鼻の先のパーキングが全部開いていたし!!小雨以外は恵まれておりました~

No title

茶々丸さん、浴衣、無事に若いお嬢さん方に活用して頂けたようで何よりです。
えーっと私、茶々丸さんのご連絡先のご住所は存じ上げておりますが、メールアドレスはお教え頂いてないんです。
こちらのコメント欄に内緒で書き込んでくだされば改めてご連絡差し上げますのでよろしくお願い致します~

No title

内緒さん、…今年はほおずき半衿にしてやられましたが、おととし手に入れた七夕半衿にもしてやられかけているのです。もうシーズンが終わったので来年用に帯を…(笑)
どれだけしてやられ続けるのでしょう、ワタクシ達は。
んもー、小僧ってば園服が小さくなっちゃって大きいサイズ新しく買いましたですよ。こんなことならみっともないと思いつつもダボダボサイズを買っておけばよかったっす。―――入園してみたら皆、ダボダボだったのだ。

No title

内緒さん、今年の新柄ではないですし、着物屋さんとしては在庫として反物のまま抱えているよりは値引いて売った方がいい、という事情があるかと思います。…良心的な着物屋さんもありますが、大概のところは、まあ…と思っている私。
でもあの反物はいいものですよーよかったですね。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ