FC2ブログ
2015-07-23

アウトレットにゃ魔が潜む…な半衿にしてやられてほおずきコーデ(笑)

―――――小僧が夏休みに突入してしまったんです、奥さん

…てな訳で1ヶ月くらいはこげな時間帯に暗躍致します。お見知りおきを。


…さて、ちょっくら前にひめ吉さんちのアウトレットにて『ほおずき』柄の半衿を千載一遇のチャンスと知らずにうっかり手に入れたのです。その記事はこちら

『いい感じの半衿だけどコーデが思い浮かばないなあ…合わせるアイテムもないし』と正規の値段では二の足を踏んでしまう半衿であっても、それがアウトレットのお買い得価格となると話は別。

『やったー
欲しかったんだ、これ。アウトレットで手に入ってラッキー
』と無邪気にはしゃいでしまうのです。……そこに落とし穴があるとも知らずに……

浮かれたジョイフル気分が落ち着くと、『……で、これ、どうやってコーデすればいいんだろう…
』と云う当初の問題が再び舞い戻って来る。

そもそもコーデが思い浮かばない、合わせるものもないって理由で購入を迷っていた品。

正規のお値段で買うつもりになった時は既に何パターンかのコーデが頭の中で出来上がっているのに対し、アウトレットの場合は一期一会のいきなりのチャンスですからね。思い迷っている暇はない。だから『とりあえず買っとけ』で手に入れ、『…さあ、どうしよう…』となるのでございます。

で、タンタンさんのようにアウトレットでせっかく勝ち取っておきながら結局持て余してしまい、あちこちに分配するという方もいれば、あっしのようになぜか意地になって『……じゃあ、コーデを考えましょうか、せっかくだから』と貧乏性が横滑りする人もいるのです。

―――――結果、そのアイテムを使いたいがために、それに合わせるものを新たに買い足したり作ったりする

……アウトレットでお安く手に入れたがために、そのアイテムのために更に出費を重ねると云うこの悪循環、と云うかすっとこどっこい。

そんなすっとこどっこいが如何なく発揮されたコーデがこちら。









……撫松庵からほおずき柄のセオαも出てるんですが、気に入らない柄(お値段も)で万歳。神さまありがとう。気に入ってたら買っていたはずだ(爆)

他にも幾つかほおずき柄の浴衣も発見はしましたが、欲しいと思わない柄だったので手持ちの着物の中からセレクトしたのがこの黒地に矢羽根の紗。かなり昔にヤフオクで1000円だったような覚えあり。

帯は先日の記事の濱文様の手ぬぐいを使った作り帯。

飾りとして、これまたこのコーデのために作ったほおずきつまみ細工かんざしもぶっ挿しております(笑)

半衿はもちろんひめ吉さんちのほおずき柄~

この半衿がかなり渋くて大人風味なので、それを生かす帯の柄を探すのに時間がかかったかな~と云う感じ。

…うん、やっぱり帯がほおずきでないと、『あ、半衿もほおずきなのね
』と気が付いてもらえなかったと思いまする。


――――――そして、『ここならばまず絶対にほおずきコーデだと気が付いてもらえるであろう…』と、どこでもいいからほおずき市に行きたくなったのでございます、奥さん…

あっしがほおずき市に赴く羽目になったのは、ひとえにこの半衿のせい(笑)



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

      >





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あすかさん、おはよう~~
うぉぉ~~~合わせたお着物がまた渋くていいーー
ひめ吉さんの半襟から始まって、簪と作り帯が出来たわけですね。うんうん、何の気なしに手にしたものから余計出費が嵩むパターン解ります。そうなるとますます、ほおずき市での評判?反応が気になります。レポート楽しみぃ~~~

No title

いや~!スゴイ!(≧∇≦)

着物と帯の色合いのマッチングも最高~(≧∇≦)
おまけにかなりリアルなかんざしまで♫

これフルセットでほしい!(≧∇≦)
店先にあったら、店員さんに言ってトルソーからひっぺがして試着してるなきっと(笑)

No title

3つつづきで丑三つ時を越えたアップ時間
涙ぐましい努力です

このところ頑張って(意地になって)努力して記事を書いていますが
そんなモンじゃない あすかさんの律儀さに感涙であります

こう見ると 半襟のほうずきは渋い感じなのですね
半襟だけ見たときは朱色が可愛い印象だったのですが、、、

帯もかんざしも すばらしいです

No title

芋づる式?に買う物が増えていきますね~
でもこれでコーデは完璧ですね!
帯もまるで買ったかのような仕上がりで毎度のことながら
あすかさんの器用さに驚かされます
ほおずき市の記事が楽しみです

No title

難儀させました(笑)

その着物の色がピッタリです。大人コーデ♪帯も半襟も映えてあか抜けて見えます。
帯の手ぬぐいの鬼灯も透けてるのがあるので、私的にはニヤリです。
着姿が楽しみです(*^。^*)

No title

まあ。こういう着物に合わせたんですね~。細いラインでほおずき色が入ってるとこがスゴイ。江戸前っぽ~い。新鮮です~。そして、ほおずき市にはきっと、似合う!!!
ところで、作り帯をベースに手ぬぐい帯を作るって、私にもできるレベル?努力が必要レベル?って、私の実力はご存知ですね?

No title

ワタクシ的には、黒の矢羽根の紗で良かったのでは…っと、納得のほおずきコーデだと思います。とっても素敵ですね~♪さりげなく、ほおずき簪が良い仕事してますよ(笑)
半襟って、意外と準主役だったりして侮れないポジションですね。←高くついたと云うより、飛躍のための必須アイテムだと思えば…今回の大ジャンプ(帯造り)も納得ですね!

ああ…ほおずき市での評判が気になります。

No title

にゃんことにゃん助さん、うーん、実はそのような質問が一番難しいのです。どのような物が似合うかは人それぞれなので、年齢だけでは判断ができないのです。お顔立ちとか身長とか体型とかによって同じ浴衣でも似合う似合わないがありますし、『粋にしたい』と云うテーマがあるとなると浴衣だけでなく着付けや髪型などの細部も違ってくるので。
一番大切なのは自分がどんなイメージを持つかだと思います。…多分、自分の中で『大体こんな感じ』というものがないと、誰にどれを勧められても『うーん…これでいいのかなあ…』となんだか腑に落ちない感じがすると思うんですよね。
で、腑に落ちないものを手に入れてもそれが大層受けが良ければそれでいいのですが、評判がいまいちだった場合はそれを勧めた人に恨みを抱きますよ(笑)
粋を演出するのは着物上級者でもかなり難易度が高い上に、逆にそれを狙い過ぎると野暮になるのでハードルが高いかと

No title

着物屋さんに行かれるとのことなので、とりあえず片っ端から顔に当ててみて、顔映りがいい色合いのもので、できるだけ色数が少ないものを選べば、粋かどうかは別にして、『大人のしっとり浴衣姿』にはなるかと思います。
なんだかアドバイスにならずに申し訳ありません。

No title

内緒さん、最初合わせる予定だった着物は雨だと結構大変なことになりそうな気配だったので、『既に汗ジミが数年前からできている…』この着物に登場願いましたが、お江戸でのほおずき市なのでこれくらいの色数の少なさと大人っぽさで充分でした。
これが浅草のほおずき市ならばもっと華やかコーデでも良さそうでしたが。

No title

ふでぺんさん、しかもこの着物ってのが『アンティークにハマりたて』の頃に手に入れたものなんですよねえ。…その当時に手に入れたものが逆に今しっくりくるようになっております…処分しなくて本当によかった…
で、ひめ吉さんの半衿にはなぜかいつも余計な散財をさせられております、私(笑)

No title

てんてんさん、当日、小雨が降ったりやんだりだったので、急遽この着物に変更したのですが、逆にこっちの着物の方が今にして思えばしっくりきたかと。…なぜかほおずきコーデはそのような奇跡に見舞われますねえ(笑)
あ、この手の地味系アンティークはお安いと思いますよ。やっぱり華やかな絽の方がアンティークは人気なので。

No title

ocarinさん、しかしうちのパソコンが最新のものならば、もっと早い時間に記事がアップされるでしょう…もう古くって、HDDの処理のせいで1時間くらいまともに動かないんですよ、毎回
いっそのことタブレットを使いこなせるようにした方がいいのかもしれません。
半衿、どちらかというと枯れ葉チックな色合いなのです。そしてデザインも大人っぽいので結構コーデを選ぶ上級者向きの半衿だったかも~

No title

ねこやんさん、浴衣を買わなかった自分をを自分で褒めてあげたいと思います(笑)…まあ、値段の割にはデザインが微妙だったからなのですが。安かったらほおずきトータルコーデになってましたよ

No title

ひめ吉ゆうかさん、んもう、上級者向けなものをお作りになって
緑の葉っぱに朱赤のほおずきをワンポイント刺繍、であればきっとカジュアルポップなコーデにもシックなコーデにも合うのでしょうけど、この透かしほおずきは難易度が~
あ、でもほおずき市のおばちゃん、喜んでくれましたよ。
…そうそう、手ぬぐいにも透かしほおずき、そして猫がいるので私もにやりとしました(笑)

No title

たまさん、小雨が降ってなければこの着物にはしなかったのです。…絹縮の予定だった。絹縮なんてうっかり濡らした日にゃどんなことになるやら。それに袖付けも解けていたのでした。数年前ビビっとやったまま放置していた(笑)
そのおかげでこの着物の登場で結果オーライです。
――――んで、きっとたまさんには無理だと思います、帯作り。きっぱりと!!(笑)
だってくけ縫いで縫い付けてるんですよ、これ。
ベースの帯が硬かったら本当に苦行です。最初っからミシンで1から帯作った方がマシって場合もあるかと。

No title

マド・松本さん、半衿が主役コーデといえます。上級者のようではありませんか(笑)…ですが本当に半衿ってよく見られているし、自分も人の半衿はよく見ているのです。その人の着物の柄は覚えてなくても(笑)
ちなみにひめ吉さんちの半衿では、アウトレットものでは七夕柄でも既にしてやられています。半衿のために七夕ものをこつこつ集めております…

No title

お忙しい中、アドバイスありがとうございます。
まずは顔映りですね。そこらへんは洋服と同じですね。

以前きもの屋さんに行ったときに、「こういうの」がいいという
写真を持参したのですが、その日は浴衣の大半を支店に
持って行っていたせいか、違うのばかり勧められ、凹みました。

別のきもの屋さんでは、これが似合うし、粋ですよ。
とすすめられたものが、写真を見せた皆に不評だったことも
あります。着物をよく知っている女将さんには、
「はっきりいうけど×」とまで言われました。

今度はリベンジします^^。

No title

にゃんことにゃん助さん、ネットですととにかくお安く浴衣は手に入るので、欲しいな~と思う柄は手に入れ、実際着てみて『合う、合わない』を数年かかって自分で見極めて行く方が結果として自分の納得のいくスタイルが完成するような気がします。…人の意見は近しいもの以外はあてになりませんし(笑)
で、お顔立ちによって似合う柄が変わるので大柄と小柄のどちらがいいとはいえないのですが、浴衣だと小柄が密集してるようなものは遠目には涼しい色合いでも暑苦しげに見えますよ~

No title

内緒さん、…ええ、そこそこ縫い物ができる人には有効ですが、それが怪しい人でしたら結構大変な作業になるかと。
でも今接着剤を伸ばしてアイロンで接着する『縫い物上手』だったか、そんな名前の手芸用ボンドが売ってるので、それ使えば作れるかもしれません。
……検索キーワード、きっと絵本の方が出てくるんですよ。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ