FC2ブログ
2015-07-05

『きっと旅に出たのだろう、あの白鳥…』そして謎は謎のまま、の葛西用水の菖蒲田で菖蒲コーデ、2015。

――――――記事タイトルが意味不明ですが、あらすじは去年のこの葛西用水の菖蒲田の記事をご覧くださるとありがたし。

…『なんだよ、面倒な
』と思われるあっしのようなお方のためにかいつまんで説明もしておきますが、『去年行った際には、いきなり何の説明もなく菖蒲田のある川に白鳥のハリボテが浮いていた』、ただそれだけの話ですわ(笑)

んで、去年はそのあまりの唐突さとシュールさと面白さで、もう菖蒲なんかどうでもよくなってしまいましてね。

近くに住んでいたら定点観測していたいところではあったが、越谷市役所横の川になんてさいたま市民は用がなくってですね(笑)

菖蒲が咲く時期くらいしか行くこともないのですよ。

―――――そして菖蒲シーズンが再び巡って来たので1年ぶりの来訪。…もちろんハリボテ白鳥を楽しみにしていたのだったが(笑)



………いねえ。………去年はこの立て看板を挟んで左右に浮いていたのに、ハリボテ白鳥。

出会いも突然であったが別れもまた突然。恋愛ドラマのような展開だが、あっしとハリボテ白鳥と云う出演者ではただのすっとこどっこい気味な『……へー……』としか云いようのない有様だ。

毎年どんどん数が増えて行ったら楽しかったのに。

そしていきなり現れ、そして消えてしまったハリボテ白鳥の存在意義も存在理由も永遠にわからぬまま…

『きっと、あっしが来なかった冬場に越冬地へと旅立ったに違いない』と思うことにした。…そして戻って来なかったのだと





……本当にハリボテ白鳥がいないのね…な菖蒲コーデの着姿。ええ、菖蒲コーデの着姿撮影が本来の目的なんですが。

なんつーか、花やしきからパンダカーが消えたようなもの寂しさである。




私が行った1週間後に新聞に『今が見頃』と掲載されていたが、この時でも満開。





足元は頂き物の矢羽根×菖蒲柄の足袋靴下&黒台に生成色に赤ツボのヘビロテウレタン草履。

かんざしは自作の菖蒲のつまみ細工。


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます


      >

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

たしかに、一度あの画像を見てしまうと物足りない‥(笑)
渡り鳥なんかも年によっては数が激減することもあるらしいですね‥σ^_^;

その帯留は、何かの牙かもしれない例の‥(笑)

帯の矢羽根の存在感がハンパないですね
ドヤ!って感じで素敵です(≧∇≦)

No title

この帯の矢羽、自然光の下だと映えますね~。
お色身からして、もっとぼやーんとした印象になるのかと思ってますた。

それに何処へ旅立ったのかしら?はりぼて白鳥…
また越冬しに来ることもあるんだろうか(笑)

No title

この着物、着姿の方が三割増しでいいですね。色の落ち着き具合が太陽光でよくわかりますわ。
矢羽根の帯の女に、白鳥…
なんか白鳥に刺さっていそうで怖いわ。
白鳥、移動したんですね、決して自治体が回収したのではなく…

No title

わぁ~💜綺麗ですねー。こんなに沢山の菖蒲。夢の中にいるみたいです。ただゆるく面白かった張りぼて白鳥がいなくなったのは寂しいですね。もしかして修理中とか?そしてあすかさんの菖蒲コーデ!アンティークの帯がときめきますわぁー。後ろ姿も柄合わせが綺麗で素敵だー。絞り猫の件、ありがとうございます。そうでね。猫がここまで主張していると浴衣としては楽しいけど夏着物としては?使いにくいし。色は地味だし、高いし、ウンウン🙏ありがとうございます。欲しい度が50パーセント減りました。

No title

この着物の色合いはとっても素敵ですね🎵
白鳥がいなくても周辺はアスカさんで十分に華やかになってますよ~!

No title

えええええーーーーっ! ショック…白鳥ハリボテが旅立ってしまったなんて。
ああ、やっぱり去年のうちに観に行くんだった…。
なんでそんなところに居たんだろうか。巣作りか。との憶測が飛び交っていたのだが。
返す返すもザンネンである(いや、そこまで残念がるもんでもないが/笑)。
今回もトータルコーデの鬼は素晴らしい仕事っぷり。眼福眼福♪
このつまみ細工は見事に菖蒲ですな。…百合はやっぱ、そもそもの形状がつまみ細工向きじゃないのですね(笑)。

No title

つまみ細工のかんざし、お手製なのですか!
本当に器用なんですね!
とてもお似合いで羨ましい!

本当に素敵!

No title

ああぁ~着姿、こんな素敵になるんですね~
着物の色が落ち着いていたので、もっとシックな装いになるのかと思いきや
なんのなんのトーンは控えめですが、皆さんがおっしゃる通り俄然着姿のが美しい!!
着物の柄のブルーと赤、小物のブルーと赤が着姿だと一段と映えてキレイですし、着物の黒の分量がトルソーで見た時よりも少なく感じました。
自然光の元でだとベージュも明るく感じるからですかね。
私の大好きな、とてもお似合いのヘアースタイル!
菖蒲のつまみ細工、色のグラデーションも上手いですが、なにより可愛いです!
場所も素敵で、菖蒲の花も見事ですが、本数の迫力が素晴らしい!

No title

てんてんさん、ってことは今年は渡って来なかったってことですね(笑)ええ、決して撤去されたわけではなく。
そう云えばこの帯留め、今ヤフオクで出てる同じ作家のシリーズもの?は『鹿の角』と表記されてました。でもこれは鹿の角ではなかった覚えがあります。水牛の角だったか牙だったか骨だったか…水牛ってことは思い出しました(笑)
この帯、単品で見る分には「あらま、割とお上品」って感じでしたが、この着物のベースが渋い色合いなせいなのか帯が目立ちましたねえ。

No title

タンタンさん、多分このどす曇り?な天気の時の撮影のせいもあるかと思いますわ。比較的明るいと色が飛びがちです。暗めの曇りの日が淡い色を着るにはベストです、うちのデジカメの場合は。
……ええ、だれかツイッター等でハリボテ白鳥のことを呟いてはいないのかしら。南浦和駅の発泡スチロールアートの馬に関してはそこそこ話題になったらしいのに。

No title

真面目な読者だから、過去の記事にジャンプして、また舞い戻って来ました(笑)1年前の白鳥は何処へ…?
そして、1年前のコーディネイトはシックだったンですよね♪アヤメコーデ。

今年は華やかな雰囲気をド~ンと出して、髪型もメガ団子が凄~く可愛い~~♪

白鳥は去ったけど(?)アヤメは綺麗に咲いてますね。つまみ細工も、あすかさんの綺麗な着姿も健在で、すべて世はこともなし、と。

No title

赤唐辛子さん、産後の混乱期で3500円で落札しちまった着物ですがね(笑)
白鳥、自治体と河川事務所の折り合いが悪かったんだろうか…そもそもあの川の管轄はどこになるのか…ああ、謎だらけ。

No title

内緒さん、数年間、菖蒲田を求めて放浪してましたが、ハリボテ白鳥付きのここ、とても気に入っていたのに…(笑)
近くの市民会館の駐車場が1時間無料なのも魅力で。
まあ、やっぱりこの菖蒲以外には用がないのでまた来年、って感じなのですが…

No title

passionpianoさん、東京の菖蒲の名所堀切菖蒲園ですと背景には首都高が写り込みますが、ここには謎のハリボテ白鳥(笑)だったのに~
絞り猫、私商品タイトル見るまでは『どこに猫」と思っていましたですよ。うーん、絞りは正しい綿の絞りの方がいいような気がします。
セオαにはセオαにしかできない仕事があると思うので、わざわざ絞り柄作らなくてもーと。
まあ、この夏誰かがブログ上で着ているのを見られればそれでいいですわ。
…でも見かけるのは『芙蓉と猫』シリーズばかりなのですが(笑)

No title

つなみさん、銘仙、このグレーがベースのものって本当に色が濁っているというか沈みがちなので色と柄によっては本当に『あああ、暗い…』と思いますが、これは菖蒲の色がくっきり明るいのが勝利ですかね。
…しかしここ、観光地でも何でもない普通の地元民の散歩コースなので、いきなりこのような着物姿がいたら怖かったでありましょう、地元民も。

No title

べにおさん、ええ、今年はさらなるストーリー展開があるものと思っていたのに…ストーリー展開どころか連載中止どころか掲載誌が廃刊って感じです。
そう云えば我が家の近くの謎のアームレスリング機も数年設置されたかと思ったら突如消えましたしね。
しかしあの監視カメラはがっつり機能しているらしく、うっかり間違った日に別の指定のごみを出してしまった人の家に、翌日ちゃんとそのゴミ戻されていたそうです…んまあ怖いですわ。

No title

いち呉さん、あまり菖蒲のつまみ細工は一般的に売ってない上に、100均とかの造花でも菖蒲って微妙過ぎて…
自作したら何とか大人風味な物が出来上がりました。
家にある端切れで作る、と云うのもポイントです(笑)

No title

yub*_*hanさん、この着物、実物を単品で見ると『うーん、やっぱり3500円と思うとやっちまった感じがするー』と云う代物なのですが、そう云えば数年前に1回着たときにも『案外いいです』と云うお言葉を頂いたのでした。着物は着てみないとわかりません。でもやっぱり3500円ー…←しつこい。

No title

マド・松本さん、うちのタブレットだと『開けるウィンドウが最大です』って出てしまって他のページを同時に開けないんですのでそのような方々も結構いるかしら、と思いまして(笑)
ハリボテ白鳥も去ってしまいましたが、菖蒲と、そしてこの川っぺりの風の強さは変わらずです。…風が強めのせいで毎回どこかが微妙な感じになります
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ