FC2ブログ
2006-09-26

『kimono girl』 /くるりKG編集部



ものすごくほったらかしてたこの書庫…ま、読書の秋ということで、本のアップもしなければ。

スキャナで取り込んだらすごく汚い画像になってしまった~何故じゃ。実際はもっと綺麗です(笑)


この本はアンティーク着物ショップ『くるり』が出してる季刊誌『KG』の総集編というか、よりぬきというか…

『KG』の方が一般書店には並ばない品なので、このように一般向きに編集して出してくれるのは嬉しい事です♪

でもA5変型の小さい本に1200円も出す気はさらさらないので、ヤフオクにて落札。500円だったかなあ…着物やらの値段は正確に記録しておくくせにそれ以外はいい加減だ。

この本はくるりの店員自らの考案コーデであるので、くるり色ってのもあるんだなあと感心。 豆千代さんとこも豆千代色ありますもんね。

…どうでもいいけど、くるりの店長如月まみさんと豆千代店長豆千代さん、何となく似ているのですよね、雰囲気が。年齢も近いし。

でも着る物はまみさんがお上品系なのに対し、豆千代さんはキッチュでポップ。

…お互い意識しあって両極に行ってしまったのかな~なんて思ってみたり(笑)

ま、お2人ともアンティーク着物界の若いカリスマです♪


んでこの本見てて思ったのが『おはしょりなしでも綺麗』ということ。

無理しておはしょり取らずに裾までキチンと着物が下りるように心がけてるようです。

自分では着丈短くして、腰紐結び位置低くして無理矢理おはしょり取って着てたんですが、これ見て『ああ、そうか、裾がキチンと下りてる方が全体的な着姿綺麗で、おはしょりなくても気にならないもんなんだ!』と目からウロコ。

以来すっかりおはしょりなし女と化してます(笑)

このように参考になる本ではありますが、半襟付きなのに素足…というバランスの悪いコーデも多々あるので『おお!』と『うーーん…』が同居する不思議な本です(笑)

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

アンティークの今風の着方を提案する雑誌ですね♪アンティークはヘタしたら対丈でも短くなる私。おはしょりなし女目刺し、いや、目指します。上の写真の裄も明らかに短そうだし~。書体、イラスト・・・キッチュですね♪

No title

いい本の中にも、へんてこなのも入っていて、逆に勉強になりますよね(笑)基本は着付けをちゃんとやれば、おはしょりなしでも綺麗ってことですよね~。私も着付け勉強しようと思います。同潤会アパートってとこが泣ける。く~っ。

No title

お。3コメ目いただき♪どうして泣いてるんですか?赤唐辛子さん?名称は覚えてないんですが、このアパートって、原宿から青山に行く途中にあったところかなぁ。いかがでしょうか?ところで、上の、腕が健康的ににょきーっと出てるのも、若さがまぶしくてうらやましいです。

No title

ozawamiさん、一応ストリートにおける着物のコーデとは銘打ってますが、中味は綸子の豪華な着物あり、粋な紗あり、となかなかバラエティーに富んでます。モデルが店員だったり客だったりなのでそれぞれの雰囲気に合った着物で、画一的なプロのモデル着用の着物本と違って面白いです。…対丈でも短いとなったらいっそのこと例のレッグウォーマーはいて、脚半代わりにして旅装束にしてしまうとか(笑)

No title

赤唐辛子さん、結局自分が一番身体の歪みとか、歩き方の癖とかを把握してると思うので人に教えてもらうより、とにかく自分でよく着て改良を加えていくのが近道のような気がします。綺麗に着るのは教えてもらえますが、楽に着るのは自分で精進しないと…同潤会アパートは今や表参道ヒルズになってしまったのですよね…

No title

なっちさん、明治神宮の参道沿いにあった昭和初期のアパートです。…そうなのですよね。あそこは参道、しかも『表参道』!神社勤務の元巫女さん、どう思われますか。ちなみに戦災で亡くなった方たちがいまだにうようよ表参道を彷徨ってるそうなので、拾いそうな方は要注意らしいです。

No title

みちるです。私もこの本もってますよ。けっこうサイケなコーデやいや~んほしいっていう着物おおいんですよね。あと参考にできなかなかいいですよね。

No title

みちるさん、着物本は何冊かありますが、この本が1番参考になります。普段着とかが可愛くてポップもありシックもありゴージャスもありで見てて楽しいですよね♪

No title

私も持ってますデス(^_^;人気柄がめじろ押しですよね~。見るたびに新しい発見をしております。この素足には気づかなかったな~(笑)

No title

あ、やっぱそうだったのかしら。ラフォーレ横のマンション内の仕事場から、青山分室や、取引のある銀行まで、よく表参道歩かされました(楽しかった)。戦災については、全く意識の外でした。迷ってらっしゃる方には、大変お気の毒ですが、もう50年以上たちますのでそろそろ諦めていただいて(笑)新しい人生(霊生か?)と、新しいご自分のあり方にTRYしていただければ、幸いかなと(笑)(笑いごとではないですか、元巫女のワリに不謹慎でスイマセン。道産子なのでドライなとこあるんです)

No title

2枚目の写真のコーデ好きです。さる子は今田におはしょりナシの意味がわからなくて、ピッタリの着丈でもたるむ部分があって、それをどう処理したらいいのかわからなくて。帯で押さえる感じですか?

No title

半襟ありで足袋無し…う~ん。。。ですね。まるで冬でも素足!の深川芸者ですね、、、って喩えになってない。。。

No title

あ~なんか趣旨はきちがえたトコで勉強になりました~(苦笑)表参道はそもそも危険地帯だったんですね!?なーんだ、納得!!!

No title

KUBOさん、結構夏物のページには素足バージョンがいるんですよ。細かいところを見る習性のある私には気になって、気になって…(笑)せめてレース足袋とか履いてほしいなあ、と思ってしまいます。

No title

なっちさん、まあ、戦後60年以上。戦国時代から迷ってる方もいますからまだまだですよね(笑)迷ってる方にいちいち手を差し伸べていたんでは身が持たないですから、きっちり線引きするのは正しいと思います。…こういう私は一切見えず聞えもしないのですが(笑)ま、鬼のような女だと思われているのでしょう。

No title

さる子さん、おはしょりがないと着崩れしやすくて直すのも大変、というのが一般的な見解ですが、要は慣れの問題だと。でも確かに着崩れ直すの一苦労ですが(笑)対丈で着てもたるむ部分は伊達締めで抑えてます。

No title

小浪さん、昔の絵に冬物着てるのに素足に下駄というのがあって『何故じゃ?』と思ってましたがもしかすると深川芸者がモデルだったのかも。昔は芸者がアイドルですからね(笑)新橋と深川では櫛の形が違うとは聞いたことがありますが、足元も違うんですね。でも寒いのに…

No title

ねごさん、ありましたか、何かヤバげな事が!うーん、何か青山近辺で空襲があった時の人たちが助けを求めて参道を彷徨ってるんだそうです。行き着く先はその時の神様の象徴、明治神宮ですが、明治神宮は一般人の不浄霊なんて受け入れませんから…だから表参道にたまってるそうです。千鳥が淵も危険地帯で兵隊がいっぱいだそうです。しかも憑依系。気をつけられたし!

No title

や~~ん。夏も終わりなのにコワイお話~~。でも私も「見えない」人です。コワイ話苦手~~。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ