FC2ブログ
2015-02-26

12~2月の頂きもの大全!!2014-2015

原宿記事もとりあえずひと段落したので、溜めに溜めまくった去年の12月から今月までの頂きものをアップするですよ。……去年も同じように3ヶ月間溜めまくった物品をこのようにアップしているので、とうとうタイトルに『2014-2015』が付いてしまった…毎年やるつもりなのか

さて、あっしの12月の誕生日合わせで頂いた物。まずは羽衣牡丹さんから。



…特に背中向けてる姿がそっくりであっしが『デブ子柄』と呼んで憚らない、尻尾が短ければデブ子そっくりな柄の生地の割烹着。

某ネットショップの品ですが、その後牡丹さん自らこの生地が市販されているのを突き止めてお教えくださったので、あっしも今色違いでこの生地を所持している…これが帯になるのさ。



着てみるとこんな感じ。…なぜか力道山ポーズ。頂いたのがクリスマス当日なので、あっしがクリスマスコーデですわ。ああ、もう懐かしさすら漂う。



クリスマス当日に届いたので、一緒に頂いたこの雪の結晶とツリーのオーナメントもぎりぎり1日飾りではありましたが間に合いました~



他にもオペラピンク色のストールに様々な端切れも。ストールは日々愛用中でございます


お次は赤唐辛子さんからの頂き物。



…あっしが意地になって椿柄や赤唐辛子柄のものを送り付け続けているように、赤唐辛子さんも意地になって黒猫ものを探しては送り付けてくださります(笑)年々変化球な黒猫グッズが増えております。

猫の形のハンガ―なんて、『これ、どうやって使うのさ。服掛けられない形なのに…』と思ったら、スカーフとかの長尺ものを掛けるためのもの。…もちろん帯揚げ、帯締め等のぶら下げ場所として暗躍しておりますとも。



珍しくもマンガ本。何事かと思えば赤唐辛子さんのお友達の書家、浦崎善隆さんご夫妻が原作のマンガ本が出たわけなのです。わざわざサイン本仕様に…中身は沖縄県民の生態が綴られております(笑)

そしてこんなものまで…



――――――――矢羽根。矢羽根ですよ、奥さん
(笑)

ちなみに書家・浦崎さんの代表作と云える作品がこちら。



懐かしい番組になってしまいましたが『マネーの虎』の題字を書いた方でございます。……いくら友達とはいえ、このような書家を捕まえて一体何をやらせているのかっ
(爆)

これも沖縄のいちゃりばちょーでー精神なのか
そしてこの色紙をあっしはどのように掲げればいいのか

―――――掲げた日にゃ毎回来客の際、この『矢羽根』の意味を説明しなくちゃならない羽目になりそうで途方に暮れているぞ。


お次はタンタンさんからの頂き物。



ポリの絽の着物に『蕨?』な謎の格子柄着物、そして竹の柄の刺繍絵羽織でございます。



このような菓子類も同封(笑)…いち早く小僧に持ち去られたが、どうやら和風テイストはお気に召さず、すぐに全部返してよこした


お次はふでぺんさんからの頂き物。



花唐草の銘仙の羽織&梅柄の羽織、柄足袋をいーっぱい
梅柄は早速コーデに使用予定



小僧向けのタオルハンカチにバレンタインが近かったのでウサギの形のチョコも頂きました。…これは小僧に持ち去られて返してもらえなかった…


うぎゃーーーーっ
…原宿の記事に比べて画像だらけですわ(笑)ああ、このようにいっぱい並べると有難みが薄れるのでやっぱり頂いたらすぐにアップすべきですねえ
また来年もシリーズ化しないことを祈るばかり…

羽衣牡丹さん、赤唐辛子さん、タンタンさん、ふでぺんさん、ありがとうございました~




いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

竹やぶのカンカン!!

同じの持ってます 何故か嬉しいです うふっ


ヘンなコメントですみません。。。

No title

いいなあ、矢羽根(笑)。
やっぱりこれは額装して、あすか家の家訓とせねばなるまい。
黒猫柄、やっぱり着物としては生地が厚いし、柄もでかいですよね。
帯のほうがいい!と思っていた矢先、ヤフオクでこの柄の布を少しあしらった手作り服が出品されているのを見かけて、「とすれば布で販売されているのでは!!」と検索したら見事ヒットしたので、ラッキーでしたわ♪

No title

有名書家さま直筆の「矢羽根」、すご過ぎます!
名前まで入ってて、プレミアム感半端無い

アンティークの矢羽根を、これまたアンティークの羽織、小物でサラッと着こなして、似合うだけでもすごいのに、こんな「書」まで持ってるなんて、切っても切れない運命決定ですね!

それにしても、皆さんがしっかり好みを把握してらっしゃるのがアッパレです。テンション上がるポイントがスッカリばれてらっしゃるようですね

No title

内緒さん、本当は正面向いてわっはっは顔をしなくてはならないんでしょうけど、力道山ポーズは(笑)羽織着てるのにその上から割烹着で、もうパツパツです。
最近本屋に行かないので『おや、このような本が…』と思ったら、12月時点で出来たてホヤホヤの本でした。
角川から出てるので大きな書店なら扱ってるかも。
長年、『これ、好きそうかも…』的なものを見つけては送り付け合うという嫌がらせ(笑)を続けております~

No title

ocarinさん、全国的ですと北海道の『白い恋人』の缶が各家庭に1個はありそうですけどね(笑)大阪ですと各家庭にモロゾフのプリンの瓶が1個は必ずあるそうですし。
このお店、小田原の店なので割とお揃いで持ってるってのも珍しいかも知れませんよ~

No title

羽衣 牡丹さん、…あまりに立派な色紙だけに、中身がトホホで途方に暮れました…しかもあっしの名前が~!!(笑)私が書いたと思われたら浦崎さんにも不名誉であろうに。
小ネタを仕込んでくる赤唐辛子さんが今回は大ネタで勝負に出ましたわ。
デブ子生地、洗い続けるうちに柔らかくなるのかもしれませんが、生地としては熱くて固めだから、夏着物には絶対向きませんよね~
そして生地を発見してくだすったおかげで『帯が発売されたら買わねば…少々高くても』と思っていたのが低予算で済んでラッキーでございました。ありがとうございまする~

No title

yub*_*hanさん、馴れ初めは存じませんがお子様同士仲良しで、家族ぐるみの付き合いなんですよ、浦崎さんと赤唐辛子さん。…だからってやっていいことと悪いことがある(笑)
本当にこの色紙、どうすればいいのーっ明らかに一般人の手によるものではないので、絶対に人目に付くので夫にも実は見せていないのです…
それにしてもなんて贅沢な嫌がらせでしょうか(笑)

No title

プレゼントダイジェスト!
楽しいねー。
黒猫ものも、シュッとしたのが多くてねー。デブ子みたいなのは見つからないわ、亜熱帯では。
今年はオペラピンクシリーズにしようかしら?
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ