FC2ブログ
2015-02-19

ここは常連の集う居酒屋か!?(笑)な@東京キモノはいからっと。

……さて、引き続き画像が全然ございませんので、例によってリンクの嵐でございます。…いや、画像があっても身元が分かってる場合はリンク貼るんですけども

えーっと前回は『会場に辿り着いたものの、まだ列にも並ばずお知り合いと立ち話』で終了。その続き~


KEIKOさんとお話していると、傍らの列に今、並ぼうとしている方々に見覚えが。

同じくさいたま市内在住、しらいみえさんがっ
……ええ、絶対にいらっしゃるとは思っていたので曜日と時間が合えばお会いできるな、と踏んでおりました(笑)

同じイベント、同じ曜日のほぼ同じ時間帯に行ってても波長が合わないのか一向に出会うことのない方もいれば、逆に一切前もって連絡もしなければ下調べもしてないのにバッタリ出くわすパターンの方もいるのです。

みえさんはそのパターン(笑)…あ、他にも会場から出てらしてすぐに帰られたので挨拶程度しかできなかったちーさん、何気にあちこちのイベントでお会いする割には名前を伺っておらず、今度会ったらお名前を…と思っていたのにまたお名前を伺う時間もなく去られてしまった方もそのパターンに当てはまりますわ。

で、今回、みえさんにはお連れさんが。冬桃(ともも)さんだーっ

―――――話は変わるが『平成着物図鑑』君野倫子・著をご存じかしら。もう10年前の刊行になるので最近着物を着始めた方々には馴染みのない本かも知れないが。

…しかし10年以上着物を着ている方々で、付き合いのある着物ブロガーは当時、ほぼ皆が読んでいた(笑)

その本に冬桃さんが紹介されていたのですよ。



今でこそファンキーポップな帯や着物は当たり前となりましたが、10年前はまだまだ浸透しておらず、これらの帯を見た着物着始め1年目、まだブログもなかったあっしは激しく衝撃を受けましてね。

『へーっ
こんなに自由でいいんだ。似たような生地とか見つけたら真似して作ってみよう』と、その後、わけのわからない(笑)柄の帯とかを作り始めたりもするんですが。

それまでは正統派の和柄の生地しか帯用としては目に入ってなかったので、ある意味蒙を開いてくれたのが冬桃さんだったのでございました。

しかし人間の悪い癖で、『ネットの世界の人は別世界の人、本に掲載されるような人に至ってはもう別次元の人』という認識でいたもんで、まさかみえさんのお友達で、一緒に着物イベントに行くような仲と知り『ぎょええええええ
』と驚いたのであった。

――――――だからもし、今回みえさんに遭遇出来れば、もれなく冬桃さんにもお会いできると踏んでいた(笑)…ここでもコバンザメっぷりを発揮するワタクシ。

…行列に恐れをなし『…どうせ中で買えるようなものがないだろうし、サクラさんが登場するまで外でボーっと着物女子を眺めてようかしら』とか思っていたのだが、みえさん&冬桃さんが今、列に並ぼうとしているのなら話は別だ。

かくしてコバンザメは背後霊となってお二人と共に列に並ぶこととなる。

列に並んでる間、アゲハさんが列整理のお手伝いをされていたのですかさず『…ちょっとアゲハさんにお会いしたら伺いたいことがあったんですけどっ』と実は過去1回だけお見かけして『あ、アゲハさんだ』という失礼な呼びかけだけしかことがないので当然ちゃんとご挨拶もしたことがないくせに、いきなりどうでもいい質問を投げかけたりもした(笑)アゲハさん、ビビらせてどーも相すみません

でもご本人にはどうでもいい質問でありましたが、あっしには8年来の疑問だったので気が楽になりました、ありがとうございます。

そしてアゲハさんも絶対この場にいる、と踏んでいた(笑)

当日朝にコメントを発見したので果たして会えるかどうかわからなかった、数年間遭遇の機会を付け狙ってくだすってたともともさんともやっとこさお会い出来、会場に入る前に既に出会い運を使い果たしてしまった感あり。


……何でしょう、この『店に行きゃ誰かしら居るからよ。誰にも連絡しねえんだ、俺は』ってな、沖縄の飲んだくれ風味な展開は。まるで常連客でごった返す居酒屋のようだが、ここは原宿……



入り口の看板。……なんと入り口までで連載2回目、終了

いつになったらこの連載は終わるのか…こうなったら少ない画像で徹底的にレポートするざんす



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

沖縄の飲んだくれだけど、呼んだ?
今月あと2回は飲んだくれる予定よ、行けば誰かいる店でね。
そういえば最近手作り帯、アップされてないね。
手作り帯のコーデ、久しく見てないわ~。見たいわ~。
せっかくだから、リンク先もおじゃましちゃいますわ。
引っ張るんだね、このお話。

No title

この本、図書館で借りました。

少しずつ行李の呪いが、解けつつあります。

なぜか、この時期、下駄を2足買うという行動に走ってます。その他、持ち込みに鼻緒購入たてかえたり。下駄の世話ばかり…。

黒猫バックずっと気になってましたので、購入されたのは、あっぱれです。

マグロは、家族一同大好きな番組です。もちろん我が家の一番人気な漁師さんは、不運で片づけられないあの方です。

No title

この本、私も読みましたわ~昔。お裁縫できるひとはええなあ(遠い目)…と思ってましたわ~。リンク先にお邪魔します
私は着物も着ず列にも並ばず(←不審者)着物女子を眺めただけで帰るでしょう。最近あまり着物を着ていないので、着物着たひとが見たくて見たくてたまらないんですよ。どうしよう。

No title

ぐふふふ。二日間ともいってたかいがあったわ〰あすかさんとの写真ありますけど、どうやっておくればいいのかな?!

No title

はいからっとネタ、なんでこんなにワクワクしてるの?私。

人間関係縮図を刑事ドラマのように書いて欲しいくらい、この業界の超有名人(着物歴浅し、リンクで知ったお人ばかりです。お許しを・・・)が集っていたのですね!

でもでも大御所のみなさん、10年以上の着物熱は、やはり奥が深いと言うか、着物の魅力と、自分らしいコーデが(意外にも洋装よりも個性豊かに!)出来るとこなんでしょうか?!

この本ですが、とてもとても面白そう!
しかーし、このブログの「名古屋帯三分割作り帯を作ろう!」あたりでかなりテキトーな本名で紹介されていた、同じ著者の正確には「着物まわりの手作り帖」をQUOカードにて先に入手予定です。

はぁ~この連載が終わる頃には着物業界の一般常識が身に着いているかも!
次回はいよいよ店内へ!かしら?それともまさかのスピンオフ?

どっちにしても面白そう

No title

赤唐辛子さん、でもさ、沖縄といえど女性陣はそれなりに事前に約束するんではないのかい?…沖縄のオヤジの飲んだくれは一切約束しなさそうだけど(笑)
あー!!そうだった、そうだった。…22日の猫の日に合わせて作り帯にするつもりでほったらかしてる生地があった
思い出させてくれてありがとううっかり22日に間に合わないところであった…
ここのコメント終わったら早速作り始めます。小僧が幼稚園から帰る前に終わらせなければ。

No title

内緒さん、こじんまりとしてて、ママのキャラで客が集まるお店のようですからやっぱりママが女王様なんですよね~
多分常連さんはそれわかってると思うので、何をおいてもママをよいしょすることは忘れないと思いますが(笑)
あ、でも個性派ママがいるとアシスタントはアシスタントに徹していられるので楽なところも多いかと。
……居酒屋だけでなく『場末のスナック』においてもよく見られる光景かと思います『あ、やっぱりここにいた~』と集うおやじの群れ(笑)

No title

ちぃ舎んさん、この本、今店頭に並んでるのかしら…結構前まではよく並んでいたんですが、もしかするとネット注文でもしないと手に入らないレベルの本になってるのかしら10年前の愛読書だったのに。
…行李妖怪が立ち去りつつあるかと思ったら、今度は下駄妖怪が新たに上陸しましたか(笑)常に何かしら妖怪が居座っておられますねえ
しかしここにも『不運な山本さん』好きがいたとは!!(爆)…山本さんの不運は相変わらずですが、就職したと思ったらすぐに辞めて家に戻って来た二男、あの子はどうしてるんだろう…と気になっております。
きっと同様に心配している全国の山本一家ファンがいるに違いない。

No title

たまさん、そう、買う買わないは別にして、『読んだ』って人は多いです、この本(笑)…まあ、今回裏話を聞いて『ええ!?そんなに雑に本って作れんの!?』とびっくりもしましたが。
今回の会場なんて、着物姿が並んでなければ一切イベント感のない場所。実際列が消えたらそこにレンタルスペースがあることすらもわからない状態でした…地下だったから、皆、地下に吸い込まれちゃって。
立地としては1階の開催で、向かいにカフェがあるような場所が理想であろう、カフェに居座って着物姿眺められるから(笑)
…そーゆー場所で開催される都内のイベントを探すか(笑)

No title

mij*uri*196*さん、あ、やっぱり。2日目はグリーンというか水浅葱というか、な感じのお色の着物ではありませんでしたか?2日目の紹介されてる記事を見てて『あり?』と思いました(笑)
えーっと、YahooIDはお持ちのようですから、多分ゲストブックは使えるかと。そちらに内緒で連絡先メールを書きこんでくだされば、こちらからご連絡致します~

No title

yub*_*hanさん、Yahooブログの着物ブロガーは結構年齢が高め(…)なのであまり行かなかったと思いますが、アメブロは若い着物ブロガーが集結している感があるので、一歩歩けばアメブロ着物ブロガーって状態でした(笑)
案外着物も流行り廃りがあるので、流行りもの好きの方がいっぱい集まるようなとこですと似たようなコーデが結集したりもしますが、今回はかなりバリエーション豊富だったような気がします。
『着物まわりの手作り帖』、確か君野さんの4冊目だかの本だったかと思うのですが、その頃になるともう、面白くなくって(笑)『本買わなくても知ってるし』って、ちらっと立ち読みしてそれでおしまいにした覚えがあります。
一番最初の着物本だった、この本が一番バラエティ豊富で楽しかったんですよ。…それ以降は企業とのタイアップが多くてもうダメ

No title

まだ入り口。。。わくわくします
なるほどyohooの着物ブロガーは年齢がwwwww

君野さんの本2冊持ってますが「それ以降の」タイアップのです
「あ、お店 今はもう無いんだ」というがいくつもあって最近は読んでいませんが 頭のどこかにはあるのだと思います

平成着物図鑑みたいな人ばかりの集まりだと 自作の
普通の着物では恥ずかしい気がしてしまいそうです。。。

着物絶滅地区に住んでいるもので自意識過剰になってしまっています


入店後のルポ お待ちしてます!

No title

読み応えのあるブログ記事だと思っていましたが…まさか大河ドラマになろうとは…今回もリンクに振り回されつつ(笑)楽しませていただきました。きらきらアゲハ蝶のアゲハさん、私も時々ブログを拝見しておりました。オシャレなアンティークが素敵な、真面目な着物ブロガーさんという印象で、定点観測のような着姿写真が印象的です。
東京はいからっと…そこに行けば誰かが居る…って、アンティーク着物ブロガーの世界は奥が深いのですね。

No title

ぎゃーーーー!
こんなデカく本のページまで恐縮です。
あまりに古くて忘れてた帯あった(^_^;)
お話伺って嬉しいやら恥ずかしいやら…。
一般ピーポーな平凡な私でも
ちった~お役に立つこともあったのですね。嬉しいです!

逆に私のほうが、あすかさんにお近づきになれて わんだほー♪
今まではもしもお会いできても声なんてかけられない、
と内心思っていた小心者でしたので
これからはばったり出くわしましたら
ありがたく(別名ずうずうしく)
「あすかさぁ~ん♪」と黄色い声で叫ばせていただきますので
宜しくお願いいたします。

では、次回のばったりを期待しております♪
こちらへのコメントもありがとうございました。

No title

ocarinさん、今でこそあちこちのブログがありますが、当時はそれほどブログ運営会社が選べず、ヤフオクとか利用している人だとYahooブログの方が便利だったせいもありしたがってそのままずーっとブログ続けている人は年齢が高くなってきております(笑)
…あ、でも始めた10年前も着物ブロガーって年齢高めでした。若い着物ブロガーがいっぱい出てきたのって、ここ5年くらいの間だと思います。だからYahooブログにおいては私なぞかなり年下扱いだったのですよーそれが、もう41に
着物本がバンバン出ていた時期の本ですから掲載情報、もう古いですよね。掲載されてるような有名店とかにお世話にならないので、現存してなくても特に問題はないんですけど。
結構着物イベントは、そこに出店する方の普段のコーデによって来場の方のコーデも連動するというか。
今回はラブリーな普段着物な方が多かったので、来場の方も『すごいなー…』って方はお見受けしませんでしたよ。

No title

マド・松本さん、こんなに画像が少ないながらも、まさか長期連載になろうとは…どれだけ話を膨らませるのか、私(笑)
と云うか、皆さん、かなり盛りだくさんと思われる一日を、よくぞさらっと一つの記事にまとめられるものだ~
…着物、和装ジャンルの方々はここまで一つのイベントに結集しないんですよね。アンティーク・リサイクル着物ジャンルだけの特徴みたいで。
着物は着物でも、かなりマニアな部類に入るのがアンティークなのでどうしてもマニア同士が集まる場所に集ってしまいます~(笑)

No title

冬桃さん、でかでかと載せてしまいました(笑)…多分画像で見ないと『ああ、あの帯!』とわかってくれる人がいなさそうなほど古い本…
私も冬桃さんは違う世界のお人だと思ってましたので、その心理はよくわかりますでも実際ご自身が普通のお人のように、私も普通の人なわけでして(笑)
だからなるべくお会いしてみたかった方に遭遇出来た際には、積極的にお声をかけることにしております。『あたし、アンタ嫌いなの。こっちに近寄ってこないで』ってオーラを発していなければ(笑)
お住まいからですと行きやすいと思うので、そのうち川越あたりでバッタリ遭遇しそうな気が致します(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ