FC2ブログ
2015-02-09

丈の短い薬玉柄着物&謎多き薬玉柄刺繍帯コーデ♪

―――――――大間の『不運なマグロ漁師』が相変わらず不運に健在で安心したワタクシ(笑)←…わかる人だけ大笑いして頂きたい。あの人の不運ってばその9割は『すっとこどっこいな雑な性格』によるものだと思うが、人の不運なんざ往々にしてそんなものであろう。それを他の誰かのせいにせず『あいやーなんだべかなあ』で済ます、朴訥な親父の生き方こそ『これぞ人生。これが人生』ってな感じで情けなくもカッコいいと思うんざますよ。……でも身内だったらそのすっとこどっこいぶりにさぞかしイライラするだろうなあ(笑)

…週明け最初から、大間のマグロ漁師山本氏への愛を語って暑苦しくって申し訳ない、奥さん

さて、先週末に着たコーデのご紹介でございます。









『骨董アンティークフェア』に出展されてた国立市の『アンティーク・ジョン』さんにて3000円で購入の華やかな薬玉柄の着物。……こーゆー着物こそ十三参りの少女が着るべき着物ですわよ、たまさん!!(爆)

ちゅーか実際そのような仕様になっとりまして、肩上げこそ取れてはいたものの着丈がとーっても短い。

何をどうやっても短いので、今風の『短い着物&靴』で着ることにする。

帯は数年前にヤフオクで落札の薬玉柄刺繍帯。…この帯、刺繍帯らしく繻子は繻子なんだが地柄が入っておりまして、何やら山並みに海、並ぶ家々が見える
もちろん刺繍の柄との統一感はない。謎多し。

でも刺繍帯に多い『美しいグラデーション技法』が使われておらず、それゆえのっぺりした色彩が割とこのような強めの色の着物に合いやすいのであった。今回も他に薬玉柄の帯があるのに、前帯部分ののっぺりなオレンジ色牡丹刺繍がこの着物と合ったので、採用。

丸紋の刺繍入り黒半衿はどこぞのネットショップで800円くらいだった覚えあり。

帯揚げは浦和の骨董市で1枚100円の端切れ×2枚、帯締めも同じく骨董市で100円だったかね、確か。



出かける際はしまむらケープ装着で、のっぺりオレンジ色牡丹刺繍は見えず。



いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あすかさん、こんにちは。
柄on柄+柄+柄、さすがあすかさんコーデ
しまむらへはあれから行けてなくて(閉まるの早い)。お着物によぅ合いますね~、ゴージャス~~

No title

赤唐辛子さん、春なのかしら。春の気配にやられているのかしら。でもこんなインパクトの強い春の色ってのもどうよ。
子供用の帯って云うと、何だろう普通の半幅よりも太いやつかしら。たまにあるよね、七五三風味で立派なのが。

No title

ねこやんさん、私が袴をはく人間であったなら、問答無用で袴用の着物にするところですが袴は使わないですしねえ…そしてこれに合うようなエレガント風味な手持ちのブーツがなく、結局10年ぶりのヒールのあるパンプスを履いたのです。…ええ、疲労が半端ではございません。
うーん、髪型はモダンと云うよりは定番のような例によって三つ編みをぐるぐる巻いたまとめ髪です。

No title

jasminさん、元々関西方面の風習ではなかったか?こっちの方でもやる話は聞いたことないですよ。知識として知ってるだけですわ。
薬玉柄って割と小さめの花が丸く集まってる所に紐、だから派手なようで派手ではなかったりするんですわ。大輪牡丹柄とかの方がよっぽど派手(笑)
着丈が短いので、ブーツかタイツにパンプスってな足元しか思いつかず、したがってどうやっても冬にしか着れない代物でございますのよ~

No title

ナンネル姫様さん、珍しくも初日の一番混んでる時間帯に行ってしまいましたですよー(笑)…その時間でないとお会いできないような方がいたので。
しかしどんな噂が流れていたのであろうか(笑)

No title

たまさん、ええ、頂いたあの立派なアンティーク刺繍帯は立派過ぎて、立派な着物にしか合わせられませんの(笑)…割ととんちき感のある刺繍帯の方が出番が多い…
で、考えてみりゃたまさんとて刺繍帯は割とお持ちだ。…不得手とする蘇州(スワトウだっけか)帯とか(笑)
…夫側親族は皆、大間の情けないマグロ漁師を愛しているんですのよ(爆)
あっしら夫婦もここ2年ばかりテレビに出なかった情けない不運な漁師をとても心配していた。そして相変わらずのやらかしっぷりに安堵した。

No title

くろりんさん、…よかった、このネタに付いてきてくれる方がいて(笑)ホントにもう、あのお人はなぜいつもいつもああも映像的に美味しいことをしでかすのか(笑)テレビクルーが13年間も密着するのもよくわかります。本当にネタに事欠かない。でもきっと、密着している人たちは『あああ、なんとかしたほうが…』とか思いながら撮影し続けてますよね。それもストレス溜まりそう(笑)
…このコーデ、着たら半衿はこれほどは出ませんでした。

No title

> あすかさん
そりゃ、あすかさんの美しさについて、ですわよ~
「あすかさん、そろそろくるのかな?」ギリギリ時間に期待して行ったわたくしでした~

No title

あすかさまにお会いできいやぁ感激でした!!帰りたがる息子をあしらい戻って声をかけたかいがありました!生はさらにおキレイでしたわ!またお会いするのを楽しみにしてます

No title

これは、裄もかなり短いんでしょうか。
丈は…このお人形でお端折り無しとは…着姿楽しみにしております。
帯は確かに微妙ですね。刺繍と言うより、下手な織の帯みたい。子供さんが締めてたらかわいいだろうけど、子供向けの色でもないし。

薬玉柄、ずっとほしいんですよ。
かなり昔ですが、宮尾登美子さんがご自分の着物のお写真で本を出してまして、それは美しくおそらくほとんどが大層高価と思われますが、その中のブルーグレー地の薬玉の訪問着に一目惚れで。
しかし、お手頃価格で(ブルーグレーでなくていいけど)何とか着られそうな落ち着いた薬玉柄って、ほんとありません。

No title

マド・松本さん、私の持ってる黒のファーケープは自作のヒグマ殺生ケープですから(笑)、今になって黒も買っておけばよかったな~とか思ってます。確かにこれ、暖かくて優れものでした。
髪型は『巨大デニッシュの自毛バージョン』です。帽子がポイントなので髪型はコンパクトです~

No title

passionpianoさん、この着物、秋にアップしてたら『んまあ、秋色♪』ってな黄色と赤(笑)
しかしショール、私、基本的に着物の際もほとんど車移動で、あまり防寒しっかりしなくても平気なとこにしか行かないもんだから、今期、またこのショールの出番があるかどうかは謎でございます…

No title

ふでぺんさん、…しまむらは閉店早いですよね。このご時世にあっても。昔から変わらず7時閉店。夜10時まで頑張るお店だってあるのに~
で、多分今はもう春ものシフトで、このケープはとっくに倉庫行きなのではないかと…売れ残ってても

No title

ナンネル姫様さん、ああ、申し訳ないことをしました。…大概、最終日とか終了間際とかにのこのこやって来るハタ迷惑な客ですからねー、私は
でも2日目の方が人が少なくてじっくり見られてよかったと思いますよ。…人がすごすぎて、もう、それだけで買い物する気力が

No title

ともともさん、苦節何年でしたでしょうか…やっとこさお会いできましたね~
そうですか、ご子息は犠牲に(笑)その後何かご褒美は貰えたのでしょうか、彼は。
事前に『このイベントのこの時間に行きます』と云う告知は滅多に出せないので(行き当たりばったりのため)なかなか捕捉しにくい人間かと思いますが、また懲りずに付け狙ってくださいませ(笑)

No title

天鼓さん、裄は60センチなので、まあ、アンティークには多い長さかと思うんですが、なんだかいつも以上に短かったような印象があります。
なので移動中は黒長手袋をして、『そ~ゆーコーデ』で誤魔化しておりました。
帯は…変ですよね(笑)色褪せもかなりのものですが、でもなぜかこの微妙感が私には使いやすかったりします。
そう云えば薬玉柄って、アンティークだと特に子供向けの柄に多くて華やかなものばかりです。
あ、でも着物にハマりたての頃に買ったポリの新品に今にして思えば『かなり地味』な薬玉柄、ありました。…太い疋田の縞柄ばかりが目立って薬玉柄なんてずっと『丸紋』だと思ってました。よく見りゃ紐が付いてて薬玉柄と判明しましたが(笑)

No title

これこれ!この着物^^
やっぱり素敵ですね!
帯の刺繍のことをこんなに考えたことなかったので、なるほど~と、思いました。
帯を見る時、刺繍ばかり気になってしまうかも^^;

No title

しらいみえさん、…しかしやっぱりこの着物は袴女子とか、10代の少女が着るべきものだと痛感致しました…
まあ、この着物がなかったら着物×タイツに靴なんて今風コーデは実行しなかったと思いますが(笑)
刺繍帯好きなので、、ついついぽってりした立派な刺繍帯ばかり選びそうになるんですが、案外雑(笑)な刺繍帯の方がポップ感が出て使いやすかったりします。

No title

しらいみえさんと一緒にお会いしました冬桃です。
外でお姿を拝見し、密かにお会いできたことを喜んでいましたのに、
なんとお話も出来、さらに私の名前とマリーちゃん帯まで覚えてくだすって心臓が飛び出るほど驚きましたです!!
あぁ、着物×タイツに靴の今風コーデもお美しかった~!

No title

冬桃さん、…今、君野さんの本を読み返してみたら『ともも』ってちゃんと呼び方書いてありました…10年前の本ですからね~すっかり呼び方が記憶から抜け落ちていたものの帯だけはしっかり覚えており、赤い大きなギンガムの着物、いいなあ~と当時羨ましがっていたのを思い出しました(笑)
私、ブログ始めるの、本が出てから1年後ですから…
今でこそ、ポップな柄の帯は当たり前になりましたが当時は本当に無く、君野さんの本の中でも異彩(笑)を放っていたポップさですよね。
まさかその作者さまに10年後にお会いする機会に恵まれようとは。
みえさんとご一緒でなければわからなかったと思いますが、そもそもみえさんとも『アンティークフェアでたまたま出会った』と云う馴れ初め(笑)
…不思議な縁でございますね~
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ