FC2ブログ
2015-01-28

紅葉の時期を読み間違い、夢は枯野を駆け巡る…

ああ、もう梅の便りも聞かれる頃(うちの梅も数日後には咲きそうだ)だってのに、今頃、ええ今頃になって紅葉ですよ。すみませんねえ…

コーデしただけで着なかったならばそのままコーデすらも隠匿していたであろうが、一応着て、そして紅葉と撮ろうと目論んだ格闘の歴史?があるのでねえ

時は12月半ばに遡る。――――――既に12月半ばって時点でもう紅葉シーズンが終わってるんだが


紅葉の色付き具合、あっしは近所の紅葉を標準木として採用しておりまして、その木が今季は色付くのに時間がかかったんですよ。

しかし気が付きゃ12月も半ば。……いや、こりゃ絶対に紅葉も色付いてるはずだろうよ、いつも行く川口の『興禅院』の紅葉も。ってなわけで車でひとっ走りでございます。

で、今季は新たにミッションが。

興禅院の目と鼻の先に『小林もみじ園』という紅葉専門?の園芸店があり、そこは紅葉シーズンだとこのように美しいのだそうで。





どっちもネットから画像拝借。このように美しい紅葉ならば是非ともこちらにも出向かねば
と思っておりましたのさ。

そして向かった12月半ばの小林もみじ園は。



このような落ち葉だらけの枯野と化していた…

どうやら、こちら、日当たりの関係なのか紅葉の時期が興禅院よりも早いようなんですね。本当に目と鼻の先なのに
なので、とっくにシーズン終了。

こんな時期に来る客なぞおらんので、上の画像のお犬様には吠えられ、更にもう1匹はリードが外れてて追っかけてくる始末
犬嫌いなら阿鼻叫喚であろう。

立派な番犬様に対し『怪しい者では…』と主張しようにも、どう見たって怪しい者に他ならず。…人間が見れば『時期外れにうっかり頑張って紅葉コーデでやって来た間抜けな者』として観音のような笑みを浮かべられるのが関の山なんだが(笑)



枯野を背景に着姿を撮るのも何なので、枯れ紅葉いっぱいの足元だけ撮って退散…

そして目と鼻の先の興禅院の方に出向くと、こちらもいつも撮っている穴場の奥まった位置にある駐車場?は閉鎖されてはいたが、まだ少しは紅葉が。



でもちゃんと赤い紅葉前で撮った着姿は強風に煽られて微妙だったので、別のあまりパッとしない黄色い紅葉前での着姿をアップするでございます…



椿だけが目立つ羽織、と思っておったがこの角度からならば、若干紅葉が存在を主張しておりますな、よかった…

そして『汚くてボロい』と毎年罵っているこの銘仙の着物も、それなりに見えるのが口惜しい(笑)


桜と違って紅葉は本当にその立地によって色付きがまちまちなので、毎年見頃を見極めるのが大変なのだが、実は綺麗な紅葉を背景にできたところで画像的には綺麗であっても、ブログ記事としてはそれ以上に話が膨らまずに大して面白くもなかったりする。

―――――なので、試合では負けたが勝負には勝った、ってなところか。



使用したのは自作のつまみ細工かんざし


いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

犬に吼えられ、足元を写し
ご苦労をなさいました

せっかくコーディネートされたのですから
お出掛けしなくっちゃ そしてわたしたちに見せてくださらなくっちゃ という
気合と親切心のかたまりのような記事です


紅葉は ほんとに身頃が難しいです

千葉県の養老渓谷なんて12月頃紅葉 が、普通です

紅葉園って良いですね
こちらは黄色ばかりで しかも巨大な銀杏ばかりなので
もみじの木を見つけるのは大変です

No title

強風に煽られて微妙な着姿が見たーいっ!
柿色の足袋もかわいいですね。
私も今年は紅葉の着物を着そびれて。。。春に着ようかな。。。青い紅葉だし。。。

No title

オォ~。撮られておいででしたのね?本当椿が目立つ羽織ですが今頃にも使えますわ。銘仙の着物って写真だとつるんと綺麗なのに実際は裂けそう。だったり一部裂けてるよなのが残念ですね。弱いんですかねー?私はアンティーク好きになった初期銘仙にはまりましたの。それらが徐々に崩壊し始めるとアァ~。二度となさそうな柄なのにと残念になります。こちらの紅葉も綺麗な色合い❗️なかなか無いですよね。

No title

諦観の笑みで、遠くから見守ってる気持ちで拝見致しました。
山形の紅葉は色づいたな🎵…と思ったとたんに褪せていきます。
朝晩の気温低下のせいですよ(コンニャロメ)。
寒かったでしょうに、我らのためにありがとう、あすかさん。

No title

いつ拝見しても、あすかさんの着姿はお綺麗で素敵です。これが…萌える紅葉の頃だたらゴージャスだったでしょう(笑)でも、紅葉も終わり枯野の前に凛と立つ…侘び寂びとでも言いましょうか、それなりに雰囲気があります。
自作のつまみ細工、可愛いですね。本当に器用でセンスが良いですね。

No title

最初の写真を見た時に素晴らしい紅葉♪って思ったのに、枯野ですか、残念でした。

こちらのコーデだけ見ると『あら?ちょーっと地味?』って思いましたが、着用されると映えますね、紅葉もちゃんと主張されてますし。
しかし、この帯が430円か…ヤフオクって難しい。

No title

タイトル、「旅に病んで夢は枯れ野を駆け廻る by芭蕉」ですね。あすかさんったら、知的ー♡
この時期に見る紅葉というのも、なかなか良いものですな♪ 2枚目写真でこちらをきょとんと見ている白犬が気になりますが(笑)。
罵っている銘仙ですが、画像ではすごくいいものに見えます。へー、そんなにひどいのですか?
そして問題の羽織は…たしかに椿の勝利。紅葉柄は、縫い目で分断されているのが敗因かと。
全体に落ち着いたコーデで、しかも紅葉に映える!
ときにあすかさん、つまみ細工の紅葉が天狗の団扇(?)に見えて仕方ない私です(笑)。

No title

ocarinさん、そりゃ犬も吠えますよ、オフシーズンに入ってるんですから(笑)しかも見慣れないような格好ですしね。
桜でしたら、ほぼ同時期に咲きそろうのに紅葉って同じ敷地内でも日当たりの加減とかのちょっとしたことで色が全然違いますよね。
……紅葉情報を日々更新しているような観光地だったらはずれなしでしょうが、今回の記事の場所はどちらも場末ですし~(笑)

No title

赤唐辛子さん、その寒々しい強風にあおられ感がまた、哀れ感を倍増させるんでございますよ
青紅葉、あれは柄が小さいから小花柄と言い張っても大丈夫でないかい?(笑)

No title

passionpianoさん、2WAYな柄って案外どっちか一方の柄しか使えなかったりするんですよね…2つの柄が均等に主張してるものは珍しい…
まあ、銘仙そのものが質の悪い絹の活用法として登場してきた反物だけに、生地が弱いですよね。たまに恐ろしく頑丈なバリバリっとしたものもありますが(笑)
二度となさそうな柄は端切れとして十分活躍してくれそうです。案外帯になると新たに生命を得ます。

No title

jasminさん、寒暖差が激しいほど紅葉ってきれいな色になるんではなかったのか!?…寒いだけだとだめなのか
これ撮ったのは12月半ばだったので普通に晴れてればそれほど寒いもの}ではありませんでしたが、強風…
そしてお目当ての紅葉は枯野だし…毎度なにかしらやらかしてくれますわ(笑)

No title

マド・松本さん、私に合成技術があったなら一番上の画像に自分の画像を貼り付けたいところでした(笑)
こうなると紅葉柄が主張しない羽織がせめてもの救いってところでしょうか
…ああ、紅葉のつまみ細工ってば相性が悪いのか、何個作っても作っても下手なんですよ、これ菊のつまみ細工なら相性がいいのに

No title

タンタンさん、観光地パンフみたいな詐欺を働いております(笑)…実物は枯れていた…でもきっと見頃に行けば本当に綺麗だったはず。そして犬もあっしにまとわりつきはしない。
思うにアンティーク独特の青紫系って、蛍光灯の下だととかく地味になるんではないかと。でも自然光だと紫色が強く発色するので思ったよりもきれいに映ってます(笑)
…そう云えば、『安価過ぎて誰にも落札されなかったので哀れで落札した』ものって、結構使える優秀なものが潜んでましたよ。当家比では。

No title

べにおさん、芭蕉は有名どころですからねえ、分かりやすい表現といえましょうか。…『吉展ちゃん事件』の犯人の小原保元死刑囚の短歌がなかなかに来るものがありますが、誰も知らんであろう
刑確定から執行までに短歌や俳句に傾倒する受刑者が多いですが、なかなかに秀逸なものが多いです。……そのうち授業の教材で使いませんか?中学生には荷が重いか
もみじ園の白犬、先にこっちの画像を見ていたので『あ、ホントにいた、もう1匹いる、って追っかけてくるし!!』と驚きましたよ。リードが外れてるんですもの~でも客商売だけあって途中で追跡を諦めた(笑)
この羽織、仕立てた人が椿メインで!と注文したんですかね。ここまで目立つ位置に椿のみが来ているとこみると…
紅葉つまみ細工は小さめならまだ何とか団扇感を免れますが、大きいものになると明らかに天狗の団扇感が漂いますよ(笑)なので小さいもの密集作戦がベスト…
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ