FC2ブログ
2014-10-28

鶏頭銘仙&崩壊寸前山吹色刺繍帯を背負って、10月の浦和骨董市♪

―――――…3日連続で着物着て歩いてましたのよ、奥さん

着物ブロガーたるもの、それがどうした?ってな感想を抱かれる方も多かろうが、週末の2日間だけ欠かさず着ているってだけでもすげえ
と思いますですよ、あたしゃ。皆さまご立派ですよ。毎日着ておられる方なんて、それはそれはもう拝んでもいいかもしれない。

あっしが連チャンで着物を着る時、それは『着なければならない期間限定コーデがぎうぎうに溜まってしまったとき』に他ならない。

ちゅーわけで今月中には無理そうなので『11月のムジナギク』に変更しますわ、悪しからず。←…覚えている方だけ『そうか、遅れるのか…』とご理解くだされ。


さて、なんだか最近皆勤で行っておりますわねえ、の浦和の骨董市。



今回は人の入りがよく、割に活況を呈しておりましたぞよ。

しかし他の方のブログの各地の骨董市記事を読むと、やっぱりと云うか、気のせいではないと思うのですわ。…ひっそりじんわり、お手頃のいい感じのアンティークが減って来ている…浦和も最近はそう。

お値段そのものは100円、200円、300円のものがあっても、着れる状態であっても、『欲しい
』とまで思うものが滅多にない

あちこちの骨董市を行脚しているお店の方だって、数ヶ月も同じ商品(1000円)、持ってきてるしねえ。

品薄にはなってるけど、でも選ぶ方の目も厳しくなったというか。

…ちなみに着物専門のお店だけの現象。他のものがメインのお店は着物、和装品ってだけでべらぼうなお値段を平気で付けてたりする(笑)

いつも小僧がミニカーをチェックするお店に今回、大きめの色んなものが入るビーズバッグが珍しくも置いてあったのだが、値段聞いたら8000円ですってよ、奥さん

『ホントは15000円だけどまけて8000円』ですってさ(笑)――――――ヤフオクならせいぜい更に半額の4000円以下で終了しそうな品なのに~
…もちろん買うわけがない。

…そしてその2日後、小さくてほとんど何も入らないけどアクセサリー代わりになりそうな、ビーズバッグを80円で購入したのだった…例の激安リサイクルショップにて(笑)



―――――なぜかメダカも去年あたりから売ってたりする骨董市…誰か買うのかしら…
少なくとも小僧は毎回観察に及んでいるが。



今回のミニカーの戦利品、2個で800円(妥当)を手に、ドングリ拾い喰い鳩から逃げる小僧。…鳥類はいまいちのようだ。

さて、今回のあっしの恰好。




鶏頭柄銘仙&崩壊寸前であったが今回も何とか崩壊を免れた山吹色刺繍帯。足元はオートミールさんからの頂き物(確か)の山吹色の矢羽根柄足袋靴下にozawamiさんからの頂き物の特製こぎん刺し鼻緒の下駄。

髪飾りもozawamiさんからの頂き物の菊の造花髪飾り。


そして今回の密かなミッション。『この山吹帯、崩壊しそうだから次世代?山吹帯を探せ

そう、この色の帯は何かと使い勝手がいいもんだから、もう1本手持ちに別の柄のものがあるんだが、それもやっぱり崩壊寸前で

3本目の山吹色帯を探したかったのさ~

…そして妥当なもんを発見。それがこちら




…またしてもなんとなく似たような牡丹唐草で…(笑)もちろん刺繍ではないが、ターコイズ、ターコイズグリーンの入ったアンティーク色たっぷりの帯、1000円。

この地色にこのターコイズ2色が入ってるとアンティークには合わせやすい上、牡丹唐草だから季節、あまり関係なし。何より、まだ傷んでないのよ、この帯~

この帯も崩壊させないよう大事に隠匿しておきますわ(笑)…そして忘れるに違いない…

それから夢見るパステルチックな笹と鉄線の夏帯。1000円。染めの絽帯が手持ちには少ないので~…いや、持ってるのかもしれないが忘れているに違いない…


以上、10月の浦和の骨董市のお話でございました。



           いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます





スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

3日連続、凄いです!私なんか2週間連続で着ただけで結構疲れました
「お手頃のいい感じのアンティークが減って来ている」やっぱりあすかさんもそう思われますか!?なんか綺麗な色目のもの自体が少ないというか…。あってもちゃんとしたお値段がついている。
ビーズバック8000円?無理…。ほんとは15000円骨董市でそのお値段はナシよ~。
いい山吹色の帯がありましたね。品薄の中でもしっかり掘り出していらっしゃる。

No title

時代が過ぎて、アンティーク資産も減りつつありますよね~。ウチの身内知人など空襲で家が焼けちゃってるから(シャレにならない)、思ってる以上に世の中には古い着物がたくさん残ってるんだなーって感じだったんですが。。。
この鶏頭柄銘仙、こうして着姿を拝見すると、ボディに着せたイメージと変わらない安定感すら感じさせるのは、帯のチカラでしょうかね。

No title

紫の鶏頭の着物…予想通り、実際にあすかさんが着るとシックで上品崩壊寸前とは思えないやまぶき色の爆弾帯と良くマッチして、う~んアンティークコーデの真骨頂ですね
それに、笹と鉄線の絽帯良いな~良いな~。私も絽帯は1本しか持っていなくて、特にパステル調って素敵ですね。早、7月が待ち遠しい(?)
そしてムジナナギクコーデ楽しみに待っています。
11月ですね11月ですわね~って ←ほとんど脅迫
だって、あすかさんの季節のお着物コーデ、眼の保養になって仕事の疲れが癒されるンですもの~。

No title

ノリコさん、…しかもハロウィンコーデなんかも残っているんですよ奥さん。それも今週中に着なければならないし、異様に着物週間です。
お高いものはあるんですよね。でもワンコインで買える、掘り出し物的なものがごっそり減りました~この現象、全国的にみたいですね。
…まあ、骨董市も値段ピンキリですしね。500円、1000円が主流の店もあればどれも万越してる物しか置いてない店もありで。
でもうちの方の骨董市で毎回10万、20万の着物を売る気満々のオヤジがいるんですよ。骨董市にそんな現金を着物着そうなおばちゃんが持ち歩いているわけがなかろう。
…でもずーっと毎月出てるとこみるとそこそこ売れているようですわ

No title

たまさん、おそらく『たんすに仕舞いこまれ期』に突入したんだと思いますわ。アンティークブームから10年経ち、その頃大量に買い、着ていた人たちが『なんだかもう着れないような気もするけど、まだ着るかもしれないから一応仕舞っておこう』と隠匿しちゃったんではないかしら、と。
でもまだ欲しい人はわんさかいるから、出回ってる分の奪い合い状態。
…これが後10年経てば多分、隠匿してた人たちが『やっぱりもう着ないわ、あちこちに出しちゃえ』ってなって再びいいものがリサイクルとか古着市場に出てくるのではないかと。
しかしそうなると『骨董的な価値』が付いて高くなってるか更に古着感が増して安くなってるかのどちらかでしょうな。
――――トルソーに着せたときとイメージが変わらない、ってのはあっしのコーデにしてはかなり珍しいような気もする(笑)
…大概が『地味かと思ったら普通』とか『派手かと思ったら普通』になりますからなあ…

No title

マド・松本さん、11月を逃したら菊も枯れます…なので何が何でも11月には。と云うか10月が異様に着物が忙しい?時期なのです。11月なんて銀杏と紅葉と菊くらいしかコーデパターンがありませんです。
――――絽帯も崩壊寸前になりやすい素材なのですよね…なぜか崩壊しやすいものばかりを買った骨董市でございました。

No title

あすかさん、こんばんは。
あれ~トルソーのコーデと同じはずなのに印象が違う~可愛い~
♪ほ~んと似た色遣いの帯をGetされたのですねっ!
私も夏帯を探さねばなのです。今年の暑い夏日に着物を着れたことで調子に乗って、夏着物を数枚。。。帯がなければ夏が来ても着れませんのに。。。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ