FC2ブログ
2014-09-17

『明日は我が身…気を付けなければ』と思った所作。

ワタクシ、たまたまNHKのCMで一瞬だけアンティーク着物を着ている誰か&美輪さんの対談番組を見ましてね。

どうやらそれは『花子とアン』の脚本家中園ミホさんと美輪さんの対談番組のCMで。

放映は最初は教育テレビ、その翌日にはすぐに花子とアンの本放送の後に再放送で流れまして。

なので録画しておいてじっくりアンティーク着物とトークを堪能してやろうと目論んでおりましたのさ。



衣装を借りた、とのことでしたが中園さんの着物は派手な百合柄の絽に、黒地の秋草とかが入ってる帯。半衿は多分葛
の刺繍ものに、草履も畳表、とさすがはNHK、ご立派な見事なコーデ。

で、こんなコーデは若いお嬢さん向きであろうと普通なら思うのであろうが、50代半ばの中園さんにも不思議とお似合いでとーっても可愛らしい

…逆に落ち着いたシックなコーデ着せたら、この方、すっごく老けて見えちゃうかもな

だから『もう10歳若ければアンティーク、着てみたいのに…』と仰っている方、勇気を出して着てみてくださいませ
案外違う自分に出会える鍵になるかも。


さて、番組そのものは美輪さんのトークがあるのでつまらないことはなく、飽きずに1時間見ておったのですが、途中で『あああああ、なんとか、なんとかしてやってよ

』とハラハラしてそっちに気が取られてしまったシーンがありましてね。



きちんと膝上で手を揃えているときはよかったんですが、このように紙を持ってトークを始めた途端に姿勢が崩れるせいか、裾が、裾がどんどん割れ始め~



最終的にはここまで割れて、アングルでかろうじて見えないものの、たぶん裾よけも割れて足、丸見えになられております…

この恰好のままこの話題が終わるまで…



話題が変わった途端に裾も直されていたのですが、それ以降、ずーっとずーっと必死に裾が割れないように押さえ続けている彼女がとても気の毒で気の毒で…

―――――――これは、この方の責任ではございませんよね。この着物を選んだスタイリストの責任だ。

裄と丈はあったので、その部分だけ合えば何とかなるであろうと踏んだのでしょうが、ふくよかな体型ゆえ、たぶん身幅が足りなかったのであろう。

上前だけで帳尻を合わせてきちんと見えるように着付けたのかもしれない。んが、ただ立っていて動かないだけならともかく、座ったりの動作があると下にきっちり巻きこんでないと裾は割れてくるんでございますよ。

…だからあっしも身幅の狭いアンティークの場合、上前が妙な位置になろうとも、下はきっちり巻きこんで『裾は割れても中身までは見せまい…』と頑張るのですが。

実際そのように着付けると裾は割れはしますが、裾よけの中身まで丸見えになるってことは滅多になくなりましたわ。あくまでも自分の体型でですが。

で、今回のこの不幸は『とっても軽い夏物』ってとこにも起因が。…軽いからすぐにするすると生地が動いてしまうんですわ。これが袷なら重みがある分少しは持ちこたえられるはずなんだがのう。

―――――というか、何台ものカメラでいろんなアングルから撮ってて、しかも録画で編集されてる番組なんだから編集の段階でどうにかしてやればよかったじゃないのよ~

…『そんなとこまで誰も見ねえ』と思って仕事したのかも知れんが、実際あっしのように目ざとく発見し、ハラハラしていた者もいるので、全国的規模で見たらかなりの人数が見ててハラハラしたんじゃなかろうか。

でだ、このように裾が割れてしまったのは身幅が足りないのが全ての原因ではあるが、膝をずーっと揃えていられたらここまでの惨事にはならないわけで。

……でもさ、若い娘っ子だって膝をずーっと揃えて座っていられないんですのよ
膝を揃えて座るには、結構あちこちの筋肉を総動員するので、常々そこらへんの筋肉を鍛えている人でないとまず無理ですってば

ましてや、物書きなんて姿勢の悪さから来る職業病を抱えやすい職種ではないか。そして運動不足にもなりやすい。

そんな方に綺麗な姿勢、着崩れない姿勢をキープしろなんて、無理無理無理。…ああ、気の毒、窮屈そうで。となんだか番組そのものよりも、この方が大変気の毒になってしまい、大いに同情したのでした。

…たまに、毎日のように着物を着て生活されている着物ブロガ―さん(着物ブロガ―には大勢います。わざわざ個人を特定なさらぬよう、たぶんそれは間違ってるから)が、街中で見かけた着物姿を見て『所作がなってない、みっともない』的な内容の記事をアップされてるのを見かけたりもするんだが、あっしはそれが嫌い。

――――――年に関係なく着物を滅多に着ない、いや頻繁に着ないくらいの人でも、着物の時の所作が綺麗で完璧なんて人はおりませんよ。体型によってはできる所作もまた違ってくるんだし。

ご自分が出来るから人に厳しい目を向けるのかも知れんが、そこらへんの情状酌量ができるほど懐が深い見方ができるようになっていただきたい。…あっしは『出来ない方』の中高年の味方(笑)

中園さん、せっかく綺麗なアンティーク着せてもらえて嬉しそうだったのにな~
これに懲りて着物嫌いにならなければいいが。…ちゅーか、身幅が合ってさえいれば膝が開いても裾は割れんのだから、やっぱりスタイリストの罪は大きいと思うぜよ。

――――――そしてあっしも姿勢の悪さから、平気で着物の時も膝が開いていることも往々にしてあるので、身幅が狭い着物の場合は特に心しなければ、と思った次第。



番組中の潤い(笑)…中園さんのご友人の大石静さんインタビュー中、大石さんの仕事を静かに邪魔する猫あり。



          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

対談のお相手の美輪さんも教えてあげたい気持ちでいっぱいだったでしょうに。
指摘された後の恥ずかしさを考えると、スタイリストがもっと早く気付くべきなのでしょうねぇ。

この夏、私も浴衣がバックリ開きましてね、ステテコに救われておりました。
いっそのこと業務用裾よけ(東スカートでしたっけ)装備の方が安心かもしれない。

No title

えぇ、所作のなっちゃいない足癖が悪い上に身幅に難のある私は、
座る時のひざ掛けは必須です。
ハンカチや手ぬぐいじゃ無くて風呂敷をひざ掛けにしているって、一昨日
たまさんに話したばかりですわ(笑)

No title

passionpianoさん、CM見てなかったら気が付かず見逃すところでした。で、録画していたのでじっくりコーデの観察ができました。
半衿…これはかなり悩みました、どの柄なのと。
お隣の藪に葛が生えているのが柄が分かった勝因ですが(笑)
ああ、でも今この画像の数々を見ても、本当に窮屈そう。背もたれに寄りかかってないですもん。それで収録何時間かに耐え…
本当に着物が嫌いになってそうでお気の毒です、中園さん。

No title

どれどれさん、初コメント、ありがとうございます…真面目な方には私の不真面目な言動が怒りを買いそうな気もしますが、大人の貫録で笑って流してくだされば幸いです。
アンティークと云ってもこのように派手なものもあればシックなものも多いので、サイズと汚れと傷みさえ気にならなければ幅広い年代に着ていただけるかと思います。
実際60代の方のアンティークの大きな矢羽根着物はとても素敵でしたよ、お見かけしたことがありますが。

No title

なごみちゃんさん、ええ、おばちゃんであろうとなかろうと腹筋とかがないと本当に腹も出るし股も開きますよね(笑)…経産婦に至っては骨盤低筋までもがたるみ切っておりますからねえ。膝が開きますわ、ぱっくりと(笑)
で、そうですか、1年余り燃え尽きてしまっとるのですね…1年経つのは早いです。

No title

たまさん、この方にこの着物を選んだってことはいいセンスをしてるんですよ。実際可愛らしく仕上がりましたし。…でも多分スタイリスト本人が着物を着ない人。だから身幅が重要ってのを身をもって知らないんですよね。
…知ってたら、絶対椅子に座るような仕事に身幅が足りない着物、着せたりはせんであろう。
これうっかりすると放送事故ですよねえ(笑)
芸能人だったらお抱えスタイリストがいるからこんな事態にはならんでしょうが、これ、NHKの衣装部の仕業でしょうかね。
ドラマ出演者の着る着物は、ちゃんとその人サイズに縫い直してあると云うのに、脚本家の扱いがひでえ

No title

ここふじさん、…ドラマ用に借りたんだか買い上げた着物類だったら、多分甲府にあるアンティークのお店です。山梨の甲府にあるアンティークの店が衣装協力してるんですって。地域貢献するところはNHKの立派なところなんですがねえ。
ふくよかな方がちゃんとアンティーク着れてる、サイズが合ったのか~と見ておりましたら最悪の事態が流れたのでした…

No title

MISAさん、おお、ここにもハラハラした方が…生中継でなくてよかった…というかカメラアングル変えて編集してやれよ、と思いました。
ご本人はかなり、かなりへこむ事態だと思いますよ~思い出してはジタバタしたくなるような
うーむ、裄の問題はアンティークですとどうにもなりませんからねえ。もともとが短く作ってあるのだし。
あ、でも裄が短いのは手を前で揃えて撮らない限り、さほど気にはならないです、見てても。
気になるのは着丈。短いのは本当に気になります~

No title

jasminさん、多分美輪さんがいち早く気が付いて、話題が一区切り付くところで直してあげたかったんだと思いますが、その間にどんどん崩れて行ったのではないでしょうかね、裾。
というか、本当になんで編集で救ってやらなかったのだ。編集でどうにでもなるであろうに。悪意があるわ(笑)
ええ、既にあっしは身幅が足りないアンティーク対策のために東スカート愛用者ですぞ。でも足は見えなくても、やっぱり下着は下着なので見えたら恥ずかしいですわ。
『見えて可愛い東スカート』誰か作ってはいかがだろう。

No title

タンタンさん、それがさらに進化すると、常にうわっぱりを着るようになりますぜ。…うわっぱりなら雑な飲み食いの時でも安心ですし(笑)
そうか、風呂敷を持ち歩いた方が荷物が増えたときにも便利だし、股おっぴろげ対策にもなるんですね。
それで手ぬぐいも持ってれば完璧ですな。

No title

私もはじめましてです。先日わが身に起こったばかりの出来事だったので、思わずコメしてしまいました。身丈と裄だけで購入したプレタを着て車に乗り込んだ途端、裾が割れてステテコの膝が丸見え!中年でふくよか体型なので、気をつけないといけないですね。あすかさんの着付け方参考になりました。これからも素敵なコーデ楽しみにしています!

No title

こんな番組やってたんですね!NHKを確認すると再放送も修了、残念です。
お写真で、着物は雰囲気あってるなあと思うんですが、髪型&髪飾りが微妙な感じなんで、動いているところ見たかったです。
裾は、着付の方の問題ですね。
着付である程度ましにはできたと思うし、対談なら座って話すのは分かっているわけですから、状態と対策をちゃんと伝えておかないと。
ずっと押さえてなくても、ときどきちょっと直すだけで何とかなるし、却って着慣れた風にも見えるのに、と思います。
膝は、子供の時から割とうるさく言われて気にしてるんですが、50前になるとふと気付くと開いてることありますね…座り仕事の方は普段から体が楽な座り方でないともたないでしょうから、尚更でしょうねぇ。

あと、写真では衿合わせも気になって…髪の長さや体型からももう少しに広げ気味で半衿を見せるように合わせたら、ゆったりした感じになりそうに思います。

No title

来月 リサイクルで買った着物を着ようと思っているので、人事でなくキモに命じないとと思いました

No title

私もテレビ観ていたのですが…流石、あすかさん目のつけどころがナイスです。私は中園さんの髪にベタッと張り付いたヒトデのような髪留めに目が集中しちゃいましたあのアンテーク着物…あすかさんだったら似合っただろ~なぁ←中園さんごめんなさい
さて、最近の着物ブロガーさんの「私は着物文化人」「この着物高いのよ~」みたいな記事には3日で飽きがきますが、あすかさんの自然体、創意工夫、美しい着姿には飽きることがありません。そして時々ズッコケるのがホントに楽しいです。着物ライフは楽しくなければダメですよね。応援してます。

No title

スヌーピーさん、こちらこそ初めまして。コメントありがとうございます
ああ、車は最大の難関ですよね。運転席なぞはハンドルがある分『お尻から座る』ができなくて、基本的に大股で乗り込むことになるので、身幅があろうとなかろうと、毎回裾は割れております…(笑)直すのも面倒なので、そのままステテコ丸出しで運転するんですが。
もう少し寒くなれば、道行きとかのすっぽり隠れるコートを上から羽織ってごまかす、という手もありますね。

No title

天鼓さん、基本的にNHKは再放送までの期間が短いですが、翌日すぐにチャンネル変えて再放送されたので驚きました。
連続テレビの話題だからもう再放送はしないでしょうねー
あ、確かに髪型は多分どうにもいじれなかったんだと思いますが、髪飾りは『…ポインセチア?』だったので、これはなんとかして欲しかったです。多分百合のようなシルエットのものを用意したんでしょうが。
うーん、この番組、脚本家よりも美輪さんに重きを置いてて、中園さんは二の次みたいな扱いだったのが気になりました。美については厳しい美輪さんの方がすっごく中園さんに気を使われたんじゃないでしょうか。
着崩れてから、直された後はずーっと押さえる手、肩に力が入ってるのが見てとれてとても気の毒でした。トークに集中出来やしません。
半衿は…年食うにつれ角度はきつめ、ってのを忠実に守っちゃったのでしょうかねえ。体型によっても様々ですのに~

No title

hanazoraさん、…ええ、サイズの合ったお誂えであっても、所作次第では裾が割れまくりなので要注意です。
危険は常に隣り合わせなのでございます…(笑)

No title

マド・松本さん、ははは、私もこの事件が起こるまではその部分に注目しておりました。確かに百合っぽいシルエットで、オーガンジーで夏物なんですが、あのような『ポインセチアの造花』あるんですよねだからポインセチアに見えて仕方がなかったです。
着物こそ持っておりませんが、似たような帯と帯締めは持っております。そしてびっくりなことに締めたときには同じような帯と同じような帯締め選んでたので、考えることは皆同じだったんだなあ、と感心しました。
…おハイソ着物ブロガ―さんも、そのような方々がいらっしゃるおかげで今現在の着物産業が成り立っているので、文化の継承のためにもどんどん職人さんたちに金を落として差し上げてください、という気持ちです。
んが、着物着ている、着物を着たいという人の大半はおハイソではないので私はとにかく安く、1円でも安くをモットーにしております(笑)
…どうでもいいですが、おハイソな方々は同じくおハイソな方としか付き合いがないですよね…同じようなお高いもの、同じような着姿なので誰が誰なのやら…

No title

途中からだったけど、みたわよ~。美輪様だったから。途中でいろんなシーンが出てきて、本編見てないくせに大泣きしていたから、知らなかったわ~、こんなことになっていたなんて。かわいそうに。
番組中で移動したりしてたもんねえ。
さて、私も47歳だけど、アンティーク着物、似合うかしら。。。

No title

赤唐辛子さん、そりゃすげえ(笑)本編見てなくて、ちょっとだけのシーンを見て泣けるなんて。涙もろいお年頃ですわねえ。
…ちゅーか、あっしも『三丁目の夕日』のテーマソング聞くとうるうるしてしまうんですが。あの曲はなんだか切ないねえ。
アンティークも派手なのから普通、地味まで様々だから。ここまで派手でなければいくつになっても着られそうな気がしますがのう。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ