FC2ブログ
2014-05-17

蝉のような潜伏期間を経た赤ずきんコーデで、人形劇『赤ずきん』を観に。

――――実はこの人形劇『赤ずきん』観劇って、強制参加ではなかったのだ。
 
希望者が申し込んでチケットを幼稚園通して買う仕組み。…だったら行かない、と云いたいところだが、その後の保育で絵を描いたり見た感想を言ったりするとか云うではないか。
 
暗くて人がいっぱいで初めて行くところが大嫌いな小僧、絶対大騒ぎして周囲に大迷惑になるに違えねえ
 
『ああ、やだヤダ。行きたくない
』と思ってた矢先、愛車がぶつけられ破損しましてね。
 
修理中に来た代車には絶対乗らなかった小僧。
 
『ははは、車乗らないと行けないもんね~小僧はこの車、乗らないもんね~
』とサボる気満々でいたところ天誅が下り、なんと1週間以上かかる予定だった愛車の修理が中4日で終わり、観劇前日に戻って来てしまったのだった…
 
しかし当日になっても往生際が悪いワタクシ、サボる気でいたのだが、こんな日に限って小僧が『ようちえん行く』とかぬかしやがるではありませんか。…毎日行きたくなくてさめざめと泣いてるくせに。
 
観劇当日は幼稚園、休みなのでございます。しかし園児は会場のホールに結集している…
 
かくして、行かない気満々だったあっしは髪も洗わず汚頭(おかしら)だったのに、その汚頭のまま、景気づけの為に急遽蝉のように7年の眠りに付いていた赤ずきんものを掘り起こし、大急ぎで半衿を作り(7年間アップリケはそのまま仕舞われていた)コーデを考え、着物を着たのでございます。
 
前ふりが長かったが、それがこちら。
 


 
全身像で撮ると、せっかくのふて腐れ赤ずきんも帯の柄もさっぱりわかりませんが。
 
しかしサボろうと云う邪な人間を神様は見ていて、このようにサボる理由を徹底的に潰し、着物ブロガーの習性を巧みに利用し、このようなコーデに走らせ、『るん
』ポーズまで取らせるのでございます。
 
何故このようなしょうもない場面で神様の存在を身近に感じなければならないのでしょうか。けったいにもほどがある。
 
 
――――そんなけったいな観劇だが。
 
劇が始まってもいないのに『オオカミがこわい』と大泣きしている者が続出。…日頃どんな恐ろしい『赤ずきん』の読み聞かせをされているのであろうか。
 
小僧は絵本を勝手にめくってしまい読ませてくれない不届きものなので、もちろんイヤになったあっしも読んでやらなかったために赤ずきんは一切知らない。
 
ので、お気に入りのクラスメートに会え、意外にもご機嫌だった小僧。
 

 
――――オオカミよりも、赤ずきんの着ぐるみの顔が超怖かったとだけ云わせて頂こう。
 
同時演目『みにくいあひるの子』に至っては、赤ずきんのようなセンセーショナルな猟奇事件が起きぬために子供らは速攻で飽き、それはそれはあちこちでうるさく、落ち着きのない有様。
 
小僧は途中で寝ていたがな(笑)
 
 
そんなけったいとしか云いようのない観劇ではあったが、近くに座っていたお母様方にこのコーデは受けました(笑)
 
直前までサボる気でいたって云うのに、結果的に『すごく楽しみにしてて気合い入れて観劇に来た人』と思われ、ああ、なんてけったい。…そしてなんてこったい
 
 

         いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます

 
 
 
 
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

くっくっく。そんなもんですよね、行きたくない気持ちを必死で盛り上げた結果、すんごく楽しみにしてた人みたいになる。私もよくあります。それにしても子供向け人形劇とか着ぐるみ劇ってどうしてこう怖くなってしまうんでしょう?子供に媚びない作りのほうがむしろ可愛げがあったりしますよね。

No title

あら!遅くまで起きていて良かった~可愛い~これは受けるでしょうね~。呉服感も無いしすごく楽しみにしていたオ~ラもあり(楽しみにはしていず7年前の掘り出し物でも)好感持てますよ。もしかして着物流行るかも?
小僧君は幼稚園少し慣れてきたのでしょうね~。どんどん好きになって泣かなくなる日もあと少しでありますように

No title

わっっはっは! なんてけったい、なんてこったい!(爆)
そうかー、不本意ながら「観劇を楽しみに頑張っておされした保護者」になっちまったのですね。これまた、あすかさんらしくて素敵!
そして、久々の「るん♪」ポーズ。…あら、実は結構楽しんでませんこと?(笑)ふふふ。

ウチの保護者で、保護者会の度に必ず和装でいらっしゃる方が1名いましてね。どういう方なんだろう、「保護者会だから頑張って着物着てみました」なのか、「普段から着物生活なんです」なのか、「洋服全部、断捨離しちゃいました」なのか…気になりつつも、会話をする機会もなく3年間経過。彼女も実は、「不本意ながら」だったのだろうか?! ヤバイ、気になる~。

No title

あすかさん、こんにちは。

なんとなんと観劇までにそのような流れがあったとは。

>『るん』ポーズ

なるほど、あのポーズにはそのような呼び名があったのですねっ!
赤ずきんの人形劇に行かねばならない宿命であったのでございましょぅ。7年前から・・・

No title

神様ってぇのはアチコチをチラチラ見ているもんで、嫌がる奴には必ず嫌がる事をさせるもんでしてね。
逃げ惑う民の憐れな姿を見るのが趣味なんじゃねーの?って思うときがよくあるますな。
あー、落語の枕みたいになった……。

No title

まるでこの日を予知して作ったかのような帯ですね
7年も良く置いてましたね
赤ずきんちゃんも日の目を見れて喜んでいるでしょう♪
白黒のポスターの赤ずきんちゃんの顔、怖いです・・・

No title

行かないですむなら 行かないでいたいが、そう、簡単じゃ~ないのよ・・・が、よ~くわかりす。


猟奇・・・たしかに・・・ 教育現場は、なんで、こんな物語を、あきもせず、こどもに与えつづけているのだろう・・・と 疑問をもってしまいました。 ごんぎつねのほうが、まだ いいかもしれんぞ?

赤頭巾ちゃんコーデ、楽しんでもらったのですね! よかったじゃ~あ~りませんか!

No title

たしかに、赤頭巾の顔怖いです。

もしかして、シュシュ(ですよね)も共布でしょうか?
しかし、よくそんなに急遽掘り出せたものですね…普段の整理がいいんでしょうね。

No title

着物の神様の作戦勝ちですね。これはお母様方にも受けたでしょう!これからはぜひ、参観日にも着物で行って園でも啓蒙活動を…!
赤ずきんの顔、たしかに怖いです(笑)美少女なんでしょうが、80年代の不良少女のような。オオカミはディズニーチックなのにねえ。

No title

ここふじさん、そしてすっごく楽しみにしてて前もってあれこれ用意してた時に限ってなんだか不発…ってこれまた多いですよね…人生そんなもんさ
昨今のゆるキャラ乱造のおかげで、着ぐるみを見る世間の審美眼は厳しいと云うのに、なんでまたこんな恐ろしい顔の赤ずきんになってしまったのか…
ちなみにおばあさんは可愛かったんですわ。猟師のおっさんと赤ずきんが怖い。

No title

passionpianoさん、他の幼稚園も来ていたのですが、そちらは有名な付属のお嬢様な高校があるので、保護者も先生もなんだか入園式そのものコーデでございました。
…うちの幼稚園は雑ですよ(爆)だからこそこのようなポップカジュアルふざけたコーデでも安心といいますか。
あ、小僧はお気に入り(友達と云うには小僧の余りにも一方的な好意)の子が2名出来たおかげで、今ではすんなり教室に自力で行くのですが、何故か家で行く支度を始めると泣く
…結局楽しげに行くんだから何故に泣くのだ

No title

べにおさん、ええ、べにおせんせーなら絶対喰いつくと思っておりましたよ、けったいに(笑)
まあ、観劇なせいか何故か女の子はほとんどの子が入園式なお洒落コーデ。…男の子はきたねえ恰好でしたわ(笑)
保護者はフォーマル気味もいれば普段着もってな感じなので、私だけが気合いの人って感じではなかったのですがね。どっからどう見ても愉快犯コーデだし。
―――…いっそのこと、その着物保護者さんに話しかけてみればいいのでは。きっと彼女も会話のきっかけがなくて話しかけられないのではないかと。
着物同士、お互いビンビンに意識していると思うのでござるが~

No title

ふでぺんさん、赤ずきんもびっくりな真実の物語がここに…あ、でも猟奇的事件は起きてないから、『みにくいあひるの子』もびっくり、レベルですが。
しかし『赤ずきんコーデで赤ずきん劇を観に行く宿命』って、それこそけったい過ぎる宿命ですわ~

No title

jasminさん、しかも江戸っ子が入っておりますな(笑)
―――ええ、修行みたいなもんですわ。ここぞと云うタイミングでしでかしてくれるのは、子供も夫も同じですが。

No title

ねこやんさん、7年も経てば年齢的に微妙感が更に増すってのに、なんてふさわしいイベントが…人生何が起こるかわかったもんじゃありません。
余りにも怖すぎて写真を撮る気も起きなかったですが、実物赤ずきん着ぐるみもそれはそれは怖かったです…

No title

きじっちさん、…まあ、年少ですんで劇の絵を描けと云われても謎の殴り描きですし、感想を云えと云われても謎の言語も混じるお年頃なんで、行かなくても今後の保育に影響はないとは思うんですが、でも行きたくなくても行かねばならない~
…でもオオカミを恐れ、劇が始まった途端に出て行ってしまった者もおりました(笑)何しに来たのやら。
…ごんぎつね…これはうっかり引率、及び保護者が泣いてしまう、疲れた大人には効くお話なのでかえって危険でございますわ(笑)

No title

天鼓さん、…こんな怖い赤ずきんがどかどか通路を走ってくるのです。思わず大人げなく『こわっこわこわこわ』っと叫ぶワタクシ…
シュシュは普段の洋服用に作って日々使っているものですが、そう云えば半衿の生地と同じだったわ、とひっつかんで飾ってみました。
収納が半透明の衣装ケースなもんで、中身が良く見えるのです。だからこの帯とかも存在はすぐに発見。
…風呂敷に包んでるものはもう、何がなんだか~

No title

ノリコさん、実はこの翌日、クラスの親睦会がございまして、昨日の今日でごり押しで着物で行ったのです。その模様は近々~
…赤ずきん、無駄に彫が深いっつーか金髪でものっぺり顔で充分なのに、子供には。
猟師のおっさんに至っては謎のブラジル人の顔でしたよ。

No title

確かにこの赤ずきんは怖い…
このふてくされ赤ずきんよりも怖い赤ずきんって、誰が考えたんでしょーね。

るん♪がお似合いな、か~いいコーデですね。お似合いです♪

No title

タンタンさん、…ええ…近くで見ると顔が巨大で、そんなのが唄いながら通路を…夢に見そうなくらい怖い赤ずきんでしたわ
なので、撮影禁止でもなかったのに誰も撮ろうとしない(笑
)
この帯とかを作った時にはもっとパステルチックな着物に合わせる予定でしたが、まあ7年経てばねえ…
いい歳ぶっこいてるのにこんな柄を使う機会があっただけでもありがたいこってす。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ