FC2ブログ
2013-05-14

藤コーデ、2013。その3

――――ようやく今年の藤コーデ、最後のその3のアップでございますわ~
…牡丹コーデもその3、残ってますがね
 

 

 

 

 
数年前にヤフオクで『新品だけど汚れありの難あり品』ってことで1600円で落札した、ポリの藤柄着物。……難があったのは汚れよりも、むしろ上前の柄。目立つ場所が『逆さ藤』
 
なんでまた、よりによってこんな柄行きで仕立てちまったものやら
 
帯は自作の作り帯。松に藤の渋い手芸生地なので、こーゆーはんなり藤柄よりも、粋な意匠化された藤柄の方が合いそうな気がするわ~って、今頃遅いわ
 
ああ、白地の藤柄の帯が欲しい…安めの白地の藤柄浴衣でも買って、解いて帯にするべか
 

 
帯留めも藤。ヤフオクで幾らだったか忘れたが、そんなに安くもなかった覚えがあるので、毎年1回は使って地道に元を取るワタクシ。
 
半衿は、その1コーデからの使い回しで桜と藤柄。
 
 
と、まあこのように、その3コーデまであっても藤柄はなかなかに遊びの要素が少ないのでございます。…藤の優美さが邪魔をする…
 
そして藤コーデで溜まったストレス(笑)を牡丹コーデで発散することとなる。
 
 
 
          いつも応援の1クリック
ありがとうございます
         アンティーク着物・リサイクル着物ブログランキング  
 携帯、スマホからは
をクリックすると飛べます
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

1枚目、見間違いかと思ったら本当に逆さ藤なんですね
縫製の時に間違えたんでしょうか?
帯の藤は凄く写実的ですね~

No title

あれ?背景、この記事に合わせて藤色にしてあるんですか?

No title

帯を作られる??

凄い!

素敵な帯ですね!(*^^*)

帯留めもイイ感じです♪

洋服感覚で楽しまれていらっしゃる所、見習いたいです。

No title

ねこやんさん、よりによって何故、この位置に逆さ藤~って感じで、さすが中国製(笑)
まあ、人は全体像で見るのでそれほどは目立たないとは思うんですが。
で1m390円の生地の藤の方がいい仕事をしております…
ブログ背景、この薔薇柄選んだら、もれなくこの藤色も付いてきました(笑)

No title

月の滴さん、作り帯は基本的に直線縫いしかないので、ミシンで袋ものを縫える人なら誰でも作れるのですよ~
…そうやって作っては、全く使ってない帯もいっぱいあります…
ここ数年まともに洋服を買ってないので、今ではむしろ洋服のコーデの方が怪しいです(笑)

No title

ポリの着物は1枚1枚柄の出方が違いますよね。仕立ててもらってもこういう柄付けの小紋はいい位置に柄出しするのが大変そうですわ~。衿に柄を出したらこうなっちゃったって感じ(^^;)ドンピシャ柄付けのもあるんでしょうか。雰囲気が違ってたりして。。。
こちらの藤コーデは優美ですわ。藤柄に遊びが少ないとは気付きませんでした~でも言われてみれば。。。師匠、凄い分析です

No title

帯の松と藤という重厚な感じの図柄に目がいきお着物の裾の藤がさかさなことにパッと見全然気がつきませんでしたちょうどこないだ「いいなぁ~」と思った柳の柄がさかさでして・・・ポチッとする前に気がつきお値段と相談し結局この時は諦めてしまいました下にのびる図柄は仕立てるのに工夫がいるんですね勉強になりました。うるる。

No title

たまさん、そう、そして糸で縫い閉じられて売っているから、買って糸取ってみないとどんな柄が展開しているのかわからない…博打じゃ。
それにしてもこの逆さ藤、まるでルピナス(笑)いっそルピナス柄ってことにしておくか。
藤柄、リアルな藤柄はアンティークでも激しいのは少ないです。だからか、意匠化された藤柄に妙なもんが多いのは(笑)

No title

かっぱさん、1m390円の生地のくせにやけに重厚なのでございます、この帯(笑)そのせいで逆に使いにくい…
そうそう、たとえ柄が『うーん…』であっても、お値段が安けりゃいいのです。これは安かったので文句は言えないっす(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ