FC2ブログ
2012-11-23

ウールみたいな矢羽根&変人唐草帯コーデの着姿と、ozawami式2部式作り帯の詳細♪

さて、先日のウールと勘違い矢羽根&変人唐草帯のコーデの着姿でございまする。
 

 
…枯れ放題の庭を何とかしろ、ってな感じでございますが~
 
コーデそのものはあっしに馴染みの深い色ばかりなんで、なんだか至って普通の着姿になりました(笑)
 
てな訳で、今回の本題はこの帯、ozawami式2部式帯の詳細でございます~
 

 
この帯、このように短めの半幅帯として使える半幅部分と、お太鼓部分に分かれております。
 
半幅部分+て先で短め半幅帯が構成されております。
 

                                     
 2 ↑のようにozawamiさん式着付けでもOKですが    1 て先部分がおへそ位置から3㎝
    このような『帯揚げ留め』があれば、帯枕の支えと    ほど出るように胴まわりを2巻きし
    クリップの役目を同時にしてくれるので便利です。    クリップで留める。
   

 
4 お太鼓部分を背負って、クリップで仮留め    3 あらかじめお太鼓の形を作って帯枕を
  していたて先を外す。                   セットしておく。
 

 
6 帯揚げ、帯締めを整えて、完成。           5 て先を折り返してお太鼓に入れる。
 
 
このような構造&着付けとなっております、ozawami式2部式作り帯。
 
普通は半幅部分は紐で固定するものがほとんどですが、どうしても紐だけで帯を締めてしまうので、変な歪みと締めの甘さが響いて緩んでくるのが作り帯の難点。
 
でもこれは半幅の要領でしっかりと帯を締めるので、クリップで固定しておけば崩れてくる心配なし
 
…短いアンティーク帯とかは半幅部分も短いので、この加工でも柄が出ないかも知れませんが、洋生地とかで1から帯作るなら、作り帯の緩みが気になる方はこのスタイルの作り帯がお勧めかと。半幅帯としても使えるし
 
あ、ozawamiさんはネットショップをお持ちですので、この帯の色違いとかも入手可能ですよ~
覗いてみてくだされ
 『goma workshop』 http://kimononokomono.com/
 
 
――――無断で作り帯の詳細を載せちまったが、『七緒』に掲載されて広く世間に知れ渡ったはずなので、別にいいよね、ozawamiさん(笑)
 
 

いつも応援の1クリック、ありがとうございます
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

拝見いたしました。ozawamiさんのサイト。
この帯はこの色だからこの魅力なんですな。という事がよくわかりました。
そしてこんな色を着こなせる人はそうそう居やしませんね。あすかさん以外に。
こうして画像を眺めて「良いわ~」って指をくわえておくことにいたします
実はざくろ柄を狙っていたりもするんですが…。
この二部式とても締めやすそうですね。
手持ちをこのスタイルにするには問題は長さですか。
うううアンティークって難しい

No title

あすかさん、オリジナルカラー?でお似合いです。

帯揚げ止めっていうの初めて見ました!
帯揚げ止めの上に帯枕を乗せるんですか?

No title

文句なしに似合ってはるぅ~着物と帯のお色がピッタリ!これほどのインパクトのあるコーデの筈なのにあすかさんの手にかかればいたって普通に見えちゃうという不思議(笑)紐なしで半幅帯部分を固定するタイプだったんですね。こちらにちょっと似た構造の作り帯を持っていていまいち装着方法がわからなかったのでこちらの画像アップめっちゃ嬉しい帯揚げ止めは持ってないのですがクリップ&手持ちの帯止めでやってみます!ozawamiさんのページ覗かせていただきました!どれもすべて手作りの素敵なお品で温かい気持ちになりました

No title

なるほどねー!
丁寧で分かりやすい解説、どうも有り難うございました!
そうかそうか、半幅帯+お太鼓って考え方なんだ。それって、アリですねぇ~。
勉強になりましたわ。紐を取り付ける手間もないし、いいなぁ、これ。
あれ? 「七」でも紹介されていたのですか。バックナンバー全部持っているはずなので、調べてみようっと♪

No title

やはりあすかさんがオペラピンクや矢羽をお召しになっていると見ていて落ち着きます(…なぜだ? 笑)
横浜であったozawamiさんの型絵展で変人唐草の型紙も拝見しましたが、物を作れる事への憧れより先に『…これは無理っ、見てるだけっっ』って思う不器用者がここに(^^;
webで作品を見るより実物はずっと丁寧で細かいんですもの…
あすかさんをはじめ、変人さん達は物を生み出す事が出来て素晴らしいです。

No title

そうですね~あすか師匠のこのお色合わせ柄合わせは盤石の装いですわ。
>変人さん達は物を生み出す。。。にぽち☆だっ。
変人さん達は唸らせてくれますよ。
紐がないとなるほど、です。慣れないと紐に縛られちゃうんですよ。練習しましたけど。実は私、何に使うか今まで使うこともなくこの器具をずっと持っていましたが、こうやって使うんですね(笑)

No title

ほあかばりきるま。さん、色が変わるだけで印象が全く違いますもんね。商品の方は可愛い感じで
こっちは怪しい(笑)
あ、でも画像だと明るくなってますが、実物はワインレッドです。赤紫とも。
ozawamiさんは結構新柄を作ってますので、そのうちにお気に入りのものが出てくるといいですね~
…そう、このタイプ、締めやすいので私も短いアンティークでチャレンジしたいんですけどねえ

No title

bethgomaさん、…他の人は持ってなくても、私なら合う着物を持ってるだろう、との考えでこの色かと(笑)
私の手持ちの帯揚げ止め、おかんのものなんでかれこれ40年以上は昔のもの
でも和装小物が多く置いてるとこには売ってますよ、700円くらいで。
――――これ、私も作り帯の帯枕の土台にしかならないと持ってたら、実は普通の帯結びに便利な小物だったのでした
それもそのうち記事にしましょうかね。

No title

かっぱさん、…黒地なのであまり派手さがない分、決してインパクトは強くないです、私のコーデにしては(笑)
年々派手さに拍車がかかってるので久々な感じです、このコーデは。
作り帯って結構いろんなタイプが多くって、『?』なもんもありますよね。…結果的にお太鼓になりゃいいや、と思って装着しますが(笑)
あれ、確か弘法市かどこかで買ってませんでしたか、帯揚げ止め。この形ではなくて背中でクリップで挟むもの。
あれでも同じ働きしますよ~うちにあるので(笑)

No title

べにおさん、半幅星人のozawamiさんならではの考えです。半幅としても使えるってのは。でもいちいち紐付けなくていいのは楽(笑)
…確か2年くらい前の七緒だったかしら…ハンドメイドな特集があるバックナンバーを探してください~

No title

タンタンさん、…着ているもののほとんどが季節柄なんですけどね矢羽根着たくても、なかなか季節柄に追われて着れない~
ああ、季節柄の矢羽根がもっと欲しいです(笑)
―――型絵は私もイヤです(笑)大がかりな道具が必要なもんはイヤなワタクシ。
しかしozawamiさんはスタイリストだったんじゃなかったかしら(笑)

No title

たまさん、そうですな、このコーデはあちこちきっちり色が合ってるので『アンティークは、色を合わせりゃ怖くない』と教えるには最高のコーデですわ。…アンティークは着物だけなんだけど(笑)
変人の創造力、あっしの場合は根底が『貧乏根性』なので実にみみっちいのですわ(笑)
ozawamiさんはチャレンジャーなので、大掛かりな設備投資をして色んなもんを作られます。…そのままポシャって闇に葬ったもんもあるが(爆)どうしたんだろう、巨大編み機とか。
…そうそう、あっしもおかんの40年ものがこれでして、作り帯にしか使ってませんでしたが、実は画期的な小道具だったのだと最近判明
そのうち正しい帯揚げ止めの使用法でも記事にしますわ~

No title

某NHKのハンドメイド誌にも掲載されてましたよ、ozawamiさんの帯。
なんとなくゴシックな雰囲気もある帯ですね。

No title

jasminさん、おお、NHK出版までもがozawami帯に喰いつきましたか
和装小物作家として活躍しているのですなあ。変人の誉れよ。
…確かにこーゆーゴシック調の門扉のある家、ありますよね(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ