FC2ブログ
2012-07-23

猫コーデで国芳の猫浮世絵展に行くはずが、なぜか雑司ヶ谷で猫を見る…

私はちっとも知らなんだのだが、原宿の『太田記念美術館』で只今、『浮世絵猫百景―国芳一門ネコづくし―』http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H240607nekozukushi.htmlと云う展覧会を開催中との情報を頂きましてね。
 
歌川国芳のあの可愛くない猫浮世絵の大ファンとしては是非行きたい~
と思っていたのだが。
 
しかし場所が我が家からは絶妙に遠い原宿。…そして美術鑑賞なんて大人しく出来るはずもない小僧がいる…ので諦め、すっかり忘れておりましたのさ。
 
んで土曜。
 
夫が予想外に昼過ぎに帰宅。(土日関係なく仕事っす)
 
ラッキーとばかりに小僧を押し付け、あっしは着物を片付けたり、色々と溜まっていた野暮用をやっつけたり、庭でシソをぶっちぎったりしてたのだが。
 
―――午後3時半くらいになって『あああああ、そうだよ
国芳猫がああ

』とやっとこさ思い出す
 
さあ、それからが大変さ。猫コーデで行きたいけど新しく考えてるヒマなんかねえ
と、去年も着た猫コーデ http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/62249838.htmlをそのまま引っ張り出し着用。
 
午後4時過ぎに家を出たんだが、美術館の入場時間は5時までだ。そして我が家からは車でも電車でも小一時間はかかる原宿…デットヒートさ
 
――――そしてその勝負に見事敗北。池袋あたりで『あははは、あと10分くらいで美術館に入場できねえわ
』と勝負がつく。
 
折しも小一時間のドライブ中寝てた小僧が覚醒。…こうなると地上に降ろさねば、やかましく騒いだ後大泣きのパターン。
 
つーわけで、池袋近辺で『そのうち行ってみようかね…』候補だった場所『雑司ヶ谷』へと急遽ルート変更
 
『何の関係もないのに猫コーデで雑司ヶ谷か…』と一瞬思ったが、そうだった、雑司ヶ谷って谷中みたいに猫に特化した観光地ではないものの、猫の多い地であったのだ。
 
京極夏彦の『姑獲鳥の夏』の舞台でもあるが(笑)
 

 
民家の屋根に黒猫が佇んでたり、『旅猫雑貨店』と云う『アド街』で紹介された店があったり。
 
画像撮れなかったけど、他に3匹、猫を発見。…超狭い路地だらけ地区は、もれなく猫が多いなあ。
 
あ、一番下の画像は実に端的に雑司ヶ谷を表している絵なんで撮った。
 
ザクロと銀杏とすすきみみずく、これは雑司ヶ谷鬼子母神のモチーフでございます。
 

 
その雑司ヶ谷鬼子母神は盆踊り中であった。…それにしても、一体何だって今月は入谷と雑司ヶ谷と、お江戸の3大鬼子母神の2つを制覇してるんだか(笑)
 

 
暗かったんで、シルエットになってるのは銀杏の巨木。雑司ヶ谷鬼子母神のシンボル。
 
雑司ヶ谷と云う土地柄なのか、盆踊りに来ている人の浴衣、キンキラなヤツは少なく渋めだったり昭和な香りが漂ってたり(笑)
 
入谷とはまた違う下町っぽさがあっていいです。…池袋が超近いのに。
 

 
鬼子母神横の民家、網戸から室内丸見えで、そこには巨大なヒマラヤンがいたりした(笑)
 
…鎖がバーベルにつながってるの。猫なのに(笑)どんだけ力持ちなのよ。
 
 
着て行ったコーデはこちら。
 


 
涼しかったんで、ポリ絽でも快適。…そして涼しかったんで夏場は使えぬヅラも使えた(笑)
 
 

いつも応援1クリック、誠にありがとうございます
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

美術鑑賞、わけがわからん小さいうちから連れて行って雰囲気に慣れさせると、案外ちゃんと観られるようになりますよ。まあ成長したら「いらん!」ってついて来ませんが(笑)
国芳猫、是非猫コーデでリベンジして下さい!

No title

ダンベル!!!? その手があったかっ!
よし近いうちに買ってこよう。
旅猫雑貨店が気になりましたが、何処やねん雑司ヶ谷?の田舎者なんで、多分見に行くことはないだろうな。

猫コーデ、可愛いバージョンですね。
私は猫ミチミチ浴衣バージョンも好きでしたよ。アレは何年前?だったかしら。

No title

雑司が谷って暗い感じが好きです(笑)今日のコーデュは、かわいいですね( ´艸`)

No title

何ともキュートな❤ウイッグがコーデの雰囲気にピッタリあってますね。こんな人見かけたら後をついて行っちゃいそうです!
東京周辺は楽しそうなイベントやお祭りが多そうでうらやましい。私は関西なんですが、一度着物で遊びにいきたいなあ。

No title

折角の猫尽くし、国芳展に行けなかったのは残念でしたね
でも猫の町に行けたから結果オーライ♪
私も100均の手拭いで帯を作ってみようかしら
最近、作ってないんですよね
前の記事を見に行ってまた手芸熱が出て来たようです

No title

まぁあ、可愛いじゃござんせんか!
あすかさんったら、こんなラブリー爆発なコーデもありですねぇ。
特にボブかつらにヘアアクセが似合ってますわ♪
さてさて、猫コーデからリンクして、猫草履の記事までさかのぼって拝見しました。
…素晴らしい。なんと素晴らしい職人技。おしゃれでキュートで、しかもタダ! なんちうラッキーな…。
その後、改めてご指定の草履を作ってもらったのか、はたまた別布で作ったのか、はたまたアレで満足して作らなかったのか…追跡調査をしたくなりました(笑)
それにしても、最近、鬼子母神づいてますねぇ。

No title

目的は果たせなかったものの、さっそくの猫コーデいいですね~♪
例の草履をゲットして……からでは間に合わないか、残念。
谷中の次に住んでみたいぞ、雑司が谷❤。

No title

あら、残念でしたね。またのご縁があることをお祈りします。今見たら図録(¥2,300-)も完売とのことです。ショボーン(´・ω・`)
猫に引かれて鬼子母神参りになるのもなにかのご縁。お庭に柘榴の鉢植えなんていかがでしょ。実は期待せずに「紅一点」の語源になった赤い花をめでるのもいいものです。

No title

今日、呉服問屋のセール会場で、国芳猫残念、な染め帯を発見。ちゃんと国芳を見に行ってから描けば良かったのに~!!!ああ、猫で作れば売れると勘違いしてる業界。残念でございました。
師匠、半襟まで可愛い♪
そうそうこっちが京極堂ご活躍の、鬼子母神。私は密かに下駄の形の顔した刑事が好き♪

No title

MISAさん、着物に関しては『母ちゃんがこれ着るとお出かけに連れてってもらえる』と学習したようですが(笑)
男の子はそこが楽ですよねー♪…女の子は何かと付いてくるが。
ああ、国芳展、会期がもう残り少ないんですよ(涙)
人気の国芳なので、そのうちまた開催されるのを期待します~

No title

jasminさん、しかも手軽な2キロとかじゃなかったっすよ。プロ仕様な大きいダンベルだった…そして鎖。今時の犬散歩だって鎖使わないのに、どんだけ暴れん坊なのよ(笑)
旅猫雑貨店は猫が店名なくせに、猫ものはほとんどない和雑貨店でした。ので買うものがなかった…そして超地元民しか来ないような商店街なので、一体誰が買い物をするのか謎でした。
ええ、雑司ヶ谷なんてマニアックな人しか行かないです、普通は。下町を堪能したいなら谷中方面に行ってしまうと思われます。

No title

han*z*ra*15さん、そう、暗いです、なんとなく(笑)ちょっと迷っていきなり雑司ヶ谷霊園に突入してしまったし。
まあ、お寺を中心に発展したとこですからね~
…この着物も可愛い柄ですが、自然光だと見事に白飛びしました…

No title

ノリコさん、…頭洗ってなくて汚なかったんですよ(笑)そーゆー時はウィッグにするんですが、夏場は暑くてかぶれないんです~
夏なのにウィッグ使えたってことは相当涼しかったんですよ。
いやいや、関西は関西で着物が似合う場所が多い!

No title

ねこやんさん、国芳猫には程遠い、可愛い猫コーデだったからでしょうか(笑)猫コーデでも辿り着けなかったのは。
まあ、いっぱい猫を見かけたので結果オーライですが。
…手芸はやる気が出た時が作り時です!それを逃すとまた手芸熱が盛り上がるまで材料をほったらかし…

No title

べにおさん、こーゆーカジュアルラブリー路線もコーデ出来るんです、本当です(笑)
あはは、今回履いてったのは『別布で作って貰った』ヤツです。…なのでタダのを含めて4足ある(笑)でも2足分の料金。
こうなったらいっそお江戸三大鬼子母神を制覇してやろうか、と云う気になりますが、残りの1つは千葉…

No title

羽衣牡丹さん、…猫が目的であった、としよう(笑)
あ、そうだ、今日までだった、10%引き!!忘れるとこでした~
雑司ヶ谷、池袋まで徒歩圏内ですからねえ。オタクが好きそうな街かもしれません(笑)
そうそう、届きましたよ~改良枕&手ぬぐい!ありがとうございます!

No title

gom*mo*kさん、えええ!?せめて図録だけでも通販したかったのに~!…ってことは盛況なんでしょうねえ。
ザクロの花、どうしても『タコウインナー』に見える私です、子供の頃から(笑)

No title

たまさん、それ、わざとかもよ。『同じじゃ芸がない』と思って(笑)って云うか、国芳のあの可愛くない猫は模写が難しいっす。なかなかあの不細工さが表現できない。
って云うか訪問着だけじゃなかったんかい、残念ものは(笑)
雑司ヶ谷、確かに怪しげな病院がありそうな雰囲気ですわ。
あっしはバカ探偵の短編集が読んでて気楽で好きですが(笑)
京極堂の本編はとにかく京極堂の無駄な解説が長過ぎる上に本が分厚過ぎる!!(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ