FC2ブログ
2012-03-24

通崎睦美さんのコンサートに銘仙薔薇コーデで行って参りましたのさ♪

通崎睦美さんと云えば、アンティーク着物界では『銘仙コレクター』として知られた存在
 
で、この方、本業はマリンバ奏者でございますので、そもそも音楽系コンサートの類に行かないワタクシは、『まあ、まず本人を見ることはないだろう』と思っておりましたさ。着物イベントにでも来られない限りは。
 
…だってミュージシャンにしたって、『マリンバ奏者』ってマニアックもいいとこだ(笑)
 
んが、何を思ったか、近場の埼玉会館にて通崎さんのコンサートが開催されると云うではないですか
 
これ、『ランチタイムコンサート』と云って、昼時の1時間だけクラシック系コンサートを1000円で鑑賞できる、埼玉会館の月例の催しなんだが、今月は通崎さんを招いての開催だったのだ。
 
『1時間で終わって1000円で、そして着物の話も聞けるかも…』と、8割は着物の話を期待して、いざ銘仙の薔薇コーデで行ってみたのさ、コンサート
 

 

 
…大ホールですよ。それが満員御礼ですよ。凄いことですよ。…でも客層見て悟りましたよ。
 
こんな切ない満員御礼ってあるだろうか。
 
客層は50代以降がほとんどで、しかも『毎月ランチタイムコンサート見に来てるんで今月も来た』って感じで、つまり通崎さんなんて知らない人がほとんどじゃないかと。
 
着物姿は私を含め4名でしたが、私以外は通崎さんが銘仙コレクターだろうがなんだろうが関係なく、『クラシック鑑賞なので着物着ました』と云う、クラシックコンサートには必ずいるタイプの着物で。
 
『1人くらいは銘仙着てる人、いるじゃろ~
』の予想は、的中し、その1人があっしであった…
 
大ホールを満員にしておきながら、お祝いのアレンジも出ておらず、花束もなく…実に涙を誘う状況であったんだが、通崎さん自身もそこら辺は心得ているのか、着物の話、一切せず。
 
実はあっし、会場に間に合わなくて、1曲終わってトークの時に席に着いたんだが、その時に『あ、銘仙着てる人が来てくれてる』と、通崎さんが認識してくれてることを祈るのみ。
 
あ、通崎さんはさすがに着物着て演奏してませんでしたが(笑)、銘仙を解いて作ったと思われる服をお召しでしたよ
 
で、通崎さんてば、写真で拝見する限りではかなり個性的なんですよね。
 
服飾系専門学校生とアングラ劇団員を足して2で割ったような雰囲気で(笑)
 
なもんで、写真だけだと好き嫌いが分かれるタイプだと思うんだが、その写真から受けるイメージとは裏腹に、実際のご本人はすごく柔らかいおっとりとした話し方の、とても可愛らしい方でした。…今年で45には見えなかったなー
 
イントネーションに出てるわけでもないのに、瞬間的に『これは京女
』と思ったら、やっぱり出身は京都であった。
 
うーん、何でだろう。京女の全てがそうではないが、独特の物腰と話し方の柔らかさがあるんですよねえ。…まあ、性格は京女なので一筋縄ではいかないだろうが(笑)
 
 
さて、後味の悪いコンサートを後にし、埼玉会館の近くにあるしだれ桜が有名な『玉蔵院』を覗いてみる。
 

 
…ここ、3月の浦和の骨董市の時には満開になってるのが常なのに、まだこんな状態
 
で、本日がその骨董市ですよ
ホントに今年はどんだけ開花が遅れてるんだか。
 

 
でも梅は咲いてたので(笑)、そちらで全身撮影をば。…ああ、やっぱり羽織が地味、地味だよう
 
自宅に戻って羽織なしバージョン&お太鼓撮影
 

 

 

 
持ってったバッグも薔薇柄、足袋靴下も薔薇柄でござい~
 
余談だが、小僧を義父母に預けに行く途中、車中から見かけたのよ、紫の矢羽根の銘仙に道行き着た5、60代のお人。
 
コンサートに来てるかと思ったらおらなんだ。
 
―――――せっかくの銘仙着て、どこに行っただ、あのお人
 
 

皆さまの応援クリック、誠にありがとうございます
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ、懐かしのお布団バッグがここに来ましたか♪
通崎さんはやはり私も知りません
銘仙を着て木琴を演奏する人?
でも面白そうな演奏会ですね♪

No title

今年45の人か、タメだなあ。着物にたすきがけしてマリンバやんないのか。
遅れて入ってきたのがあすかさんなら銘仙じゃなくても薔薇じゃなくても目立ったことでしょう。顔派手だから。
業務連絡。文字、大丈夫ですよ~。涙目だけど。

No title

ねこやんさん、このバッグ、遠目には銘仙にしか見えないし薔薇柄なので(笑)
ああ、そうですね、豆千代さんとかほどにはメジャーではないから。
本業がマリンバ奏者ですが、銘仙のコレクターで、そっちの方がなんだかクローズアップされてる人です。
私、クラシックはあまり興味ないですが、ピアノと木琴だけでも結構迫力のコンサートでしたよ♪

No title

赤唐辛子さん、あ、タメでしたね、確かに。そう、着物でたすき掛けでマリンバしてくれないかな~とか思いましたが、あの動きの激しさでは暑いわ、邪魔だわで無理でしょう、やっぱり。
うーん、コンサートの客、そもそも私の年代が見かけなかった。いや、実際は同じ年代だったのかも知れんが、小学生連れの人は(笑)
あ、この背景は大丈夫ですかい。まあ、薄いけど疲れない色ではあるからねえ。

No title

は~い。玉蔵院であすかさんの写真を撮れせて戴いたものです。
ブログにアップさせて戴きましたよ。(*^_^*)
確かに銘仙の着物着ていたのはあすかさんだけでしたね。
足袋までバラの花柄とは恐れ入りました。(^^♪

No title

わぁ、髪飾りも赤い薔薇だっ!
私はこの人の本を図書館で流し読みしました。(借りなかった。私はすでに普通に銘仙を着ている人は何とも思わない体質になった。師匠くらいやってくれないと。麻薬か)
クラシック関係は地道に営業しないと他につぶしがきかない気がするけど、美術系の偏見ですかね???
にしても、「服飾系専門学校とアングラ劇団」って、その微妙かつ判る~!感がなんともいえませ~ん(爆)

No title

ミミさん、先日はありがとうございました。
そちらもヤフーブログだったんですね。こちらの記事をアップしたら、そちらが関連記事で出てきましたよ♪
…来る途中、銘仙着た方見たのに、あの方は一体どこへ…

No title

たまさん、100均造花は何でも揃ってますぜ(笑)
で、あっしも同じく図書館で借りた(爆)あ、でもちゃんと借りただけアンティーク者らしいか。
まあねえ、あれはコレクション本だから、実用向きではない…
クラシック系はホントに学校は金かかるわ大変だわ、のくせにオーケストラに運良く入れたって生活できないわ、職探そうにも音楽バカだわ(笑)でどうしようもなさそうですよね。
…有名音大出ておきながら、酒場のピアノ弾き、結構いますもん。誰も聞いてくれてないのに…
服飾系専門学校生&アングラ劇団員、自分がわけのわからないヤツなのを正義と信じて疑わないとこがねえ(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…とりあえず、盗まれた藤の遺影をプロフィール画像に使っております(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ