FC2ブログ
2011-12-28

12月の浦和骨董市&戦利品♪

本当は行くつもりはなかったのだ…
 
月の頭にスーパーアリーナの『骨董アンティークフェア』に行ってるし、ヤフオクでもちらほら落札してるし。
 
でも、ちょうどいい時間に小僧が起きましてね。天気もいいし、着物も着れる状態で吊るしてあるし。
 
で、『次、いつ行けるかわかんないし~』と、着物着て出かけたのさ、結局(笑)
 
あ、着物はクリスマスコーデ、その1でしたので、この記事では出しませんが。
 

 
着いたのが午後1時過ぎ、ともう骨董市では終盤のお時間
 
なのでお客も結構減り、お店も『あと少しで店仕舞いするか…』モード。
 
着いた時には着物姿の女性、1名お見かけしたんだが、入れ違いに帰られたようですぐに姿が見えなくなりましたさ
 
やっぱり骨董市はお昼までが勝負だのう。買い物も着物姿発見も。
 
んが、お店の人の立ち話を小耳に挟んだところ、『やっぱり客少ないねえ、こんなもんだよね、去年もそうだったし…』と云ってたので、最初っから客の入りは少なかったのかも。
 
……まあねえ、クリスマスイブだもんねえ(笑)
 
しかしあっしはきっちり買い物、しておりますぞ。行ったからには買わねば
 

 
萩の柄の単衣の銘仙、1000円。川越の栄屋さんの骨董市出店にて。…ああ、川越になかなか行けないので、栄屋さんが1000円ものを持って骨董市に着てくれるのは本当にありがたいわ~
 
黒の帯揚げは、毎度渋い着物を薦めてくるオヤジの店で500円。
 
黒の帯揚げ、コーデに使いたいと思っても持ってなかったので、今まで100均の黒のレースのスカーフを無理矢理使い続けてたのだ。
 
買い物としては地味の極みだが、私としては欲しかったアイテム。ちなみに何本もあったので、地紋が季節の柄でない、ツルツルテカテカなサテンな綸子ではない締めやすいもん選べました
 

 
帯締めは1本100円

シックな赤と卵色の丸組。…これもあれば使えるのに、持ってなかったアイテム。100円でラッキーでしたさ。
 
でんちコレクターと化してきてますが、小僧用のでんち、200円。…似たような色柄、持ってるんだが、これ、ちょっと大きめだったんで、サイズ違いを買ったと思おう(笑)
 

 
『ああ、あんたらしいね、この矢羽根』な着物は1000円。これ、ウールなのに袷…な謎着物。
 
ウールなのに正絹の八掛が付いてる(笑)で、ウールで結構目立つ変色もあるんだが、やっぱり私としてはこの矢羽根は見逃せないのでお買い上げ~
 
あ、でも隣の細かい矢羽根のウールは200円
…ま、こうしてみると可愛いが、着ると地味になるであろう(笑)
 
下の白地に黒のストライプ、200円。…これ、モダンでいいでしょ?で、他の客にも『なかなかないわよこんな柄、いいわよ、これ』と勧められ、よく細部を確認せずに買ったんだが…
 
モスなんで小穴が結構多し&上前におでんの標準的な大根サイズの薄い茶シミが~
 
このシミがなければあれこれコーデが浮かんでたのだが…(涙)
 
でも、シミの位置がひざ下の裾模様の入る位置。…シミを隠してリメイク、できるじゃん。
 
白地に黒のストライプ、その上に柄を描き足すとなると、はい、もうお分かりですね。
 
黒猫がにょろ~んと上に追加される予定(笑)
 
…ああ、200円払って余計な仕事を持ち帰っている…
 
 
このように、出遅れてる割には、きっちりしっかり安いもん、買って帰ってるワタクシ。
 
こうなるともはや才能だが、才能が災いし、あちこちでお買い得品を買ったり落札してるので、収納どころの騒ぎでなく、とりあえずベビーベットに放り込まれてる戦利品…
 
小僧が使わぬベビーベット、寒くなったらお嬢もここで寝ず、もう巨大な物置きと化している…
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

25日は私も京都ですが骨董市に行こうと思ってましたが
完全風邪の夫を置いて行くわけにもいかず、私も引き掛けだったので
諦めました・・・
店仕舞い間近だというのに素敵な戦利品ガッポリですね♪
ストライプの着物にどんな猫が付くのか楽しみです

No title

黒猫、描くとなると大変なので、サテンでアップリケとかしちゃったらどうでしょう。
両面接着芯でベターッとね♪

No title

行けるときに行く!小僧を育てる基本らしいっすよ。おウチに籠ってちゃいけないもんね(^^)丈夫に育てよ~♪
で、まぁ!なんということでしょう!
黒の帯揚げ探してたんですか?無地は喪服用だから普通は単品じゃ売ってないですもんね(^^;)でも黒を入れたいときってありますよね~。相変わらず良いお値段で買い物してらっしゃるわ~♪
矢羽根ウールに正絹の八掛か…!シルクウールかもしれないですね。
ストライプには猫が!どんな風になるのか。
師匠の買い物を見てると、骨董市はまるで宝の山みたいですが、探すコツがわからないと見つけられないんでしょうなぁ。しみじみ。あぁ私がベビーカー押すから付いて行きたい。。。(オシメ替えられないけど…ーー;)

No title

骨董市~(羨)!これだけ戦利品があると嬉しいですよね♪
余計な仕事が増える着物・・・・ありますよね~(汗)。仕事が楽しみです☆

No title

ねこやんさん、ああ、ありますよね(涙)行きたい時に限って…てパターン。
まあ、大事を取って行かなかったと云うことに致しましょう。
終了間近でこれだけあったってことは、本当にお客が少なかったのかもしれません。

No title

羽衣牡丹さん、ええ、大変ですよ、描くのは。
なので秘密兵器、『染めQ』!
とりあえず猫の型だけ作れば、スプレーでダーッと染めちまえます。
そのうちのんびり作業しますわ~

No title

たまさん、…これから歩くようになるとますます大変とのお言葉をあちこちで頂くので、今のうちに行きたいとこに行くべし!
黒の帯締めは、色々な帯締めを10本セットで落札した中に入ってましたが帯揚げがねえ…どう考えても喪用だし。
でもゴスなコーデしたい時は必要なんですよね、黒は。
八掛付きウール、これ、混じりけなしのウールでして、多分ウールを作ったはいいものの、余りの裾裁きの悪さに裏を付けた、ってことではないのかと…
リサイクルには思わぬものがいっぱいあります(笑)
探すコツ、ただひたすら『500円』とか『200円』とかの値段が出てるとこで探すわけですよ(笑)…掘れば何かしら出てきます。
ちなみに骨董市だと、年配ばかりで赤子に構いたがる人ばかりなんで、ちやほやされて小僧はご機嫌になります(笑)
…出かける時が大変なのです~

No title

nemuさん、ああ、羨ましがらせてしまいましたか~
でも私も、半年ぶりだったってことで。あ、月頭にアンティークフェアにも行ってましたが(笑)
…そう、買った値段に見合わない小細工が必要な着物、多いですよね。
でも安いものに限ってわざわざ小細工をしたくなります。失敗しても痛手がないので(笑)
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ