FC2ブログ
2006-05-19

薔薇尽くしのコーディネート♪





薔薇は洋花なので年中OKな柄ですが、実際の花の旬は今なので今のうちにアップしておこう…

でも全体的にやかましいくらいの柄ゆきなので、初夏には向かない薔薇柄の銘仙です。

ヤフオクで3400円でした~! 人気の薔薇柄なので私にしては割と高めでした。

でも、顕微鏡で覗いた細胞のような地模様に、結構すごい色の取り合わせの扇面の中の薔薇、というなんとも云えない佇まいなので、まだこの値段ですんだのかもしれません…

初めての薔薇柄がこれなので、もっと『薔薇!』っぽい着物を探してはいるのですが、そーゆーのはみんな高値がついてしまうのです~ホントに薔薇柄は人気!


さて、『薔薇尽くし』と銘打ってはいるのですが、実は帯は牡丹です…(笑)

手持ちの薔薇柄の帯が暑苦しいのと、この着物の薔薇とはデザインが違いすぎるのとで、薔薇同士で無理矢理コーデしてもなんか微妙…

1番しっくりきたのがこの牡丹の刺繍と絞りの帯。ヤフオクで1000円のお値打ち品!

…この帯の牡丹の刺繍が牡丹らしくなく、ま、ぶっちゃけ牡丹としては失格なくらいのデッサン狂いなので職人の腕がよろしくないのだと思いますが(笑)それが幸いして、気分次第で『牡丹Or薔薇』な使い方ができて非常に使いやすい!

この着物と合わせるとほーら不思議!薔薇にしか見えないじゃありませんか!!

お太鼓部分に扇面が入ってるのも見事に調和してるし。

…なんか狙って集めたわけでもないのに、引出し引っくり返すとドンピシャなもんが出てくるので我ながら不気味(笑)


狙って集めたのは帯留めにしてるブローチ。ヤフオクで360円。

このブローチの花の色の組み合わせがこの着物の薔薇と同じだったので、コーデするべく落札しました。

…ブローチとしてだったら見向きもしないデザインですが、帯留めとして見たら『使える!』

野暮ったいブローチは素敵な帯留めに変わるから着物っていいですよね(笑)


半襟はパッチワーク用のアメリカンコットンです。

幻想的な薔薇が敷き詰められた、きれいなターコイズブルーで少し爽やかさを出してみました。

同柄で朱赤もありましたが、それはあまりにも薔薇度が高くてお世辞にも爽やかとは云えない…

それにしても、どうして薔薇柄の生地って洗練されてないものが多いんだか~

この生地見つけるまでえらい苦労しましたよ。


さてこんなにつらつら記事にしておきながら、実は生花の薔薇は大嫌いなワタクシでございました(笑)

『真っ赤な薔薇の花束』なんざ虫酸が走る!!

『こんなの贈る男はもてなくて自分大好きナルシストだ!』と公言してはばかりませんよ、わたしゃ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

着物より、何より、半襟が一番薔薇っぽいですね(笑)。綺麗なブルー。あすかさんの薔薇に対する偏見がおかしい!思い出したくない過去があるとか・・(笑)。

No title

むしずって、虫酸って書くんですね。帯の扇がご陽気な感じです。バラは生バラもかわいいですがねえ。

No title

ozawamiさん、一応フラワーデザイナーの勉強をしに学校通ってた事がありまして、その時以来生花の赤薔薇は敵。次はピンクのカーネーションですが。赤薔薇ってものによっては使えない上に首がすぐに垂れちゃって日持ちしないので非常に憎い。…その薔薇の性質を知らずに自己満足で『100本の赤い薔薇の花束をお願いします』とか花屋に注文する男は仲間内で笑いものになってました。『…貰う方は迷惑だよね』と。アンケート取ったら女性は『カスミソウだけの花束』が欲しい!というのが1位でした。…赤薔薇はランク外…他の色ならOK。

No title

赤唐辛子さん、虫酸って虫の酸?意味はわかりますが語源は謎。蟻の酸ってのはありますが。薔薇は今は色んな種類があるので可愛いのも多いんですが、昔ながらの真っ赤な薔薇!てのが苦手なのです。マイクロローズは可愛いので好きです。

No title

花束いただきたい訳ではないですが、私は白のゆりの花、もしくは紫の花(りんどうとかききょうとか、クレマチスとか)が好きです♪

No title

ozawamiさん、私はとにもかくにもカラー!!それか蓮(笑)シンプルで美しい流線型が好きなのです。…ですが、以前花屋勤めの友人から『カラーとひまわり』という妙な組み合わせの切り花(加工されてない)がいきなり届いて、それはいかがなものか?でした(笑)

No title

確かに帯のお花はどちらにも見えますね(笑)葉っぱが特に薔薇っぽい!帯留のブローチ、着物と帯にホントに合ってますね♪ブローチを帯留にする金具使っていますか?今、買おうか迷っています。

No title

銘仙にこんな柄があるんですね、奥が深いですねえ…。唐草模様が地模様のを前に見せていただきましたが、これもスゴイ!それに帯は千円とは天晴れ!ですね、スバラシイです。訪問着でもOKなほどですよね。そして、もう暑くなりそうなコーデにクールな水色の襟…これだけで涼しげになるとは…脱帽でゴザイマス!

No title

KUBOさん、このぞんざいな牡丹のおかげで大助かりです(笑)着物も小物も薔薇なら、普通帯も薔薇柄だと思いますもんね!…ブローチ用帯留め金具は使ってません。あれって、針の位置がそれぞれまちまちなブローチには向かないですよね。真ん中に針がついてるブローチもあれば、上についてるのもあるわけで。一見便利そうなんですけど、手持ちのブローチとサイズが合わなきゃそれまでなので、私はコード止め金具一筋(笑)

No title

なごみさん、銘仙は着る着ないは別として、見ていて面白い柄が多いです♪『別冊太陽』の銘仙特集は、銘仙のカタログのように様々な着物が載っています。…この着物の地模様はなんだか固まった赤血球のよう…ドロドロ血ですな(笑)これのコーデ着付けた時は肌寒かったんですが、今の時期はいつ暑くなるかもわからないので、袷はちゃっちゃとアップしてしまわねばー!!
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ