FC2ブログ
2010-03-28

桜コーデ、その1で浦和の骨董市へ♪

先月は行かなかった浦和の骨董市。今月は天気もいいし
、桜
も開花。
 
着物の収納スペースがまたしても無くなり、これ以上増やすわけにもいかないんだが、そこは『買い控えよう』と自分に言い聞かせ、行ってきました骨董市。
 
…感じの悪いデブ三毛『ちびた』が引っ越してのち、我が家のアイドルと化しているデブ猫
も日向ぼっこで出て来ているし、幸先のいいスタートだ(笑)
 

 
あ、画像ではデブに見えませんが、立ち座りしていると、顔の比率に対して異様にでかい体の猫です、こちらは(笑)
 
さて骨董市でございます~
 

 
会場になってる公園の桜はまだまだ蕾ばかりだが、日当たりがいい所ではこのように。
 

 
今月はお店も多く、着物関係は特に多かったです。もちろんお客も多かった。
 
どうやら今月はお客が早くから来ていたようで、いつもならまだまだいいものが残っているお店のほとんどがあらかた発掘された後…よかった、買い控えるつもりだったから…
 
あ、でも一応この2枚を買ってきました
 

 
一見華やかだけど実は渋めの黒地の着物に青の水玉銘仙。どちらも1000円さ~
 
ええ、少数精鋭でございます。やればできるんです、私でも(笑)
 
で、陽気が暖かくなり、天気もいいと、着物着用のお客も一気に増えてくる骨董市。
 
今月は珍しく、お若い方々のアンティーク好きさんが連れだっていらしてました。
 

 
…浦和は基本、渋めの着物のおばさまとか、お若くても渋好みの方とかが多いので、このように華やかアンティークさん達が浦和に来てくれるのは嬉しいぞよ。
 
特に華やかなお2人がいたんだが、隠し撮りするとあまり細部が見えないのでちゃんと撮りたい!!とお声を掛けて撮らせて頂きましたさ。
 

 
アンティークの小振袖の彼女と、撮らせて頂いた画像を見直して初めて気が付いたのだが、全身薔薇&矢羽根コーデの彼女なり
 
薔薇コーデさんは、よく見ると羽織、着物、帯が薔薇で、半衿は矢羽根。巾着も矢羽根と揃えており、更によく見ると小物もちゃんとコーデに合わせております。…トータルコーデの鬼としては、この方とは大変仲良くなれそうな気がする(笑)
 
どうも着物着用者同士は、骨董市という場においてはお互いチラ見はするものの、決してコミュニケーションを率先してとらないものなんだが、勇気を出してお声を掛ければ案外フレンドリーなものだのう。…今後、いいコーデの人を見かけたら率先して声を掛けようと思うなり。
 
 
さて、人はさておき自分の着姿を撮らねばならないのである。
 
ソメイヨシノはまだまだ見頃ではないので、今が見頃の桜と云えばしだれ桜。
 
浦和にはしだれ桜が有名で、去年もそこで桜コーデを撮った『玉蔵院』と云う寺があるので、今年もそこに行くことにする。あ、去年の模様はこちら
 http://blogs.yahoo.co.jp/wwide1225/58298783.html
 


 
今年も花盛りでございましたよ、しだれ桜は。んで、着姿の撮影。
 

 
…隣の人は誰じゃ?ですが、居合わせた着物の方です(笑)もちろん名前も知らない…
 
いえね、多分ご母堂と思われるばあさんと共に桜前での撮影に挑んでいたのだ、この女性。ばあさんがカメラマンで。
 
しかしばあさんにふさわしくない異様に立派な一眼レフ、しかも全く扱いに慣れてない様子である上に、撮られる着物女性の方も撮られることに全く慣れていない様子…
 
で、見かねた『常に三脚を持ち歩き、セルフ撮影に慣れまくっている女』がですね、おせっかいを焼いたのさ(笑)
 
案の定、ばあさんはカメラを最近始めたばかりであった…
 
初心者はついつい道具から入るけど、現実問題、写真の出来はメカの性能よりも撮る人間のセンスの問題だと思うぞ(笑)
 
恐らくお撮りしてあげた、着物女性の携帯カメラの画像の方が、ばあさんの一眼レフ画像よりもいい出来になってると思われる。
 
ついでに一緒に撮ったのだが、ポーズ指導をした女性の方は綺麗な着姿になっとるのに対し、ワタクシ、油断して緩めに締めた帯締めが見事に滑って崩れております…
 
2年連続、『優美なしだれ桜前ではふさわしくない派手さ』のコーデで撮ってる罰があたったのかしら…(笑)
 
しかも2年連続この羽織だ。もう毎年の恒例行事にしちまおうかしら、この羽織でしだれ桜前での撮影を。
 

 
足元はこんな感じ。…ええ、黒地で騙されがちだが、くどいまでに桜ですともさ
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

でぶ猫さん,可愛いお顔ですね♪
黒のお着物,素敵です~!!千円で見たことありません!!来月こそは骨董市に行きます~。
しだれ桜の前のお写真,素敵☆足のポーズまで決まっています!

No title

ぽかぽか陽気の良いお天気ですね!
みなさん春でうきうき♪お声をかけてフレンドリーになれますね!
あすかさんは、背が高いのですか?スタイルが良いですね~!

No title

あすかさん、画像だとホント背が高く見えますが、すごく小顔なんですよ~(本人に会ったときビックリした)。
満開の桜の下だと、かえってこういう色合いの方が映えますね。

No title

足先までポージングきまっていると思いますが(^^ゞ
枝垂れ桜の下で、爽やかですね♪骨董市で2枚か・・うむ、立派です。やれば できる子だと思っていましたよ。わたしも見習わなければ・・(ーー;)

No title

薔薇コーデさんもなかなかですね。お着物好きということが伝わってきます。あすかさんのコーデもぱきっとブルーが映えて素敵ですね。
カメラ慣れしてないばあちゃん、お疲れ様でした(笑)

No title

気がついたぞ~。

家の中のコーデと同じなんだけど
実際に外にでて、あすかさんが着た写真のほうが
目がチカチカしないで(失礼)雰囲気いい~♪

写真見ると、ほんとの浦和のほうがのんびりといい感じですね。
川越は狭い上に人が多くて、見るのも大変。
久しぶりの川越さんぽは、楽しかったですよ。

No title

ピンクとかより目立つねえ、その色。
今回は行きずりの人達特集なんですね。
次回も期待します。
やっぱり3月28日の骨董市に行きたかったなあ。

No title

なるほど、桜の下で写真撮りたい!って気持ちになりそうなきれいな桜色の紬ですもんね。上のゆきずりさん2人連れは、このブログの読者な気がする・・・。

No title

お嬢さん方の着物姿、まぶしく輝いてます。
トータルコーデで可愛い。でも、あすかさんには劣るとも優らない。やはり師匠、いきずりの方々さえもほっとけないなんて!
立ち姿が素敵です。
正面の写真って珍しいですよね?

No title

nemuさん、可愛いのです、顔は。でも体はすごいことになってます(笑)
尻がどどーんと…(笑)きっと擬人化したら尻が大きい可愛いキャラとなり、萌え系にモテることでしょう。
そうそう、黒着物、サイズは確かに小さめですが、特に汚れもないのにこのお値段。
いいものから売れていく骨董市と云えども、こんなこともあります。
うーむ、ポーズはまあこんなもんだとして、帯締め&袖口から出てる着物は何とかしたかった…(笑)

No title

yukirikohuさん、あ、名前アイコンが変わってる!
風は冷たい日でしたが、晴れてると着物姿もいっぱい見れて嬉しいです♪
お若いお嬢さん方が増えてくれると特に(笑)
身長は普通サイズの158ですが、対丈で着るとスタイルが良く見える、と云うことに気が付きました。
帯の位置が上がりますので。

No title

羽衣牡丹さん、そうか、小顔なのか…(笑)でも頭の形が悪いので、カチューシャは外れ、帽子も合わない場合が多々あります(笑)
そうですね、コーデが主役の場合ならこのようなしだれ桜前でしだれ桜を冒涜すればするほど映えることでしょう。
しかし樹齢150年だったか、の木なので呪われそうです。木霊に。

No title

オートミールさん、ええ、やればできるんです、本当です。前回なんて何一つ買いませんでしたし!!←探しまくっても買いたいものがなかっただけだが。
…そうですか、いつもと若干ポーズが違うのでなんだか目に慣れないだけであったか…でも帯締め&袖口はみっともないです、ええ。

No title

minadoさん、4名ほどの団体でいらしてた彼女たちですが、この方が一番細部まで凝りに凝ってました。
画像に撮らなかったら気が付かないところだったので、お声かけて撮らせて頂いて本当に良かった~♪
…ええ、常日頃デジカメを扱ってる私でも、一眼レフはよくわからんのに、あんな重くて使いにくいカメラはばあさんに持たせてはいけません(笑)

No title

ぐらぐらさん、そうなのです!どんな派手すぎるコーデでも、何だか普通に見せてしまうのが自然光の威力。
…その代わり淡い色はガンガン白く飛ばして下さるのも自然光ですが(笑)
川越の骨董市は本当に人が多すぎますよね。特に着物は広げてチェックしたいのにそれもままならないですし~
しかも観光地値段でちょっとお高い気がします。

No title

赤唐辛子さん、ええ、そりゃ目立つともさ、ターコイズブルー。私としてはターコイズ&オペラピンクの最強組み合わせでもコーデしたいところだ。
今回は特におお!と思う様な着物姿が多かったんですわ。
車運転中で、惜しくも撮り逃した着物カップルなんて一番素敵だったかも。
…ふふふ、骨董市は毎月開催されてるぜ(笑)

No title

ここふじさん、そうそう、綺麗な桜色の紬でした。自然光で日当たりのいい場所では白く飛びそうな淡いピンクが。
…カメラのばあさんったらそこらへんわかってないから、日当たりのいい場所に立たせて撮ってるんですもの。
日陰に引きずり混んで私のカメラで撮ったのがこれ(笑)
伊達に屋外撮影に繰り出してばかりはおりませんよ、私も。
上のゆきずりさん2名はこれが意外と『着物ブログ??』ってな反応でした。絶対着物ブログとかチェックしてそうなのに(笑)
だからなのか顔出しOKとのことでした(笑)

No title

jasminさん、いつも渋い着物姿のおばさまばかりの浦和骨董市なので、そりゃ私も色めき立ちますわ(笑)
しかしこんな恰好で歩いてても特に違和感のない川越と違って、浦和は骨董市から一歩出るとすげえ目立ちます、アンティーク。
彼女らは電車で来たんでしょうしねえ。どんなに派手でも車移動の地元民の私よりは人目を引いていたに違いない。
…ええ、私1人だけなら横向き画像がありますが、さすがに隣に人がいるのでそっぽ向いて撮るのは如何なものかと思いまして。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ