FC2ブログ
2009-08-25

紅絹vol,2/f-d books



先日ご紹介した、『紅絹』のシリーズ第2弾です。

このシリーズをご覧になってる方では、案外こちらのvol,2が好き、という方がいらっしゃるようで。

こちらの本ではモデルさん使ったページよりも、より実践的な企画のページが多かったです。

なので『モデルさんがいっぱいアンティーク着てる♪』のが好きな私にはちょっともの足りず。



そのモデルさん使用のページでも、いちいちコーデの着るシチュエーションを設定しており、何だろう、豆千代さんの1冊目の本に妙に似通っている…

ヘアメイクとかも。

それになぜかこの本のスタイリングされてる方は、異常なまでに伊達衿を駆使されており、確かに色をつなぐ役目として伊達衿は使いやすいですが、超普段着っぽい紬にも伊達衿を合わせてるのはいかがなものかと…

伊達衿って『かつての重ね着の礼装の簡略化』の意味合いが大きいので、基本礼装向きですわな。

うーん、モデルの顔もvol,1の方が私の好みです(笑)

とまあ、『人物が着たときどうなるか』を見たい私にはちょっともの足りんかったのですが、着物初心者で、着物の着まわし、帯の着まわしを教えてもらいたい、とか着付けのコツを知りたい、という人には結構重宝する内容かもしれません。



同じ帯で着物を変えてコーデしてみたり。



帯を変えてコーデしてみたり。あ、この見開きに使われてる着物、私そっくりなもん両方持ってます…

100円だったギンガムに200円だった角通し(笑)



この本のスタイリングの方、帯よりも着物の柄に重きを置いてるようで、帯は比較的大人しめのもの、多し。

初心者はついつい着物の柄ばかりに目が行きがちなので、その点からも初心者の教科書的な内容かも。



ところで、1の方には出てきてなかった、このにゃんこ、君は一体誰なのだ(笑)

あちこち出てきて着物コーデのアドバイスをしている着付け講師らしい(笑)

最終頁のクレジットに猫の名前が載ってないかとくまなく探したが、載ってなかった…

関係者の飼い猫なのか!?それとも君がこの本の責任猫なのか!?(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

全国ツアーのギンガムチェックはもうご自宅に戻ってきたのですか??
。。。悲しみにツアー楽しい企画でした。。。

No title

責任猫に1票!
なんちって、今日事務所(仕事請負先で今月転居した…)にいったら、猫と一緒に引っ越しをしたらしいが、こういう柄の猫がいた。ひさしぶりに猫さんをなでなでさせてもらいました。とても野良さんとは思えない人なつっこさで、外には出さないと言っていましたが…大丈夫かな?と心配になりました。
同じシリーズの本でもけっこう違う物なのですねぇ…

No title

あすかさんのブログを読んで、私も2冊とも購入しました(^_^)/

確かに1の方が写真集的で「うわっ!これ欲しい!!」と思ったかもしれません…

No title

この不敵なにゃんこ先生が着付けポイントを教えてくれるんですね。そういえば100円ギンガム着物コーデ、次は私だったんですが諸般の事情で先送りにしているうちに立ち消えてしまったもよう。申し訳ありません。この本を参考にチャレンジしてみるか?

No title

紅絹・・・・これは立ち読みに行かなくては!
ギンガムに角通し,両方欲しいです~~。

にゃんこ先生がいいですね~♪

No title

私もこの2を後から買いましたが、1の方が楽しかった。
着るのは初心者なので、着付け帯の締め方等はとても参考になります…が、もっとたくさん着物が見たかった。

猫、そういえばいましたね。保険会社もニャ○ラックと言って猫キャラ使う時代ですからね。

No title

こういう着物本ってなぜか最初の情熱とセンスが持続しないですよね。
そして巻を重ねるごとに似たような内容になっていく……。
君○さんの本にしろ、七○にしろ、初期の頃のほうが見てておもしろかった。
特に着付けの仕方なら「着付け本」にお任せして、みっしりコーデオンリーの本がみたいのにと思うんですが、何冊も本を出してる人でも、いつもはんぱに初歩的な着付けのコーナーがあり、ページの無駄!と思います。

No title

しおぴおさん、そうなのです昨年中にひっそりと我が家に帰着しまして、温存されております、ギンガム着物。
…本来の趣旨は『着てみたい人が名乗りを上げて下され!』だったのですが、いつの間にか私の知らぬうちにバトン着物と化し、今現在の借り手が勝手に次の借り手を探して送る状態になってしまい、そうなると『興味ないけど一応回ってきたから着てみた』って人も数名いらっしゃるようでしたので…
やっぱりあの着物は『着てみたい!』って気合いが入らぬと着こなせない着物だと思うです(笑)
あ、でもまだ名乗りを上げる方がいらっしゃればいつでもお送りしますですよ~

No title

くろりんさん、着物ネットショップでも『看板猫』ってのがいたりして、恐らくスタッフの中の飼い猫だとは思いますが、猫、一緒に着物と撮ったのかそれとも合成なのかが気になって気になって仕方がない(笑)
…一緒に撮ったなら、なんて大人しい猫~!!
しかし外に出さないって、それは野良猫と云えるんだろうか(笑)
一緒に引っ越した時点ですでに飼い猫なんじゃ…

No title

SOBAさん、初心者にはいい内容だとは思うんですよね。
でも着慣れた身には、『ああ、それより着てる人出してよ!!』と思うことが多いです。
…しかし結局のところ、着物スタイリストさんがスタイリングしてると、いつも似たようなコーデになりがちなので、あちこちのブログで他の方のコーデを拝見してる方がバリエーションが豊富で楽しいかも(笑)

No title

ここふじさん、にゃんこ先生、アップになってるこのところだけ不敵顔…他は可愛いお顔です。でも紋切り型の解説してるが(笑)
…ああ、ギンガム着物、去年の今頃はまだ全国を流浪してたんですわな。
諸般の事情で一旦帰還願いましたが、袷の時期になったら今度はきっちり規約でも設けてまた再開するかな、流浪の旅。

No title

nemuさん、…本屋で置いてなかったので1,2の両方ネットで注文しましたが、本屋で立ち読みできたなら、2は買わなかったかも~
あ、立ち読みするならお勧めです(笑)
ああ、このにゃんこ先生の名前は一体…

No title

はなねこさん、1の方がよりアンティーク色が濃くて華やかですよね。
まあ、着物好きは『アンティークはもう着れないから普段着コーデが見たい!』って人も多いですからねえ…そんな声に配慮でもしたのか。
…あの踊る白い猫は怖いです。なんで猫って人形をリアルに作れば作るほど可愛くなくなるんだろう。特に目が怖い。アヒルは可愛いのになー

No title

羽衣牡丹さん、同意見でございます~よって、我が家には『記念すべき第1弾』な本ばかりがございます(笑)
君●さんも、1冊目が面白かったので、もっと読みたいと思いましたが、恐るべき発行ペースでどんどん内容が低下する一方…悲しい。
いまだにお気に入りの河村一子さんの本、みなさん持ってる方多いのに、あれ以降1冊も出ず。
おそらく本人が潔いのでしょうね~
君●さんにオファーがいっぱいな所見ると、絶対河村さんにもオファーがあったはずだし。
プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ