FC2ブログ
2020-08-10

上野の東京国立博物館の特別展『きもの展』の前期に行って参りました。

――――――――…コロナで公開が遅れたドラえもんを昨日見に行って参りましたの。

落ち着いたいい感じの上手い女性のゲスト声優は誰だろう、と思っていたら渡辺直美でしたわ!!……一方のキムタクはどこまで行ってもキムタク…

俳優が声優をやる場合、一瞬にして俳優の顔がポーン!と目に浮かぶ場合はダメですな。キャラに声が馴染んでなくて、俳優が全面に出てる感じで。

―――――――――その点、ワタクシ30年近く全く知らなかったのだが、ラピュタのムスカの声は俳優の寺田農だったと知った時の衝撃ったら(笑)

あっしはひたすらラピュタではドーラ役の初井言榮の上手さに感心していただけでしたよ(笑)



さて、上野の東京国立博物館で現在も後期が開催中の『きもの展』、前期も終わり間近にそそくさと行って参りました。

コロナのせいでチケットは事前予約制となり、『超めんどくせえ』とか思いましたが、前日にチケット予約できましたし、たまさんも仰ってたように、予約制にすることで暑い中に並ばずに済む、という利点がありました。近年はちょっと話題になった展覧会系は長蛇の列になって2時間待ち、とかざらにありましたもんねえ。

予約した日に急遽行けなくなっても払い戻しができないので、『雨だから今日はやめて明日行こう』とかの予定変更ができないんですが、それ以外は大変便利な代物だと思いました、チケットの事前予約制は。

まだ梅雨の真っただ中でしたが、ワタクシの行った日は曇り空。なので夏着物のコーデです。

uenotouhaku.jpg

本当に前日も雨、行った翌日からも霧雨続きと雨ばかりだったので、先日の有松絞りのコーデも考えてたわけですが、夏着物コーデが着られてよかったですわ~

まだ梅雨で過ごしやすかったですし。

IMG_20200721_100229_resized_20200807_121043850.jpg

足元は白足袋&アイボリー系のカレンブロッソ。

IMG_20200721_134727_resized_20200807_121046978.jpg

髪飾りは、花びらが5枚でギザギザが多い、という理由で撫子認定しているかんざし。

柘植のかんざしは浦和の骨董市で100円で購入。鼈甲のものはマド☆さんからの頂きものです。


んで、コロナ感染者がどんどん増えまくってる時期でございますので、公共交通機関を使わず、上野まで車で行ったのです。

地図で見る限り上野駅付近から歩くよりも鶯谷から歩いた方が5分くらい短縮できるかも、と思い鶯谷の駅付近に車停めたんだが…

そう、鶯谷。谷ですよ、谷。

そして上野は古来より『上野のお山』と呼ばれている地でございます。

――――――――上り坂なのさ

谷からお山に登っていかなくてはならないのさ!!

ワタクシ、退院後はマスク付けて短時間クーラーの効いてるスーパーくらいしか出歩いておらず、『マスク付けて着物着て坂道を上る』という行為が、たとえ梅雨で気温が低めであろうとも、有り得ないくらい暑くて体力を消耗するとは思いませんでした。

しかもやっと坂を登り切ったと思ったらば、地図上ではすぐそこの東京国立博物館はショートカットできるような裏門とかはなく、正門までぐるーっと延々と歩く…

上野駅からも上野公園内を突っ切って結構歩くんですが、鶯谷駅からも結局かなり歩きました。

IMG_20200721_120145_resized_20200807_121043056.jpg

ようやく辿り着いた東京国立博物館。

他の着物ブロガーさん報告によれば、着物の方がいっぱいとのことで期待していたのですが、まあ、思ったよりは全然少なかったです。

9割は洋服の方ですよ。

販売系の着物イベントの場合は、来場者はほとんどが着物ですが、展覧会系の着物イベントの場合はほとんどが洋服な気がします。

IMG_20200721_121441_resized_20200807_121042580.jpg

私が見かけたアンティーク着物の方は、この画像に小さく写ってるこの方だけ。

うーん、やっぱり東京の着物イベントって粋というか渋い趣味の方が多いのか、着物の印象がほぼ残らず、帯の柄がしっかり記憶に残るコーデが多い。

ちなみに実に久々にちらほらと着物姿の方々を見て思ったのは、『着物の肝は衿』です。

まあ、それに関しては後日文章だけの記事に致しますわ。

えーっと『きもの展』の感想ですが、『小袖って本当に袖小せえ』、『…どんなに豪華に刺繍されてる打掛でも、レンタルだと何十万もするのに、リサイクルだと二束三文だよねえ…』、『YOSHIKI!!(笑)』という、実に頭の悪いものでした(笑)

あり得ないくらいに緻密な手刺繍がびっしりの打掛とかが山のように展示されておりましたが、1枚や2枚でしたらば『すげえ!!』となりますが、何枚も何枚もそのような品が並ぶとだんだん結婚式場の打掛見本に見えて参りましてね。

ありがたいお品もそうは見えなくなってくるのでございます。

と云うわけでワタクシの印象に残っているのは、会場の階下の考古展示室の埴輪と慶長大判でした(笑)…可愛いのよ、イノシシと水鳥の埴輪ー!!それに図鑑とかテレビでしか見たことのない慶長大判の本物だわよ!!

誰もいない考古展示室ですが、慶長大判の真横にだけは係員が至近距離で立ってるのが笑えました。

IMG_20200721_121218_resized_20200807_121046341.jpg

図録も売ってなかったですわ。ネット通販では買えるみたいですが、どこ探しても売り切れてるのか見当たりませんでした。

つーわけで『90分以内に見終わらない―!』という感想の方が多い中、あっさりと見終わってさっさと出てくるワタクシ。

行った証拠画像を撮っておく。


あ、そうだ。売店をうろうろしていたら、他のお客さんに『あら、すごく合ってる!!』とお褒め頂いたのでてっきり『すごく似合ってる』という意味かと思ってマスクしてるとわからんが作り笑顔と会釈をしたのであるが…

もしかして『柄が着物も帯も半衿も流水に撫子で合わせてる』という意味だったのかも!?と気が付いた。

――――――――だって、マスクしてたらはっきり言ってその人に似合ってるんだかどうだかってわからんよね、あまり


そんで、行きは登ったので帰りは下る。

下り坂の方が楽は楽とはいえ、着物の場合は地味に鼻緒のツボに体重がかかるので、なかなかに疲れる下山なのでございます。

結局、この日は8500歩くらい歩いてたのかな。通常のお出かけでの平均は5000歩くらいなので、やっぱり上野公園ってば無駄に広いと思う。

ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

着物と猫とカネコ系 - にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ