FC2ブログ
2020-01-21

華やか着物を着ておきたい1月。毬やら梅やらその他諸々の派手柄着物&麻の葉柄絞り羽織コーデ♪

―――――――…暖冬だからなのか、それともそーゆーもんなのか、我が家の米ナスがまだ生き残っております…屋外で。

普通の茄子はとっくの昔に枯れたが、米ナスはいまだに蕾とか付いてる…外来種って寒さにも強いのかしらねえ?



さて、1月も残り10日あまりですが、1月は華やか着物を着ておきたい気分でございますな。正月が終わっても。

これがもう2月も半ばになってしまうと、春めいた色合いの方に気が向いてしまうのでこってり派手派手の気分が引いていく…

なので華やか気分が盛り上がってるうちに、先日手に入れたばっかりの派手着物でコーデしてみましたわ。

IMG_20200121_111500.jpg

IMG_20200121_111446.jpg

IMG_20200121_111431.jpg

IMG_20200121_111342.jpg

先日、インスタで流れてきた商品画像を見て速攻で注文し、無事にゲットできた着物。

『ICHIROYA』さんで8070円でございました。…いや、あーたの買い物にしては高いじゃん、って話ですが、この色柄で特に難がなければ万単位になる。

こちらはおはしょりが取れるくらいの丈があっても多少難があるためにこのお値段でした。

麻の葉柄の絞りの羽織は10年以上前にヤフオクで3100円でした。…大昔の落札金額の方がしっかり覚えている…

着物に色々な色が入っているので色んな色の羽織と合わせられるかも、と思ったらば、着物の柄が割とごちゃごちゃ系なので、それとケンカしない羽織となったらば案外選択肢は限られてしまったのでした(笑)

結局無地場の多い羽織が無難よね…着物が生きる。

IMG_20200121_111327.jpg

IMG_20200121_111314.jpg

IMG_20200121_111256.jpg

IMG_20200121_111232.jpg

羽織なしバージョン。近くで見れば綸子の地紋とか素材感とかで一目瞭然でも、遠目にはレンタル着物っぽい色柄ではあるので、レンタル着物さんがうようよしてるところでは着ない方がいいよね、な着物です。

これ、インスタをスマホ画像で見た時にはすんごく色鮮やかで、地色が明るいオペラピンクに見えた。

さすがに『うーん、無地場が多いオペラピンクの礼装系なら大丈夫だが、このようなガラガラ…年齢的にいかがなものだろうか…』と悩んだ。

しかし商品画像は色鮮やかでも、添付されてるカラーチャートだとモーブピンク。ラベンダー寄りのピンクなんですね。

これを信じて注文してみたら、まさにカラーチャートの色で落ち着いた色だったのでした。

…この地色だったらば、まだ何とかいけますわー(笑)

更に生地の綸子が白ではなくシルバーグレーの生地使ってる。おかげで更に落ち着いた色合いです。

市販のアンティーク風味柄、色がどうにも鮮やか過ぎてきついお年頃には嬉しいですわ(笑)

帯はタンタンさんからの頂きもの。tentoさんとこでお買い上げだそうです。

着物の柄が毬だが、一見同じ柄のコーデのようでいて、帯は鈴(笑)…丸ければ同じに見える。

IMG_20200121_111416.jpg

半衿は一緒に注文したICHIROYAさんの薬玉柄。

アンティーク図案を復刻したものです。1980円。

…薬玉柄…これは花数個の寄せ集めなのでどうしても柄が大きくなってしまうせいか、半衿でたまに見かけても実際半衿として使った際には薬玉柄なんだかただの花柄なんだかわからなくなるんですね

なのでちゃんと付けた際に薬玉に見えるこちらの半衿、ずっと欲しかったんですわ。

カラー展開が、黄緑系、黒、こちらのグレーだったのですが、白よりのものがグレーしかなく『うーん、グレー…場合によっては顔色悪く見えるよなあ…』と思いつつも他に選択肢もなかったのでこちらに。

現物は『ああ、確かにグレーではあるよな、ほぼ白だけど(笑)』なものでした。顔写りは問題ありません。

IMG_20200121_111359.jpg

帯留めは新品の彫金風帯留めにしては激安の999円の花車。

自分で後から金銀銅の色を塗ってカスタマイズしたもの。


ブログ村に参加しています。いつも応援の1クリック、ありがとうございます

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物(・リサイクル着物)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村












スポンサーサイト



プロフィール

あすか

Author:あすか
…むっちりみたらしさんに画像変更(笑)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ